2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

8月度自転車総括

01日(月) 38.0km 自転車通勤 
02日(火) 38.0km 自転車通勤
03日(水) 38.0km 自転車通勤
06日(土) 77.8km 流山橋-玉葉橋-利根運河-手賀沼-流山橋
08日(月) 40.6km 自転車通勤+α
09日(火) 38.3km 自転車通勤
14日(日) 302.3km 東京→直江津(ルート18)
15日(月) 101.0km 直江津→越後湯沢、上野→自宅
17日(水) 128.8km 東武日光駅→金精峠→赤城駅、北千住→自宅
27日(土) 114.1km 水元公園-利根運河-守谷-小貝川-手賀沼-水元公園
30日(火) 38.4km 自転車通勤

合計:955.3km

14,15,17日に暑い時期、連続で走りすぎだったか。
その後、痛風、貧血に加え、汗疹がなかなか治らず。
疲れもやや溜まり、熟睡の毎日。
眠れないよりは、もちろん熟睡できる方が幸せだ。

今月は思い切って日本海まで走ったのが新鮮な体験。
そして、金精峠を初めて走った。

最近、知ったコースしか行かなくなっていた自分だったので、
これからは、初心の頃のワクワク感を思い出し、
できるだけ知らないコースも走ってみようと思う。

北、南は、そこそこ行ったので、未知のコースは、西(奥多摩方面、山梨方面)、東(千葉、勝浦方面)だろうか。

2011年8月29日 (月)

痛風時の血液検査結果

痛風でお医者さんに行ったのが先々週の金曜日。
日本海まで300キロと越後湯沢まで90キロ走った後のこと。
その時、血液を採取したので、その結果をもらいに会社の帰りに寄った。

いつも悪い値の。
尿酸(UA):5.5mg/dl(3.8~7.0)
こんなに低い正常値になったのは初めてといってもいいぐらい。薬を飲み続けていたからだな。

中性脂肪(TG):129mg/dl(50~149)
これまた正常値になったのはかなり珍しい。これも薬を飲みつづけていたからだな。

なのに、なぜか、痛風になったのだ。

ところがいつもは悪くなったことのないところが。
赤血球数:421(430~570)
ヘモグロビン:12.3(14.0~18.0)
ヘマトクリット:37.7(42.0~53.0)
血沈:13(0~10)

いずれも貧血気味ってことだ。お医者さんでもらった説明文によれば、「運動によって鉄が汗から奪われたり、使う酸素量が増えたり、筋肉を使うことなどで鉄の需要が増えるため」貧血になるという。きっと、これだ。

もう一つこれも悪い結果に。
CK(CPK):236(40~220)
ぐぐると。クレアチンキナーゼ「筋組織の障害の指標」「運動による筋肉痛であったり」これだ。筋肉痛だったし。

運動しすぎの結果が血液検査に現れているようだ。
暑い夏に運動しすぎだったのかも。

2011年8月27日 (土)

小貝川の岡堰で間宮林蔵の像

本日は、朝の犬散歩の後、女房がお友達とお出かけするので駅まで車で送ってから、自転車。
出発は10時過ぎ。でも涼しくなりました。

自宅→水元公園→江戸川・流山橋→玉葉橋→利根運河→新大利根橋→守谷→小貝川→藤代→国道6号→取手→湖北団地→手賀沼→大堀川→流山橋→水元公園→自宅

走行距離:114.1km

最近、知らない道を開拓して走ることが少ない。以前は、いつも知らない方を走って、後で地図を確認したりしたのに。

今日は新大利根橋を渡って小貝川まで行き、上流ではなく、知らない下流に行ってみた。

ちょっと走ると岡堰というのがあり、中洲の島が二つ、一つは大きくて橋が架かっていたので、自転車でちょっと行ってみた。島には、間宮林蔵の像があった。後で調べると、間宮林蔵ってこの辺の出身だったんだ。
Sa3d0036 

そのまま走っていくと藤代。地図も見ておかなかったので、この辺で心配になり、国道6号で取手方面へ帰り、良く知った道を走って手賀沼に出て帰った。

今日は松戸の花火があるので、江戸川の水元近辺では準備している人たちや場所取り等でにぎやかだった。

2011年8月19日 (金)

なんてことだい!またもや痛風発作

朝、寝起きに右膝裏にちょっとした痛み。
年取ると走った翌日ではなく、翌々日に痛むからいやだな、などと思いながら会社に行った。

会社ではだんだん痛みが強くなり、「走りすぎですよ」などと周りから言われて、まぁ、こんなもんさ、なんて思っていたら。

お昼も過ぎると、痛みは尋常ではない。だいたい右膝裏側だけが疲労でこんなに痛む分けないわな。このとき、痛風に間違いないことを確信。

でも、一応5時半まで会社に居てから、近所のお医者さんへ。
振り返ってみれば、3月の震災1週間後に久しぶりに痛風発作になり、お医者さんに行った。その後このお医者さんから薬を処方してもらっていたのだ。
5ヶ月経ってまたかい。
お医者さんから言われてわかったが、前回は左膝頭。

尿酸値は高いが異常な高さではない。
前回と今回に共通していたことは、自転車にやや激しく乗った後に発作が起きていること。激しい運動した後痛風になりやすいといわれるが、まさしくその通り。

今晩は痛みで眠れないだろうなぁ。
土日は天気悪くて気温も低いということでゆっくりしようかな。
(写真は今回処方してもらった薬1週間分、おなかいっぱいになりそう。)

Img_5725 

2011年8月17日 (水)

東武日光駅→金精峠→赤城駅

本日、夏季休暇最終日。(会社は始まってます。自分だけ計画年次休暇なんですが。)

一度は行ってみたかった金精峠を走ってきました。

Img_5696

快速、東武日光着8時26分。私の他、少なくとも5名の輪行者。
いっそのこと、この時間の快速は、1車両だけでも自転車そのまま載せられるようにしてみたらいいのにね。

Img_5698 Img_5700 Img_5702

駅を出て、いろは坂方面に走って、まずは「日光のおいしい水」で喉を癒し、ボトルにつめる。

いろは坂、坂は苦手な私でもリアのアウター25までは使わなくても23で十分上れる。汗がいっぱい出て、明智平で一休み。

そこからちょいと緩やかな2km(ほとんど平坦)で中禅寺湖へ。ここまでくると、涼しいー。

Img_5705中禅寺湖から竜頭の滝をちょいと上って、戦場ヶ原を走って、湯の湖に到着。

ますます、涼しい。自然の冷房だ。
以前、家族で中禅寺湖の菖蒲ケ浜キャンプ場は3回ぐらい来たので、湯の湖も一度来たことがある。懐かしいなぁ。

ここで、11時10分。昼食には少し早いので、水補給だけと水を探したが、自動販売でわざわざよその水を買うようなところでもないので、つり具をレンタルしているお店の外に蛇口があったので、「水もらっていいですか」 と無料で調達。この水がおいしかった。

Img_5708 Img_5709 Img_5712_2

金精峠は、天気が良いので視界良好。ますます、涼しい気温。自然の冷房だ、気持ちいい。金精峠の群馬県側のところにある菅沼のあたりの景色がきれいだった。下りが始まったところなので、あえて停まって写真は撮らなかったが。

Img_5715 Img_5714 Img_5718_2

12時も30分程過ぎていたので、丸沼高原で昼食。グラススキー客でにぎわっていた。
ここでの昼食は期待していなかったものの、なかなか良かった。それに湧き水で有名だったんだな。水をいっぱい飲んで、ボトルに補給。今日はコンビ二で水を買うことがないな。(このコース、そもそもコンビニがない。)

その後、ガンガン下って、老神温泉、薗原湖、薗原ダム、そして県道62号。

Img_5721_2

この道路標示のところで14時40分。余裕があれば、裏側から赤城山を上るかとも思っていたが、明日は仕事だから明るいうちに帰宅したい。今回はパス。大間々方面へ。

読みが甘かった。県道62号は半端じゃなかった。上りが長い。いつ終わるのか、なかなか終わらない。さすが赤城の山肌を通過する道だ。厳しかった。

明るいうちに家に帰るから、と女房に宣言してきたのに、予想外にも赤城駅に着いたのが16時40分。駅の中を除いて電車がなければ、太田駅まで行こうと思っていたら、16時59分発の特急。少ない時間で慌てて自転車を袋に入れて、ぎりぎりに乗り込んだ。(汗だく)

近くに座っていた女性の皆さん。(なぜか乗客に女性が多かった。)超汗臭いおじさんがウェアを脱いでいて失礼しました。(風呂行く時間がなかったのよね。)

北千住で自転車を組み立て出発したのが19時頃。帰宅はすっかり暗い時間になってしまった。このコース、完走がなかなか大変なコースである。

走行距離:121.0km

おまけ、北千住駅→自宅の走行距離:7.8km

2011年8月16日 (火)

日本海からの帰りは(2日目)

案1
帰りは、直江津から朝の電車ですぐに帰る。
夕方になればなるほど、お盆の帰宅ラッシュで新幹線は混むだろう。輪行は難しくなるだろう。

案2
せっかくだから、ここから越後湯沢まで走って、そこから新幹線。
きっと山いいぞ。国道253号線から3??号線で越後湯沢まで100kmぐらいじゃないか。(下調べはこのくらい)

Img_5684朝食食べるときは、電車ですぐ帰ろうと思っていたが、何のためにコインランドリーでウエアを洗ったんだっけと思い直し、越後湯沢まで出発。8時20分。

地図持参なし。253号線から途中、津南あたりで353号?だったかな。
とにかく道路表示あるだろうから大丈夫だろう。

直江津からの253号線は長い平地が続く。新潟県のこんな遠いところまで走って来れるなんて、自転車は偉大な乗り物だなぁと思いながら。

しばらくすると上りが始まり、その後長いトンネル。儀明峠トンネル。

Img_5685Img_5688

この道は、ほくほく道路と表示されていた。

トンネルの多いほくほく線と並行しているので、トンネルの合間にある駅やほくほく線を走る列車が見られた。

Img_5690下り基調で気持ちよく下ったところに道の駅があり、人でにぎわっていた。

道の駅だけでなく、ほくほく線の駅もいっしょになっている「まつだい」

ここでそろそろ353号線に曲がるところが近いんじゃないかなと貼ってあった地図をみたら、あれまぁ、行き過ぎだわ。

気持ちよく下った道を気持ち悪く戻り、しばらくすると、分岐点。さっき見逃してた。

その後もとにかくトンネルが多い。そして、津南に到着。

このあたりは、以前、栄村の帰りに車で通ったことが2度あるので、記憶にあるところで少し安心。しかし、前方に見える山が遠いんだな。あの遠くの山の向うに行くのかと思うと苦しい。気温がとにかく高くなってきて、今日は天気よく、陽射しが強い。

Img_5691ここも車で2度ほど通っているが、車じゃ坂がどんな感じがわからんな。
アップダウンした後、上りが長かった。

とりあえず、最後の上りが終わったところで自分を写真に撮ってみた。疲れた。


下っていって国道17号に出た。やっと繁華街の道って感じ。
そこから湯沢へ。広い道なのに結構上らせるじゃありませんか。
でも、駅までもうすぐ。

そして湯沢へゴール。湯沢駅前にお祭りをやっていた。13時30分頃。

Img_5693

そして、新幹線の切符売り場まで自転車を運んで、改札口で輪行支度。
もちろん、指定席はすべて売り切れ。(グリーン車が少しだけあったが)

待つこと1時間。始発にした。向うから来る電車は自由席に立っている人が大勢で輪行で持ち込むのが難しそうな感じ。ほくほく線できていたら、この始発に並ぶことができなかったわけで、ここまで走って正解でした。

Img_5694 正解はこれができたこと。

走行距離:87.9km

おまけ、上野から自宅まで:13.0km

 

2011年8月15日 (月)

日本海まで300キロ(1日目)

一度日本海まで走ってみたいという思いだけはあるものの、今年はブルベ一度も参加していないし、坂もほとんど登っていない。つまりちょっと自信がない。
休暇あるときに行かないと後悔するだろうなぁ。しかし、こんな暑い時期に無理があるなぁ。大体お盆の時期、宿泊場所は大丈夫かなぁ。
迷いながらいつでも出発できる準備だけでもして月曜日か火曜日にでも出発しようか、
いや、先延ばしはダメだな。今出発だ。
てな感じで土曜日の夜準備して、少しうとうとしたところで午前3時15分自宅出発。
事前のルートの念入りな準備はないので、国道17号を走って国道18号をひたすら走る初級者ルート。直江津まで。

自宅から東川口駅を経由し、七里駅、東大宮経由。このあたりは事前に地図を見ておいたがまだ夜なわけで、早くも道に迷う。東大宮駅に出てから予定の道に復帰。
国道17号は上尾あたりに出て1時間ちょっと。空が明るくなってきた。

Img_564930

17号を走っていると早朝からやっているのは、吉野家、すき家、松屋あたり。朝食は、6時を過ぎたところで最初にあったお店にしよう。そして、深谷の吉野家。ここまで約70km。

まだ涼しい。というわけで北よりの風、少し向かい風。

Img_5651

高崎は、イメージしていたより遠かった。なかなか、この18号への分岐点がやって来なかった。ここまで105kmぐらいだったか。

以前、信越自動車道がなかった頃は、この分岐点はお馴染みの場所だったけど、ほんとに久しぶりだ。

Img_5652

18号に入ると左側の土手を自転車が走っていた。
あれ、ここは自転車道路。ここを走ったほうが信号に引っかからないと思い、走り始めたが、5分も走ったら、18号の下を潜り、離れてしまいそうなので、断念。

Img_5653

暑くなってきた。坂になってきた。 120km以上走ったのに、まだ軽井沢まで26km、長野まで100kmもある。

Img_5655

どうにか、横川のおぎのやに到着。
暑くなってきたので、水分補給が欠かせない。
中に入って、水だけ2杯いただき、自動販売機で補給用の水も調達。
これからいよいよ碓氷峠旧道だ。
これが本日第一の関門。





Img_5657

めがね橋。名所だ。何回か来た記憶がある。ここで写真を撮っている人が大勢いた。

Img_5658
碓氷峠は斜度はさほどではないものの、かなり長い上りが続くので、後半だれる。
ここで足を使い果たすわけにはいかないし、今回はとにかく完走が目標。セーブして時間をかけて上った。
ここからちょっと下ると軽井沢の町へ。

Img_5662 Img_5661

軽井沢に着くと11時も回り、お昼が近くなっていた。水分補給にコンビニに寄るが、人も多いし、外車も目立つし、汗臭い自転車乗りは似つかわしくない。
待ち時間がかかるご飯はダメ、コンビニもイヤ。と、そこに現れたおぎのやの看板。
軽井沢西店。待ち時間なし、最適。次々に人が来て大繁盛。
釜飯は意外に見た目よりボリュームあり、いろいろ具も入って栄養も良さそう。その後もおなかが長時間持ち、とても良い昼飯となった。

Img_5667

軽井沢を抜けるとその後はガンガン下り、浅間山をながめる余裕もなく、あっという間に小諸。そして、下り基調で快調に上田。

坂城のあたりで、千曲川がきれいだった。
碓氷峠のときに、「つらいな、こりゃ、完走できないかも」と思ったことは過去になり、快調な下り基調で長野が目前。

Img_5669

下り基調の反面、暑さが厳しくなって、長野は暑い、暑い。
長野駅を越えたあたりから、前方に積乱雲が発達中。風も向かい風が強くなってきて、進まん。
このとき気がついていないが、3時にもなっていないのに、後ろは夜になっていたのです。
ポツ、ポツ少しだけ。風が今度は追い風になったり。上を見上げると背後の空はすべて夜みたいになっているではありませんか。

Img_5670逃げろや、逃げろ。しかし、無理だ。
陸橋を走っているとき強風。歩道に逃げる。そうしたら、今度は突風。自転車ごと吹き飛ばされそうになり、目の前の閉店中の店の軒下に逃げ込む。すべてが夜。嵐。近くに落雷の音。
そこにバイクの若者も飛び込んで来た。どうでしょうね。止みますかね。止まなかったら、これで長野から新幹線で帰りますかな。
暑いと思っていたのに寒くなってるし。雷雲ってすごい。

Img_5672
幸運にも1時間程度で雨も上がってきて、まだ5時過ぎ。残りの距離が良くわかってなく、60km?、80km?。これから最後の上りだけど、24時前には着くだろうよ。
アップルラインを上る。ここで間違いなく直江津まで行けそうな気がして、あらかじめ決めておいたビジネスホテルに予約の電話。
空きがあって良かった。

Img_5676アップルラインを終えると野尻湖入口あたりから、一気に下り基調。
どんどん下り、妙高の前をひとっとび。この辺りから暗くなってきた。平地になった後も、夜のせいか、日本海までは結構遠く感じた。18号線は平地のところが高速道路のように高架になっていたが、自転車通行可だったのだろうか。良くわからないが高速の車の横を必死にペダルを踏んだのだった。

Img_5677 そして、ついに直江津港到着。
記念の一枚。まだ時間は20時前。意外にもアップルラインの後はそれほどの距離ではなかったのだった。

そしてホテルへ。
宿泊場所の選択は、大浴場、コインランドリー、直前でもシングルが空いていそう、をポイントに選択。

Img_5678お風呂に入って、それから洗濯。Img_5679

そして自分に乾杯したのだった。

走行距離:302.3km Ave:24.5kmh

2011年8月 8日 (月)

通勤帰りに寄り道

今日は会社を定時退社。
まだ明るいので、スカイツリーの近くに行ってみた。
自転車でね。
実は遠くから見ているだけで、近づいたのは今日が初めて。
業平橋の駅前で写真を一枚。
近くで見ると圧倒的な存在感。
この近所は、スカイツリーを中心にどんどん変わってしまいそうな感じがする。

Sa3d0028

2011年8月 6日 (土)

蒸し暑いけど気持ちよく走行

木、金と午後の天気予報がかなり怪しいので自転車通勤を控えたが、
結局、いずれも天気崩れず、残念な結果。

本日休養十分、しかし、やはり天気予報が怪しいので、山行きは断念し、
近所のいつものコースを走行。

自宅→流山橋→玉葉橋→利根運河→布施あけぼの公園→我孫子NEC前→湖北団地→手賀沼→大堀川→流山橋→自宅
走行距離:77.8km

曇りで陽射しの強さはないので、走っていれば風が流れてそれほど暑さは感じない。
チェーン交換、タイヤ交換した後なので、乗り味がとても良く、気持ち良く走れた。

ゴロゴロと雷の音が聞こえてきたけど、今晩は、近所の自転車仲間と飲み会だ。そろそろ出かけようか。

2011年8月 3日 (水)

今週は自転車通勤続く

今週は、呑みの予定もなく、天気も安定。
節電の影響で取引先も休みが多いのか、割とメールや電話が少なめ。
今週は、ずっと自転車通勤ができそうだ。
と、新橋に本日予想外のゲリラ豪雨。

5時半にはどうにか雨があがり、良かった。
6時半に神保町に自転車で移動してISACA月例会。
ズボンとポロシャツで家まで自転車で帰った。
蒸し暑くて汗でびしょびしょ。9時帰宅。
風呂に入ってから夕食前にビール。

NHKのファミリーヒストリーという番組は、見ごたえがあった。
NHKの番組って、企画や番組作りがすばらしい。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »