2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« BRM501埼玉200kmアタック寒風山 | トップページ | 東北1700、弘前でのパンクの原因 »

2012年5月 4日 (金)

BRM502埼玉200kmアタック龍飛

早朝4時30分エルムの湯を出発。今回のスタート場所、道の駅「つるた」までちょっと距離がある。ゆっくり走って30分ぐらい。股ずれが激しく痛む。(薬塗ったからってすぐに治るわけないよな。)この辺のシンボル的な山、岩木山が大きく見える。

Img_6483_2Img_6484_3

Img_6489_2ブリーフィング風景。

だんだん毎回寝る時間が減ってきて、疲れが蓄積しているが、ここまできたからには津軽半島に行かねばなるまい。
今回を最後に終わりにすると前もってDNS申告している人がいた。
自分は今のところどうにか大丈夫。

五所川原市中心部の桜並木(左下)、芦野公園の桜並木(中下)、最初に立ち寄った商店のおにぎり。(右下)お店のあ母さんが手作りで作っていたので懐かしい丸い塩気のきいた暖かいおにぎり。なぜかこういうおにぎりがやけに美味しく感じる。

Img_6492_5Img_6496_2Img_6497_4

津軽半島を北上して津軽海峡線方面に出て、そしてPC1(69.6km地点)サークルK外ケ浜三厩店。

Img_6505_2Img_6509_3Img_6510


ここからが本日のメインステージ。
海岸線の道をしばらく走ってから龍飛岬のところの急坂を登って左折が本来のコースだが、右折が見晴台なので少し勝手にオプション。
するとそこには、赤いボタンを押すと石川さゆりの歌が流れるあの津軽海峡冬景色の石碑があるじゃあーりませんか。そして、鶴瓶の家族に乾杯等のテレビで何度かお目にかかったたっぴの母さんが。いっしょに記念写真です。

Img_6514Img_6518_4Img_6524_2

ここから竜泊ラインを走ります。本来ここからがメインステージ。
10%坂の上りが続きます。苦しいけど、景色抜群、気持ちいい。ひととおり上りきると見晴らしの休憩場所。

Img_6527_4Img_6529Img_6531_8

下りの道が美しい景観です。
海の向こうにかすかに見えるのは北海道、ではなく、下北半島だったようです。
そして、一気に海沿いまで下ります。

Img_6532Img_6535_4Img_6536

下り終わった海沿いには、七ッ滝。ほっと一息。

Img_6540_2

そしてこの先5キロほどにある道の駅こどまりで休憩。こんな場所なので魚介類を食べないわけにはいかないでしょう。12時過ぎました。土地の名前をつけた竜泊定食1000円。海鮮丼(うに・さざえ・いくら)1500円も捨て難かったが一番お得感がありそうなのでこちらで。
いか刺、たこ刺が美味。白身魚等フライも抜群、付け合せのいか入りのお新香、もずくも自転車で疲れた体を癒すのに最適です。

Img_6542Img_6541_2

5時半スタートでお昼過ぎだから半分来ていなければならないのですが、まだ80km程度なのでした。まあ、今日は完走かつ美味しいものと観光だ。先を急ごう。

1時間も走ってトイレ休憩。十三湖のところでしじみの旗がひらめく。この辺はしじみが名物ですか。しじみ汁飲んでみようかな。ちょっと暑いな。しじみソフトクリームの看板が目に入ったので食べてみました。しじみエキスの粉がかかっているだけのようでしたが、かなり塩味が効いていて疲れた体にはいい感じ。

Img_6543Img_6545_2

先を急がねば。と思ったところでまた景観がいいので写真。
そして焦りながら、股ずれの痛みと戦いながら先に進めます。

Img_6546_3Img_6548

PC2 サークルK鰺ヶ沢バイパス店に到着したのは、15時ちょい過ぎ。制限時間は15時34分、30分程度しか余裕がない。
その後、とにかく股ずれが痛くて足を回し続けることが苦痛。平地よりはむしろ坂の方が足を回すのが遅いので少し楽。下りも足を止めておけるので楽。そんな状態でゴール近くまで来たところで弘前城の桜に入り込む。

Img_6554Img_6556_2

堀の水が桜の花びらで埋まって、まるで桜の絨毯のよう。観光客もいっぱいで車も渋滞。ところで肝心の左折の県道が出てこない。こりゃ、道を間違えたぞ。ポラールの距離計はあてにならないのでミスしてしまった。弘前城の周りを走りながら、通行人に訪ねてもラチがあかない。そうこうするうちに時間的な余裕がなく、残り10分程度。もうだめか。と思ったときにBRM参加者が対抗で走ってきた。すぐに捕まえてゴールのコンビニの場所を教えてもらい懸命に走った。残り10分を切っている。

一度目に見えたサークルKが違う店で、その店先の通行人に訪ねてもう一件先の店へ行こうと走ったときはおそらく5分前ぐらい。必死に走って、該当の店に到着した時は0分前。レジのすぐそばのガムを手にとってレジの人に「すぐにレジ入力お願いします。」
ぎりぎりセーフ。19時0分到着。時間制限目一杯。

ここから宿泊のカプセルイン弘前へ。予定よりかなり遅くなってしまった。
宿泊費 2980円。こちらの独断と偏見の評価は、星4。
○パチンコ店の最上階(5階だったか、6階だったか)ということで建物や設備は新しい。
×コインランドリーは徒歩5分程度の外へ。
○自転車は従業員と同じ屋根ありの駐車場内を案内してくれた。
○自販機のビールあり。
○美味しい水が自由に飲める状態。
○繁華街なので24時間出入り自由。お風呂も夜中も継続稼働。

コインランドリー動作時間中に近所の酒屋をさがして人に訪ねたら、すぐに見つかった。コインランドリー場でビールロング缶1本とじょっぱり1合を飲みながら過ごす。
結局、就寝は23時30分を超えてしまい、明日2時30分目覚めた。3時間弱睡眠。

今後のBRM対策としては、
(1)股ずれ対策。リスキンパッドか。
(2)パンク修理対策。きちんと入るエアーポンプとチューブの事前確認が必要だ。
この2点がまずかった。
意外にも睡眠不足と足、この点は割と行けそうな自信がついた。

« BRM501埼玉200kmアタック寒風山 | トップページ | 東北1700、弘前でのパンクの原因 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

大変お疲れ様でした。
レポは次の方の参考になると思います。

特に竜飛に走行は、ブルベと観光をたっぷりでていました。
(これぞブルベw)

でも凄い体験ですよね。
埼玉から竜飛岬まで自転車で黙々と走るなんて、人生観が変わったのではないですか?

私は自転車では無理ですが、山形から竜飛、一度走ってみたいコースですね。
ほんと、お疲れ様でした。お休みなさいw。

寒風山も良いけど、竜泊ライン素晴らしいですね。
津軽海峡冬景色の石碑には行きたかったのよ。たっぴの母さんとの記念写真良い顔してますねえ。
竜泊定食1000円もお値打ちだなあ。

あの~、弘前城の桜はゴールしてからにしてください。あぶねぇなあ。(笑)

ブルベはお尻がもつかどうかですよ。次回は完走出来ますね。お疲れ様でした。

Kuniさん

そうですね。一度青森まで自転車で走ってみたいという漠然とした思いはありましたが、こんなに短時間で行けるとは自分でも驚きです。自転車移動力の凄さを再認識しました。

パパさん

ブルベはやっぱ、面白いですね。こんなコースを事前に走って企画したAudax埼玉のYさんに感謝です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552206/54629061

この記事へのトラックバック一覧です: BRM502埼玉200kmアタック龍飛:

« BRM501埼玉200kmアタック寒風山 | トップページ | 東北1700、弘前でのパンクの原因 »