フォト
無料ブログはココログ

2024年7月 2日 (火)

2024年6月度 アクティビティのまとめ

202406

ロードバイク

1日のBRM200km(只見線のサイクリングは実に良かった)で距離を稼いだが、その後はランニングの合間に少し乗っただけ。
暑くなってきたので距離を乗る気分になれない。

次回のブルベは、7月27日 BRM727日本橋200いわき温泉に実走スタッフで参加予定。天気良ければ帰りも筑波辺りまでロードバイクで帰ってきたい。

 

ランニング

6月30日の嬬恋高原キャベツマラソンに向けて、マラソン脚を退化させないように暑い日でもワークアウト実施。しかし、ランニング後の筋肉痛が中2~3日ぐらい空けないと取れないので、このくらいの距離しか走ることができなかった。疲労が残るのは加齢のせいなんだろうな。仕方がない。

嬬恋高原キャベツマラソンは、実に良かった。トレイルランではないマラソン大会なのにコースの風景が抜群にいい。大会の盛り上がりもいい。来年以降も参加していきたい。(何歳まで走れるかが問題)

次回は、8月25日 筑波連山天空ロード&トレイルラン(ショート25km)にエントリー。暑いから早朝スタート。今までは、ロードバイクと山歩きしかしたことのない筑波でランニングだ。

 

スイミング

毎週木曜日の教室には参加継続中。
とにかく泳ぎに親しむだけでいいと思って身体が疲れていなければできるだけ通って継続して行こうと思う。
まだ、クロールは息継ぎできない。バタ足は手を回すと動きがおろそかになっている。まだまだへたくそでやりがいはある。

 

登山・ハイキング

久しぶりに29日に夫婦でハイキングを実施。マラソンの前日なので嬬恋の近場で易しいコースを物色していたら、まだ行っていなくて一度は行ってみたいと思っていた小浅間山を思いついた。なかなか面白い山だった。

 

健康/食事

6

ブルベの後、20km以上のランニングをした後、空腹が続き体重が増える傾向。
今回の嬬恋高原マラソンは2泊3日で宿泊したので美味しい食事を腹いっぱい食べてしまって体重が赤信号点灯。来週健康診断に行くのでメタボ健診で引っ掛かりそう。やばい。

 

嬬恋高原キャベツマラソン(ハーフ) ~アップダウン多くてキツイけど最高の景色が楽しめた~

夏場でも休まずにランニング継続するために参加できそうなマラソン大会を調べてみたら、面白そうなのを見つけた。
主催が嬬恋村、コースはキャベツ畑の中のパノラマライン北ルート、参加賞がキャベツ。
トレランもいいけど、こういうの面白そう、ってことでエントリー。

第16回 嬬恋高原キャベツマラソン、行ってきました。

 

6月29日(土)

マラソン大会は30日午前中なので前日入り。
前日は身体を休めたいところだが天気が上々だったので、まだ行っていない小浅間山周辺を歩いた。


小浅間山(西峰)・小浅間山、白糸の滝 / カッチンさんの活動データ | YAMAP / ヤマップ

この後、マラソン大会会場へ移動して前日受付した。

Pxl_20240629_065059077

宿泊は、休暇村嬬恋鹿沢。前泊と後泊。ここに宿泊するといつものようにまた体重が増加してしまうのだった。

 

6月30日(日) 天候は、小雨時々やむ

8時ごろに会場入り。パルコール嬬恋スキーリゾート第1駐車場はすでに満車で第2駐車場へ。第2駐車場は会場から少し離れた上段にあり不便だった。

ハーフは9時スタート。
ハーフのエントリー人数は、1,528人。そのうち、男子60歳以上は172人。

スタートには、「1時間30分以上」の列、「1時間50分以上」の列があり、その後ろに2時間とか、2時間10分があるのかと思ったがこの2つだけだった。自分は1月の赤羽ハーフマラソンで2時間14分だったので、3時間以内の完走が目標。この大会は制限時間がたったの3時間なのだ。

ほぼ最後尾について号砲がなってしばらくしてからスタート門通過。

ラップタイム。(自分で計測したGarmin ForeAthlete、Garmin Connectから)

01km 5:02 スタート後、下り。下りなのでスピードを上げた。

02km 5:56 まだまだ下り。膝を痛めるのではないかと慎重に下る。

03km 6:55 上りに変わる。

04km 6:19

05km 5:43 下り。

06km 5:47 下りでは大股でスピードを上げることであまり心拍に負担がかからないことがわかった。

07km 6:34 

08km 6:53 

09km 6:54 上り。

10km 6:50

11km 7:48 上り。

12km 6:07

13km 7:34 上り。

14km 5:42 下りで時間短縮。

15km 5:54 同上。

16km 6:18

17km 5:29 下り。

18km 6:20 

19km 7:25 この辺からずっとゴールまで上り。早歩きの方が走るよりむしろ速い。

20km 8:32 もう歩くことしかできない。この辺りに来ると他の人も全員歩き。

21km 9:07 上りキツイ。歩くのがやっと。

21.2km 7:52 ゴール後に時計のボタンを押し忘れて少し余分な時間が入ってしまった。

Dsc_1125

ヘロヘロでゴール。

 

主催者の速報の完走結果は、

種目 ハーフ男子60歳以上

順位 75位(エントリー数172人)

記録 2時間22分09秒 ネットタイム 2時間20分32秒

2024tumakoi1280

アップダウン多くても下りはスピードあがるので、思っていたより良い記録だった。上出来だった。

走っているときの山とキャベツ畑の景色が素晴らしかった。写真を撮りながら走っている人もいたが自分はそんな余裕は無かったので、帰り道に「愛妻の丘」で撮った風景の写真を以下掲載。

Pxl_20240630_035151998 Pxl_20240630_034741099 Pxl_20240630_034630443 Pxl_20240630_034531864

 

7月1日(月) 天候は、ほぼ雨、時々小雨

朝から雨だったので寄り道しながら帰った。

まずは、29日に行った白糸の滝に再度、車で寄った。

Pxl_20240701_011947841

それから、ロードバイクでは10数年前から何度も通過しているが車で来たことはあまりなく細君が知らないようだったので、碓氷峠旧道を通過して、アプトの道を見学。

Pxl_20240701_022032553 Pxl_20240701_022250710

駅が造られて盛んに鉄道が行き来していた時代はどんなだったんだろう。

Dsc_1176

Pxl_20240701_030724466

めがね橋の上から。

Pxl_20240701_031236080

 

 

 

2024年6月 3日 (月)

BRM601日本橋200ツールド只見線 ~自転車乗りで良かったと思わせる極上のコースだった~

上越の魚沼市から福島県の会津若松の間を結んでいる只見線。地図でみるとダム湖がある川沿いで景色良さそうな感じで一度はロードバイクで行ってみたかった。でも、この場所だと道が荒れていたり、傾斜がきつかったりするんじゃないだろうか。

以上、この程度の知識しか無かった自分だが、今回AR日本橋でツールド只見線というコースで200kmを実施するので、スタッフ実走で参加させてもらった。

正直、期限が近づくにつれ、天気予報が危ういしそもそも越後湯沢に前泊してスタートを見送ってゴールの後は会津若松から帰らなくてはならない、気持ちが億劫になりちょっと憂鬱だった。
越後湯沢の民宿は快適な宿だったが、スタートスタッフ業務があるので夜中に目が覚めた後寝付けなかった。スタートした参加者は10名。プラススタッフ2名。残念ながら遠地スタートで遠地ゴールなので人気が無かった。

しかし、しかし。

当日6月1日は台風が去った翌日で天候は最適。暑くも寒くもない気温、そして、穏やかな風。それも追い風基調の場面が多かった。
景色は、コースの8割方が緑深い山と青い湖や川面で感動。そして本数の少ない只見線が時々現れる。
少し心配だった道は、80km地点の雪割り街道展望台までは少々長い上りだがせいぜい上限8%程度で割とマイルド。(雪割り街道展望台まで上がって万年雪をたたえた山の景色とその下に湖が見えたときは感動もの)
その後はアップダウンもマイルドでとても走りやすい。車の交通量も少な目で道も広めで路面も悪いところは少な目。スノーシェッドがやたらと多いが冬季通行止めの影響か路面良かった。

最後にスタートしたので明るいうちにゴールに着くのは難しいかと思っていたが日没ぎりぎり18時52分にゴール。11時間22分でまずまず速めではないかと思っていたら、7:30より前のスタート者は全員すでにゴール済だった。おそらく、皆、気分良く走れたのではないかと察する。

来年以降にもまたこのコース時々開催したいと思った。しかし、参加者が少ないので赤字運営になってしまうのが問題だ。もっと広報に努めたい。

認識不足だったが、にいがた観光ナビのサイトを見たら、

「2011年7月の新潟・福島豪雨の影響により土砂崩れや鉄橋が流されるなど、甚大な被害を受けた只見線。
福島県の只見駅と会津川口駅間の被害が特に大きく、約11年に渡り長期不通となっていました。
(中略)
2022年10月1日、小出駅〜会津若松駅間の全線で運転を再開し、多くの人々の想いを乗せて再び只見線は走り出しました。」

11年間も不通で廃線になりそうだったが復活したのか。実際に見ると橋梁とかトンネルとかとても古かった。

鉄道や車も良いだろうが都心から遠めなので、このコースはオープンに自然が味わえるロードバイクが一番楽しめるのではないだろうか。

 

前日(5月31日)

越後湯沢駅前で輪行支度をほどいていたら、ちょうどスーパーの買い出しから帰りの岩ちゃんに声をかけてもらった。今回のブルベの参加者でもあり、ミクシィ時代からの知り合いで市民ロードレースやヒルクライムでは常に年代別上位を獲得する板橋の伝説のロードレーサーである。久しぶりにお会いした。ということで一緒に夕食。

436668533_431460263166234_29779966416697

 

スタート 越後湯沢 主水(もんど)公園 7:30

Pxl_20240531_211242215

主水公園は現在工事中で参加者には失礼した。道路向かい側にもいい具合の公園スペースがありそこからスタート。

Pxl_20240531_223200900

5時半ごろから7時30分まで数少ない(涙)参加者のスタートチェックを終えて私もスタート。

天候は最高でとにかくさわやかそのもの。風も穏やか。
最初は国道17号を32km。ここが下り基調、追い風基調で気持ち良く進んだ。しかし魚沼市の7-11で早くもトイレ休憩。5時半からの業務の影響で。

 

PC1 JR小出駅 37.8km地点 撮影時刻09:13 (制限目安10:01)

Pxl_20240601_001306108

ここが只見線の始発駅。キューシートには会津若松行き9:00発と記載されていたが7-11でのトイレ休憩の影響もあり間に合わなかった。(実際は、9:00発は臨時列車でこの日は無かったらしい。)

41~44km地点のコンビニを過ぎると当面コンビニ無しだが先へ進んだ。
そして、このコースの最長のヒルクライム箇所を上りきると福島県只見町に入った。
スノーシェッドが頻繁にあり冬場は雪が深いことを想像させた。

Pxl_20240601_023430009

六十里越トンネルを通過。

ビューポイント 79.4km地点 雪割り街道展望台 時刻11:41

Pxl_20240601_024131242

キューシートに記載のある雪割り街道展望台、あった。

Pxl_20240601_024331174

万年雪が残る山、下に見える湖、素晴らし景色。ここから下り基調だろうからほっとして気持ちよく眺められる。

下っていくと左側に「田子倉無料休憩所」という場所があったが通過した。割と多くの駐車している車が見えた。只見線の線路際だったようだ。

ビューポイント 89.5km地点 田子倉レイクビュー 時刻12:15

Pxl_20240601_031529179

Pxl_20240601_031643233

ダムがある場所なのでトイレや軽食、お土産物屋があり、ここでゆっくりと休んで行きたいがブルベなので写真だけ撮ってさっさと進んだ。

 

PC2 只見駅 97.0km地点 撮影時刻12:35 (制限目安13:58)

下りきった場所は只見町の市街地でお腹が空いてきたので駅周辺に昼食場所があったらいいなぁと期待していた。

Pxl_20240601_033555606

Pxl_20240601_034532652

山を越えてきたところの小さな町でコンビニが無いのはわかっていたが、駅前通りは想像していたよりお店があった。車やオートバイで観光に来ている人もいた。

Pxl_20240601_034538519

駅前通りに土日だけ営業しているオープンな建物の蕎麦屋があり、ロードバイクを目の前の歩道に置いて昼食。

Pxl_20240601_034703723

かき揚げにウド、竹の天ぷらをトッピング。地元の人たちで運営しているようで親しみ溢れる人たちだった。ボトルの水も少なくなっていたのでお水の補給もお願いしたら「只見の水は美味しいよ」と氷も入れていただいた。心配していた食事と水が確保できて助かった。

ビューポイント 100.0km地点 叶津川(かのうづがわ)橋梁 時刻13:08

Pxl_20240601_040855023

こっちからの角度だとループの様子がわかりにくかったかな。

Pxl_20240601_041851596

個人的には橋梁より山が気になった。叶津川少し手間から見えた山がやけに尖っていた。低山だがこれはおそらく只見のマッターホルンと言われているに違いない。(後で調べたら蒲生岳、会津のマッターホルンと呼ばれていた。)只見町は面白そうな山があって登山でも楽しそうだ。

Pxl_20240601_042507143

川の向こう側の景色が息を呑むほど美しかったので思わず停車して撮影。後で調べると十島ビューポイントという有名ポイントだった。

ビューポイント 111.8km地点 会津大塩駅 時刻13:40

Pxl_20240601_044016269

コースは国道から外れてキューシートではここの駅がなぜだかビューポイントとなっていた。紫色の花が綺麗だったが。

Pxl_20240601_044343996

あー、これこれ。美和さんの試走の写真で只見線をただ見しているカカシの皆さん。国道外れたのはこういうことですか。

Pxl_20240601_044731459

国道外れたのは線路沿いを行かないと見れないこのスポット第七只見川橋梁を見るためだな。

ビューポイントではないが 127.5km地点 会津川口駅(ビューポイントは只見川の対岸からの撮影) 時刻14:23

Pxl_20240601_052354242

ビューポイントはコースを外れて対岸まで行って撮影しなければならないのでパス。駅前だけで勘弁してもらおう。

ビューポイント 128.2km地点 かねやまふれあい広場 時刻14:27

Pxl_20240601_052935506

Pxl_20240601_052758046

山をバックに只見川と集落、素晴らしい風景。

ビューポイント 133.2km地点 水沼只見線ビュースポット 時刻14:47

Pxl_20240601_054720796

とりあえず真面目に予習して来なかったし鉄ちゃんでもない自分なので水沼只見線ビュースポットがどこなのかこれで確認したが、記載箇所が多くてわからなくなった。

Pxl_20240601_054945428

水沼あたり、国道が線路わきに近い場所で鉄道の音が聴こえた。おー初めて只見線キター。じっと待って近づいたところで撮れた。

ビューポイント 137.4km地点 霧幻峡の渡し 早戸船着き場 時刻15:00

Pxl_20240601_060032347

遠目に船着き場が見えた。バスと車が停車しているのが見える。あそこが霧幻峡?天気の良い昼間なのでクリアだった。

ビューポイント 141.3km地点 第三只見川橋梁 撮影場所不明
ビューポイント 144.8km地点 宮下アーチ三兄(橋)弟 撮影場所不明

Pxl_20240601_062052716

予習をきちんとしなかったので有名なビューポイントがどこなのか分からず、とりあえず橋からの景色が良かったので撮影。

Pxl_20240601_062835908

これはおそらく第二只見川橋梁。

 

PC3 道の駅 尾瀬街道 みしま宿 148.7km地点 撮影時刻15:46 (制限目安17:25)

Pxl_20240601_064608439

第一只見川橋梁を望むビューポイントへのハイキングコースがあったがちょっとした山歩きのようなので止めておいた。

会津柳津(あいづやないづ)駅 160.6km地点 時刻16:25

Pxl_20240601_072527516

立派なお寺の側の坂道、和菓子屋さんが数軒あって、登りきると綺麗なかわいい駅があったので停車して撮影。

Pxl_20240601_072613492

そこにちょうど只見線の鉄道が到着。おー、ラッキー。

Pxl_20240601_072628101

意外にも大勢の乗客が降車。ここはそういう駅なのか。

Pxl_20240601_072919281

駅の横にはSLが展示してありバスや車が駐車してあった。降車した人たちはSLの写真を撮ってから次々にバスや車に乗り込んだのだった。只見線は地元の足だけでなく観光用の鉄道でもあるのだろう。

 

PC4 7-11会津坂下松ノ目店 173.8km地点 レシート時刻17:12 (制限目安19:06)

只見駅でお蕎麦を食べた切りだったので、ここでパンと飲み物補給。

 

PC5 本郷大橋 東詰先の下り坂 192.9km地点 撮影時刻 (制限目安20:22)

Pxl_20240601_091736387

ここに明るいうちに来れて良かった。

 

ゴール NewDays 会津若松 202.4km地点 レシート時刻18:52 (制限21:00)只見川

Pxl_20240601_095335146

ここで一緒にスタートスタッフした松島さんがまだ残っていた。やっと初めて他のライダーと会った。
今回は素晴らしい景色を堪能し辛い場面無く、サイクリングを最初から最後まで楽しめた。また、このコースやりたい。

 

ゴール後

436526971_999609978265632_47747042303389

最初の写真と同じようだけど。会津若松 富士の湯に浸かってから岩ちゃんと乾杯。お疲れ様でした。

 

翌日(6月2日)

天気予報が昼頃から雷雨だったので新白河まで走る予定は取りやめて輪行して帰ることにした。
岩ちゃんは、早朝只見線で小出駅へ戻っていった。只見線だけで4時間半もかかるらしい。鉄道からの景色も楽しむということだ。

私は郡山経由で新幹線と思ったが、会津鉄道~東武線に乗ったことがなかったのでこれで帰ることにした。2時間ほど時間が余計にかかるが2千円程度安い。

Pxl_20240601_234125112

Pxl_20240601_234151938

会津若松から会津田島駅まで会津鉄道で。にゃん旅鉄道の車両だった。1両。

Pxl_20240602_001838671

途中駅で行き違いがあり、前方からお座トロ展望列車が来た。会津鉄道の観光列車だそうで、お座敷とトロッコと展望席が付いた列車。面白そう。

会津田島駅で東武線の特急リバティに乗換。

 Pxl_20240602_014217847

輪行がいい加減な前輪外しなので特急リバティで置き場所に困らないかちょっと心配だったが、新幹線より広い車いす用のスペースがあり、この近くの指定席を取っておいたので安心して置けた。

Pxl_20240602_002649310restored

Pxl_20240602_004242057

各駅停車しながらの鉄道、これもまた楽しめて実に良かった。

 

 

2024年5月31日 (金)

2024年5月度 アクティビティのまとめ

202405

ロードバイク

今月は、4~5日にブルベ600km、18~19日にブルベ400kmに参加し、どうしても長距離で疲労するのでその前後は運動を控えた。明日6月1日は200km。4~6月は日が長くなり暑すぎず寒くならずロードバイクに乗るのに一番良い時期なのでこの時期に積極的に参加した。

 

ランニング

今年は夏場も継続的にランニングし続けて冬場の大会に備えたい。とはいえブルベの前には脚の疲労が残るし、ブルベの後はその疲労でランニングできない。ということであまり回数を走れず今月は4回だけ。しかし、14日に24km、25日に22kmをそれほど苦にならずに走れたので安心した。

 

スイミング

また、毎週木曜日の教室に入って教わりながらプールに通っている。相変わらずクロールらしき泳ぎは息継ぎできない。平泳ぎは恥ずかしくない程度には泳げるようになった。背泳ぎは腕が綺麗に回らない。バタフライはとりあえずできないので後回し。

クロールは手を動かすとバタ足がおろそかになりがち。とにかくプールに習慣的に通って、身体に泳ぎを覚えさせたい。(頭でわかっても身体はそのように動かせないのがスイミングの難しいところ)

 

登山・ハイキング

今月は活動無し。

 

腕立て伏せと腹筋を習慣的に実行しようと始めてみたが、1週間程度しか継続できなかった。来月以降も頑張ろう。

 

健康/食生活

5

ブルベ長距離の後は体重が乱高下するが、普段の家庭生活での食事をしているとおおよそ65kg程度に落ち着く。

 

2024年5月20日 (月)

BRM518日本橋400新一万円札発行記念 ~ゆかりの地を巡るコースは自分の体力の限界~

今シーズンも1回は400kmブルべをやっておきたいと思い、AR日本橋のスタッフ実走で参加。
そうは思っても、昼スタートの400kmは睡眠取りにくいし体力的にとてもキツイ。
195km地点の佐久にネットカフェがあったが、結局パスして不眠で続行し、ゴールまで。
疲労感たっぷりしょい込み、今の自分の体力の限界に到達した気分だった。

今回のコースは、新一万円札発行記念というお題目で渋沢栄一ゆかりの地を巡るコース。
都心の金融街を通過し、深谷市の主要ポイントに寄り、夜の碓氷峠を上って軽井沢から佐久市。
往路は渋沢栄一が歩いたとされる内山峠を越える下仁田街道(N254)で旧富岡製糸場に寄って、
顔振峠の平九郎茶屋に寄り(ここの最後の山越えがツライ)、
都心に帰り、赤レンガの東京駅に寄ってゴール。

当日の天候は、初日晴天で翌日は曇り。気温は暑くも無く寒くも無く最適な気温。(夜間の道路の温度計表示は12~14℃)風も終始穏やかでコース上8割方追い風基調だった。

そして、今回はNHK番組、チャリダーの取材が入った。
昨年12月に青森650kmに参加している様子は番組で観たが、そのメンバーが参加していた。

そのチャリダーのサイトを今、観たら
「ロングライド女子部 結成!」
「坂バカ俳優・猪野学さんが監督を務め、公募に志願した20から50代の個性豊かなメンバーが自己最長距離の更新を目指す。」
「急増する女性チャリダーを熱烈応援する新企画だ。」
この企画の一環のようだ。公募で志願した女性たちだったんだ。

ちなみに、インタービューを受けたり、荒川土手からの撮影でメンバーの後ろに引っ付いていたのでもしかしたら自分も映った場面が放送されるかも。放映までちょっと楽しみである。

 

スタート 都立木場公園 12:00

Pxl_20240518_021716907

今回はスタート前にガッツリと昼食できた。これ大事。

Pxl_20240518_025440748

チャリダーロングライド女子部、スタート前、ロードバイクにカメラ装着の調整をしていた。

Pxl_20240518_032132327

ロングライド女子部の一名は林さんから東京の名所の説明を受けながら走っていた。
猪野さんは都心では集団の後ろでひっそりとくっついていたが、埼玉の車の少ない道に入ってから一気に踏み込んであっという間に行ってしまった。速い。

 

PC1 深谷駅北口前渋沢栄一像 91.9km地点 撮影時刻16:45 (制限目安18:08)

Pxl_20240518_074516883

ここまで途中一度だけコンビニに寄って水補給。追い風基調で順調に進んだ。
88km地点のすき家で食事を想定していたが昼食の腹持ちは良く、まだまだ食事の必要性は無かった。

Pxl_20240518_075858760

キューシートで案内のあった日本煉瓦製造の工場跡地か?
この時は壊れた工場建物のように見えたが、後で調べたら国の重要文化財に指定されて深谷市で保存修理中ということらしい。

 

PC2 渋沢栄一記念館 101.7km地点 撮影時刻17:13 (制限目安18:48)

Pxl_20240518_081354036

中を見学する時間は無い。(閉館17時なのでそもそも閉館したばかり)次の機会は車で来よう。

Pxl_20240518_082002639

Pxl_20240518_082044108

ここが渋沢栄一の生地。次の機会にはここも見学しよう。

Pxl_20240518_082150843

次の機会には深谷市の主要ポイントを散歩しよう。電車で来て歩くのも良さそう。

Pxl_20240518_083113138

あそこに見えるのは、田島弥平旧宅。世界遺産旧富岡製糸場の構成資産として世界遺産リストに登録されている建物。ここも次の機会に来よう。

 

PC3 7-11上里長浜店 119.6km地点 レシート時刻18:10 (制限目安20:00)

Pxl_20240518_095814405

日が暮れてきた頃、周辺の山々が近くに見えてきた。

Pxl_20240518_102639013

133km地点と142km地点にすき家があり、時刻も19時を越えたのだが、空腹にならない。
しかし、ここで食べておかないと夕食がコンビニ食しかなくなるので、142km地点のすき家254号富岡店に入店。
カレーをお腹に流し込んだ。食べ始め(撮影時刻)は19時26分。

 

PC4 ローソン松井田バイパス店 159.6km地点 レシート時刻20:54 (制限目安22:40)

ここまで平均速度18kmhでおおよそ計画通り。

この後、旧道碓氷峠を上った。外灯が無いので急に真っ暗になって寂しくなる。途中、一人二人に追い越された。

Pxl_20240518_132200474

峠の頂上に到達したときにもう一人の参加者と同時期だった。撮影時刻は22時22分。

ここからPC5までほぼ下り基調。軽井沢過ぎると特に傾斜がある。
レーパンだけ、上は夏用の白いアームカバーに夏用ジャージだったので長時間で寒さが増してきた。
しかし停車して着こむのが面倒なので我慢した。

佐久市の195.6km地点にネットカフェ自遊空間があり、休むならここだったが、
シャワー設備が無いこと、眠くなっていなかったのでまだまだ行けそうな感じがしたこと、時刻が23時前なら休憩しようと思っていたが23時は超えていたことで通過を決断。

その代わりにPC5直前に見えた「かつや」に入店。

Pxl_20240518_142911604

閉店時刻は0時(24時)、ラストオーダーは23時30分だった。食べ始め(撮影時刻)は23時29分。
カレー食べてから4時間しか経っていなかったので空腹ではなかったが、この後内山峠越えて富岡までおそらくコンビニも何もないだろうからここで無理してお腹に詰め込んだ。かつ丼を梅ではなく竹にしてとん汁を大にしてオーダーしてしまってから後悔した。

 

PC5 7-11佐久野沢西店 204.6km地点 レシート時刻00:20 (制限目安01:40)

ここで参加者3名と会った。

下仁田街道(N254)は信州姫街道と呼ばれ、昔中山道に比べて女性でも歩きやすい道といわれていたらしい。という通りに上りは緩い傾斜だった。しかし、下りはとても長く、速度が上がった。ここはさすがにPC5でアームウォーマーとレッグウォーマーを装着しておいた。

Pxl_20240518_162300664

内山峠にある内山トンネル。この入口がピークで中は下り基調。
下っている最中に対向車はほんの少しだけ。後続車は下仁田近くで数台追い越されただけで真夜中は走りやすかった。

 

PC6 旧富岡製糸場 255.1km地点 撮影時刻02:33 (制限目安05:00)

Pxl_20240518_173320429

下りが長かったのでPC5出てから2時間程度で到着。富岡のこの近辺の呑み屋さんから帰るタクシーの往来があった。

Pxl_20240518_195018777

4時50分、荒川、玉淀大橋の下にキャンプ客がたくさん見えた。(後で調べたら、寄居町のかわせみ河原というキャンプ場)

 

PC7 ローソン小川町大塚店 306.9km地点 レシート時刻05:37 (制限目安08:28)

AR日本橋 坂東さんが待機していた。ここで久しぶりに林さんと再会。
23時30分に食べたかつ丼の影響でそれほど空腹になっていなかったので、ここでは手持ちの補給食を半分ぐらい食べて済ませた。

 

PC8 顔振峠(平九郎茶屋) 330.1km地点 撮影時刻07:35 (制限目安10:00)

Pxl_20240518_223545157

こんな終盤の朝に越生から上ってここに来るのはけっこうキツかった。途中、2台のオートバイとすれ違っただけでひっそりとした朝だった。

顔振峠から吾野に下って、その後はN299で所沢、そして青梅街道で都心へ向かった。

 

PC9 東京駅丸の内駅舎 399.0km地点 撮影時刻11:39 (ジ限目安14:36)

Pxl_20240519_023907633

皇居前が自動車通行止めになっていてロードバイクで通過しやすかった。東京駅前は海外の観光客が目立った。

 

ゴール ナチュラルローソン虎ノ門巴町店 402.2km地点 レシート時刻11:55 (制限15:00) 

Pxl_20240519_025738096

ロードバイクに乗っているときはしゃきっと乗れたが、信号待ちで止まっていると若干ふらつきを感じる時もあった。
だんだん歳とともに終わった後の疲労感が増しているような感じがするが、どうにか今回も無事完走できて良かった。

 

走行時間 23時間55分

 

2024年5月 6日 (月)

BRM504さくら600会津若松 ~まさかの制限時間1分遅れのOTL(Over Time Limit)~

40時間もロードバイクに乗っていてゴール到着時間が時間制限の40時間に1分遅れるなんて、なんてトンマなんだろ。
このトンマぶりを備忘録としてまとめておく。

 

今回は昨年年末にも参加したランドヌールさくら主催の北千住発会津若松往復の600km。
事前にコースを見たところでは、大きな坂があるところは308kmの御霊櫃(ごれいびつ)峠と帰路のR121会津西街道の山王トンネルで、まずまず一般的な走りやすそうなコース。

宿泊場所は、280~290km地点の郡山市街地か350km地点の会津若松市街地か迷ったが、290km地点のルート上に無人チェックインできるビジネスホテルがあったのでそこを予約。

計画では、23時チェックイン(100kmあたり6時間程度を目安)、翌日3時チェックアウト(100kmあたり6時間目安で少し余る)。今年ブルベの規定が変更されて各PCでの制限時間チェックが無くなったのでトータル40時間を前提に睡眠時間を多く取るよう計画してみた。
4時間以上ホテル滞在する計画のところ、実績は、往路は早めに推移して21時15分頃にチェックイン翌日は3時15分頃再スタート、6時間滞在できた。

今回は「きちんと食べて沢山寝る、そして身体の負担を少なくフィニッシュ」の計画だったが、460km地点で入った食堂が予想外に時間がかかり、結果は460km以降ほとんど休憩できず、その上強い向かい風で速度も上がらず、手や足指の痛みに耐えながら、地獄の走行となってしまったのだった。それでも時間内ゴールができれば苦労が報われるというものだが、結果はまさかの時間内のゴールに見事に1分届かなかった。

まぁ、こういうこともあるわい。年内に600kmをもう一回走らねばなるまい。

 

スタート 北千住荒川土手 6:00

天気は晴天。風は穏やかで絶好のサイクリング日和だった。

Pxl_20240503_203338201

鎌ヶ谷から木下へ行くルートが緑が多い里山風景でとても良かった。一般的には白井から木下街道と使うことが多いと思うが、今回は下手賀沼沿いのカンナ街道という道だった。この道田んぼや林が多くてなかなか良い。

 

10:08 91.2km地点 すき家 51号潮来店 入店 牛丼中盛3点セット

Pxl_20240504_010805354

朝食を4時頃食べたので予定通り空腹になった。事前に場所をチェックしておいたすき家で腹ごしらえ。

 

PC1 7-11 鹿嶋スタジアム入口店 97.1km レシート 10:53 (制限目安12:28)

海岸線の道を北上して、大洗へ。
大洗に入ると観光客でにぎやかになった。道も車が渋滞してきた。

大洗からひたちなか方面に向かうと車の渋滞はますますひどい状態になって行った。

 

PC2 ファミマ ひたちなか湊本町店 142.5km レシート 13:01 (制限目安15:32)

このPCへ向かう道、このPCから勝田駅方面まで、車の渋滞がものすごかった。道がほぼ駐車場状態。昭和の時代を思い出した。
GWのひたちなか、そんなに人気あるのか。

この後、北上。常陸大宮の道の駅かわプラザで休憩を考えていたが、ここの前後の道がものすごい渋滞。駐車場がすでに満車になっているところへ車が押し寄せている様子。ここに寄るのはパスしてこの先にあった7-11で休憩した。人気のないコンビニだった。

 

17:30 231km地点 どさんこ大将サッポロラーメン(棚倉店)入店 ネギ味噌ラーメン

Pxl_20240504_083042020 

ここも事前に決めておいたところ、ちょうど暖簾を表に出した時間だったので入店。愛想のない老夫婦がやっていた。
もう少し先の棚倉の市街地で食べれば良かった。

 

PC3 ファミマ 郡山金屋平館店 282.4km レシート 20:13 (制限目安00:48)

 

20:38 285km地点 かつや 郡山香九池店 入店 ロースメンチカツ定食

Pxl_20240504_113858953

宿泊ホテルの6km手前。サッポロラーメンはほ消化したので、寝る前にまた食事。

 

21:15頃 291.2km地点 ファミリーイン郡山中央インターチェンジ店 チェックイン

1km手前の7-11で朝食用のサンドイッチとヨーグルト等を購入して宿泊。フロントは無人でインターフォンでやり取りして支払。部屋は広めでロードバイクを部屋に入れて置けた。

翌日の天気予報を確認しところ、気温が上がること、昼頃から南風が強くなる予報。向かい風だ。しかし、19時間あれば余裕だろうから、3時スタートに決めた。

 

翌朝は結局ホテル前をスタートしたのは、3時15分

暗いうちに朝一番で峠を上ったのだが、朝一番のせいか調子は上がらなかった。峠に着いたのは1時間30分後だった。

 

Check1 御霊櫃峠 308.5km 到着 04:46(制限目安02:36)

Pxl_20240504_194614127 Pxl_20240504_194631052

峠を上りながら夜が明けた。
この峠に来たのは初めて。御霊櫃林道も初めて。想像していたより道は広かったし舗装も悪くなかった。山頂の見晴らしも良いしトイレもある。ここで山歩きも良さそう。

この後一気に下って、猪苗代湖の周辺道路へ。

Pxl_20240504_200652167

磐梯山が雄大な姿を現した。

猪苗代湖を半周して会津若松方面へ。白河街道をぐ~っと下って街中へ入った。
白河街道の下り、だんだん市街地が大きく見えるようになって行き、楽しい道だった。

 

Check2 会津若松城(鶴ヶ城) 352.4km 到着 06:47(制限目安05:28)

Pxl_20240504_214734366

朝早めなので地元の散歩の人が少し散見されるだけ。意外にも観光客はほとんど見なかった。

鶴ヶ城付近では他の参加ライダーはまったく居なかったので、すでに時間は1時間以上遅延しているし、これはおそらく最後尾かと思っていたら、すぐのローソンに伊地知さん他1名が見えて安心した。

R121を素直に通るルートではなく、途中、トンネルを避けて芦ノ牧温泉では、大川ダム、芦ノ牧温泉南駅前を経由する一般道へ。アップダウンあって少しキツイ。でもローカルな道は楽しい。

湯野上温泉、塔のへつりもR121ではなく、川の反対側のローカルな道へ。湯野上温泉に7-11があり空腹で力がなくなったので朝食した。観光客が沢山いて混雑していた。

気温が上がって暑くて大変だった。

414km地点の道の駅たじまでトイレ休憩してから山王トンネルを越えればその後は鬼怒川あたりまで下り基調。

 

PC4 ファミマ 日光光徳店 458.9km レシート 13:26 (制限目安12:36)

ここでも50分遅れ。残り140kmなので余裕だろうと外食することにした。2日目はまだまともな外食をしていなかった。

 

13:40頃 459.3km地点 赤羽食堂 入店 焼肉定食

PC4のすぐ先にあった赤羽食堂へ入店。4人掛けのテーブルが6個。3個が埋まっていて4個目に着席。その後残り2個も客が来て埋まった。その後に外で待っているグループもいてGWの客で混んできた。オーダーして待っていて気が付いた。

まだ、だれも食べ始めていない。

年寄り夫婦で切り盛りしている店で丁寧に作っている様子ではあるが、一つ一つ順番に作っている様子がうかがえた。普段はこんなに客が来ることはないのだろう。

Pxl_20240505_051645919

この写真14:16。おそらく30~40分近く待った。麺類ではないので早く食べるのは難しい。

残り140kmで2時間遅れになってしまった。

暑いけれど、気持ちはもっと熱くなり、食べたので力は出てきたが、南よりの向かい風は強かった。この75km、渡瀬貯水池までものすごく遠く感じた。

 

PC5 7-11 北川辺向古河店 534.0km レシート 18:17 (制限目安17:36)

残り66.5km。もう誰も居ないのではないかと思っていたが、このコンビニに3,4名の参加ライダーが居たので少し安心した。
休んではいられないが、食事後の75kmは休まずここに来ていた。
トイレ、水補給、そして残り66.5kmで空腹にならないようにパンを一つお腹に入れた。もちろん、その間に他のライダーはとっくに行ってしまった。

右手の手のひらが痛かった。右足の指が激痛だった。腕で肩を支えるの辛かったがとにかく平均20kmh以上でギリギリ間に合う。しかし、容赦なく向かい風が行く手を妨害した。

自分の気持ちの中で、

「痛いんだから、あきらめて、楽になろうよ」

「頑張ってどうにか時間内に」

が頭の中で交互にやってきた。そんな中で、2回ほど曲がるところを間違えたりしてますます焦った。

 

Finish ファミマ 千住曙町店 600.5km レシート 22:01 (制限22:00)

Original_ac767346ac204312b14c0d54d333f99

前回のBRMさくらの時と同じコンビニへのルートなので、最後、水戸街道から白鳥一丁目を右折した後に信号が3,4個あり時間がかかるはず。と思っていたとおり時間がかかり、コンビニへは堀切橋から車が居なかったのでダイレクトに右折してコンビニに突入。

しかし、1分経過してしまったのだった。

もう少し余裕持たせて計画すべきだった。最後の食事はコンビニで済ませるべきだったのだ。残念無念!

でも、楽しく過ごせたから良しとしよう。

 

2024年5月 1日 (水)

2024年4月度 アクティビティのまとめ

202404

ランニング

NHKのTV番組や山歩きの時に時々見かけるトレイルランニング、強度が高いので自分にはとてもできないと思いながらも一度は経験してみたいとも思っていた。今月ついに初めて参加して完走することができた。20kmという短い距離とはいえ獲得標高が約1200mでかなり厳しいコースだが、幸い天気に恵まれて制限時間にかなり余裕を持ってゴールまでたどり着いた。

平地を走るマラソンとは違った登山の楽しさを併せ持っているので実に楽しかった。調べてみたら夏場はけっこう数多くいろいろな場所で開催されているようなので、年内にまた1、2回どこかに参加してみたい。

 

スイミング

4月~6月にまた週一回の水泳教室に申し込んで参加している。その合間に恥ずかしい思いをしないように自主練習。相変わらずクロールの息継ぎはできないので、クロールでは24m泳ぎ切れない。しかし、昨年まではまったく泳げなかったことを考えれば確実に上達しているので焦らず継続したい。ロードバイクやランニングだって1年以上やり続けて上達してきたのだからまだ4か月程度で上達できなくても仕方がない。

思うにスイミングは筋力だけでなく身体の柔軟性が要求されるようで、身体が固くなっている年寄りから始めるのはかなり時間がかかりそう。それに、不思議にも力むと進まないし沈んでしまうので身体をリラックスしないと泳げない。上半身のストレッチも欠かせない。こういう点ではバイクやランニングと全く異なった部分があって面白い。

また、プールでのお年寄り同士(自分含めて)、おじいさんとおばあさんとの交流も楽しかったりする。

 

ロードバイク

暖かい時期は月1回程度のブルベ参加をしていく。今年は自宅近所からスタートできるブルベにしてみている。
今年の目標はSR取得だけ。600kmと400kmを1本ずつにして他は200kmと300kmだけ。寝不足でのライドが辛いので600km超えは今年は止めておく方針。
5月以降はAR日本橋スタッフ業務を兼ねてAR日本橋のブルベを実走していく予定。

 

登山・ハイキング

軽井沢の帰りに藤岡市の庚申山総合公園でハイキングした。なかなか良い公園で自分にとっては富岡市の神成山と並んで穴場スポットとして記憶にとどめておきたい。

今年は細君との登山・ハイキング旅行は少し減らすが、月1回程度は実施したい。

 

健康/食生活

4

ブルベとトレランの後、とにかく身体が空腹を訴えてくるので飲食量が増加して体重が増加する。2,3日するとまた65.5kgに落ち着き安心する。しかし、お腹の出っ張りを解消するために目標は64kgにこだわりたい。

今月かかりつけ医に通院。前回の血液検査結果は異状なし。

 

 

2024年4月29日 (月)

軽井沢トレイルランニングレース(ミドル20km) ~初トレラン=ほぼウォーキングで無事完走~

2月、3月とフルマラソンを完走し4時間30分も切れて気を良くしたところで、次の大会を調べていたら、
「トレラン20kmで制限時間7時間」ほぼ歩きでも完走できそう、
場所は軽井沢で近い、日帰りも可能、エントリーフィーも10000円未満
よし、思い切ってやってみよう!とエントリーした。

当日はGW初日なので道路渋滞の心配をして10時スタートなのに自宅を5時過ぎに出発。
横川SAに6時20分頃に到着してしまい時間をつぶして、会場の軽井沢プリンスホテルスキー場へ。

Pxl_20240426_225818080

時刻は7時55分頃。ロング43kmが7時30分スタートだったので駐車場に車はあったがすでにスタートのにぎわいは終わっていて閑散としていた。

ミドル20kmは8:30から受付。そして準備して10時にスタート。

レースの様子はYAMAPを参照。


軽井沢トレランレース(ミドル20km) 初トレラン=ほぼウォーキング / カッチンさんの活動データ | YAMAP / ヤマップ

 

マラソンとは違って最初の方はランナーが渋滞してしまうので立ち往生の時間帯が多くその点は楽。
しかし、危険個所がときどきあるので、そこは非常に緊張して歩いた。
急な上り道はランニングは無理で、歩いた。
急な下り道は危ないのでトレッキングポールを使ってゆっくり下った。速い人は走って下っているがそれをやってみたが膝にものすごい負荷がかかり無理だった。
膝サポーターを使ったのが良かったのかもしれないが、最後まで膝の痛みは出なかった。

当日は細君が応援で同行、自分が走っている時間は軽井沢ショッピングモールで時間をつぶしてもらった。

7時間いっぱい使ったら17時ゴールするところ、15時前にゴールできたのでとにかく上出来。

(結果)
ミドル20km男子 (獲得標高 約1200m)
ゴールタイム 4時間48分07秒
総合順位 298位(出走人数 362人)

ロングの部は年齢別順位が発表されるのだが、ミドルの部は年齢別順位は残念ながら発表無し。

 

この日はこの後、妙義グリーンホテルに宿泊。以前妙義山に来た時に泊まったホテルで、ここで生ビールをたらふく飲んだ。

 

翌日は、藤岡市の公園で遊んだ。ここも実に楽しい公園だった。


藤岡市庚申山総合公園ふじまつり / カッチンさんの活動データ | YAMAP / ヤマップ

 

 

 

2024年4月14日 (日)

BRM413たまがわ300青梅 ~初めて行った鶴峠(県道18号)を越えるのが実に苦しかった~

今回も近所のスタートなのでAJたまがわの300kmにエントリー。
300kmなのに埼玉県を横断して青梅から奥多摩を回ってくるというあまり遠くに行かない東京埼玉山梨だけのコースで一見易しいコースに思えた。が、初めて行った鶴峠(県道18号)は噂では聞いていたが、異常に厳しい坂の道でピークを2回通過して途中で辞めたくなったが辞める方法がない山の中の一本道。ブルベだからこそ否応なしに経験できる道で厳しくもとても良い経験にはなった。山の景色は抜群でまた行ってみたいが次は車で登山目的にしたい。

当日の天候は寒くも暑くもなく風も比較的穏やかに推移して、季節はコースのどこも桜満開で最高だった。

とはいえ、現在、翌日だが、疲労感が激しい。こんなに疲労するってまた命縮めていることしちゃっているのかも。

 

スタート 葛飾大橋下 7:10(7:00スタートのウェーブ1)

Pxl_20240412_213414697

43km地点の権現堂桜堤は満開。桜のボリューム感はこの場所ならではだった。
49km地点の鷲宮神社も景観良かった。

 

PC1 7-11騎西日出安店 57.3km レシート09:48 CLOSEからー01:13

PC1では空腹になっていたので牛乳とホットドッグを補給。

この日はスタートから不調で、疲労感と時々息苦しさがあった。その時に脈拍を見ると150~160でちょっと高めになっていた。最近のブルベではいつも走り始めが不調なときが多い。この時間帯を乗り越えれば楽に変わるはず。

ということで昼食はここにしようと目を付けていた80km地点の天丼てんや東松山店で早めの昼食。11時。

Pxl_20240413_021041468

ご飯食べるとその後元気が出てきた。

鳩山~毛呂山、高麗神社の前を通過。ここも桜が満開で素晴らしい場所。

飯能~青梅~二ツ塚峠~五日市

 

PC2 7-11あきる野戸倉店 127.1km レシート14:00 CLOSEから-01:38

お腹は満たされていたので、水だけ補給。トイレは並んでいたので先へ進んだ。

この辺は登山客や観光客が多く公衆トイレが多い。新しくて立派な最新のトイレに寄ってその場所で山側を撮影。

Pxl_20240413_052415523

145kmの甲武トンネルまでの上りがけっこう長くて標高を上げる。この道もけっこう大変だった。

Pxl_20240413_062435630

甲武トンネルはそれほど長いトンネルではなく、出口からはあまり下って欲しくはないのだが下りが長かった。

右折して県道18号(上野原丹波山線)へ。ここはピークが2回あって、2回目が鶴峠で坂が終了となる。1回目のピークでもかなり厳しくもうこれだけで充分な疲労感。

Pxl_20240413_064651302 Pxl_20240413_071439935

周辺は登山するハイキングコースが豊富な場所。途中上野原駅行きバスが続けて2台通過。2代目は増車の張り紙がされていた。きっと三頭山に上って鶴峠から帰るハイカーが沢山いたのだろう。また言うが次に来るときはここは絶対登山だ。

 

PC3 フォトチェック 167.6km 撮影時刻17:23 CLOSEから-00:59

Pxl_20240413_082336994

やっと辛い坂が終わってうれしかった。CLOSE時刻になってしまっても仕方がないだろうと思っていたが1時間程度の余裕があって、まだまだ明るい時間帯だったのでほっとした。

Pxl_20240413_083449644

小菅村から奥多摩湖のあたりは桜が見頃。山の桜景色は実に素晴らしい。

この後下って、奥多摩湖越えて、コースは多摩川南岸道路トンネルを通過。
この道、先だって初めて知って車で通過したばかり。まっすぐなトンネルで車でスピード出せる道だったので、まさか自転車通行可能とは思っていなかった。実際に自転車で走行してみると左側路側帯に余裕があってとても走りやすかった。下りでは最適だ。

 

PC4 7-11青梅勝沼店 211.5km レシート19:24 CLOSEから-01:54

お腹空いて途中で飲食したいと思ったが、下り基調で高速に進んでいたこともあり思わしい店をやり過ごしてしまった。
青梅市内ではこの日お祭りをやっていて複数の山車が出ていて一部通行規制がされていた。

どこかでしっかり食べたいと思い、このコンビニではバーガーとサイダーで過ごした。

PC5手前10km程度のところにすき家があり、ここで夕食。

Pxl_20240413_121312072

相変わらず、どうでもいいブルベの時に必ず食べるすき家の写真。今回は中盛で。卵も付けた3点セットというセットメニューが新たにあって便利になった。(卵付け忘れてしまう時があるのだ。)

 

PC5 ローソン上尾上野店 250.3km レシート22:14 CLOSEから-01:36

このコンビニではのど飴買ってさっさと通過。

私の場合牛丼食べると割と調子良くなる。食べた後の残り3時間半快調に走ってフィニッシュ。

 

Finish ローソン松戸中矢切店 302.2km レシート00:55 CLOSEから-02:15

Pxl_20240413_155744644

今回も食べるもの食べて出るもの出ないでお腹は蛙のようになってしまった。腹筋鍛えよう。

 

走行時間 17時45分

2024年3月30日 (土)

2024年3月度 アクティビティのまとめ

202403

ランニング

日頃の練習で20km超えを心掛けて、本番前は1週間ほど脚を休めて、20日のフルマラソン大会に臨んだ。
結果は4時間24分8秒。自己最高記録で5年前に初めてフルマラソンを走ったときに目標としていたサブ4.5を達成できた。
男子の部60~69歳 3位/出走7名。
1位 3時間32分、2位 4時間13分で4位 4時間28分、5位と6位も4時間代で最下位の7位でも5時間6分。参加者のレベル高い。ちなみに70歳~の参加者無しのようだ。

次回、軽井沢トレイルランニングレース(4月27日)「20kmミドル」にエントリーした。一度は出てみたかったトレイルランニング大会。初めてなので、筑波山あたりで1,2度練習しておきたい。

 

スイミング

3月の目標「クロールで息継ぎができて25m足を付かずに泳げること」達成できなかった。来月以降に繰り越し。水泳は難しい。
YouTube観て理論を学んでプールで実践を繰り返しているがなかなか身に付かない。それに、年寄りは腕とか肩とか柔軟に動かずとにかく固い。しかし、発展途上なので楽しい。
毎週1度は必ず行かねばならないように習慣づけしたいので4~6月度の週1のプール教室をまた申し込んだ。

 

ロードバイク

今年に入ってランニング主体でその合間に時々ロードバイク。ブルベは月1回参加。次回はBRM413たまがわ300kmにエントリー。
今のところ今年度は1000km以上に参加予定無し。SR取得だけを目標にしようかと思っている。

 

登山・ハイキング

今月も活動無しだった。4月度はトレイルランの練習を1,2度実施したい。

 

健康/食生活

3

相変わらずの体重で65kg前後を行ったり来たりしている。フルマラソンの後にお腹が空いているときが多く、食べる量が増えるとたちまち体重アップ。しかし、いつもの食事をし続けると65kgあたりに落ち着く。
しかし、お腹は出っ張っていてプールでは恥ずかしい身体をさらけ出している。

 

«第9回 柏の葉 春らんRunマラソン ~遂にサブ4.5達成~