2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« BRM908青葉300km甲斐 ~不案内な道で疲労困憊~ | トップページ | BRM922埼玉400スーパーアタック茅ヶ岳~予想通りの劇坂三昧と予想外の大雨(泣)~ »

2012年9月17日 (月)

鉄人合宿 in 琵琶湖 915-16

連休の土日は、会社関係の自転車クラブ、鉄人倶楽部の合宿。今年は琵琶湖。

Img_0072Img_0073

私は、輪行で琵琶湖に向かった。
大人の遠足なので目覚めよし、4時に目覚め、最寄り駅の始発に乗った。
東京駅からは、6:26発、米原8:48着の新幹線ひかり。

Img_0076Img_0074Img_0077

東海道新幹線で初めての輪行だったか。ひかりは、出入り口が広くないので、自転車置いておくと乗り降りの邪魔になってしまうね。名古屋駅だけが右側、その他の駅は左側のドアが開くので、その度に置き場所を反対側へ移動。けっこうせわしい。

Img_0080Img_0082Img_0083

初めての琵琶湖到着。海のような広さだ。

集合場所の長浜ドームには、石川県からの自動車組もすでに到着していて準備中。
今回、1日目は、東京からは新幹線で3名、自動車で2名、石川から12名参加。
夜に大阪から2名参加して2日目は総勢19名。

1日目は、山メニュー。
予定では、伊吹山の周辺をぐるっと回る90km山岳コースのはずだったが。

Img_0088Img_0089Img_0091

まずは、腹ごしらえ。道の駅、伊吹の里でお昼。私は、さっぱりとおろしカツ丼。お味噌汁が具沢山で手作りのいい味でした。(カツはやや貧弱、値段が値段だったから)

Img_0092Img_0094Img_0097

このあたり、伊吹山が主峰。一部が削れてます。ウィキペディアで調べると、石灰岩の山でセメント工場で削られちゃったんですね。

国見峠に向かって走りますが、なかなか峠道らしくならない。
行き先方面に奥伊吹スキー場の看板が。こっちで正しいか?まぁ、皆で行くから。まぁ、いいかぁ。

Img_0099Img_0100Img_0103

奥伊吹スキー場到着。
夏はスキー場の駐車場をジムカーナ場にしていました。タイヤの軋む音とタイヤからの煙。自転車にとっては、あんまり楽しい場所ではありませんな。

Img_0104国見峠へ1名だけで行ってしまって、その他大勢で国見峠の入り口を探し回った結果、発見しました。しかし、皆ばらばらになってしまって、私とKさんだけで峠を上りました。

入り口は車1台がやっとの幅。
林道国見線の細いポストが立っているだけ。それも主要道から入ったところ。初めての人では絶対わからないな。

Img_0106_4Img_0108_2Img_0107_2

Img_0110_6

峠の最初の1,2キロが道が荒れていて、土砂が道の一部に流れていたり、落石も結構多くてかなりワイルド。そこを過ぎれば、涼しくて快適。気持ちのいい坂でした。

峠の頂上から見える伊吹山がとても美しい。伊吹山の頂上は台地になっていて、機会があれば、今度は伊吹山に登ってみたい。

1日目は、これで終了。宿に帰って、風呂はいって宴会へ。

走行距離:107km(自宅→駅、2.5km含む。)

Img_0113Img_0121_5

2日目のメニューは琵琶湖一周。

二日酔いで不調な朝。外はまだ真っ暗な様子なのに目覚ましがなり、うっそーこんなに早く出発かぁ、うっそーとうだうだと布団の中にいると皆どんどん出発してしまった。

自分も準備して最後に部屋を出ようとすると管理人さんが来て、「まだ、鍵がここの部屋だけ戻ってきていないよ。」と。
外にでると自分の自転車だけが置かれて皆どこかに行ってしまった。とにかく荷物を背負って追いかけるしかないか。時計と反対周りだよな。遅くまで寝ていた罰ゲームだな。

2,3キロ走ると皆がちょうど車を置いた場所から道路に出てくるところが見つかり、間一髪でセーフ。荷物を車に預けることができた。

その後、最初は引いていたが、二日酔いの不調か、どっと疲れてきて、一人旅に。

Img_0125Img_0127_11Img_0130_3

途中でMTBのN山くんに追いついたが、その後も最後尾で走る。

後でわかったことだが、私以外は、皆割と固まって走っていたようで、孤独な旅は私だけだったようだ。

琵琶湖大橋を渡って帰る方向に行けば、先の集団に追いついたのに、ここで草津市、大津氏方面の周回へ向かった。橋の上で写真を撮ってもらった地元のライダーが「せっかくだから向こうも回ったら。40キロだよ。」2時間+橋から3時間として5時間。16時半頃に帰れればいいでしょ。それに逆周りで行けば、誰かに会うでしょ、と考えて走ったのに、草津市のところで1名すれ違っただけ。んーどこかで道が違ってしまったようで。

琵琶湖大橋の後、草津市の琵琶湖博物館前を通って、近江大橋を渡って大津市を通って、琵琶湖大橋へ戻った。

Img_0133
13時過ぎに琵琶湖大橋に戻れた。この頃には二日酔いの不調も治り、元気が戻ってきた。
しかし、暑くなってきた。バテバテ。
この後は、写真を撮る余裕もなくひたすら北上。暑かった。もらったメールの様子では、早い人は15時頃には風呂も入り終わっていたようで。
結局、予定の16時よりは少し前にはゴールできて、良かったが、ヘロヘロ。

Img_0135_2Img_0137

あわてて風呂につかり、落ち着いたのは新幹線の中。

帰りは乗り降りの少ない1号車の端っこに自転車を置いてみたが、車掌さんの目の前なので、名古屋駅での自転車の移動をお願いされた。やっぱしね。

走行距離:206.3km(米原までの自走9.0km、家までの自走2.5km含む)












« BRM908青葉300km甲斐 ~不案内な道で疲労困憊~ | トップページ | BRM922埼玉400スーパーアタック茅ヶ岳~予想通りの劇坂三昧と予想外の大雨(泣)~ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

琵琶一でしたかぁ。
お疲れ様でした。

2001年に初めてのロングと言うことで走りました。
「琵琶湖大橋」懐かしい景色が蘇りました。

ps:「坂シールゴールド」後日〒で送ります。

さすがKuniさん
琵琶一、経験済みでしたか。
大きいから、北の方と南の方ではかなり趣が異なりますね。北はリゾート地で南は繁華街。
ただし、今時はどこもジェットスキーが多いのは閉口しました。
ヨットとか、ウインドサーフィンより、エンジン付が今時なんでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552206/55677878

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄人合宿 in 琵琶湖 915-16:

» ケノーベルからリンクのご案内(2012/09/18 08:43) [ケノーベル エージェント]
大津市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« BRM908青葉300km甲斐 ~不案内な道で疲労困憊~ | トップページ | BRM922埼玉400スーパーアタック茅ヶ岳~予想通りの劇坂三昧と予想外の大雨(泣)~ »