2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« SR600 Fuji 完走 ~52時間めいっぱい使って~ (1日目) | トップページ | SR600 Fujiを振り返って~時間、持ち物、食事~ »

2013年9月24日 (火)

SR600 Fuji 完走 ~52時間めいっぱい使って~ (2日目)

ホテルで2:30にセットしたモーニングコールで目醒めました。
ホテルの人との約束で3時に玄関をでなくてはいけないのでさっさと準備して外にでました。

Img_1164_2PC6信濃国分寺:3:18到着(292.7km地点)

上田駅前のホテルからすぐにPC6。写真を撮って暗い中美ヶ原へ向かって走りました。走りながら夜明けを迎え、今日もいい天気のようです。しばらく走ればお尻の痛みもぶり返し、足の踏ん張る力も出ないのでゆっくりと6~8kmhで走りながらも時々小休止。
以前に下りは経験した道であり、武石口から上りがきつくなります。ここは、4時間程度はかかるとみていました。上りは頻繁に眠くなります。岩があったところで小休止して岩の上に座って目をつぶります。すこし回復してまた上り。PC7はとにかく遠かった。

Img_1165_2PC7美ヶ原高原美術館:7:35到着(332.5km地点)

やっと上まで到着。道の駅へ行ってみましたが、やはりこの時間なのでレストランはやっていません。天然水で水筒を満たして、改装されていたきれいなトレイに寄って再スタート。いよいよビーナスライン。
ガーと下ってから小さいアップダウンを繰り返しながらとても気持ちいいビーナスラインなはずですが、今日は上りが辛いので気持ち良く走れません。踏ん張りが効かない。ゆっくりと前進。この辺はバイクが多かった。行ったり来たりしてバイクの練習場所にしているのもいるし。とにかくうるさい。
ガーと下って、橋の段差で、ガキンとヘッドライトが吹っ飛んだ。またか。実はこのアクスレンというライト、ガキンのショックで蓋が開いて電池といっしょに吹っ飛ぶんだな。これで3回目。吹っ飛んでもヒビだけで済んで使えたので良かったけど、後ろの車に踏み潰されたらライトも一環の終わりだよ。ビニールテープが欲しかった。ここから昼間は外すことにしました。
朝ごはんを食べていなかったので三峰の茶屋で山菜うどんとしぼりたて牛乳をいただきました。ここは牛乳を売り物にしているのでちょっと贅沢してみました。とにかく栄養をつけて体力を回復したい。
その後も上りはヘロヘロに上って、ガーと下るの繰り返し。
車山に寄って、ここでも天然水を補給。ここから白樺湖までもう上りは無く、一気に下りです。白樺湖のローソンは水もお腹も満たされていたのでパスしました。
この後のしらかば2in1スキー場手前の直登の上りがキツい。止まると二度と走れなくなりそうなので上まで我慢で走りきった。

PC8女の神展望台:11:39到着(378.4km地点)

Img_1166_2PC8はアベックが多い場所なんですね。天気もいいし、気持ちいい場所です。そこに自転車の爺が一人で登場して割り込んで写真を撮りました。
ここからは蓼科までひたすら下り。お尻が痛いのでサドルから浮かしてひたすら下ります。以前はこの辺の舗装はすごく荒れていたのですが、多くの箇所で補修が進んでました。
蓼科で下りが終わって、上りにチェンジ。八ヶ岳の麦草峠方面への入り口付近、結構斜度があります。
ここの坂は、このSR600コースの3番目の難所でした。①渋峠②美ヶ原③ここ麦草峠、この3つがとにかく辛い。ここもゆっくり、疲れたら小休止。また眠気が頻繁に襲ってきます。休める場所はないので、道の端に止まって立ったまましばらく目をつぶります。
ここもとにかくPC9が遠かった。

Img_1167_2PC9メルヘン街道最高地点:14:18到着(400.5km地点)

やっとそれらしき場所に到着できました。ここは自転車をたてかけるところがありません。標示版のポールの下はバイクが置かれていて置けません。仕方がないのでペダルで自転車を立てておいて写真に納めました。
バイクの二人連れとちょっと会話。彼らもこの後、野辺山に行く予定とのこと。ガーと下って、松原湖の下あたりの細い道で再度お会いしました。同じ道を使っていたのね。

この後R141で14kmほどの上りがありますが、そこは広い国道。斜度は大したことはなく、ホッとしました。9時頃に茶屋でそばを食べてから何も食べていなかったので、国道沿いにあった野辺山のローソンで小休止。カレーパンを一つ食べました。カロリーは400kcal。揚げてあるので結構な高カロリー、いいじゃないですか。

Img_1168PC10 JR鉄道最高地点:16:47到着(436.9km地点)

ついにここまで来ました。明るいうちにここに来れました。写真を撮っている人に「撮りましょうか」と声をかけられましたが、「いえ、結構です。」電池の消耗が心配なので余計な写真は撮れないんですと言っても理解してもらえないので、ちょっとSR600の概要をお話しして「お気を付けて」で別れました。
さぁ、ここからPC11までは下りのみ。
R141を30km程。緩い下りで路面も良く、尻を浮かせてガンガン下ります。すぐに韮崎市街にはいり賑やかな場所。残り130kmで0時まで6時間、4時までで10時間。最終電車には間に合いそうもないが、52時間完走には少し余裕ができたか。どこかで座って夕食をゆっくり食べて休息を兼ねたい。ちょっと時間が早いのでもう少し走って芦川駅の近くで夕食にすることに決めました。

芦川駅から若彦トンネルコースは過去3回経験ありで良く知った道。芦川駅まで行っては何もないので手前で蕎麦屋に入りました。カツ丼とそばをセットで食べたい欲求があったのでね。美味しくいただきました。充分なカロリー、これでコンビニよらずに最後まで行けそう。

Img_1172PC11 芦川駅:20:00到着(489.7km地点)

写真を撮った後、ちょうど身延線の電車が入ってきました。
残り8時間、残り110km、あまり余裕がないな。
ここからのK36が山合いの道で真っ暗なんです。過去1度経験あるので落ち着いて走れましたが、最初ここを走ったときは真っ暗で寂しくて獣でも出てきそうな道に感じるんだよね。
ここは脚の力が復活して割とガンガン走ることができました。イメージより早くR358の右折に到着し、一時的にきつい上りを行くと左折で芦川の集落方面から若彦トンネルへ。
トンネルへの坂への分岐点の角に自販機が沢山あって、周辺では唯一の明るい場所になっていて、休憩。喉を潤しボトルも補給。よし、後は下りだ、もう少しだ。
若彦トンネルはゆっくりと下りました。というか少し疲れが出て踏み込めません。河口湖から山中湖へ。
河口湖辺りで暴走族3台がブーンブンブンと追い越していく。その後数キロ先でまたブーンブンブンと対抗でやってきて、山中湖方面の道でもまた会った。湖を楽しみにきている宿泊者に迷惑かけて何が楽しいのだ。意味のない行為だな。
山中湖に近づいた辺りでちょっと上りが続いて苦しい。暗いので自分がどの辺を走っているか感じがつかめない。山中湖、なかなか着かない。
正面に知った感じの交差点。山中湖湖畔に着きました。左折して時計回りに走る。残り2.2km走ってPC12あたりに到着。さて富士山は真っ暗で曇っているようで全く見えない。この場合は、何かの前で写真を撮るんだよな。
えーと、「明神前Sから160m先の右手にある「山中諏訪明神」の看板・・・」
なにー、2km戻りました。(涙)前もって読んでおけば良かった。予習すべきだった。

Img_1173PC12 長池親水公園 山中諏訪明神:0:06到着(541.2km地点)

0時過ぎました。まだ60km程度残っています。下り基調とはいえ、上りもそこそこあった道志みち。こりゃやばい、ぎりぎりだぁ。
気持ち焦りますが、トイレに行っておかねば最後まで持ちそうもない。道志みちの入り口にコンビニがあったはず。ここでさっさとトイレ済ませて後は休憩なしで一気に走ることにします。パンクしたらアウトだ。
こうなると山伏峠を越えるまでも遠く感じます。
トンネルを越えて一気に下りだぁ。飛ばすぞ。気をつけながらも飛ばすぞ。
ポツポツ。なんじゃ、雨かぁ。韮崎でもちょっとだけポツポツきたなぁ。だんだん、降りが強くなり、ザーザーに近い状態に。オー、なんでこういう時に雨がくるのよ。
この後神奈川の県境まで雨。そしてその後には苦しい津久井湖のあたりの激坂。お尻の痛さはいつの間にか忘れていました。そんな場合じゃないよ。
アドレナリン出しまくりで前進あるのみ。ここまで来てツーリング部門じゃ、嫌だよー。
早く来い来い、青山のドンつきのT字路。
青山のT字路に着いた時は、2時20分。残り1時間40分で15kmぐらい。どうにかトラブルなければ行けそう。
川尻の交差点、聞いたことあるけど、どんな感じだったっけ。距離計も狂ってきていて思ったとおり迷いました。ここは冷静に今いる位置が間違っていないか、曲がるたびにiPhoneで確認しながら慎重に走りました。それに加えて左側のビンディングが減りすぎてハマりにくくなり外さないように最後まで持たせて走りました。
町田街道の残り3.8km。左のビンディングがハマるのにすごく大変な状態で最後の気力をすべて使って踏み込みました。
この交差点は高尾駅の最寄りだったっけ。あ、ここです。着きました。まだ時間余裕有りました。

ゴール 高尾駅北口:3:37到着(603.3km地点)

Img_1175Img_1174ファミマでつまみをひとつ購入してレシートをゲット。3:37。
ここは、ちょっと贅沢してエビスビール大でひとり祝杯。始発電車までゆっくり飲んで、結局、始発はあきらめて3本目の電車で帰宅。となりに座った人に汗臭さで迷惑かけちゃったんじゃないかと心配しながら。

« SR600 Fuji 完走 ~52時間めいっぱい使って~ (1日目) | トップページ | SR600 Fujiを振り返って~時間、持ち物、食事~ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

いやー、お疲れ様でした。
やっぱり、麦草峠を越えるあたりがこのコースの肝かなあ?
最後に雨がくるあたりもカッチンらしいし。^^

SR600完走、おめでとうございました。

かっちんさん。楽しく拝見しました。そーですよね。苦しかったことは忘れてしまいますよね~♪しばらくはゆっくり休んで下さい。お疲れ様でした!!

パパさん

まさか、最後の道志みちで雨が降るとは思ってもみませんでしたよ。やっぱ俺は雨男かぁって感じだった。
しかし、これが幸いにちょうど神奈川の県境で終わったんですよ。
600km50時間以上走っているといろいろなことがありますね。

NOMさん

3日経ったので辛さが薄らいでしまいました。52時間も走れてそれはそれで楽しかったなぁ。来年も他のSR600に行ってみようかな。それともこのコースを4、5日かけて楽しみながら走ってみたいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552206/58252905

この記事へのトラックバック一覧です: SR600 Fuji 完走 ~52時間めいっぱい使って~ (2日目):

« SR600 Fuji 完走 ~52時間めいっぱい使って~ (1日目) | トップページ | SR600 Fujiを振り返って~時間、持ち物、食事~ »