2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

9月度自転車総括~長距離3連荘その後は~

今月の自転車生活は、長距離3連荘でなかなか充実。回数は走っていないんだけどね。

01日(土)  70.1km いつものコース(江戸川、利根運河)

08日(土) 373.0km BRM908青葉300km甲斐 ~不案内な道で疲労困憊~

15日(土) 107.0km 

16日(日) 206.3km 鉄人合宿 in 琵琶湖 915-16

22日(土) 415.7km BRM922埼玉400スーパーアタック茅ヶ岳~予想通りの劇坂三昧と予想外の大雨(泣)~

月間走行距離:1,172.1km

今月はブルベ2回と合宿と一人で好きなことをしていたので、昨日29日(土)は娘の大学の保護者会に女房と二人で参加。リクエストにより電車ではなく車で行ったが、車は疲れるな。すぐ、眠くなるよ。

先週のブルベでリアのシフトが小さいギアに落ちない不良が発生していたので、いろいろ確認。触ってみると、リアのシフトワイヤーだけがねじれているような感じ。STIレバーの中を見ると

Img_0046

オー、ノー、ワイヤーがほつれているではあーりませんか。このせいでワイヤーは引っ張られたままの状態。切れる寸前でどうにか走りきったわけで、切れないでよかったわ。切れたら坂上れないよ、私の場合はね。

つうことで、台風前にシフトワイヤーを買いに行って、急いでインナーワイヤーだけ交換した。初めてだったので、ちょっと苦労したが、レバーの構造がおおよそ理解できてとても勉強になった。これで来週のブルベにもどうにか参加できそう。

ブルベでは、最近テールランプがとても明るいのを付けている人が多いのと、先週落車のときにヘッドランプが逝かれてしまったので(頭はぶつけていないけど首を勢いよく振ったのでね)、新調した。

Img_0048Img_0049_4

これで夜間も明るく快適!

2012年9月23日 (日)

BRM922埼玉400スーパーアタック茅ヶ岳~予想通りの劇坂三昧と予想外の大雨(泣)~

Audax埼玉のスーパーアタック、坂三昧。どうにかこうにか完走。
曇り、気温低め、コンディション最適と予想して、参加したBRMでしたが、こんなに雨が降るなんて(泣)。長い25時間21分でした。

22日朝4時20分起床。雨がパラパラ、ではなくて、豪雨です。Yahoo天気予報で調査。
大丈夫、大丈夫。入間や秩父の方は部分的に雨が残るかもしれないけど、きっと曇りで気温も低めでベストコンディションだろう。
5時出発。高速道路の途中も随所で豪雨だったけど、朝のうちだけでしょう。天気予報は22日曇り、23日曇りのち晴れだから。

Img_0006本日は、7時スタート。
入間の集合場所は、雨濡れもなく、気温も低めで予想通り。
今回のコースは、獲得標高上り:6700m、スーパーアタックの名称にふさわしい難コース。

スタッフの方が参加者はブルベ経験豊富なメンバーと言っていましたが、私としても前回のスーパーアタック400kmが完走できたので少し自信めいたものもついて、まあ、どうにかなるでしょ、って感じ。

前半戦(入間市豊水橋河川敷スタート→通過チェック :道の駅甘楽(115.4km地点)→PC1:セブンイレブン佐久穂町店171.9km)

前半戦は、埼玉入間市→山王峠、山伏峠→秩父→小鹿野町→土坂トンネル(土坂峠)→神流町へ下って→塩沢峠→下って道の駅甘楽→大上峠を超えて佐久穂町というコース。

Img_0007走り出して、名栗のあたりで後ろからパパさんが登場。

いつも入間には輪行だから、朝豪雨で来れなかったかなと思っていましたが、やはり、そういうわけないよね。
豪雨の中でも、輪行袋下げて来ちゃうところがすごい。

山伏峠までごいっしょし、その後はペースが速すぎて自分がつぶれそうなので見送りました。

Img_0010Img_0011Img_0012

土坂峠に向かう道、山深い道だ。少し上ると前方にキャンプスタイルの自転車。女性です。
「どちらまで行くんですかぁ」と声をかけると、イヤホンをとって「言葉わかりませーん」
きれいな人でした、海外の人なのかと思ったら、その先方に男性がいました。
男性は白人のようでしたが「こんにちはー」

Img_0020Img_0022_4

次の塩沢峠、今回のメインステージでしょう。劇坂付。おそらく20%級。Audaxスタッフの清水さんや柳沢さんたちが待ち構えて「おーい、劇坂だよー。がんばって、がんばって。あの電柱のところまでだから。」などと煽り立ててくれるもんだから、足をつくことができないでがんばっちゃったじゃないですか。おかげでその後、右足の腿が攣ってしまって。
この煽り立てた劇坂のあともまだ劇坂が残っていたのですが、もちろん歩きました。

Img_0029Img_0031_2

道の駅甘楽で昼食。パパさんに追いつきました。まずまずの時間でここまで来れたので時間的に貯金ができたので、しっかりしたお昼ご飯。いろんな種類の定食があり、どれもおいしそう。

本日は、シンザカヤジャージでそろっていたので記念写真。おなかの出っ張り具合が坂の速さに関係していそうな感じ。

Img_0035Img_0039

大上峠も10%前後が続きます。塩沢峠の劇坂20%級を体験したので、10%がそれほどきつく感じませんでした。スプロケ27に入れ替えておいてけっこう助かった。

峠の中腹にある湧き水、おいしかった。ちょうど水が切れる頃だしね。

Img_0041PC1の到着制限時刻が、18:28
16:50頃に着いたので予想以上に上出来。

しかし、雨が降ってきた。雨雲はてっぺんだけなので、それほどの心配はせずに雨脚が弱まったタイミングで出発。すぐに雨は上がったので、ウインドブレーカーがむしむししてすぐに脱いだのだったが。

後半戦(PC1:セブンイレブン佐久穂町店→PC2 セブンイレブン山梨三珠町店→通過チェック ローソン都留田野倉店→ゴール)

PC1の後、すぐに暗くなってきてまた坂を上り、トンネルの前にシークレットPC。その後国道に出たところで雨。雨脚が強い。しかし上りで体も暑いので雨にあたりながら走った。
夜の雨はつらい。サングラスに水滴、サイコンに水滴でよく見えない。暗い山道入ると周囲の様子もわからない。前後に人もいない。道が正しいかどうか不安に襲われる。熊とか鹿とか猿とかに襲われないかも不安になったりして。ぶつぶつ独り言や鼻歌で走る。

その後、雨がやみ、暗い山道を超えて、PC2までもうすぐというところで右折場所を間違えてしまって、坂を戻ることに。東北へのブルベの時と違って、今回はガススタンドのおじさんが道を理解していたので事なきを得てルートに戻ることができました。ちょっと気持ちあせりました。

PC2に向かう時も2人組の後ろについて走っていると曲がる場所を通り過ぎてしまって、また、ルート探し。

PC2到着し、雨もすっかり上がり、気温やや低めなので走りやすい。
ここからのメインは、若彦トンネルまでの上り(甲府から河口湖まで)、甲武トンネルの上り(上野原から檜原村)だ。若彦トンネルまでは先々週青葉300kmで経験していたので、割と楽に登れた。事前に理解していると上りやすい。それに先々週は暑い日だったから辛く感じたんだな。

若彦トンネルを出ると雨が降り出してきた。河口湖畔から富士吉田方面、その後下って、て通過チェックのローソン。
ここまでくると完走が近いが、雨が止みそうもない。ってか、この後ゴールまで雨脚強い。天気予報外れた。上野原も檜原村も山に近いから、この先は、雨止むんじゃないかと思いながら走るが、雨足は強い強い。それに朝方の甲武トンネルの峠や秋川街道の坂も結構きつかった。雨なので、とにかくサイコンやキューシート、交差点名が見えにくくてこの点も苦しかった。

青梅のところで五日市線の踏み切りのレールが道に向かって斜めなので、そこでタイヤをとられて転倒。オーノー。幸い、自転車のチェーンが外れただけでパンクなどもなく、左側腿を打っただけで済んだのでとにかく良かった。ゴールしたら、私のすぐ後にゴールした人も同じ踏切で同じように転倒したんだって。雨の踏み切りは要注意だ。

Img_0043今回、Audax埼玉の2つ目のスーパーアタックを完走できて、坂の多いコースでも走れる自信がついた。
3つめのスーパーアタッククリスタル300kmも参加しちゃおう。

だけど、夜&雨はいやだな。

走行距離:415.7km

2012年9月17日 (月)

鉄人合宿 in 琵琶湖 915-16

連休の土日は、会社関係の自転車クラブ、鉄人倶楽部の合宿。今年は琵琶湖。

Img_0072Img_0073

私は、輪行で琵琶湖に向かった。
大人の遠足なので目覚めよし、4時に目覚め、最寄り駅の始発に乗った。
東京駅からは、6:26発、米原8:48着の新幹線ひかり。

Img_0076Img_0074Img_0077

東海道新幹線で初めての輪行だったか。ひかりは、出入り口が広くないので、自転車置いておくと乗り降りの邪魔になってしまうね。名古屋駅だけが右側、その他の駅は左側のドアが開くので、その度に置き場所を反対側へ移動。けっこうせわしい。

Img_0080Img_0082Img_0083

初めての琵琶湖到着。海のような広さだ。

集合場所の長浜ドームには、石川県からの自動車組もすでに到着していて準備中。
今回、1日目は、東京からは新幹線で3名、自動車で2名、石川から12名参加。
夜に大阪から2名参加して2日目は総勢19名。

1日目は、山メニュー。
予定では、伊吹山の周辺をぐるっと回る90km山岳コースのはずだったが。

Img_0088Img_0089Img_0091

まずは、腹ごしらえ。道の駅、伊吹の里でお昼。私は、さっぱりとおろしカツ丼。お味噌汁が具沢山で手作りのいい味でした。(カツはやや貧弱、値段が値段だったから)

Img_0092Img_0094Img_0097

このあたり、伊吹山が主峰。一部が削れてます。ウィキペディアで調べると、石灰岩の山でセメント工場で削られちゃったんですね。

国見峠に向かって走りますが、なかなか峠道らしくならない。
行き先方面に奥伊吹スキー場の看板が。こっちで正しいか?まぁ、皆で行くから。まぁ、いいかぁ。

Img_0099Img_0100Img_0103

奥伊吹スキー場到着。
夏はスキー場の駐車場をジムカーナ場にしていました。タイヤの軋む音とタイヤからの煙。自転車にとっては、あんまり楽しい場所ではありませんな。

Img_0104国見峠へ1名だけで行ってしまって、その他大勢で国見峠の入り口を探し回った結果、発見しました。しかし、皆ばらばらになってしまって、私とKさんだけで峠を上りました。

入り口は車1台がやっとの幅。
林道国見線の細いポストが立っているだけ。それも主要道から入ったところ。初めての人では絶対わからないな。

Img_0106_4Img_0108_2Img_0107_2

Img_0110_6

峠の最初の1,2キロが道が荒れていて、土砂が道の一部に流れていたり、落石も結構多くてかなりワイルド。そこを過ぎれば、涼しくて快適。気持ちのいい坂でした。

峠の頂上から見える伊吹山がとても美しい。伊吹山の頂上は台地になっていて、機会があれば、今度は伊吹山に登ってみたい。

1日目は、これで終了。宿に帰って、風呂はいって宴会へ。

走行距離:107km(自宅→駅、2.5km含む。)

Img_0113Img_0121_5

2日目のメニューは琵琶湖一周。

二日酔いで不調な朝。外はまだ真っ暗な様子なのに目覚ましがなり、うっそーこんなに早く出発かぁ、うっそーとうだうだと布団の中にいると皆どんどん出発してしまった。

自分も準備して最後に部屋を出ようとすると管理人さんが来て、「まだ、鍵がここの部屋だけ戻ってきていないよ。」と。
外にでると自分の自転車だけが置かれて皆どこかに行ってしまった。とにかく荷物を背負って追いかけるしかないか。時計と反対周りだよな。遅くまで寝ていた罰ゲームだな。

2,3キロ走ると皆がちょうど車を置いた場所から道路に出てくるところが見つかり、間一髪でセーフ。荷物を車に預けることができた。

その後、最初は引いていたが、二日酔いの不調か、どっと疲れてきて、一人旅に。

Img_0125Img_0127_11Img_0130_3

途中でMTBのN山くんに追いついたが、その後も最後尾で走る。

後でわかったことだが、私以外は、皆割と固まって走っていたようで、孤独な旅は私だけだったようだ。

琵琶湖大橋を渡って帰る方向に行けば、先の集団に追いついたのに、ここで草津市、大津氏方面の周回へ向かった。橋の上で写真を撮ってもらった地元のライダーが「せっかくだから向こうも回ったら。40キロだよ。」2時間+橋から3時間として5時間。16時半頃に帰れればいいでしょ。それに逆周りで行けば、誰かに会うでしょ、と考えて走ったのに、草津市のところで1名すれ違っただけ。んーどこかで道が違ってしまったようで。

琵琶湖大橋の後、草津市の琵琶湖博物館前を通って、近江大橋を渡って大津市を通って、琵琶湖大橋へ戻った。

Img_0133
13時過ぎに琵琶湖大橋に戻れた。この頃には二日酔いの不調も治り、元気が戻ってきた。
しかし、暑くなってきた。バテバテ。
この後は、写真を撮る余裕もなくひたすら北上。暑かった。もらったメールの様子では、早い人は15時頃には風呂も入り終わっていたようで。
結局、予定の16時よりは少し前にはゴールできて、良かったが、ヘロヘロ。

Img_0135_2Img_0137

あわてて風呂につかり、落ち着いたのは新幹線の中。

帰りは乗り降りの少ない1号車の端っこに自転車を置いてみたが、車掌さんの目の前なので、名古屋駅での自転車の移動をお願いされた。やっぱしね。

走行距離:206.3km(米原までの自走9.0km、家までの自走2.5km含む)












2012年9月 9日 (日)

BRM908青葉300km甲斐 ~不案内な道で疲労困憊~

今回、初めてVCR(Velo Club Randonneurs)青葉主催のブルベに参加した。

本年度SR(Super Randonneur)取得に残すは300km。毎回苦しいブルベ。今回もかなり疲労困憊ながらとりあえず完走し、本年度SR達成。

青葉のスタート地点は等々力緑地・川崎市民ミュージアム。
今回は300kmなんだからとブルベライダーらしく、ちょっと遠いけどちょっとかっこつけて自走で行ってみた。

Img_0029自宅1:00出発。

スタート時間が4:00だから余裕を持って2時間ぐらいかかっても3:00には到着したい。
前日は会社を午後半休して、夕食前に風呂に入って、お酒をちょっと多めに飲んで20時就寝。0時過ぎに起床。わざわざ会社半休する効果は無かったな。

夜中の都心を走る。電車なくなる時間帯だけど繁華街には人がいっぱいいるもんだ。若い女性の一人歩きもめだつなぁ。(っつうか、そこに目が行くのだ。わき見運転危険だ。)

ちょっと早め2:40頃等々力緑地付近に到着。コンビニがあったので小休止し、トイレですっきり。ここで雨がぱらつく。大粒だったのでちょっと心配したがすぐにやんで事なきを得た。

Img_0034暗いので公園の中を迷いながら集合場所到着。(以前に一度予習のために来たことが役立った。)3:00にはすでに大勢の人が集まっていた。暗い上に知らない人ばかり。ブルベカードの記載方法も、住所が日本語でOK、団体コードの記入不要等、ちょっと違っていて記載間違いしていないか、いささか不安になる。
そして、ブリーフィングして出発。4:00はまだ真っ暗である。

今回のコース。
等々力緑地から多摩川沿いを上流に向けて走って、青梅→奥多摩(PC1)→奥多摩湖→柳沢峠→塩山駅→笛吹川沿いに走って山梨市川(PC2)までが往路。
PC2から芦川駅、そこからダラダラと上って若彦トンネルを通って、河口湖→山中湖(通過チェック)→山伏峠→道志みちをどんどん下って津久井(PC3)、そこからゴール、武蔵中原。

今回のコースはほとんど未経験。一度奥多摩、奥多摩湖へ行ってみたかったし、峠超えて甲府方面もどんな感じか知っておきたかった。そこから河口湖や山中湖へ行くのは興味深いし、道志みちも一度は行って行かねば。コースとして申し分なし。
獲得標高上りは、3700mで青葉での難易度★4つ。

(スタート・等々力緑地から青梅まで)
とにかく、信号の数が半端でない。ストップ&ゴーが疲れる。(すでに1:00から35キロ自走が疲労した感じだったんだけど。)
それに信号で多くのライダーが固まっちゃう。とはいえ、そのおかげでキューシート見なくてもくっついて走れたので非常に助かった。なにせ不案内な道なので、一人では絶対に間違えたと思う。

(青梅から柳沢峠へ)
Img_0036奥多摩湖あたりまではたいした上りはないが、全体的には若干上っているのでじわじわ疲労してくる。
天気は曇りで日光の暑さはそれほど厳しくはなかった。

写真は、64km地点の奥多摩のPC1。
7時ごろ到着なので、ここまではまずまずのスピード。

--->

Img_0040Img_0049Img_0048

この後奥多摩湖へ。そして上って上って柳沢峠到着。110km地点の峠には、10:50。皆ここで小休止していたが、写真を撮ってさっさと下った。峠の麦とろめしにくらっときたが、昼食は下ってからだな。

Img_0052Img_0053Img_0056

ガンガン下って一気に甲府盆地。下りが長いので疲労が取れてきた。しかし、どんどん暑くなってくる。笛吹川沿いはやや追い風か、30kmhキープで気持ちよく進んだ。しかしおなか空いた。キューシートの備考欄に「道の駅、冷かけそばうまい」の文字があり、この道の駅まで我慢して走る。
道の駅とよとみ到着。152km地点12:30。しかし、期待の冷かけそばがメニューにないよ。近いのは山菜そば(冷・温)。写真はこれの大盛。そば専門って感じではない何でも屋のレストランだったが、かなりうまかった。水もボトルで持ってきてくれたし。

PC2 157km地点には、13:01到着。ガリガリ君と飲むヨーグルトを軽く補給して出発。河口湖まで上りだ。これが川沿いでダラダラと上り、疲労感溜まるよ。

Img_0058Img_0059_2Img_0061

やっとこさ若彦トンネル入り口1010m 182.9km地点、時間は、と、写真見ると15:06だ。
トンネルに入ると一気に下り。ガンガン下った前方に河口湖が見える。オー、ノー、黒い雲も見える。雨だ。まっ、しかし、天気予報は、甲府、午後から雨だったのに、よくもここまで持ったもんだ。
雨はさっと降って、すぐにやんだ。期待した富士山は、完全に雲がかかってました。

河口湖から山中湖へ。ちょっと上ってる道、結構遠い。こんな遠かったっけ。逆しか走ったことないから、もっと近く感じてたわ。

Img_0065Img_0068Img_0070

山中湖到着。山中湖畔を5kmほど走って、通過チェックの7-11へ。
疲労とやや空腹でクラクラしていたので、これは、肉系を食べていないからだな、と、から揚げ、ソーセージおむすび、そして、ポカリ、バニラアイスでゆっくりと休憩。ここまでくれば、後は山伏峠だけを残すのみ。

山伏峠、あら、山中湖からは峠というほどのことはなく、ほんの少しの上りで山伏トンネル入り口だったのね。218.6km地点。時刻17:25。ここまで明るいうちに来れたのだから良かった良かった。後はほぼ下りと平地だからね。

道志みちとひたすら下ります。夜になってきたので、最後の写真。道の下の川原ではキャンプ場も明かりが点ります。

この後、251km地点のPC3、18:34に到着し、そこからまたどんどん下り。
走っていると救急車のサイレンが前方から聞こえ、すれ違い。もしかしたら誰か落車かぁ?その後救急車が戻ってきて私を追い抜いた。救急車の後ろにRV車がくっついて走っていたようなのできっとキャンプの人だね。

このあたり以降は、またキューシートが細かい。今回はキューシートに表示版の向かう先の地名の記載がないので、わかりにくい。交差点名が頼りだが、交差点表示は小さい表示だしね。
道、間違えました。T字路の少し手前のY字路を右折して下り道をいっきに下ったところでわけがわからなくなり。オー、ノー。まっくら。すぐに上り、曲がったところまで戻ると。
天の助け、PCで何度もお見かけしたお二人が。ブルベはいろんなところでいろいろな人と気軽に会話しておいた方がいいよね。助かりました。後は、ごいっしょさせてもらいました。正直、走っていて全然どこかわからず、橋本や相模原の表示は見えるけど、さっぱりわからん。埼玉はおおよそわかるけど、神奈川は不案内だな。

ゴールの7-11には、21:31到着。17時間31分。疲れたー。けつ痛い。パンツのパットがへたってきているシンザカヤジャージで参加したので、心配であったが、この距離でもけつ痛。

雨具や防寒対策は結局使用せずに済んだし良かったけど、こんなことなら着替えを持ってくるんだったよ。自走するつもりで着替えを持ってきていないので、苦しいけど自走。
22:20頃ブルベカード提出場所のデニーズを出発し、最後の気力で自宅まで。帰宅24:25。次の日になってしまった。もちろん、風呂上りに祝杯のビール。26時就寝。長い25時間だったよ。

走行距離:(自宅→等々力緑地→自宅)70km、BRM 303km
















2012年9月 1日 (土)

8月度自転車総括

04日(土) 30.4km 野沢温泉ゴンドラ頂上まで

05日(日) 99.5km ぐるっとまるごと栄村

13日(月) 60.2km いつものコース、利根運河→柏あけぼの山公園

14日(火) 47.0km 葛西臨海公園

15日(水) 158.4km 筑波山

18日(土) 60.6km いつものコース、利根運河→柏あけぼの山公園

25日(土) 64.0km 葛西臨海公園→足立区都市農業公園

26日(日) 70.0km いつものコース、利根運河→柏あけぼの山公園→水元公園

月間走行距離:590.1km

8月は夏季休暇を9連休にして遠くへ行こうかと目論んでいたが、父の入院と重なり、遠くへ行く気分になれずに近場のみ。
まあ、かなり暑い日が続いたし、雷雨の心配もつきまとっていて、モチベーションも下がり気味だったかな。

9月度は、BRM908青葉300km甲斐、BRM922埼玉400km茅ヶ岳の2つのブルベに申し込んだ。どちらも山岳コースで手ごわそうだ。それに山梨方面のブルベは初経験。怖いけど楽しみだ。
そして、その間の15,16日の連休は、会社の自転車仲間の鉄人倶楽部の合宿。琵琶湖周回ですよ。これも初。

本日は、いつものコース。

自宅→流山橋→利根運河→柏あけぼの山公園→大堀川→流山おおたかの森→流山セントラルパーク→流山平和台→流山橋→水元公園→自宅

走行距離:70.1km

途中でポツポツ雨にときどきやられ、局地的な通り雨にやられ、自転車汚れてしまいました。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »