2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

6月度Ride&Runの総括 ~Ride距離は自己最高~

今月は土日が5回あった月。ブルベに3回も参加できた。600km、400km、200km、距離は充分走りました。
そして、Audax群馬主催に初参加。400kmと200kmはいずれも新鮮なコースで非常に面白かった。
今思えば、群馬600kmも参加してみたかったな。私が見たときはすでに定員オーバーだった。(なんでも1日で定員オーバーになったとのこと)一度でいいから安房峠を超えてみたいよね。

◆  ◆  ◆

01日(土) bicycle 631.8km  BRM601埼玉600kmアタック会津 ~まだまだ精進が足りません~

02日(日) bicycle 同上

08日(土) bicycle 405.0km 「BRM608群馬400km あの山越えて海が見える」完走 ~こんなにいろいろ楽しめて苦しんでいいんですか~

09日(日) bicycle 同上

15日(土) bicycle 71.3km 午前ライドとオススメ本~サクリファイス~

22日(土) bicycle 73.3km 今日も午前ライドと面白かった本「エデン」

23日(日) bicycle 111.2km 小貝川、手賀沼コースで

29日(土) bicycle 204.8km BRM629群馬200km八ッ場-野反-奥四万 ダム巡り~天気予報は外れなかった~

月間合計:bicycle 1,497.4km

◆  ◆  ◆ 

キター、ついにキター!Img_0945_2
SR600のブルベカードとフレームバッジ。
一番熱い、暑い日、8月15日決行予定です。

<今後の予定> ○=決定、△=検討中

○7月20~21日 BRM720宇都宮600km
○8月4日 グルッとまるごと栄村
○8月15~17日 SR600埼玉
○9月8~9日 会社の鉄人倶楽部 夏合宿in乗鞍
△9月21日 BRM921千葉600km
△10月12日 BRM1012千葉400km

会社で人事異動があり、7月8日から新しい職場で勤務先が新橋→川崎へ。(仕事内容はまったく変わらず。)通勤時間が20分~30分多くなります。weep

BRM629群馬200km八ッ場-野反-奥四万 ダム巡り~天気予報は外れなかった~

野反湖に行きたかったので、申し込んだ群馬200km。
天気予報が午後3時頃から雨。イマイチやる気出ないけど行かないと後悔しそうなので、GO!

朝、3時45分起床、4時15分自宅を車で出発。順調に高速を走って、上里SAで朝食。
この前の400kmの時と違ってなんか食欲がイマイチ。
考えてみれば、まだ6時前でした。やはりここは麺類よりご飯ものだな。吉野家の牛丼、サラダセットに卵付き。400kmの時もこれで午前中パワーが持続したからな。

Img_0919高崎市城南大橋下の緑地公園。今月8日の400kmの時から今回で2回目。
7時スタートですがウェーブスタートなので、7時20分スタート組でした。

今回のコースは、高崎市城南大橋下をスタート、ゴールにして、八ッ場ダム建設地、野反湖のある野反ダム、奥四万ダムをめぐる山岳コース。
ルートラボでは、獲得標高:約3496m。200kmとはいえ、かなり厳しい。それに午後雨模様の天気予報。いつものように走る前は完走できるか心配で自信のない自分でした。

スタートして、ほんの少し上り基調と少し下ってPC1(47.1km地点、吾妻岩下店)へ。
先週から一週間空けての自転車なので、走り始めは体が重いが、PC1まで走ってようやく調子が良くなってきました。

PC1からすぐ先に、今回の第一の見所、八ッ場ダム建設予定地。

Img_0923Img_0924川原湯温泉駅のすぐ横に大きくそびえるのが、これがかの有名な八ッ場ダム建設現場かと思って写真を撮りましたが、どうも後で調べるとそうではないようです。
駅前に川原湯温泉観光案内図がさみしそうに立っていました。
駅も温泉も皆、ダムが完成すると湖の下に沈んでしまうものなんて想像できないですよ。いつになるのかわからないけれど、その前に一度この温泉に浸かりに来てみるのもいいかもね。

ここから線路沿いを走って、右折して六合村方面へImg_0926_2だらだらと上ります。そうそう、今は六合村ではなく、中之条町六合に変わっていました。

道の駅六合のところにある温度計は23℃を示していました。
ちょうどいい気温。それにこの頃には空には青空が見えてきて、坂もおだやかです。私の貧力でも気持ち良く走れる斜度です。

Img_0927Img_0928Img_0929

草津方面と野反湖方面の分岐点までは穏やかな坂。分岐点にちょうど自販機があったので一息つきました。ここから坂はやや斜度を増し距離もそこそこありました。最後残り3kmぐらいは特に15%級がところどころに現れて、苦しい!と感じるころに、空気がひんやり!としてきます。
すると先に見えました。野反湖の見晴台にある茶屋。昔、家族でこけももジュースを飲んだ思い出の場所です。

Img_0930Img_0932素晴らしい、景色。

湖に日差しがさして、これがまたいい感じ。
ところどころに赤色に見えるのは高原ツツジでしょうか。

ここは、関東で自然が一番美しいところといえるのではないでしょうか。

と、ここから折り返し地点までまだ4キロ程残しているので先を急ぎます。

Img_0934Img_0935Img_0936

折り返し点に無事到着。(89.0km地点)AJ群馬のスタッフによるチェックがありました。

ここまでくれば、後は下り基調。今回の200kmもほぼ終わったも同然です。

12時を回っていたのですが、下ってさっき通った道の駅六合でスタンプを押すチェックがあるので、そこまで昼食をがまん。しかし、上りと違って下りはあっという間です。
こういう折り返しのコースは、下っていると反対車線で上っている大勢の参加者とすれ違いますが、歩いて上っている人が少なくないのでやや驚きでした。200kmにしてはかなり手ごわいコースというのを象徴していました。(相当下から歩いている人も!)

Img_0937Img_0940道の駅六合で、とろろそば大盛り。

デザートには花まめソフトクリーム。
六合村では花まめがご当地名産品なんだそうで、そらまめぐらいの大きさの黒い豆で甘く煮て食したりするようです。
それがつぶつぶで入っていました。

時間の余裕はあるのでゆっくりしていましたが、後から到着してくる人たちが雨具を来ています。「下っているときに雨が降ってきましたよ。」

急ごう、出発だ。次は暮坂峠。Img_0941
若山牧水の詠んだ「名も寂し暮坂峠」
緩やかな坂をだらだらと上ります。
ついにここの上りの途中で雨につかまりました。
14時頃でしょうか。思っていたより早い時間帯、天気予報の通りです。雨はやや強め。上りのあと、長い長い下りを慎重に下ります。
先に行く2名のライダーの後ろにつきます。ゆっくりゆっくり。

下りが終わり、四万の分岐点にきたところでは、雨は降っていなくて道は乾いていました。ここから奥四万ダムへ上ります。
一旦雨具を脱ぐため小休止。2名のうちの1名はここで完走をあきらめて下る方向へ向かうとのことでした。
「えー、まだ時間はたっぷりあるじゃないですか。」と私。
「野反湖の上りで足を攣り、いっぱいいっぱいなんですよ。」
んー、やはり、厳しいコースなのかもしれない。

奥四万ダムへ向かって上ります。また、途中から雨が追いついてきました。今度は先ほどより雨足が強い。最後の長いトンネル2本が雨がなくてホッとする瞬間に感じられました。

折り返し地点。AJ群馬のスタッフ3名いました。土砂降りの雨の中です。いやいやご苦労様です。パラソルの中でチェック。カードが濡れないように扱うのは難しい状況です。

四万温泉の下りは温泉街の中を走るコースでした。雷も一発鳴り、土砂降りなので、とにかくここから退散するしかありません。四万温泉は初めてでしたので、もっとゆっくり温泉街を楽しみたかったのですが、残念。そんな余裕なし。

帰りは、四万を下れば雨足は弱まったものの、ポツポツな雨は高崎近辺までずっと続きました。
結局、18時23分にゴール。記録:11時間3分。
まぁ、明るいうちに帰れたし、今月の600kmと400kmに比べたら適度な運動だったし、雨は降ったけど群馬満喫できました。

嬉しい出来事がもうひとつ。帰りの関越道がまったく渋滞なし。20時35分に帰宅できました。





















2013年6月23日 (日)

小貝川、手賀沼コースで

犬散歩の後、今日は筑波あたりまで行こうかと走り出し、途中の流山あたりで、
こっちの方の道に行ったことないなぁと適当に走ってみた。

思えば自転車乗り始めた頃は、どこもかしこも初めての道だったので適当に知らない道を行ってみたりしたもんだが、最近は知った道しか走っていなかった。

どうも方向が違うなぁという時でも昔はそのまま突っ走ったが、今はスマホの地図で確認すればどこにいるのかすぐに分かってしまうから便利といえば便利だが、面白味には欠ける。

Img_0909しばらく適当に走っていると、
ここ柏市?
とても田舎っぽい道に出くわし、
里山の中を道が走っていた。
でも、ほんとうの田舎ではなかった。車がそこそこ狭い道を走ってくる。
そして、車が走って行く方向へ行くと国道16号。やっぱり田舎ではなかった。

くねくね走って利根川に行き着くと、もう筑波へ行く時間と気力はとっくに失せて、新大利根橋を渡って、小貝川に出て、藤代方面へ走るいつものコース。

Img_0911なんだか今日は小貝川でけっこうサイクリストとすれ違うなぁ。
年配の人も多かった。
大勢のグループもいたし。自転車屋さんかな。
天気がいいからね。
ここの道は、やっぱ、いいね。
田んぼが青々しているし。
川の水も堰で止めて、豊富だ。

お昼時間になってしまったので、布施の中華屋さんでまたガッツリと行ってしまって、せっかく走った以上に、カロリー充填。

手賀沼を追い風で走って、大堀川公園→流山おおたかの森→セントラルパーク→流山橋Img_0913→水元公園と定番コースで帰宅。

水元公園、しょうぶ祭りだったのね。

走行距離:111.2km




2013年6月22日 (土)

今日も午前ライドと面白かった本「エデン」

先週の土曜と同じ、犬散歩の後、午前中、自転車。

自宅→流山橋→江戸川右岸沿い→葛西臨海公園→荒川左岸→鹿浜橋→自宅

走行距離:73.3km

Img_0907風がほとんど無し。
江戸川では少し追い風だったかな、いい感じでスピードが保って走れました。
帰路の荒川でもいい感じのスピードで走れました。
でも、空気が相当湿っているので景色はモヤモヤしていたね。

帰宅してから、少し昼寝して、図書館。

先週に引き続き、近藤史恵さんサクリファイスシリーズで「エデン」を通勤で読みました。
サクリファイスも面白かったけど、エデンはもっと面白かった。
サクリファイスから成長した主人公の白石誓がツール・ド・フランスで活躍するわけですが、作家というのはホント良く調べて書くもんですねぇ。実際にツールドで走っている人たちはこんな感じなのかなぁと思わせる内容で、先々どうなっていくのかが楽しみで通勤時間がとても楽しく過ごせました。

内容にはあえて言及しませんが、まだ読んでいない自転車乗りの人はぜひぜひ読んでみることをオススメしちゃいますよ。自転車のモチベーションも高まる。

本日、「サヴァイヴ」を借りてきました。次週の通勤はこれを読みます。

2013年6月15日 (土)

午前ライドとオススメ本~サクリファイス~

本日、犬散歩の後、いつものコース。

自宅→流山橋→玉葉橋→利根運河→柏あけぼの山公園→大堀川→流山おおたかの森→流山セントラルパーク→流山橋→水元公園→自宅

走行距離:71.3km

今年の桜の季節の前、あけぼの山公園が除染工事で立ち入り禁止になっていました。

Img_0906本日、驚きました。

大堀川をいつものように走っていると
「放射線量測定の結果、川の水辺において毎時1マイクロシーベルトを超える箇所が確認されたため、立入禁止にいたします。」の立て看板。そしてロープが張られていました。

今に至ってもこんな状況があるとはちょっと驚きでした。

柏の辺はホットスポットになってるんですね。今だにこんな状況があるとは、厳しい現実です。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

話は変わって、今週、サクリファイスを読みました。

41877inpyol_sl500_aa300_1ロードレースを題材にしている小説は珍しいので興味深く、短い通勤時間でも一気に読み終えました。

いやぁ、面白い。もっと早く読むべき小説でした。チームのエースとアシスト役というのはきっちり決めているものだったんですね。

しかし、最後の謎解きの結末は、現実的ではなく、ありえない、という感じですが、そう感じさせないドラマチックな内容に仕上がっていると思います。

まだ読んでいない人は、ぜひ、一読をおすすめします。

来週は「エデン」を読みます。

2013年6月13日 (木)

ブルベの参加記録を振りかえってみた

この前のBRM601埼玉600kmアタック会津に参加して、
思い出せば、一番最初に600kmを完走したのがアタック会津だった。
それに600kmを何回も経験したかと言えば、そんなことはなく、たったの4回目。

そんなこんなで過去のブルベの完走経験を整理してみたくなった。

2005年7月に初めてロードレーサーを購入。アルミのTREK。

そして最初のロングライド参加が、2006年5月28日第一回スポニチ佐渡ロングライド210 だった。

2007年

BRM128埼玉200kmアタック霞ヶ浦      完走:9:28
BRM211千葉200km               完走:9:37 
BRM224埼玉300kmアタックビーフライン   完走:16:09
BRM303千葉300km               DNF:鎖骨骨折、脳震盪

2008年

BRM120埼玉200kmアタック霞ヶ浦      完走:10:36
BRM216埼玉300kmアタックビーフライン   完走:16:42
BRM315埼玉400kmアタック銚子       完走:22:30

2009年

BRM222埼玉200kmアタック横川       完走:11:56
BRM320埼玉300kmアタック日光東照宮   完走:17:18

2010年

BRM220埼玉200kmアタック小田原城    完走:11:29
BRM410千葉300km(つくば)          完走:16:43
BRM605埼玉600kmアタック会津       完走:36:42
BRM619埼玉400kmアタック長野       完走:24:58

2011年

参加なし

2012年

BRM226埼玉200kmアタック小田原城     完走:10:45
BRM429埼玉600kmアタック最上川       完走:36:46
BRM501埼玉200kmアタック寒風山       完走:11:13
BRM502埼玉200kmアタック龍飛        完走:13:30
BRM715埼玉400kmスーパーアタック奥志賀 完走:25:55
BRM908青葉300km甲斐             完走:17:31
BRM922埼玉400kmスーパーアタック茅ヶ岳 完走:25:21
BRM1006青葉600km関東一周         完走:39:31
BRM1027埼玉300kmスーパーアタッククリスタル 完走:DNF

2013年

BRM217埼玉200kmアタック小田原城    完走:10:40
BRM330東京300km甲斐            完走:17:31
BRM413埼玉400kmフラッと九十九里    完走:20:00
BRM601埼玉600kmアタック会津       完走:35:32
BRM608群馬400kmあの山越えて海が見える 完走:24:31

2010年からSR取得ができるようになった。
昨年度からは、おおよそ月に一回はブルベ参加、年間WSRを目安に走るよう心がけている。

次なるは、もっと600kmを楽に走れるようになって、1000km、1200kmへ飛躍したい。

2013年6月 9日 (日)

「BRM608群馬400km あの山越えて海が見える」完走 ~こんなにいろいろ楽しめて苦しんでいいんですか~

先週の600kmに引き続き、今週は、「BRM608群馬400km あの山越えて海が見える」に参加しました。

コースは、高崎市をスタートして、三国峠を越えて日本海、柏崎へ。
柏崎から上越までは日本海を眺めながら、ひたすら海岸線の道を走って、
上越からは、飯山街道で湯田中、奥志賀から渋峠越えして、草津、そして高崎へ戻るコースです。獲得標高5000mクラス、とにかく盛りだくさんな充実コース、完走できるかとても心配でしたが、どうにかゴールにたどり着きました。

高崎を9時にスタート、初めてなのでちょっと早めに、車で5時30分自宅出発。到着が早すぎそうなので、中里SAで朝食し、集合場所の高崎の城南大橋下へ向かいました。

Img_0849Img_0854城南大橋の下では、すでに大勢の人が集合していました。
芝生がきれいな緑地公園です。天気も良く、とても気持ちのいい朝です。

受付済ませてしばらくするとふつうのパパさんが輪行で到着しました。
mixiでつぶやいていたシーちゃんもつぶやいていたのはこのブルベのことでした。参加していました。

Img_0859このブルベは、ウェーブスタートで、早めに受付した私めは1番手。車検もすぐに済ませて、PC1までほぼ先頭を走りました。

PC1はみなかみ。少し手前のところで川沿いの道を走っていると、川の方が賑やか。
ラフティングというやつですかね。
それをやっていました。なんだか楽しそうです。

Img_0862Img_0864Img_0865

PC1を出るといよいよ猿ケ京温泉への上りが始まります。この道は久しぶりです。自転車では初めてきますが、若い頃はスキーで何回かきたなぁ。おっと「群馬サイクルスポーツセンター」表示も見えます。皆がときどき行っているのはここにあったのね。Img_0869
今回のブルベへ参加動機のひとつは、このルートを自転車でいった経験が無かったことがあります。この坂は6%程度をしっかりまもってとても登りやすい坂でした。
しばらくすると三国トンネルに到着してここから下りになります。

順調に下っていくと苗場スキー場を通過しました。久しぶり、20年ぶりぐらいでしょうか。垢抜けたとうか、ミーハーというか、そういうムードを感じてしまう場所です。この辺を走りながらの鼻歌はもちろんユーミンでした。

その後かぐら、みつまたスキー場を通過して、越後湯沢へ。ちょうど100km地点。
ここで水がなくなっていたので休憩。Img_0874
ここまで順調にきて、午後2時頃。1時間あたり20kmを走れています。

ここから六日町、そして十日町を行きます。

途中の長い上りのスノーシェードは暑くて狭苦しくて登るのが大変でした。

Img_0875Img_0876_2Img_0885柏崎中央海岸、柏崎みなとまち海浜公園に到着。
ここの7-11がPC2 179.8km地点。
6時過ぎに到着したので、まだ日が高い。夕日に間に合いました。海岸線には夕日の写真を撮るカメラマンが沢山見られました。

上越まで海岸線の道を走りながら日が暮れました。PC2でお見かけした人がどこかで最近見かけたなぁと思いながら走っていると追いつきました。
「もしかして先週の600kmでお会いしませんでしたっけ。」
「600kmでお会いしましたよ。芽吹橋のところで。カッチンさんでしょ。ブログも見ていますよ。それ以前もご一緒していますよ。」
うれしいなぁ。PC3の上越までいっしょに走りました。PC3直前の市街地で私が道を間違えて3kmぐらいロス。ご迷惑をおかけしました。申し訳ないです。

夕御飯を外食しようか、コンビニにしようか、外食先がこの先にあるかどうかわかないし、
迷いながら、結局カップ麺だけ食し、出発しようかとしているときに、ウェーブスタート30分後にスタートしたパパさんが到着。追いつかれました。Img_0889

PC3の後、外食する場所が沢山ありました。
あの金沢カレー、ゴーゴーカレーもあるじゃないですか。
しょうがない、短時間で食べられる、丸亀製麺をカップ麺で満足できない胃袋に追加で納めました。卵とネギとしょうがをたっぷり入れて。
Img_0890うどんなどを食べてゆっくり走っているところにパパさんに追いつかれ、そこからいっしょに走り、PC4 7-11信州山ノ内店到着。湯田中近く、277.1km地点です。
0時45分頃、夜中です。
田舎の夜中のコンビニに、眠そうなブルベな人たちが大勢たむろしています。
皆、疲れてきています。

パパさんの提案で湯田中駅で足湯がやっていたら足湯で休もうというで、行ってみましたが、夜はお湯が抜いてあったようです。パパさんはここで少し休むというので、私はこの先の大きな山場、渋峠へ坂が心配で休めないので先を急ぐことにしました。

おそらく、2年前、大勢で上った時3時間以上かけた覚えがあるので、3時間以上はかかりそう。実際登り始めると疲労困ぱいで、すこし膝も痛みます。どう考えて限界に近い。ここから気力で登るしかありません。
真っ暗な森からは虫の鳴き声のような(蝉ではないような)音が盛んに聞こえ、満天の星空です。天気はとてもいい。しかし、脚は限界。

とりあえず、丸池スキー場で小休止。以前ここに自販機があった記憶だったが、何もない。ここから残り3分の2ぐらいあったよな。時間はあるので、休み休みでゆっくりだな。

小休止から登り始めると、おっと、下から早くもパパさんに追い抜かれる。ダンシングして登って行ってすぐにライトも見えなくなってしまいました。はやっ。

真っ暗な中、10%以上の坂が続きます。横手山の登り口のあたり。苦しい。スプロケを大きいのに替えるのを億劫がらずにやっておけば良かった、とここで非常に後悔。「頑張れ自分」の歌を自作して歌いながら登ります。気力です。
前の人に追いつきしばらく一緒に走っていましたが、10%以上のところで脱落していきました。渋峠は初めてだったそうです。まさかこんなきつい坂と思っていなかったんでしょう。

Img_0893Img_0895

空が明るくなってきました。

ふと景色をみると雲海です。

ライトを消しても大丈夫なった頃に横手山ドライブインにやっとこさ、到着。

ここから渋峠へ。

Img_0896Img_0899Img_0903_2

渋峠ホテルの前にはたっぷりと残雪が残っていましたが、横手山の登り口が気温2℃だったのにここは5℃の表示。寒さはそれほどでもなく助かりました。
日本海では夕日のカメラマンが大勢見られましたが、ここでは朝日を撮影しているカメラマンが大勢いました。一気に両方味わえるブルベって、なんてすごいコースなんでしょう。

この後の下りが長い。やはり指切りグローブではかなり辛い。とりあえず白根ドライブインまで行って、トイレ小休止して、再度下ります。草津を経由してもずっとずっと下り。下りも寒さと緊張で疲れました。

ロマンチック街道に出て、気温も落ち着いてきて、渋川を経由して高崎へ。最後はお尻の痛みと回らない脚をごまかしながら走りました。Dsc00175

9時31分にゴール。時間24時間31分。
長い1日でしたが、日本海の夕日と渋峠の朝日を拝むことができて、三国峠と渋峠と大きな峠を2つ超えることもできて、とにかくいろいろ楽しめ、苦しめた400kmでした。
Audax群馬のスタッフの皆様、お世話になりました。ありがとうございました。

2013年6月 3日 (月)

5月度Ride&Runの総括 ~RideはいいけどRunがダメダメ~

ちょいと遅くなりましたが、5月度の総括です。

GWがあったので、自転車は結構走れたんですが、Runがどうもいけない。アキレス腱の痛みが出るおそれがあるので、ブルベの1週間前にはちょっと怖くて走れない。

家庭では、母の通院を父だけに任せているのでは心もとないので、誰かがつきそう必要にせまられてきました。

◆  ◆  ◆

02日(木) bicycle 96.5km 初めての北陸ツーリング2泊3日の旅(1日目)

03日(金) bicycle 164.3km 初めての北陸ツーリング2泊3日の旅(2日目)

04日(土) bicycle 140.1km 初めての北陸ツーリング2泊3日の旅(3日目)

12日(日) bicycle 113.8km BRM511埼玉600kmアタック白馬はDNS、そして翌日天気良くなりました

17日(金) run 6.2km(37分19秒)

18日(土) bicycle 70.7km 午前自転車午後母の通院付き添い

19日(日) bicycle 55.5km 午前荒サイ、午後バラ園

25日(土) bicycle 175.0km 久しぶりに奥武蔵GLへロングライド

26日(日) bicycle 90.0km 3年ぶりかなミラノのアサラン

トータル:bicycle 905.9km、run6.2km

◆  ◆  ◆

2013年6月 2日 (日)

BRM601埼玉600kmアタック会津 ~まだまだ精進が足りません~

5時32分にゴール。記録:35時間32分。
とりあえず明るいうちに帰宅、夕食に間に合いました。

アタック会津は2010年に初めて600km完走したコース。
2010年6月7日BRM605埼玉600アタック会津、完走

その時よりやや優しいコースになっているかなと少々甘く見ていました。

6月1日(土)5時に自宅を出発。Img_0814
スタート地点の神根運動場には5時40分頃到着。
すでにブリーフィングは終了していました。
直前キューシートの変更があったこともわかっていましたので問題はないでしょう。

<往路>

川口市神根運動場スタートゴールのおなじみのコース。
南風だったらいいのに天気予報通りの北東の風、おだやか。とても順調に進んで、PC1には10時頃に到着。

古峰街道では鯰組の朝練ともすれ違いましたよ。

信号待ちで「シンザカヤジャージですね。もしかしてカッチンさんですか。」
あれぇー。アクセス数は非常に少ないブログですが、見てくれている人と出会いました。うれしいなぁ。

Img_0818Img_0821Img_0825

順調に日光市には12時前に入りました。出来すぎです。

鬼怒川では、ライン下りの船に追い越されました。

川治温泉あたりだったか。走っているとハイカーの人に声をかけられ、
「ブルベは何キロですかー。」
「600キロー。あいずー。」
「がんばってくださーい。」
ブルベもメジャーになったもんです。

Img_0832_2Img_0836_2会津若松駅には明るいうちに到着。

こんなに早く着くとは思ってもいなかったりして。265km地点あたりですから、1時間22kmぐらいですよ。

このコースは結構やさしいんではないか、なんて思い上がったこと考えていたりしたのでした。(この時は)

半分の距離少し過ぎたところ318kmに、郡山の東洋健康センターという24時間風呂があるので、ここで休憩。2010年の時以来ですよ。2010年の時は、ここに午前1時過ぎに到着した覚えがあるので、今回はなんと9時ですよ。(後で調べてわかったんですが、2010年は8時スタートでした。今回は6時スタートです。)
Img_0838Img_0839電話で確認したら、食事は11時までOKということなので、ここで夕食して4、5時間も休めるじゃないですか。なんか走りながら味噌ラーメンが無性に食べたくなったのよ。昨年の関東600kmの時も温泉の前にネギ味噌チャーシュー食べたんだよなぁ。十分休めるからB2で福島を堪能だぁ。(健康センターの食事美味しかったです。)

風呂、食事、ちょこっと仮眠して(いびきのうるさい奴がいて一度起きたらもう寝れない)、また風呂入ってから1時半頃出発。

<復路>

たっぷり休んだので、快調に進んで、朝方は北よりの風で追い風基調、どんどん何人も追い抜く。やはり、このコースは優しいよー。(と思い上がった。)

脚が回ったのは、ここまで。400kmを過ぎると急に疲れが出て、なおかつ上り基調。ハンガーノック。朝早すぎて食事するところも開いていないし、コンビニもない区間。
日光まで戻ってきても脚の調子は戻らず。だらだらな走りになってしまって。

広域農道のところで睡魔が襲ってきて、意識朦朧。ハット気がつくと行き止まり。曲がるとことを過ぎていました。見覚えのある景色だなぁ、と。2010年の時も同じ過ちをしていた記憶。

その後、左足のアキレス腱が痛み出し、段々激痛に。600kmの時はいつもこうなってしまう。クリートの影響か、停止するときに左足を着地するのでそのせいか。思えばBRM600kmは、2010年初回、昨年2回で、今回4回目。たかが4回目ですよ。まだまだ経験浅いじゃないですか。甘い!自分に言い聞かせた次第です。

とはいえ、明るいうちにゴールできるというのは良かったね。今回も一応、月曜日は有給休暇にしているけど、夕食前に帰宅できれば、明日会社に行くも問題無し。今までの経験では600kmは日曜日の夜遅く到着の印象だったからね。

ブルベ走行距離:601.1km  自宅-神根運動場:13kmぐらい







« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »