2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 50km走ってブルベの準備 | トップページ | 10月度自転車総括~初DNFでWSR達成ならず、ちょいと残念~ »

2012年10月29日 (月)

BRM1027埼玉300kmスーパーアタッククリスタル~またまた予想外の雨と夜の林道で初DNF~

天気予報は0%か10%で、前日の金曜日はけっこう日差しが暖かかったので、今度はいい天気を期待して紅葉を楽しもうなんてことを考えていたのだった。
しかし、考えが甘かった。獲得標高6800mをたったの300kmで制限時間内に走りきる力は自分には無いことを実感した。まぁ、雨の影響もあったけど。

Img_010727日朝2時起床。前日は残業で就寝23時だったので寝不足気味の中、車で自宅を3時前に出発。
スタートゴール地点は、埼玉県日高市の巾着田。スタート時間は5時。いつもながら、巾着田駐車場は暗い。本日のエントリー55名。コース担当のYさん「今日はDNSの連絡が全然ないねぇ」とおっしゃっていました。
今回のエントリーリストをみると、Audax名古屋、北海道、静岡、神奈川、青葉などさまざまな地域からの参加があってこの難コースに挑む精鋭ぞろいだったのか。ブリーフィングでは、「林道では携帯電話は通じない、車も通らない、何かあったら自力で解決が求められるよ、そこら辺もスーパーアタックだよ。」とちょっと心配。

START(埼玉県日高市巾着田)→PC1(小鹿野)

巾着田→名栗→山伏峠→秩父→小鹿野
Img_0108前回の埼玉のスーパーアタック茅ヶ岳と同じルート。真っ暗な中、スタートしてすぐに小雨。朝方だけの小雨かと思いきや、本降りに。でもいつか止むでしょ、と我慢して走っていたが、レインウェアのみバッグに入れてきたけどまさかここで使うことになるとは。暗い中、我慢しきれず、ちょうど名栗にあった公衆トイレのある休憩所に飛び込んでレインウェアを着た。その後、次々に数人が入ってきた。
おいおい、どうなっているんだ。まさか、今日も雨かい。
空を見ると黒い雲。なかなか夜明けが来ないよー。

Img_0109_3Img_0111_2

びしょびしょの状態でPC1到着、59.3km地点。7:57のレシート入手。
車で来ていた人に声をかけられて雑談。朝方の秩父周辺は局地的な雨で予想外だったそうでその人も週末農作業をしにきたんだけど、今日はできないでがっかりだったそうだ。
これから行く先の山もどう見ても雨雲だ。一日中この調子で雨だったらどう考えても完走はできないし、山はかなり危険だ。こりゃ、ここでリタイアするか。
行くか帰るか考えているうち、ほとんどの人はいなくなり、コンビニにいるのは後から着た人2、3人。8:20過ぎ、皆行ってしまったし、俺も行くか。

Img_0112ここから37km走って、最初の難所、ぶどう峠。
ここまでも降ったり止んだり。
8年ぐらい前に家族キャンプの帰りに車で通ったことがある。
紅葉がだんだん色付いてきたけど、雨脚も強い。
びしょびしょのグローブと靴下。だんだん寒さもしみる。
サングラスに水滴がついてよく見えない。
それにしてもこの坂が長い。なかなか下りにならない。
ここで、約500m→1,500m。

この後1,500m→1,000mへ下って、北相木村につくと雨が止んだ。南相木村を通過して、第2ラウンド馬越峠。1,000m→1,600m。

Img_0116Img_0120_2

12時過ぎても食べる場所無し。補給食で持ちこたえる。143km地点の峠で14:20。
ここから少し下ると川上村のスーパーコンビニ「ナナーズ」に到着。
今回の昼食場所だ。おそらく、全員ここで昼食を食べたに違いない。ここにはお昼近く、遅くとも13時頃には着きたい場所だったんだが、予定よりかなり遅い。ここを出た時は15時を回っていた。

Img_0123_4ナナーズあたりが1100mで次の信州峠は1468m。
ここの坂は意外に短かった。
峠ではハイカーを乗せた大型バスが2台出発するところだった。
時間はちょうど16時になっていた。

Img_0124ここから少し下ると、いよいよクリスタルライン。
最初は、みずがき山の坂。
ここからの上り道の紅葉がめちゃくちゃすばらしかった。
途中に駐車場がある場所近辺にはハイカーの車も結構来ていて久しぶりに歩いている人と出会った。
しかし、足はすでに相当な疲労で、坂も10%前後を維持し、スプロケットの28のみでゆっくりと上る。

おーこんなに美しい場所なのに、日が落ちるよー。木賊峠(とくさとうげ、読みが難しい)に向かう上りは真っ暗。道はせまく荒れている。車などは走っていないし、人も明かりもない。いたのはたぬきかいたちかわからない小動物だけだ。
しかし、月明かり。とにかく、雨の心配がなさそうなのが幸い。でも、夏じゃないので体は湿っぽいまま。下りが寒さで辛い。それに枯葉と木屑、荒れた路面が危ない。

クリスタルライン最後の坂、乙女高原へ向かう。先ほど一緒だった2名は上りになったところで先に行ってしまった。追えない。リアの28のみを使ってマイペースで上る。左折で焼山峠へ。最後の峠か、と思ったら上りなし、くだりのみだった。

ここからの13kmは急な下りで、PC2ではなく通過チェックの塩山の7-11へ向かう。

Img_0127通過チェックは時間制限はないが、参考時間ででている本来の制限時間は、19:04。すでに20時はとっくに過ぎている。
ここの下りは路面の状態はかなりいいが、とにかく寒い。ブレーキを下ハンでも上ハンでも手が凍えて、疲れる。
上りもきついが下りもきつい。下りながらこの後柳沢峠を超える力は残っていないし、そもそも時間的に完走は無理だ、リタイヤしようと決めた。7-11のレシートは、20:43。残り90km、4時間弱。DNF決定。

この時間で塩山から高麗までの最終電車はないので、塩山に宿泊しようかと駅前をうろついたがホテルらしき建物は見当たらず、仕方が無いので一旦駅に行ってみた。高尾行きの電車がまだ何本かあり、駅員にたずねると新宿までの接続もあるという。そうだ、新秋津から西武線という手があるじゃないかと調べると小手指駅まで行けそう。ということで、輪行することに決定。

Img_0128_2Img_0129Img_0130

電車に乗り、小手指を25時過ぎに出発し、途中少し道に迷って、巾着田についたときは、
26:20頃。真っ暗な中、いたのはキャンプをしている、ブルベとは無関係の人たち。そこに一人走って到着した人がいた。お疲れ様でした。

走行距離:(塩山まで)212.9km、(小手指駅→ゴール地点)22.5km


« 50km走ってブルベの準備 | トップページ | 10月度自転車総括~初DNFでWSR達成ならず、ちょいと残念~ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
「峠」だけのコースアタックしたでけ凄いです。

でも、輪行出来てよかったですね。
ブルベは自力で帰るようにとなってますが、知力、応答知識がないと帰れませんね。

Kuniさん

DNFの後、どうしようかといろいろ考えましたが、翌日は雨予報だったので、すぐに輪行で帰れて良かったです。電車に乗って体を休めたら元気回復しました。クリスタルラインはまた行ってみたいところ。今度は明るい時に。

天気がねー。予想がつかないよねー。
前の日の就寝23時じゃ、ちっと厳しかったかも。

まあ、終電があったのが、何よりだと思いますよ。

パパさん

ちょっと、考えが甘かったね。最初から気持ちを張り詰めて走らないと完走できないよ。
今回は周りの人に話しかけてもなんだか反応悪かった。皆けっこう気合入れて走っていたみたいだったよ。
それに万全の雨具と寒さ対策が必要だった。

スーパーアタッククリスタル、僕も出てました。5分前にゴール。1番ギリギリなブルべだったので良く憶えてますね。
この時見た紅葉は「マイベスト紅葉」です。
あと、最後の柳沢峠が異様に長かったこと、峠からはどうせ下り基調だと舐めてたら意外と平地交じりで、ずっと時計見ながら走ったのを憶えてます。ちなみに、前半で雨だった事はすっかり忘れてました。これぞブルべ脳。

白川さん

これを完走したのは、お見事。
実は私にとっても、ベスト紅葉だったので、翌年1人で秋のクリスタルラインを走ったのです。一泊して明るい時にね。
今年も行こうかな。もちろん柳沢峠は上らないですけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552206/55991310

この記事へのトラックバック一覧です: BRM1027埼玉300kmスーパーアタッククリスタル~またまた予想外の雨と夜の林道で初DNF~:

« 50km走ってブルベの準備 | トップページ | 10月度自転車総括~初DNFでWSR達成ならず、ちょいと残念~ »