2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 通勤帰りに寄り道 | トップページ | 日本海からの帰りは(2日目) »

2011年8月15日 (月)

日本海まで300キロ(1日目)

一度日本海まで走ってみたいという思いだけはあるものの、今年はブルベ一度も参加していないし、坂もほとんど登っていない。つまりちょっと自信がない。
休暇あるときに行かないと後悔するだろうなぁ。しかし、こんな暑い時期に無理があるなぁ。大体お盆の時期、宿泊場所は大丈夫かなぁ。
迷いながらいつでも出発できる準備だけでもして月曜日か火曜日にでも出発しようか、
いや、先延ばしはダメだな。今出発だ。
てな感じで土曜日の夜準備して、少しうとうとしたところで午前3時15分自宅出発。
事前のルートの念入りな準備はないので、国道17号を走って国道18号をひたすら走る初級者ルート。直江津まで。

自宅から東川口駅を経由し、七里駅、東大宮経由。このあたりは事前に地図を見ておいたがまだ夜なわけで、早くも道に迷う。東大宮駅に出てから予定の道に復帰。
国道17号は上尾あたりに出て1時間ちょっと。空が明るくなってきた。

Img_564930

17号を走っていると早朝からやっているのは、吉野家、すき家、松屋あたり。朝食は、6時を過ぎたところで最初にあったお店にしよう。そして、深谷の吉野家。ここまで約70km。

まだ涼しい。というわけで北よりの風、少し向かい風。

Img_5651

高崎は、イメージしていたより遠かった。なかなか、この18号への分岐点がやって来なかった。ここまで105kmぐらいだったか。

以前、信越自動車道がなかった頃は、この分岐点はお馴染みの場所だったけど、ほんとに久しぶりだ。

Img_5652

18号に入ると左側の土手を自転車が走っていた。
あれ、ここは自転車道路。ここを走ったほうが信号に引っかからないと思い、走り始めたが、5分も走ったら、18号の下を潜り、離れてしまいそうなので、断念。

Img_5653

暑くなってきた。坂になってきた。 120km以上走ったのに、まだ軽井沢まで26km、長野まで100kmもある。

Img_5655

どうにか、横川のおぎのやに到着。
暑くなってきたので、水分補給が欠かせない。
中に入って、水だけ2杯いただき、自動販売機で補給用の水も調達。
これからいよいよ碓氷峠旧道だ。
これが本日第一の関門。





Img_5657

めがね橋。名所だ。何回か来た記憶がある。ここで写真を撮っている人が大勢いた。

Img_5658
碓氷峠は斜度はさほどではないものの、かなり長い上りが続くので、後半だれる。
ここで足を使い果たすわけにはいかないし、今回はとにかく完走が目標。セーブして時間をかけて上った。
ここからちょっと下ると軽井沢の町へ。

Img_5662 Img_5661

軽井沢に着くと11時も回り、お昼が近くなっていた。水分補給にコンビニに寄るが、人も多いし、外車も目立つし、汗臭い自転車乗りは似つかわしくない。
待ち時間がかかるご飯はダメ、コンビニもイヤ。と、そこに現れたおぎのやの看板。
軽井沢西店。待ち時間なし、最適。次々に人が来て大繁盛。
釜飯は意外に見た目よりボリュームあり、いろいろ具も入って栄養も良さそう。その後もおなかが長時間持ち、とても良い昼飯となった。

Img_5667

軽井沢を抜けるとその後はガンガン下り、浅間山をながめる余裕もなく、あっという間に小諸。そして、下り基調で快調に上田。

坂城のあたりで、千曲川がきれいだった。
碓氷峠のときに、「つらいな、こりゃ、完走できないかも」と思ったことは過去になり、快調な下り基調で長野が目前。

Img_5669

下り基調の反面、暑さが厳しくなって、長野は暑い、暑い。
長野駅を越えたあたりから、前方に積乱雲が発達中。風も向かい風が強くなってきて、進まん。
このとき気がついていないが、3時にもなっていないのに、後ろは夜になっていたのです。
ポツ、ポツ少しだけ。風が今度は追い風になったり。上を見上げると背後の空はすべて夜みたいになっているではありませんか。

Img_5670逃げろや、逃げろ。しかし、無理だ。
陸橋を走っているとき強風。歩道に逃げる。そうしたら、今度は突風。自転車ごと吹き飛ばされそうになり、目の前の閉店中の店の軒下に逃げ込む。すべてが夜。嵐。近くに落雷の音。
そこにバイクの若者も飛び込んで来た。どうでしょうね。止みますかね。止まなかったら、これで長野から新幹線で帰りますかな。
暑いと思っていたのに寒くなってるし。雷雲ってすごい。

Img_5672
幸運にも1時間程度で雨も上がってきて、まだ5時過ぎ。残りの距離が良くわかってなく、60km?、80km?。これから最後の上りだけど、24時前には着くだろうよ。
アップルラインを上る。ここで間違いなく直江津まで行けそうな気がして、あらかじめ決めておいたビジネスホテルに予約の電話。
空きがあって良かった。

Img_5676アップルラインを終えると野尻湖入口あたりから、一気に下り基調。
どんどん下り、妙高の前をひとっとび。この辺りから暗くなってきた。平地になった後も、夜のせいか、日本海までは結構遠く感じた。18号線は平地のところが高速道路のように高架になっていたが、自転車通行可だったのだろうか。良くわからないが高速の車の横を必死にペダルを踏んだのだった。

Img_5677 そして、ついに直江津港到着。
記念の一枚。まだ時間は20時前。意外にもアップルラインの後はそれほどの距離ではなかったのだった。

そしてホテルへ。
宿泊場所の選択は、大浴場、コインランドリー、直前でもシングルが空いていそう、をポイントに選択。

Img_5678お風呂に入って、それから洗濯。Img_5679

そして自分に乾杯したのだった。

走行距離:302.3km Ave:24.5kmh

« 通勤帰りに寄り道 | トップページ | 日本海からの帰りは(2日目) »

自転車」カテゴリの記事

コメント

16時間半くらいですかね。雨宿り、1時間があるので、なかなか良いタイムじゃありませんか。
いつでもブルベの300は大丈夫ですね。お疲れ様でした。

パパさん

これで長距離の自信を取り戻せました。
長野から先は自転車では未知の領域だったので、楽しかったなぁ。
順調すぎた走りに雷雲が水を差してくれて、このハプニングもまた楽しい思い出になってしまった。
次は別のルートでも行ってみたいな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552206/52484932

この記事へのトラックバック一覧です: 日本海まで300キロ(1日目):

« 通勤帰りに寄り道 | トップページ | 日本海からの帰りは(2日目) »