2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 赤城山の坂は甘くはなかった | トップページ | 不動峠1本 »

2010年8月22日 (日)

極上の道、ビーナスライン

今回の土日は、会社の自転車仲間が主体で構成されている鉄人倶楽部の年一回の製鉄合宿。ジャージは以前に購入していたが、今回初参加。

今回の宿泊場所は、上諏訪。
参加者は、石川県本社から6名、東京から私と神奈川から1名。
中央高速道路は渋滞でいやな思い出が多いので、今回、私は輪行。
新宿7時発のあずさ1号で旅立ったのだ。

あずさ1号は指定席満席。自由席も立つ人が多い状態。ザックを持った山歩きの中高年が多い。自転車の人同じドアに3名。置く場所をいち早く確保した。今回はとくとく切符を初めて利用して30%引き。

石川組は車で到着し、宿を出発したのが10時半頃。
1日目のコース
上諏訪→茅野→(ビーナスライン)→蓼科→白樺湖→車山→霧が峰→八島が原湿原→和田峠→(中山道)→諏訪大社→上諏訪
走行距離:83.3km +宿→駅、駅→自宅 4.6km

茅野からビーナスラインの上りは適度な斜度で走りやすいが、石川組の皆は速い。日頃、山が近い場所柄、坂を軽々と上って行く。私は少し遅めの1名といっしょに他の人を追う。どんどん行ってしまってスズラン峠のあたりでやっとお昼になった。
その後一気に下ると白樺湖。この辺の唯一のコンビニ、ローソンで休憩。そして車山の景色抜群の休憩所によって写真撮影。(2年前にミラノ合宿で来ているのでそれを思い出しながら)
Sa3d0005 Sa3d0006
車山から霧が峰を曲がって和田峠までの道が本当に気持ちのいい道だ。適度のアップダウン。標高1500m前後で陽射しは強いが涼しい。
和田峠から諏訪湖に下りて、蒸し暑さが戻り、宿に戻った。

2日目のコース
上諏訪→霧が峰→和田峠→三峰展望台→扉峠→美ヶ原(折り返し)→三峰展望台→和田峠→(中山道)→上諏訪
走行距離:81.8km +宿→駅、駅→自宅 4.6km

朝7時10分出発し美ヶ原へ向かった。宿の前の道を上ってずっと走ると霧が峰。地図で見ていると結構急坂ではないかと恐れていたが、そうでもなく緩やかで道幅も広かった。霧が峰に8時半ごろ到着。Sa3d0007
霧が峰のキャンプ場あたりからキャンプ道具を搭載した自転車若者軍団が登場。5,6名で1組で3組程が本日走りながら終始すれ違っていた。
三峰展望台で1名脱落。美ヶ原で折り返すということで三峰で待つという選択をした。三峰展望台から遥か遠くに見える美ヶ原に怖じ気付いてしまったのだった。
美ヶ原はオートバイが多かった。道を走っているとうるさい、うるさい。自転車キャンプ軍団は美ヶ原の上り口で休憩していた。そんな中、石川組はズンズンを行ってしまったが、自分も自分なりに快調に走れた。美ヶ原の10%級の上りはスプロケの28が活きたね。
Sa3d0008 Sa3d0009
昼食は諏訪に戻ってから生ビールといっしょにいただき、宿に戻って風呂に入って14時20分頃、宿で皆とお別れして駅に帰った。神奈川からの1名は甲府方面へ少し走ってから電車の乗るということで自転車でまた出発した。
駅には1時間30分ほど時間があったのでカキ氷を食べながらのんびり過ごした。上諏訪駅のホームには足湯なんかもあるのだ。
Sa3d0010
電車はまったりと帰れて帰宅も19時丁度。輪行っていいよなぁ。
今回の費用は、とくとく切符で電車代往復約9000円、宿+お酒おつまみ代8500円。また、行きたいね。

« 赤城山の坂は甘くはなかった | トップページ | 不動峠1本 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

本当に、道も天候も最高でしたね。
関東の方でも人を集めて、何か企画できると良いのですが。

22号、コメントありがとう。
そうですね。涼しくなったら、企画しましょう。
富士山周辺に行ってみたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552206/49222854

この記事へのトラックバック一覧です: 極上の道、ビーナスライン:

« 赤城山の坂は甘くはなかった | トップページ | 不動峠1本 »