2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« アサランの後久しぶりに関宿城 | トップページ | ちょっとポジティブにやれたらいいんだけど »

2010年4月11日 (日)

BRM410千葉300kmどうにか完走

前回の埼玉200に続き、こんなに厳しいとは予想していなかった。(毎回こんな感じだ)
天候は最適だったので、軽く走れるんではないかと甘く考えていたが、筑波連山は半端じゃない。

今回はcervelo号での初ブルベ。慣れてきたとはいえ、従来よりサドル高め、サドルの真ん中に穴もないし、お尻が一番の不安材料だった。それにもう一つの初めて、自走で参加してみた。 Sa3d0002
朝5時過ぎに自宅出発し、手賀沼まで1時間ちょっと。途中の大堀川が桜満開だったなぁ。 Sa3d0001

■スタート:道の駅しょうなん(手賀沼)→つくば市→不動峠→PC1:セイコマート八郷小幡 63.4km
お馴染みの場所とはいえ、キューシートの行数がやけに多いので、道順不安。とはいえ大利根橋で皆歩道に行ってしまったので一人車道で先頭を走ることに。走っているうちに、先の集団の後ろにつけて良かった。
そもそも坂が苦手で遅いが、今日はブルベの序盤。不動峠もゆっくり、ゆっくり。ブルベじゃない人たちに何回も追い越された。
そして、おなじみのセイコマートに到着。

■→筑波連山(峠三昧)→笠間駅→PC2:茂木の7-11 124.6km
フルーツラインからまずは上曽峠、そこからきのこ山。
結構長い、かつ、かなりの斜度10%級で休む暇なし。早くも苦しい。すでに歩いている人がいた。そういうの見ちゃうと自分もくじけそうになるが、まだ序盤だ。
ちょっと下ったかと思うと登り、そして加波山峠。この辺でいい加減少し休むか、どうか迷っていたら、千葉ブルベ御馴染みのシークレットポイントがあって一息つけた。まさしく天からの助け。
このあたりは、ハンググライダーのメッカだったんだね。今度来るときはもう少し休み休みゆっくり走りたいよ。
その後一気に下って県道に出て終わりかと思いきや、次は板敷峠。一度通り過ぎてから振り返って、民家の横の狭い道に気がつき、戻る。入り口に板敷山道の石碑、ここだな。おー、なんという道だ。舗装されているかぁ。狭い。木の葉や枯れ木で道の端が埋もれている。おいおい、切り落とされた木が道の端に置いたままやんけ。
とまあ、すごい入り口だった。しかしながら、斜度はそれほどでなく登りやすかったが、中盤以降ぐっと斜度が増してきたらこれまたハンググライダーの広場。その先、道祖神峠に下りて、やっと広い道、県道42号。峠道終了。生きた心地がした。ここから下り基調で一気に笠間駅前まで。
そこから茂木へ。途中右側にビーフライン。懐かしいなあ。以前埼玉300キロで来たな。この後ビーフラインを走るコースだったら、リタイヤだな。

■→水戸→茨城町→PC3:茨城空港の辺りの7-11 197.3km
茂木のPC2に着くと、ちょうど横に走っている真岡鉄道の蒸気機関車が出迎えてくれた。
おーこれはラッキー。写真を撮ろうとしたが携帯を出すのがおそく末尾のところしか撮れなかった。 Sa3d0005

とにかく、後は平地なので地道に走る。途中で先を行くエコサイジャージの人がちょうどいいペースで走っていて後ろに着かせてもらった。すでに足がへばっていたので速すぎず遅すぎずでちょうど良かったのだ。
それにポラールのサイコンが筑波連山の登りがあまりに遅かったせいなのか、止まってしまって、距離がめちゃくちゃになっていたので、道順も不安だったのだ。
いっしょに走っていて信号でお話したところ、なんと「カッチンさんじゃないですか?ブログときどき見てます。」ってことだった。うれしいなぁ。アクセス数はすごく少ないけど、ブログやってて良かったなぁ。
千葉のスタッフSさんには3年前の落車事故でお世話になっており、その話をPC3でしていたのを聞いていたそうだ。Sさんの話ではその後私が落車したグレーチングは隙間が埋められて直されているということだった。その話もうれしかったなぁ。

PC2には、クローズ時間の1時間前だったのだが、PC3にはどうにか明るいうちに到着できた。

■→潮来市→佐原駅→PC4:ローソン多古南 253.2km
夜間走行になった。ポラールは10キロ誤差があったのでポイントポイントでLAPボタンを押しながら区間の距離数で都度確認。これがわかりやすかった。夜は周辺が見えないからね。
途中佐原駅のあたりは、狭い道のコースがあり、間違えたかと迷うようなところ。随所にそういう変な道を設けるところが面白い。

■→酒々井町→印旛→木下→Finish:手賀の丘公園入り口のファミマ 304.6km
この辺に来るとお尻がいたい。それに手の小指に血が通わなくなりしびれてきた。もちろん足も限界に近い。
そしてゴール。ファミマでお茶を買って、23時48分の領収書。今日中にゴールできてうれしかった。
7時5分スタートだったので、16時間43分。

■→道の駅しょうなんまで 完走の喜びラン 310.4km、そして自宅まで自走。
足がへろへろの状態で帰路へ向かう。大堀川、早朝の桜もきれいだったけど、夜中の桜もきれいだなぁ。長い1日だった。午前2時帰宅。

走行距離:自走(往路)25.1km、(復路)25.4km、(ブルベ)310.4km

次の400kmブルベはどうすっかな。獲得標高:2686mでこんな状態じゃなぁ。簡単なコースの400kmやってないかなぁ。

« アサランの後久しぶりに関宿城 | トップページ | ちょっとポジティブにやれたらいいんだけど »

趣味」カテゴリの記事

コメント

PC2からPC3でご一緒させてもらったエコサイジャージです。
つくばの峠はきつかったですね。逆コースだったら完走はないかも。
減量しなければ・・・
またお会いできる時はよろしくお願いします。

BISHIBASHIさん

先導、ありがとう。
減量、難しいです。
自転車乗るとお腹減るし、私の場合大食いなんで、食べすぎちゃうんですよ。
こちらこそ、今後もよろしく。

お疲れ様でした
新車のサーベロshine格好良いですね。
サドルも新しい物だと言っていましたが
以前のブルベでも聞いた事がありました。

普通、新しいサドルだと不安despairですよね。
それを、気にせず使っちゃうのはカッチンさんくらいじゃないですか?

豪傑ですね・・・剛尻(こっちの当て字の方が正解かな?)

シーさん

実は、尻はいずれにしても痛くならないわけには行かないのではないかとあきらめてます。真ん中に穴があると真ん中痛くならないけどその周りが痛くなるし、今回は真ん中と尿道が圧迫されましたけど、翌日には完治したので良しとしています。
ところでゴールまでたどり着きましたか。PC2で残り1時間で半数ぐらいだったようでしたから。

カッチンさん

PC2では、残り35分くらいで入りました。
その後、後続の人たちもとチェックに到着していましたので
ほとんどの人がタイムアウトにならずに済んだのではないかと思います。

その後頑張って、17時間20分でゴールしました。
一人参加で寂しかったのですが、、カッチンさんに会えて嬉しかったです。

シーさん

完走おめでとうございます。
そしてお疲れさまでした。
すぐ後ろを走っていたんですね。
夜は前後に全く走っている人の気配なかったので、自分ひとりのような気がしてしまいましたが、多くの人が同じ時間帯に走っていたんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552206/48056209

この記事へのトラックバック一覧です: BRM410千葉300kmどうにか完走:

« アサランの後久しぶりに関宿城 | トップページ | ちょっとポジティブにやれたらいいんだけど »