2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月27日 (日)

木村さんの告別式

本日は、午前、犬散歩の後、ミラノ店長木村さんの告別式。
クラブ員関係者、ミラノジャージを着て、故人にお別れをした。

久しぶりに礼服を出したら、ズボンの膝上あたりに白いポツポツがあったので、つまり、カビのようなので、午後クリーニング屋さんに冬用スーツと一緒に出した。
そして、ドッグフードも残り少なくなっていたので近所のホームセンターへ。

自転車出発は、14時半過ぎ。

荒川沿いで、葛西臨海公園往復。
今日もサイコンが狂いだし、走行距離不明。走行距離:45~50kmの間。

2012年5月26日 (土)

ミラノ店長の通夜

今日、ミラノ店長、木村さんの通夜だった。
http://rg-milano.jp/

午前中、家族の通院の運転手を勤め、午後、自転車。

久しぶりにミラノのアサラン50kmコースを走って、水元公園経由で自宅へ。
アサランコース沿い(野田流山元有料道路)の7-11が2軒とも無くなっていたのには、ちょっと驚いた。いやはやコンビニ営業もかなり大変だな。
走行距離:62.2km

帰宅後、シャワーして着替えて、通夜へ。
自宅からゆっくり徒歩20分で斎場到着。

泡盛さんがすぐに見えて、その他、アサランで顔だけ知っている人大勢。
クラブ員常時100名前後だったので、おそらく300や400名以上は来たんだろうか。
ご無沙汰している、懐かしい人がいっぱいだった。

その後、知り合い8名で駅そばの飲み屋さんで、故人の思い出で盛り上がり。
同じ飲み屋にはその2倍の人の別グループもいて盛り上がっていた。

そんなにお酒は強い方ではないので、あまり飲み過ぎると明日寝たきりになってしまいそうなので、9時前には私含め一部はおあいそ。ほかの人はまだまだ盛り上がって行くそうな。

自宅への帰り道、最後まで通夜のお世話をしていたグループと会って、またの再会を握手で誓い合った。

こういうみんなとの和も、すべては故人である木村店長の功績。感謝である。
合掌。

2012年5月20日 (日)

気になっていたイタリアンレストランに

本日は、女房の実家に行って、墓参り。入間メモリアルパークへ。

埼玉ブルベのスタートゴール地点のひとつ、豊水橋から少し走ったところ八高線沿いのちょっとした坂、山のところにある。
200kmのアタック小田原城、300kmのアタック愛鷹ではおなじみの通過場所だ。

墓参りの後、お昼ご飯をどこで食べようかということになって、思い出した。
先だってのアタック小田原の時に金子駅の近くでとてもすてきなイタリアンレストランがあったなぁ、今度一度行ってみたいなぁと。確か、建物がとにかくかっこ良くて。

昭和4年生まれの義母もイタリアン賛成ということで、女房と3人で行ってみた。

http://r.gnavi.co.jp/e996000/

金子駅のちょっと狭い住宅街の道を通過すると茶畑の開けた道が広がったところにぽつんとある大きなログハウス。
あった、自転車で通った時、印象的なレストランだった。店の名前は「桂の里 LUCCICARE」

美味しかったし、なんといっても建物が大きくて、テラスも広くて気持ちいい。

ちょっとした記憶だけで初めて行ってみたが、とにかく、外れなかったので良かった良かった。

2012年5月19日 (土)

自転車日和にむなしく休日出勤

日が長い。ロングライド最適!

気温は暑くもなく、寒くもなく。快適!

風もおだやか。向かい風にも悩まされることなく、気持ちいい!

そんな中、いつもの平日と同じように起きて、電車に乗って、会社へ行った。

事務所は、私一人。いつものように朝、事務所を掃除するおばさまがいただけ。

とにかく早く片付けようと頑張って、ちょうど定時を少し超えたところで完了。

明るいうちに会社を出ることができて良かったけど、虚しい1日だった。

1年のうちで一番自転車が気持ちよく走りやすい貴重な日だったなぁ。

もちろん、帰宅してお酒が進んだ。

明日は、女房の実家へ。墓参り兼ねて。
先だって東北1700kmブルベの時に宿泊させてもらったときに置いていった荷物も引き取りに行かねば。

2012年5月13日 (日)

母の日なので(その2)

今日は、本当の母の日。

昨日の一緒の食事だけでなく、花とか服とかを贈った方がいいんじゃないの、と女房から言われた後に、女房の機嫌を損なう事を不覚にも口走ってしまい、本日午前、口を聞いてくれなくなりました。

さあて、困った。実のところ、母への贈り物を自分で選択する力が無い。一人で午前中、近所のお店に行ってみたが、母の好む服なんてまったくわからない。花、無難なカーネーションか。この時期値段ばかり高くなり、カーネーション買ってもねぇ。つまらないしなぁ。

困った状態は、お昼に外食したときに、女房に一緒に花屋に行ってもらい解決しました。
やはり、買い物の選択は、女房が頼りになるなぁ。

ということがあって、午後2時半から自転車。いつものコース。

風も穏やかで気持ちよく走れましたが、また、ポラールCS200の距離計が停止直後に狂いだし、ちょうど家に到着した時、距離計が70.0kmぴったしカンカンだったのに、その1~2秒後2.6kmカウントアップし、72.6kmになってしまった。なんじゃこりゃ。だめだこりゃ。
このCS200じゃブルベできないなぁ。次のブルベまでにどうしようか。ガーミン欲しいけど、次のボーナス出るまでダメだよなぁ。

2012年5月12日 (土)

母の日なので

明日は、母の日。
GWは、好きなように東北に走りにいけたので。

今日は、おとなしく、朝のサリー(犬)散歩をして、
その後昼食までの短い時間、自転車。
Oh No、スピードセンサーが働かないよ。
ポラールのスピードセンサーの電池切れか?
7年前に購入したスピードセンサーは今も動いているのに、なぜか3年目に入ったセンサーが電池切れかよー。ポラールのセンサーは使い捨てなのにこんなに早く切れるなんて。なんてこった。

ということで、何キロ走ったかわからない。おそらく約45kmぐらいかな。

帰宅してすぐに母と父と女房と4名で昼食を外食。母の日だからね。

食事の後、舎人公園を散歩。
母は、車椅子を自分で押して歩いたり、疲れたら車椅子に座って押してあげたりして、のんびり公園を一周。

まずまずの親孝行になったかな。

フランス人とアメリカ人といっしょにインド料理~東北1700反省会兼ねて

東北1700の時に撮った写真をフランス人のジェロームさんにメールで送ったら、今度いっしょに飲みましょうという返事を頂いたので、早速、本日、いっしょに渋谷でお食事した。

東北1700の時にご一緒したジェロームさんとアメリカ人のデイビッドさん、そして、ジェロームさんのお友達のディディアさん、ジェロームさんの妹さん、フランス人3名、アメリカ人1名、そして私日本人1名の合計5名でのお食事だ。

渋谷はハチ公前で待ち合わせて、入ったお店は、タージマハール渋谷店。
話す言語は、私に合わせてくれて基本は日本語。しかし、私に関係ない話になると4名の間では英語、そして、3名、2名の間では、フランス語だ。
話が英語モードになると私が愛想笑いで合わせていると日本語モードに戻してくれた。かたじけない。
場所はインドだ。ウエイターへのオーダーは英語だ。ほとんど海外旅行に行っているような気分が味わえたのだった。

ディディアさんは、かなりの自転車通らしく、LOOKを日本に持ち込んだ関係者だったとのこと。ツールドフランスのコースも走った経験の持ち主らしい。
デイビットさんは、昨年のPDPに出走したとのこと。
そして、来月のロッキーマウンテン1200にジェロームさんとデイビッドさんは出走するとのことだ。
自転車の遊び方が、なんてグローバルなんだ。

もっともっと世界を舞台に広い範囲で自転車で走りたいという気分にさせてくれた。
それに、英語をもう少し理解できるようにならなきゃいけないなぁ、と動機付けができたな。

実は、ジェロームさんは日本在住25年、デイビッドさんは20年で奥様が日本人なのでした。ディディアさんも言葉だけ聞いていると日本人とほとんど変わらず。皆、日本人より日本人っぽい人たちなのでした。

こんな貴重な経験、楽しい時間を過ごさせてもらって、なおかつ、お食事代もおごってもらってしまったし、本当に感謝、感謝なのでした。これも自転車、ブルベをやっていたおかげでもあり、人種を超えた共通の趣味って本当にいいなぁとしみじみ思った次第です。

2012年5月 5日 (土)

東北1700、弘前でのパンクの原因

東北1700、本日午前から昼にかけて最終ゴールですね。
弘前から東根温泉、天童から入間まで、雨は大丈夫だったのでしょうか。
豪雨とはいえ、局所的な感じなので、結構、雨の合間で走れているのではないかな。

本日、BRMで汚れた自転車を掃除しました。
弘前でパンクだったときは、タイヤを指で確認したけど、特に尖ったものはなく、原因不明でした。
一方、チューブはかなり大きい穴があるようで空気入れてもチューブがふくらまないような感じ。駐輪の直前に尖ったものを踏んだのかな、帰ったら調べようと思っていました。

携帯ポンプで入れた空気は本日調べると3bar.。7barまで上げてみたら。

Img_6572


これだ、パンクの原因。
弘前の宿泊したカプセルは、それまでのところと異なり、弘前の繁華街。1階がパチンコ、その上がボーリング場等、そこの駐車場、誰でも出入りできる場所だったし。

それに自分の自転車は中央の目立つ場所に置いていた。それがまずかったか。

盗まれる心配はしていたけど、こういう心配も考えて、できるだけ室内保管をお願いできる場所で宿泊するように気をつけたいもんです。

結局、本日タイヤ交換。ここのところ、目一杯使う前にタイヤ交換になってしまいますなぁ。

その後、女房から依頼されていたママチャリの後輪のタイヤとチューブ交換。ちなみに、こちらの方が何倍も苦労しました。

2012年5月 4日 (金)

BRM502埼玉200kmアタック龍飛

早朝4時30分エルムの湯を出発。今回のスタート場所、道の駅「つるた」までちょっと距離がある。ゆっくり走って30分ぐらい。股ずれが激しく痛む。(薬塗ったからってすぐに治るわけないよな。)この辺のシンボル的な山、岩木山が大きく見える。

Img_6483_2Img_6484_3

Img_6489_2ブリーフィング風景。

だんだん毎回寝る時間が減ってきて、疲れが蓄積しているが、ここまできたからには津軽半島に行かねばなるまい。
今回を最後に終わりにすると前もってDNS申告している人がいた。
自分は今のところどうにか大丈夫。

五所川原市中心部の桜並木(左下)、芦野公園の桜並木(中下)、最初に立ち寄った商店のおにぎり。(右下)お店のあ母さんが手作りで作っていたので懐かしい丸い塩気のきいた暖かいおにぎり。なぜかこういうおにぎりがやけに美味しく感じる。

Img_6492_5Img_6496_2Img_6497_4

津軽半島を北上して津軽海峡線方面に出て、そしてPC1(69.6km地点)サークルK外ケ浜三厩店。

Img_6505_2Img_6509_3Img_6510


ここからが本日のメインステージ。
海岸線の道をしばらく走ってから龍飛岬のところの急坂を登って左折が本来のコースだが、右折が見晴台なので少し勝手にオプション。
するとそこには、赤いボタンを押すと石川さゆりの歌が流れるあの津軽海峡冬景色の石碑があるじゃあーりませんか。そして、鶴瓶の家族に乾杯等のテレビで何度かお目にかかったたっぴの母さんが。いっしょに記念写真です。

Img_6514Img_6518_4Img_6524_2

ここから竜泊ラインを走ります。本来ここからがメインステージ。
10%坂の上りが続きます。苦しいけど、景色抜群、気持ちいい。ひととおり上りきると見晴らしの休憩場所。

Img_6527_4Img_6529Img_6531_8

下りの道が美しい景観です。
海の向こうにかすかに見えるのは北海道、ではなく、下北半島だったようです。
そして、一気に海沿いまで下ります。

Img_6532Img_6535_4Img_6536

下り終わった海沿いには、七ッ滝。ほっと一息。

Img_6540_2

そしてこの先5キロほどにある道の駅こどまりで休憩。こんな場所なので魚介類を食べないわけにはいかないでしょう。12時過ぎました。土地の名前をつけた竜泊定食1000円。海鮮丼(うに・さざえ・いくら)1500円も捨て難かったが一番お得感がありそうなのでこちらで。
いか刺、たこ刺が美味。白身魚等フライも抜群、付け合せのいか入りのお新香、もずくも自転車で疲れた体を癒すのに最適です。

Img_6542Img_6541_2

5時半スタートでお昼過ぎだから半分来ていなければならないのですが、まだ80km程度なのでした。まあ、今日は完走かつ美味しいものと観光だ。先を急ごう。

1時間も走ってトイレ休憩。十三湖のところでしじみの旗がひらめく。この辺はしじみが名物ですか。しじみ汁飲んでみようかな。ちょっと暑いな。しじみソフトクリームの看板が目に入ったので食べてみました。しじみエキスの粉がかかっているだけのようでしたが、かなり塩味が効いていて疲れた体にはいい感じ。

Img_6543Img_6545_2

先を急がねば。と思ったところでまた景観がいいので写真。
そして焦りながら、股ずれの痛みと戦いながら先に進めます。

Img_6546_3Img_6548

PC2 サークルK鰺ヶ沢バイパス店に到着したのは、15時ちょい過ぎ。制限時間は15時34分、30分程度しか余裕がない。
その後、とにかく股ずれが痛くて足を回し続けることが苦痛。平地よりはむしろ坂の方が足を回すのが遅いので少し楽。下りも足を止めておけるので楽。そんな状態でゴール近くまで来たところで弘前城の桜に入り込む。

Img_6554Img_6556_2

堀の水が桜の花びらで埋まって、まるで桜の絨毯のよう。観光客もいっぱいで車も渋滞。ところで肝心の左折の県道が出てこない。こりゃ、道を間違えたぞ。ポラールの距離計はあてにならないのでミスしてしまった。弘前城の周りを走りながら、通行人に訪ねてもラチがあかない。そうこうするうちに時間的な余裕がなく、残り10分程度。もうだめか。と思ったときにBRM参加者が対抗で走ってきた。すぐに捕まえてゴールのコンビニの場所を教えてもらい懸命に走った。残り10分を切っている。

一度目に見えたサークルKが違う店で、その店先の通行人に訪ねてもう一件先の店へ行こうと走ったときはおそらく5分前ぐらい。必死に走って、該当の店に到着した時は0分前。レジのすぐそばのガムを手にとってレジの人に「すぐにレジ入力お願いします。」
ぎりぎりセーフ。19時0分到着。時間制限目一杯。

ここから宿泊のカプセルイン弘前へ。予定よりかなり遅くなってしまった。
宿泊費 2980円。こちらの独断と偏見の評価は、星4。
○パチンコ店の最上階(5階だったか、6階だったか)ということで建物や設備は新しい。
×コインランドリーは徒歩5分程度の外へ。
○自転車は従業員と同じ屋根ありの駐車場内を案内してくれた。
○自販機のビールあり。
○美味しい水が自由に飲める状態。
○繁華街なので24時間出入り自由。お風呂も夜中も継続稼働。

コインランドリー動作時間中に近所の酒屋をさがして人に訪ねたら、すぐに見つかった。コインランドリー場でビールロング缶1本とじょっぱり1合を飲みながら過ごす。
結局、就寝は23時30分を超えてしまい、明日2時30分目覚めた。3時間弱睡眠。

今後のBRM対策としては、
(1)股ずれ対策。リスキンパッドか。
(2)パンク修理対策。きちんと入るエアーポンプとチューブの事前確認が必要だ。
この2点がまずかった。
意外にも睡眠不足と足、この点は割と行けそうな自信がついた。

BRM501埼玉200kmアタック寒風山

前日の600kmゴールが19時少し前で、22時30分にお酒飲んで就寝、4時30分にスッキリ目覚めた。2日間通してで6時間しか寝ていないけど、ここで2度寝をすると危険なので起床。
8時30分スタートなのでかなり時間余裕あり、1時間以上朝風呂で疲れを癒した。(ユーランド八橋の中で洗濯ができたので無駄な時間がなく、それが良かった。その後の宿泊はこういう風にはいかなかったのである。)

宿をでて近所の川沿いを走ると桜がまだ見頃。遠くへきたなぁと感じる時。

Img_6389

スタート地点の道の駅「あきた港」駐車場、セリオンプラザ前でブリーフィング。

Img_6396

天気良し、気温良し、申し分ないコンディション。そして追い風。
あっという間にPC1(29.1km地点) ローソン男鹿比詰店。これから向かう寒風山が見える。

Img_6409_2Img_6411_6

ここから上ります、10%坂。気持ちいいのでゆっくり上って辛く感じません。

Img_6416Img_6421Img_6425

そして、大噴火口北高台に到着。(左下)
ここから火口を走る道を行くと、展望台が左手に見えた。(中下)
コースから外れるがここまで来たら勝手にオプションコースに行くしかないよ、10%以上の坂をちょいと上ったら展望台。(右下)

Img_6426_5Img_6442Img_6439

わかりにくいが、八郎潟(今は大潟村)が見渡せた。(左下)
展望台から、さっき走ってきた大噴火口北高台方面を見る。(右下)

Img_6432Img_6436Img_6437

ここからは、ガーッと下ります。桜がきれいだー。
下りると後はひたすら平地を追い風基調で進みます。

Img_6444Img_6445_5

Img_6445お昼ごはんはどこにしようかな、今日はコンビニじゃ寂しすぎるよ。道の駅「みねはま」に入ってみた。
内容理解しないで適当に頼んでみた「そばめし定食」750円。とろろご飯に天ぷらとそば。「天ぷらは塩でいただいてください、つゆはとろろで食べてくださいね」ということ。正解。
ソフトクリームは、白神の塩ソフトクリーム。場所の名前が付いていると食べたくなっちゃうよなぁ。

Img_6447Img_6448_4Img_6449

腹ごしらえしたら、ひたすら海岸線を北上します。まだ、半分も走っていないのだから。
この辺は、あの有名な白神山地のそばなんだなぁ、遠くまで来たなぁ、としみじみしながら。

Img_6453Img_6454_2Img_6456_2

17時半頃、道の駅ふかうらのイカ焼きの看板に誘われて休憩。
残念ながら時間が遅くてイカ焼きは「本日は終了しました」

Img_6466Img_6467_2Img_6469_2

魚介類やちょっとしたスーパーマーケットって感じの道の駅で人も物も閑散とした中で食べ物を物色。面白いものありました。笑えるりんごジュース「まるっこまんま」と地元の人が作ったとうふドーナツ。どちらもとても美味しい。夕日を眺めながらいただきました。

Img_6472Img_6470_2

さて、日が落ちてもまだ鰺ヶ沢町。急いで五所川原に向かいます。ここの道は海から繁華街に向かう直線路。最後の力を振り絞り、足はまだまだ行けますが、どうにもこうにも股ずれの痛みが半端じゃない。きっと擦り切れて膿がでているかも。

ローソン五所川原布屋町店にゴール(19時43分)してすぐにエルムシティへ。
そこにあったツルハドラッグに真っ先に直行。股ずれに効く薬をお願いしたら店長が呼ばれて勧められた軟膏を購入。

ツルハドラッグの50m程度のところにあるエルムの湯に泊まった。BRM参加者でここに宿泊していた人は私のみ。3,150円。

エルムの湯は、独断と偏見ではあるが5ツ星満点の3ツ星。
○館内は新しい建物、設備ですごしやすい。(ここはユーランドよりもgood)
○自転車は屋内に入れるところはないが従業員の出入口付近に特別に案内してくれた。
×コインランドリーが外になるので洗濯できず。(20:30~翌4:30の8時間しかないんです。)
×缶ビールの自販機がない。(ファミリー向きだね。)
×食事が10時半まで。風呂にさっさと入って早くビールにしなきゃ。(写真は1リットルビール、お酒は地元のじょっぱり)
×おいしい水とかはなく、自販機で購入。

Img_6478Img_6479_2Img_6476_2

カプセルではなく、2段ベッド。他にも中年夫婦2組+何名かいた様子。酒飲んですぐに熟睡。周りの人は私のいびきでおそらく苦しい思いをしたに違いない。23時~3時の4時間睡眠。

(明日に続く)


























BRM429埼玉600kmアタック最上川

東北1700の最初のBRM、埼玉県入間市豊水橋下から4月29日6時出発。

前日の28日午後3時自宅出発し、入間市の義母のお宅に宿泊。一緒に外食して生ビールを飲みながら楽しく夕食。相変わらずいつも陽気な義母なので、元気をもらえる。

朝5時に義母の家を出発。

豊水橋下に着いて、そしてブリーフィング。1700kmに不安いっぱい。パパさんの参加もなく、知り合いがいないので一人でスタート。

Img_6337

PC1までののっけからポラールの距離計が狂い始めた。停車している時でも距離計がカウントアップして動作。仕方がないのでLAPボタンを押しながら区間距離で確認しながら走ることになる。

Img_6345

PC2(175.5km地点)の那須のあたりは、まだ桜が残り綺麗だったが、気温が高過ぎ。ちょっと熱中症気味。息が苦しい。その上距離計がいい加減なのでPC2を通り過ぎて2、3kmほどオーバーしてから戻ることに。最初に来た苦しい時間帯だった。

暑い那須を下って会津方面へ。この辺から暗くなり、気温が落ちてきたのでかえって足が回るようになってきた。
PC3(265.5km地点)の7-11会津湊店に着いた時はすっかり夜。19時半過ぎ、メインの夕食はどん兵衛赤いきつね。

このあとの県道337号は喜多方の山肌を走る道。ここから喜多方市の街の明かりが綺麗だった。
そして夜中の大峠道路を走る。県道333号を登って国道にでると、頻繁にトンネルを走り、その後メインの長距離トンネル。この時間帯は車少ないのでトンネルの中も心配はなかったが、ほとんど高速道路のようなスピード。

トンネルを出ると気温が一気に下がり、道は残雪で覆われていた。ましてやここから下りになるので体感温度はそれ以上。
PC4(338.4km地点)に着くと時間は0時をまわったところ。おでんを食べて体を温めてから休憩場所探しに出た。駅前のMaxValueが24時間営業していたが、ベンチで寝る勇気もないのでガストで休憩にした。すでにBRM参加者のフランス人とアメリカ人がガストに行くと聞いていたので合流。
彼らは、1時間ほど休憩して2時頃にガスト出て行ったが、私は2時間半ほど休憩して3時半頃暗いうちに出発。結局うとうともできずに一睡もしなかった。

山道を走りながら夜明けを迎えて、金山峠を超え、上山温泉へ。走っている脇をみたら綺麗なお城が見えた。上山城だ。

Img_6360

この後、392.3km地点の造成地のてっぺんのT字路を右折してぐんぐん下ったらドンつきのT字路。間違えた。角のコンビニに入って道を聞いても方向的にはこっちとしかわからず。そうこうしていたらそのコンビニにBRM参加者が4名追加でやって来た。皆同じ間違いを犯したようだ。キューシートだけに頼ると苦しい。自分は地図もGPSも持っていない。

その後、方向性が合っている方へ走り、また、ガススタンドで聞いたもののわからず、周辺を走り回り、寝る時間を削って稼いだ時間の貯金がどんどんなくなっていき、少し焦りながらキューシートにある県道表示を探した。

相当走った結果、無事県道に復帰を果たし、次の通過チェックポイントFM村山湯野沢店に到着。相当余計な距離と時間を浪費することになってしまった。

この後、最上川流域を走り、日本海に出て、北上。最後に延々と走る国道7号は、車の通りが多い上、左側路側帯の凸凹も多く(積雪量が多いのでそういうところ多かった)アキタ。

Img_6382

秋田の宿は、「ユーランドホテル八橋」2980円
今回の3つの簡易素泊まりでベスト、4ツ星半。また機会があれば利用したい。
○風呂充実(炭酸泉で疲れを癒す)
○お願いしたら自転車を室内保管してくれた。
○コインランドリー装備。浴衣のまま洗濯できる。
○食べるところがおいしくて充実。バイトのお嬢様方が皆秋田美人。(写真のお酒は、秋田の太平山)
○缶ビールの自販機がある。
○美味しい水が飲み放題。
×建物等は古い感じで改装した方が良さそうな部分がある。

時間があったので、風呂は朝も1時間以上、たっぷりとつかった。
この時は、少々の股ずれのダメージ程度だったのだが。(次回へ続く)


2012年5月 3日 (木)

BRM東北1700キロ、本日帰還(概要編)

BRMを5本繋いで埼玉と津軽半島最北端の龍飛岬を往復するAudax埼玉主催の「東北1700」、早めに帰宅しました。

概要と結果

(1)BRM429 埼玉600km アタック最上川 埼玉入間→(米沢市)→秋田

完走(36時間46分)

(2)BRM501 埼玉200km アタック寒風山 秋田港→寒風山→大潟→能代→五所川原

完走(11時間13分)

(3)BRM502 埼玉200km アタック飛龍 五所川原→飛龍岬→十三湖→岩木山→弘前

完走(13時間30分)

(4)BRM503 埼玉300km アタック阿仁 弘前→山形東根温泉

DNS

(5)BRM504 埼玉400km アタック裏磐梯 山形天童→埼玉入間

DNS

本日朝、早めに支度して、泊まっている弘前のカプセルホテル駐輪場所に行くと、なんとまぁ、後輪がパンクしているじゃありませんか。
スタートまで1時間以上はあったので時間的な余裕はあったものの、少々気持ちが焦り、替えのチューブに空気入らず(これも穴が、装着時にしくじったか)。
早朝で薄暗くて作業しずらい(老眼には薄暗いのは厳しい)。
2本目のチューブを使って、空気入れで焦って入れるが時間ばかりなくなり、他のBRM参加宿泊者の自転車5,6台は皆行ってしまったし、エアボンベで最後入れるが、ゆっくりとエアを開く必要があるのに一気に開いてしまってボンベもおじゃん。
そもそも股ずれの痛みは激しく、途中でDNFよりは。チューブ1本じゃ。天気も悪いし。

DNSの連絡を入れたのでした。

幸い、弘前駅で指定席が取れて、お昼前には上野に到着。旅が終わりました。
詳細編は、別途で。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »