2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 日本海からの帰りは(2日目) | トップページ | なんてことだい!またもや痛風発作 »

2011年8月17日 (水)

東武日光駅→金精峠→赤城駅

本日、夏季休暇最終日。(会社は始まってます。自分だけ計画年次休暇なんですが。)

一度は行ってみたかった金精峠を走ってきました。

Img_5696

快速、東武日光着8時26分。私の他、少なくとも5名の輪行者。
いっそのこと、この時間の快速は、1車両だけでも自転車そのまま載せられるようにしてみたらいいのにね。

Img_5698 Img_5700 Img_5702

駅を出て、いろは坂方面に走って、まずは「日光のおいしい水」で喉を癒し、ボトルにつめる。

いろは坂、坂は苦手な私でもリアのアウター25までは使わなくても23で十分上れる。汗がいっぱい出て、明智平で一休み。

そこからちょいと緩やかな2km(ほとんど平坦)で中禅寺湖へ。ここまでくると、涼しいー。

Img_5705中禅寺湖から竜頭の滝をちょいと上って、戦場ヶ原を走って、湯の湖に到着。

ますます、涼しい。自然の冷房だ。
以前、家族で中禅寺湖の菖蒲ケ浜キャンプ場は3回ぐらい来たので、湯の湖も一度来たことがある。懐かしいなぁ。

ここで、11時10分。昼食には少し早いので、水補給だけと水を探したが、自動販売でわざわざよその水を買うようなところでもないので、つり具をレンタルしているお店の外に蛇口があったので、「水もらっていいですか」 と無料で調達。この水がおいしかった。

Img_5708 Img_5709 Img_5712_2

金精峠は、天気が良いので視界良好。ますます、涼しい気温。自然の冷房だ、気持ちいい。金精峠の群馬県側のところにある菅沼のあたりの景色がきれいだった。下りが始まったところなので、あえて停まって写真は撮らなかったが。

Img_5715 Img_5714 Img_5718_2

12時も30分程過ぎていたので、丸沼高原で昼食。グラススキー客でにぎわっていた。
ここでの昼食は期待していなかったものの、なかなか良かった。それに湧き水で有名だったんだな。水をいっぱい飲んで、ボトルに補給。今日はコンビ二で水を買うことがないな。(このコース、そもそもコンビニがない。)

その後、ガンガン下って、老神温泉、薗原湖、薗原ダム、そして県道62号。

Img_5721_2

この道路標示のところで14時40分。余裕があれば、裏側から赤城山を上るかとも思っていたが、明日は仕事だから明るいうちに帰宅したい。今回はパス。大間々方面へ。

読みが甘かった。県道62号は半端じゃなかった。上りが長い。いつ終わるのか、なかなか終わらない。さすが赤城の山肌を通過する道だ。厳しかった。

明るいうちに家に帰るから、と女房に宣言してきたのに、予想外にも赤城駅に着いたのが16時40分。駅の中を除いて電車がなければ、太田駅まで行こうと思っていたら、16時59分発の特急。少ない時間で慌てて自転車を袋に入れて、ぎりぎりに乗り込んだ。(汗だく)

近くに座っていた女性の皆さん。(なぜか乗客に女性が多かった。)超汗臭いおじさんがウェアを脱いでいて失礼しました。(風呂行く時間がなかったのよね。)

北千住で自転車を組み立て出発したのが19時頃。帰宅はすっかり暗い時間になってしまった。このコース、完走がなかなか大変なコースである。

走行距離:121.0km

おまけ、北千住駅→自宅の走行距離:7.8km

« 日本海からの帰りは(2日目) | トップページ | なんてことだい!またもや痛風発作 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552206/52501211

この記事へのトラックバック一覧です: 東武日光駅→金精峠→赤城駅:

« 日本海からの帰りは(2日目) | トップページ | なんてことだい!またもや痛風発作 »