2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 5月度Ride&Runの総括 ~RideはいいけどRunがダメダメ~ | トップページ | ブルベの参加記録を振りかえってみた »

2013年6月 9日 (日)

「BRM608群馬400km あの山越えて海が見える」完走 ~こんなにいろいろ楽しめて苦しんでいいんですか~

先週の600kmに引き続き、今週は、「BRM608群馬400km あの山越えて海が見える」に参加しました。

コースは、高崎市をスタートして、三国峠を越えて日本海、柏崎へ。
柏崎から上越までは日本海を眺めながら、ひたすら海岸線の道を走って、
上越からは、飯山街道で湯田中、奥志賀から渋峠越えして、草津、そして高崎へ戻るコースです。獲得標高5000mクラス、とにかく盛りだくさんな充実コース、完走できるかとても心配でしたが、どうにかゴールにたどり着きました。

高崎を9時にスタート、初めてなのでちょっと早めに、車で5時30分自宅出発。到着が早すぎそうなので、中里SAで朝食し、集合場所の高崎の城南大橋下へ向かいました。

Img_0849Img_0854城南大橋の下では、すでに大勢の人が集合していました。
芝生がきれいな緑地公園です。天気も良く、とても気持ちのいい朝です。

受付済ませてしばらくするとふつうのパパさんが輪行で到着しました。
mixiでつぶやいていたシーちゃんもつぶやいていたのはこのブルベのことでした。参加していました。

Img_0859このブルベは、ウェーブスタートで、早めに受付した私めは1番手。車検もすぐに済ませて、PC1までほぼ先頭を走りました。

PC1はみなかみ。少し手前のところで川沿いの道を走っていると、川の方が賑やか。
ラフティングというやつですかね。
それをやっていました。なんだか楽しそうです。

Img_0862Img_0864Img_0865

PC1を出るといよいよ猿ケ京温泉への上りが始まります。この道は久しぶりです。自転車では初めてきますが、若い頃はスキーで何回かきたなぁ。おっと「群馬サイクルスポーツセンター」表示も見えます。皆がときどき行っているのはここにあったのね。Img_0869
今回のブルベへ参加動機のひとつは、このルートを自転車でいった経験が無かったことがあります。この坂は6%程度をしっかりまもってとても登りやすい坂でした。
しばらくすると三国トンネルに到着してここから下りになります。

順調に下っていくと苗場スキー場を通過しました。久しぶり、20年ぶりぐらいでしょうか。垢抜けたとうか、ミーハーというか、そういうムードを感じてしまう場所です。この辺を走りながらの鼻歌はもちろんユーミンでした。

その後かぐら、みつまたスキー場を通過して、越後湯沢へ。ちょうど100km地点。
ここで水がなくなっていたので休憩。Img_0874
ここまで順調にきて、午後2時頃。1時間あたり20kmを走れています。

ここから六日町、そして十日町を行きます。

途中の長い上りのスノーシェードは暑くて狭苦しくて登るのが大変でした。

Img_0875Img_0876_2Img_0885柏崎中央海岸、柏崎みなとまち海浜公園に到着。
ここの7-11がPC2 179.8km地点。
6時過ぎに到着したので、まだ日が高い。夕日に間に合いました。海岸線には夕日の写真を撮るカメラマンが沢山見られました。

上越まで海岸線の道を走りながら日が暮れました。PC2でお見かけした人がどこかで最近見かけたなぁと思いながら走っていると追いつきました。
「もしかして先週の600kmでお会いしませんでしたっけ。」
「600kmでお会いしましたよ。芽吹橋のところで。カッチンさんでしょ。ブログも見ていますよ。それ以前もご一緒していますよ。」
うれしいなぁ。PC3の上越までいっしょに走りました。PC3直前の市街地で私が道を間違えて3kmぐらいロス。ご迷惑をおかけしました。申し訳ないです。

夕御飯を外食しようか、コンビニにしようか、外食先がこの先にあるかどうかわかないし、
迷いながら、結局カップ麺だけ食し、出発しようかとしているときに、ウェーブスタート30分後にスタートしたパパさんが到着。追いつかれました。Img_0889

PC3の後、外食する場所が沢山ありました。
あの金沢カレー、ゴーゴーカレーもあるじゃないですか。
しょうがない、短時間で食べられる、丸亀製麺をカップ麺で満足できない胃袋に追加で納めました。卵とネギとしょうがをたっぷり入れて。
Img_0890うどんなどを食べてゆっくり走っているところにパパさんに追いつかれ、そこからいっしょに走り、PC4 7-11信州山ノ内店到着。湯田中近く、277.1km地点です。
0時45分頃、夜中です。
田舎の夜中のコンビニに、眠そうなブルベな人たちが大勢たむろしています。
皆、疲れてきています。

パパさんの提案で湯田中駅で足湯がやっていたら足湯で休もうというで、行ってみましたが、夜はお湯が抜いてあったようです。パパさんはここで少し休むというので、私はこの先の大きな山場、渋峠へ坂が心配で休めないので先を急ぐことにしました。

おそらく、2年前、大勢で上った時3時間以上かけた覚えがあるので、3時間以上はかかりそう。実際登り始めると疲労困ぱいで、すこし膝も痛みます。どう考えて限界に近い。ここから気力で登るしかありません。
真っ暗な森からは虫の鳴き声のような(蝉ではないような)音が盛んに聞こえ、満天の星空です。天気はとてもいい。しかし、脚は限界。

とりあえず、丸池スキー場で小休止。以前ここに自販機があった記憶だったが、何もない。ここから残り3分の2ぐらいあったよな。時間はあるので、休み休みでゆっくりだな。

小休止から登り始めると、おっと、下から早くもパパさんに追い抜かれる。ダンシングして登って行ってすぐにライトも見えなくなってしまいました。はやっ。

真っ暗な中、10%以上の坂が続きます。横手山の登り口のあたり。苦しい。スプロケを大きいのに替えるのを億劫がらずにやっておけば良かった、とここで非常に後悔。「頑張れ自分」の歌を自作して歌いながら登ります。気力です。
前の人に追いつきしばらく一緒に走っていましたが、10%以上のところで脱落していきました。渋峠は初めてだったそうです。まさかこんなきつい坂と思っていなかったんでしょう。

Img_0893Img_0895

空が明るくなってきました。

ふと景色をみると雲海です。

ライトを消しても大丈夫なった頃に横手山ドライブインにやっとこさ、到着。

ここから渋峠へ。

Img_0896Img_0899Img_0903_2

渋峠ホテルの前にはたっぷりと残雪が残っていましたが、横手山の登り口が気温2℃だったのにここは5℃の表示。寒さはそれほどでもなく助かりました。
日本海では夕日のカメラマンが大勢見られましたが、ここでは朝日を撮影しているカメラマンが大勢いました。一気に両方味わえるブルベって、なんてすごいコースなんでしょう。

この後の下りが長い。やはり指切りグローブではかなり辛い。とりあえず白根ドライブインまで行って、トイレ小休止して、再度下ります。草津を経由してもずっとずっと下り。下りも寒さと緊張で疲れました。

ロマンチック街道に出て、気温も落ち着いてきて、渋川を経由して高崎へ。最後はお尻の痛みと回らない脚をごまかしながら走りました。Dsc00175

9時31分にゴール。時間24時間31分。
長い1日でしたが、日本海の夕日と渋峠の朝日を拝むことができて、三国峠と渋峠と大きな峠を2つ超えることもできて、とにかくいろいろ楽しめ、苦しめた400kmでした。
Audax群馬のスタッフの皆様、お世話になりました。ありがとうございました。

« 5月度Ride&Runの総括 ~RideはいいけどRunがダメダメ~ | トップページ | ブルベの参加記録を振りかえってみた »

自転車」カテゴリの記事

コメント

雲海の写真、綺麗ですね。
渋峠は、前者のテールライトが次々と出てきて、これも幻想的でした。

指切りグローブじゃ、指先大丈夫でした?
10℃以下の下りじゃしもやけになっちゃったことがあったので、冬用グローブを今回は忘れないようにしました。

今回のコースは、今までで一番ドラマチックだったかもしれませんね。お疲れ様でした。

私もブルべ関係なく mt FUJIのハーフを温泉サイクリングと題して、(7つの内湯を含む)走っていました。

  渋峠は11時半ぐらいの通過でした。先々週は朝4時、先週は夜10時と、通過しましたが、やはり、朝陽が上がって来る前の薄青い渋峠が好きなようです。

 楽しめてよかったですね。私は511で、今年のBRMは終わりました。 のんびりとは行きませんが、それなりに、楽しみたいと思います。

パパさん

朝日が出ていたので、白根山の下りは予想よりは暖かく、指もどうにか持ちました。
ほんとに今回のコースは素晴らしかった。
ブルベって面白いって再認識しましたよ。

inainaさん

日本人初のCAN-AM受賞者のinainaさんにコメントもらえるなんて光栄です。
inainaさんの足元にも及びませんが、私ももっと充実した自転車生活を目指したいと思っています。
つぶやきを見て、渋峠あたりにいるんだなぁ、お近くだなぁと思っていました。
SR600 mt FUJIも今年のうちに挑戦しますよ。

600kmと400km、連続の完走おめでとうございます。

苦しめて楽しめたブルベだったと分かります
写真も綺麗です、また知り合いのパパさんと一緒だったと言う事も
楽しさ倍増ですよね。

本当にお疲れさまでした。

シーさん

ブルベはいつも苦しみと感動を与えてくれますが、今回のコースは格別でした。
ゴールの後、いつも当面自転車は乗りたくないと思うのですが、今回はまた行ってみたいと思ってしまう、そんな素晴らしいコースでした。

カッチンさん!海外線を一緒に走りました。NOMと申します。ブルベでは結構似たような感じで走っているのでよく会いますね。また機会があったらよろしくお願いします。今回のコースはトンネル以外はアタリのコースでした。

NOMさん

コメント待ってましたよ。
追いつかないのでもう会えないと思いましたが、ゴールでまた会いましたね。^_^
渋峠の前に余分に走っちゃうなんて、おもろい。
またの機会によろしく。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552206/57556227

この記事へのトラックバック一覧です: 「BRM608群馬400km あの山越えて海が見える」完走 ~こんなにいろいろ楽しめて苦しんでいいんですか~:

« 5月度Ride&Runの総括 ~RideはいいけどRunがダメダメ~ | トップページ | ブルベの参加記録を振りかえってみた »