2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

5月度自転車総括

本日31日は、午前中だけ、いつものコース。

自宅→流山橋→玉葉橋→利根運河→柏あけぼの山公園→大堀川→流山おおたかの森→流山中央公園→流山橋→水元公園→大谷田→自宅

70.2km

Img_0857

柏あけぼの山公園では沢山の赤とピンクのポピーが咲いています。

Img_0859

水元公園では、菖蒲まつりの提灯が下がっていました。菖蒲も咲き始めていました。

では、5月度の自転車総括。

◆   ◆   ◆

11日(日) 102.0km いつものコースから葛西臨海公園

18日(日) 603.2km BRM517東京600kmぐるっと安曇野

25日(日) 159.1km 佐野ラーメンツアー

31日(土)  70.2km いつものコース

月合計:934.5km 年累計:3,300.6km

◆   ◆   ◆

6月度はブルベ3本を予定。

BRM607埼玉400kmアタック日光&ビーフ

BRM614宇都宮300km水上【山岳】

BRM628群馬600kmのんびり新潟

そして、いよいよ北海道へ。

BRM709北海道1200km




2014年5月25日 (日)

佐野ラーメンツアー

本日は、DER(呑む食う走る)の仲間と佐野ラーメンツアー。

草加→野田橋→関宿橋→渡良瀬貯水池→佐野のラーメン屋さん

Img_0834渡良瀬貯水池を周回。久しぶり。

Img_0836ラーメンに食べに行くのが主で自転車はそのための行く手段に過ぎないとの意見もあって、あくまでゆっくりペースで佐野のラーメン屋さんに到着。

それでもここまで80km以上。

ラーメン屋さんは駅前なので、帰りは、輪行組と自走組に分かれました。

Img_0838輪行組、宴会スタートです。

そんな中、自走組、私一人、ラーメンと餃子をオーダー。Img_0839

かなり、あっさり味。

餃子はかなり大きめ。中身がぎっしり。

おいしゅうございました。

13時半、帰り80km、宴たけなわではございますが、失礼しました。

Img_0840 帰りは久しぶりに見沼用水沿い、緑のヘルシーロードを走りました。思えば自転車初心者の頃は割りと良く来た道でしたが、最近、ご無沙汰していたなぁ。

走行距離:159.1km

2014年5月22日 (木)

ブルベの後には痛風発作

昨日の水曜日、土日のBRM600kmの筋肉痛もすっかりなくなってきた頃、午後から左足の甲に痛みが出てきた。
自転車での足の使い過ぎが今頃現れてきたのかぁ?

夕方に向けてだんだん痛みが増してきて、
んっ、この痛みはもしや痛風の痛みではないか。

会社の帰りはどうにか階段の上り下りはいつものようにエスカレータは使わないで済んだが、家に帰るとますます痛みが激しくなってきた。

こりゃ、痛風発作に間違いない。

3年前にも痛風発作が出たとき医者から処方された炎症を鎮める薬が救急箱に残っていたのでそれを夕食後に飲んで、少し落ち着いた感じ。今朝は医者に寄ってから出勤。歩くのが痛みで辛い。

3年前のブログを見ると、8月の暑いお盆休みに日本海まで300km、翌日90km、日光から赤城120kmと走ったら痛風発作ですわ。

今回は先月末1000kmと土日の厳しい600kmの後、痛風発作ですわ。

痛風についてのサイトを見ると
「体を激しく動かすことにより、新陳代謝が活発になり、そのため、通常よりも早いスピードでプリン体が作られ、筋肉の尿酸が一時的に過剰状態になる。つまり、短時間で体内に尿酸が蓄積され、痛風発作などを起こしやすい状態になる。」

「また、運動量が多いと体内の水分が不足し腎臓から尿酸が排泄されにくくなり、尿酸値が上昇。」

まさしく、これだ!
ブルベの時は、毎日一錠飲んでいる尿酸値を下げる薬をお休みにしてしまっていたのも悪くなる原因だな。気をつけよう。

あー、ますます左足の甲の腫れがひどくなっているよ。明日は出勤できるのか。

2014年5月19日 (月)

BRM517東京600kmぐるっと安曇野完走~走り応え十分~(後編)


PC5から信州温泉ランドまでもっと近いイメージをかってに持っていたのでこの40kmが結構遠かった。Img_0792
それに寒い。周りが田んぼの様子。わさび田なんだろうか。

やっと信州温泉ランドに到着した時は0時を十分に回ってしまっていて、0時30分頃。

すぐにお風呂で体を洗ってさっぱり。そこにあれっ、あれはパパさん。何時に着いたの?10時頃、十分に休憩した?

次のPC6に余裕で到着するには、3時出発で大丈夫なのか。心配。とにかく腹ごしらえだ。出発まで時間が無いので、ビールは無しでうま煮ラーメン。お腹を満たして、パパさんにまた会ったので仮眠室を教えてもらって、少し横になったが、このまま熟睡すると終わりそうなので、10分だけ目をつぶって仮眠室を出た。

Img_0793 スタートしよう。身支度していたらパパさんも外に出てきて一緒に出発。村井駅に戻って再スタート。その後暗い道のところで予定のコースが通行止め。こういうときはGPSがあると本来のコースを調べることができて安心だね。キューシートでは絶対に道に迷ってしまうところだった。

夜明けとともに中央アルプスが朝焼けで輝いていました。Img_0801

これは、絶景。

■PC5→通過チェック(7-11 高遠小原店)(368.2km)到着5:40

Img_0825遠くにきたなぁ。高遠ですからね。
とりあえず、ここで朝食。
ここは通過チェックで次の90km先のPC6の制限時間が11:32。残り5時間程度で90km。んー、早く食べて出発。上りが遅いですけど、PC6まで峠が2個ありますよ。Img_0802

■通過チェック→PC6(ローソン 藤川増穂インター店)(457.8lm)到着10:27

杖突峠をクリアして国道20号へ。次の富士見峠はどこが峠だったのか良くわからないうちに下り基調へ。後はガンガン飛ばすのみ。

Img_0804Img_0806

サントリーの白州ディスティラリー、白州道の駅を過ぎて、後ろに見えるは甲斐駒ケ岳。さっきのが中央アルプスでこちらは南アルプス。一時に両方を眺めながらサイクリングできるなんて、なんと贅沢なんでしょうか。

と前方に今度は富士山がきれいに見えてきましたよ。Img_0810 Img_0826
Img_0812

絶景に告ぐ、絶景の連続ですよ。かなり眠いですが。

制限時間11:32のPC6に10:27に到着。間に合った。パパさんがすっかりリラックスして休んでいました。

後は、ゴールに21時まで到着すれば良いのかな。しかし、残り150km。まだ4分の1が残っている。それに急に日が上がって気温が上昇。

■PC6→通過チェック(7-11 山中湖旭ヶ丘店)(513.6km)到着14::57

ここからはお馴染みの道。芦川町までの上りが非常に眠かった。うとうとしては3度4度と立ち止まりながら、はっと気がついたときにいつの間にか精進ブルーラインに合流。辛い上りが意識が無い状態で上ってきて、ある意味楽だったりして。

Img_0813若彦トンネル。ブルベにはお馴染みのトンネル。5回目か6回目か。

ここから下って河口湖にでると、でたぁ、でっかい富士山。

Img_0818 Img_0817_2  

Img_0827Img_0819

 

ここもお馴染みのコンビニ。

キューシートを眺めていたら、ここが最後のPCと勝手に勘違いしていました。PC8があったんですね。15時20分頃あわてて出発。

次のPCまで40km、残り2時間。パンクしたりしたら間に合わないよ。

■PC7(7-11 相模原津久井青野原店)(554.1km)到着16:54

低い山伏峠を超えて、道志道をガンガン下りました。実際ガンガン下ってみるとブレーキはあまりかけなくても曲がれるような緩やかなカーブが多かったのね。

Img_0828制限時間17:56に対して約1時間の貯金。
最後まで1時間~2時間の貯金で走りきりました。

フィニッシュの制限時間が21時なので、このペースで行けば19時~20時の間で到着できそう。やっと安心できました。

■Finish (7-11 川崎武蔵中原店)(603.2km)到着19:40

Img_0829 とはいえ、津久井湖畔の市街地から渋滞もあり、信号も多く、コース上、曲がる道も多くて、結構時間かかりました。GPSがあったので大きなコース間違いもなく、無事ゴール。途中、GPSが壊れてコースの自信が無い人を後に付けて走りきりました。今回はGPSにかなり助けられました。

時間:38時間40分でした。

最後はノンアルビールでひとり乾杯。

この後、デニーズでブルベカードを提出。

帰りも環七を超眠い状態でしたが、車を完走させて無事帰宅できました。家で今度はアルコール入りのビールで祝杯しました。

次回はBRM607埼玉400kmを予定。何年ぶりでしょうか。久しぶりにビーフラインを走ります。

BRM517東京600kmぐるっと安曇野完走~走り応え十分~(前編)

今年は現在まで200km2本、1000km1本と、SRまでの道のりは遠い状態。300km、400kmはDNSしてしまったので、いきなり、R東京の600km安曇野に参加することにした。獲得標高6300m以上で難易度はかなり高い。しかし、それだけに碓氷峠、軽井沢、安曇野、松本、伊那、高遠、河口湖、山中湖と有名どころを回ります。

5月17日朝2時起床、3時前に家を車で出ました。
睡眠時間3時間ぐらいでしょうか。日が長くなりスタート時間が早いのは良いんですが、家を出るのもそれだけ早いので辛い。
今回は首都高料金が高いので一般道 環七で行きましたが、早朝なので十分早く1時間かからず到着。いつもの等々力緑地公園近くの一番お安いパーキングに駐車して準備。

Img_0753同じ駐車場の隣もブルベ参加者。後ろの車のドアの開く音がして振り返るとなんと後ろの車はパパさんでした。お安い駐車場の目の付け所が同じだったようです。

そこからスタート地点の等々力緑地川崎市民ミュージアムに 向かうとすでにブリーフィングが始まっていました。

R東京の津村代表は、先月の九州1000kmで倒れたオートバイに巻き込まれて落車したのですが、ブリーフィングでもそのことを話題にしていました。

■スタート5:00→PC1(7-11 青梅畑中3丁目店)(52.3km)到着7:36

今回は先だっての九州1000kmの反省と来る北海道1200km対策のため、新兵器をいくつか初導入しました。

Img_0758 (1)分厚いパッドの入ったグローブ。1000kmの時、手のひらがかなり痛くなったので。Y'sで偶然見つけたもの。4000円と私としてかなり高価な買い物であったが、一目見てこれほどしっかりとパッドが入っているのも珍しいと思って。
(2)パールイズミの3Dメガパッド採用のパンツ。はっきり言って極厚である。サドルが少し高く感じた。尻の痛み対策であることは言うまでもない。
(3)GPS GARMIN etrex 20。単三本で24時間持続のスペックであるが、今回ゴール直前まで使えたので38時間動作した優れもの。並行輸入品で安い。

Img_0754 GPSは事前に家でコースのGPXファイルを読み込ませて、それを呼び出せばすぐに使えるものと思っていたのだが、イメージどおりに動作しない。なんか変。仕方が無いのでとりあえず地図だけ表示してほぼ最後尾でスタート。

Img_0756GPSをいじりながら走っていると3名の集団が追い越していった。おっ、先頭を行くのは見覚えのある水色のTOEIスポルティーフ。あれはもしや田村編集長
勝手に知り合いになっちゃいましょう。
スタート直後は幸い信号の多い場所なので、信号待ちで横に付けて
「SR600のときスタートが一緒でリタイヤした吉岡です。あの時はリタイヤしましたけど次の月に完走しましたよ。」
覚えていただいていたかどうかわかりませんが、強引、勝手に知り合いになりました。

Img_08203名の集団の1名が同じetrex20ぽいのを使っていたのがチラッとみえたので、これ幸いと、走りながら横に付けて、
「もしかしてetrexお使いですね。私、今回初めて使うので良くわからなくて。読み込んだ目的地検索→軌跡で地図に載っからないんですよぉ。」

ラッキーでした。信号で止まったときに教えてもらいました。早めにわかってホント良かった。

信号も多い最初の区間なので、52.3kmに2時間36分もかかってしまいました。

■PC1→PC2(FM 児玉店)(119.5km)到着11:17

Img_0821 青梅→飯能→高麗→越生→鳩山駐在所前→笛吹峠(80m)→嵐山→本庄

割となじみのあるコースを走りますが、なんせ向かい風が強め。かなり脚を消耗します。時速20km以上を維持しようとするとかなり脚を使います。

ここまでは平地中心でありながら約120kmに5時間17分。

このPCの制限時間がちょうど13時。この後碓氷峠が控えているのに、このPC出発した時は貯金が1時間足らず。当面コンビ二食にしなければならない。

■PC2→PC3(FM ヤオトク軽井沢店)(182.6km)到着15:46

Img_0767Img_0769向かい風が強めでとても苦しい時間帯でした。

碓氷峠に来るまでにすでにかなりの消耗。しかし、まだ160km程度。軽井沢あたりで帰りたいなと思ってしまう。そんな時に1名ブルベな格好の人がすれ違いざまで下ってきた。帰るのかな。Img_0822_2

坂はマイルドな碓氷峠であるが、これを上るのが結構辛かった。

ここのPCの制限時間が17:12でしたが、PC出たのが16:10頃。貯金1時間。

これだけ消耗しているの、まだ全工程の3分の1にも満たない事実を思うとやめたくなる時間帯です。今なら明るいから帰りやすいしね。パパさんはどうしているのかな。思い切り先のほうを走っているのだろうかなぁ。

■PC3→PC4(セーブオン 上田別所温泉店)(232.2km)到着18:38

Img_0775Img_0776風は強めですが、やっと下り基調のコースになりました。スピードがでます。
しかし、左を見れば遠く美ヶ原の方向の眺めがいい。右側の浅間山はl雲ひとつ無く文句なし絶景です。
忘れないように写真ぐらい撮らねば。

小諸まで一気に下って、千曲川あたりの道は、これまた気持ちいい。山も良いけど川の道もいいね。Img_0782_2
Y字路上り、この先布引観音前通過、おっとブリーフィングで間違って上らないように、の言葉を聞いたような。GPSを見て、ここは右側の下りですな。GPS使える。

右を曲がると江戸時代にタイムスリップ。海野宿(うんのじゅく、と読むようだ。今知った。)。以前、1、2度自転車屋のツアーで訪れたことある。相変わらず、風情のある場所です。

Img_0823Img_0784 制限時間が20:28のPC4に18:38到着。
お腹がさほど空いていなかったが、この辺りは山に近いので食べるところ無さそう。この後も安曇野まで補給が難しいかもしれない。無理して食べようか。
とコンビニをのぞくとごはんの類が残る最後の弁当1個のみ。他の人にとられないようにすぐにかごにゲット。

ついでに汁物も欲しいのでカップ麺も一個。休憩する予定の松本の先の24時間温泉まで食事しないで済むように一気に食べた。ちょいと食べ過ぎた。

■PC4→PC5(7-11 安曇野総合病院前店)(279.2km)到着21:58

Img_0824 PC4から夜間体制。指付グローブ、シューズカバー等、完璧な防寒体制を整えている人もいた。私は特に防寒ものはないので、夏用のウインドブレイカーのみ。気温は4、5度程度まで下がっていたようで結局雨具の上着も着て対応。下りは指も凍えたが、まあ、我慢できる範囲だ。昼夜の温度差にいかに最小限の荷物で対処するかを考えるところがブルベの面白いところだったりします。

制限時間が23:36のところに到着21:58。

さっきのPCでいっぱい食事したので、7-11のおいしいコーヒーいただいてさっさとスタート。寒かったのホットコーヒーが一段とおいしかった。

次に目指すは、信州温泉ランド。午前3時に温泉を出なければいけないので、早く着きたい。でもまだ40kmぐらい走らねば。

続く。

2014年5月11日 (日)

ナイスライフセミナーと母の日と

5月10日は以前から楽しみしていたナイスライフセミナーの日。

Img_0752私もまもなく56歳。
会社の企業年金基金が主催でこの年齢の人に対して定年退職後の過ごし方についてのセミナーを実施してくれるんです。女房とこのセミナーに参加してきました。

年金のしくみ、雇用保険(失業保険)のしくみ、退職後の健康保険はどうなるのか、退職後の家計プラン等、ほぼ1日がかりのセミナーです。
定年退職後の年金や雇用保険、健康保険など良くわかり、安心できました。

今回、このセミナーにあたって、退職金の試算もしてもらえたのですが、自分では十分多いかと思っていましたが、どうも世間相場に比べるとかなり少ないようで。60歳までは今の会社で働くべきという結論に至りました。60歳まで体力を保ち、その後自転車三昧と行きたいと思います。

5月11日は午前中、自転車。

自宅→流山橋→玉葉橋→利根運河→柏あけぼの山公園→大堀川リバーサイド公園→流山おおたかの森→流山中央公園→流山橋→葛西臨海公園→小菅→自宅

走行距離:102.0km

Img_0745今日ツーリングの目的は、ついに私もGARMINを導入したので、その具合を確かること。
想像したい以上に液晶画面の地図が見やすい。
いいじゃないですか。これで2万円代前半ですから、これはコストパフォーマンスが高い。来週のブルベで使うよ。
今までかたくなにキューシートのみにこだわっていましたが、時代です。やはりナビがあると便利だ。

Img_0747

午後は、今日は母の日なので、花を買って母のお見舞いに。女房と。

女房がうちの母の面倒を見てくれてとても助かります。ご飯を食べさせてくれてから。
眉毛を切ってくれたり、顔を拭いて化粧水を使ってくれたり、女性ならではの気遣いで母もとても喜んでくれます。俺じゃこういうのはできないな。

さて、5月、6月は日も長くなり、天候も安定し、ブルベの季節です。申し込み済みのブルベは。

BRM517東京600kmぐるっと安曇野

BRM607埼玉400kmアタック日光&ビーフ

BRM614宇都宮300km水上【山岳】

BRM628群馬600kmのんびり新潟

BRM709北海道1200km

8月か9月にSR600北関東か日本アルプス行けるかな。気持ちが充実していたら。

 

 

2014年5月 6日 (火)

浅草から上野を散歩

GW後半、5月4日に女房と都心を散歩した。
浅草駅で降りて上野まで散歩。

Img_0698

久しぶりにかっぱ橋。ここは面白い場所だよね。

Img_0700

かっぱに関する食品が売っている面白いお店があった。乾物問屋 萬藤。

Img_0701

やけにでかいカブト虫がビルの横を歩いていたりする不思議な街。

Img_0702

このあたりは昔々水はけが悪い場所でかっぱに治水工事を手伝ってもらったそうで、かっぱ橋というらしい。かっぱさんありがとうということで金ぴかのかっぱ像が建立されていた。

Img_0704

なつかしい手動のかき氷機が売っていたぞ。欲しい。

Img_0705

有名なコックさんがいるビルね。下から撮影。

Img_0708

上野はすごい活気。アメ横のあたりは昼間から道路をはみ出した飲み屋さんが繁盛していたよ。一度、休日の昼間に呑みに来たい場所だな。

Img_0709 Img_0710

上野公園では絵本のイベントが催されていた。志茂田景樹さんの絵本のブースもありました。

Img_0711

偶然でしたが、上野動物園の入場無料の日だったんですね。超ひさしぶりに動物園に入りました。(人混みは苦手ですが。)

Img_0714

とりあえず、りんりんらんらん、否、カンカン、ランラン 以来の40年ぶりぐらいであろうか、パンダ舎へ。40分待ちというプラカードはかなりオーバーで15分ぐらいで見ることができた。

Img_0719

今いるのは、リーリーとシンシン?しんしん、漬物か。

Img_0728 Img_0729

ヒグマはすごいでかいなぁ。3mぐらいありそう。こんなのに山道で襲われたらひとたまりもないな。それに比べるとツキノワグマはかわいいもんだゎ。

Img_0735 Img_0740

お決まりのぞうと猿は見れたが、虎とかゴリラとかは人だかりがすごくて、その中を掻き分けて見ることはできなかったよ。

人が多いところはやけに疲れるよ。西園まで歩いたもののこれ以上見る元気なし。動物園を後にした。

たまにはいいね、こういうところも。熟年夫婦のデートだったけど、こういうところに来ている同じ年代の人を見ていると、我々も孫が欲しいな。

 

 

 

 

 

 

 

2014年5月 5日 (月)

4月度自転車総括

遅くなりましたが、4月度の自転車を総括。

1月度 212.2km BRM126宇都宮200kmのみ

2月度 201.6km BRM223埼玉200kmのみ

3月度 243.0km

母の入院先が遠かったので自転車乗れない日々が続いていましたが、近所に転院し、戻ってきたので、やっと平常に戻りました。

◆   ◆   ◆

 5日(土) 172.0km 意外に近かった奥多摩湖

 6日(日) 69.0km  いつものコースで桜

12日(土) 101.7km 自転車午後から100キロ

13日(日) 160.0km 越生、鎌北湖

19日(土) 160.5km 筑波山、不動峠→湯袋峠→風返峠

27~30日 1046.1km BRM427福岡宗像1000kmどうにか完走 ~初めての遠征、初めての1000km~

月合計:1,709.3km 年累計:2,366.1km

◆   ◆   ◆

4月度は1000kmに参加したので過去最高の距離を走れました。

一気に月間平均を591kmまでに上げることができて例年の値に戻ってきましたよ。

2014年5月 3日 (土)

BRM427福岡宗像1000kmどうにか完走 ~初めての遠征、初めての1000km~(その3)

PC4からPC5まで68km。明るくなってきたので雨具を着て小雨の中、出発。
上りが続きます。ここは、大きなループ橋がある場所。

Img_0603Img_0604

上りが終わり長いトンネルを通ると県境で宮崎県に入った。宮崎県は一時的で、この後、鹿児島県へ。
このあたりは、天気が小雨。荷物を減らすために下の雨具は100円ショップものにしたのだが、すぐにボロボロになってしまったので、途中で捨てることになった。

■PC5(387.0km) FM)加治木小山田店 28日9:48

Img_0691 Img_0606

この後鹿児島湾の海岸線を走るが天気悪く桜島がどっちの方かさっぱりわからず。PC6まで長い105kmを走る。

途中の都城市で昼食。

Img_0608_2 市街地に入ると見慣れた丸亀うどんの看板があったので飛び込んだ。雨で寒かったので、暖かいうどんとお茶がおいしかった。丸亀うどんはおいしいだけでなく、すぐに食べられるのもいいね。

都城市のあたりは寒かったな。内陸部で高地なのかな。
とにかく早く日南市へ行こう。きっと暖かい場所なんだろう。

Img_0611_3 Img_0610_3山から日南市の市街地に来たので軒下に入って写真を撮る。今日はずっと雨なので、写真が少ない。建物が少しレトロな感じで風情がありました。

日南市市街地に入ると一段と雨が強くなり、寒い。

■PC6(492.5km) L)日南春日町店 28日16:54

Img_0692

雨がかなり強く降ってきた。100円ショップのラミネートで作ったキューシートの中に水が浸み込んできて文字が少し流れてきている。端っこをビニールテープで強化しておけば良かったと後悔。どうにか判別はできそう。

半分まできた。(ここまで来て、まだ半分?)次のPCまでがんばれば、その後ホテルだ。もう少しで休憩できる。

Img_0612_2

Img_0614道の駅フェニックスで写真。

雨が強いし、海の視界も悪い。こんな遠くにはもしかすると一生に一回しか来ないかもしれないので、暗くなる前に思い立ち、雨の中の記念の写真。

日南から宮崎まで海岸線、追い風基調、ガンガン飛ばして宮崎市街地へ。

ここで今回のコースの中で一番の難所がやってきた。コース途中の橋が全面通行止め。「昭和町」という交差点名を探すがない!GoogleMapで調べる交差点は橋の向こう側だ。幸い並行している橋が近くにあったので回り道をしてコースに復帰。こんな時GPSがあるといいんだろうなぁ。

Img_0615橋を渡るまで悩みに悩み、気疲れし、 腹が減った。この市街地で食べておかないと田舎道に行くと食べられないぞ。

と、筑豊ラーメン「山小屋」の看板があったので、飛び込む。
(なんか聞き覚えのある名前と思ったら東京にもある店なのね。)
すぐに店員の女性がタオルをくれて、思えば、衣服がびしょびしょ、2日間、着の身着のまま汗臭さで悪臭を放っていたかも。
昭和むかしラーメンを食す。さっきの交差点名と同じだ。ちくしょう「昭和町」の交差点を食ってやったぜ。

この後もPC7は遠かった。時折、向かい風になると強い雨が顔を針のように突き刺す感じ。PC7の少し手前で25kmほど国道から外れ海岸線の道を走らせてくれるんですけど、これが真っ暗な道なのよ。豪雨だとライトも届きが悪いし、グラスも濡れて見えにくい。いやぁ、参ったよ。

■PC7(612.8km) 7)日向大王1丁目店 28日23:43

Img_0693

ついにPC7に到着。橋が無かったことや暗い道で迷ったりと予想以上に時間がかかった。
PC3でボランティアしていた(30年前に我が家の近所に住んでいたという)KさんがまたここのPCでもいらっしゃって声をかけて頂いた。
延岡のホテルまで後20km、ビールのおつまみにするめを購入。するめには、タウリン。疲労回復にはタウリンですぞー。

延岡市の市街地には午前1時頃に到着。地方都市の小さめな飲み屋街はにぎやかだった。ホテルを探して走っていたら、ホテルに入る路地の方からKさんが声をかけてくれた。神湊ホテルで同室だったKさんもちょうど同じ頃に到着。同じぐらいの脚だったんですよね。良かった。ホテルには大浴場もあったのですが午後12時までの利用ということで残念。しかし、浴場にあるコインランドリーは利用して良いということでラッキー。

Img_0618洗濯機を回しながらひとり晩酌です。前日は休肝日になったので余計うまい!
長かったなぁ。雨が強く冷たかったなぁ。このひと時、幸せを感じちゃうなぁ。
こんなことをゆっくりしていて、就寝は3時を過ぎてしまっていた。

Img_0619朝、目が覚めると8時過ぎ。次のPCチェックは通過チェックに変更になったのでぶっちゃけ10時頃でも大丈夫だけど、予定より寝すぎたなぁと腕時計をみると、まだ7時じゃん。ベッドの時計が狂っているよ。窓を開けて写真を一枚。延岡はこんな感じの都市。

Img_0625チェーンに注油。
昨日の大雨ですっかりきれいで油汚れなし。しかし、さびが!

Img_0631この後、山道に入りそうな様相なので、この市街地の中で朝食しておいたほうが良さそうだなぁとそこにちょうどまたもや丸亀うどん。

朝うどんは作りたてのせいか、一段とうまい!

Img_0633Img_0638Img_0640

大分方面へ向かう山側の道は、なかなか眺めが良いところでした。なんといっても昨日の雨がすっかり止んだのがうれしい。

■PC8(686.0km) L)三重総合高校前店 29日11:45

Img_0694

本来のPC8の時間は7:52~9:32。ここが通過チェックとなったおかげでホテルで休めたわけです。

ここからは海沿いコース。海のものを食べないといかんな。

Img_0648

臼杵市街でいっしょになった地元のブルベライダーに、この辺は何か名物と聞いたら、「ふぐだね。この先の佐賀関では関さばが有名だよ。この時間だと難しいかな。」とのこと。

Img_0652まもなく走ると海岸線の道。差し詰め関東近辺でいえば、西伊豆って感じの場所だな。それほどのアップダウンはないけど。

関さば、有名だな、聞いたことあるな。同じ海で採れるのにブランド化している魚だな。

どこかで鮮魚を食べないわけには行かないでしょ。と、道沿いにそれらしきレストランがあった。

Img_0654Img_0655

すでにこの店にブルベライダーが2名いて、私が食べ終わって出て行くときにも2名やってきた。今日は自転車乗りに人気の店だ。残念ながら関さば、関あじは本日入荷なし。でもメニューを見たら入荷あっても値段が高すぎて食べられないな。(2000~3000円だ)食べたのは、りゅうきゅう丼、980円。ぶり・はまちの類を漬け丼にしたもの。新鮮な魚と玉ねぎとの相性が良く、とてもおいしゅうございました。

Img_0656Img_0657

道の駅さがのせきで記念写真。

Img_0662Img_0668Img_0672

大分市街を通過して、大分空港から国東半島を回ります。

■PC9(816.0km) FM)武蔵町店 29日19:19

Img_0695_2 Img_0673_2 Img_0674

 

3つ目の晩がやってきた。ついに最後の晩だ。コンビニの前で一眠りしている人もいます。まだ200kmも残ってます。「これよりアップダウン・トンネルが多い」とのキューシートの注意書き。補給が難しいという人もいたのでここで多めに食べておいた。

確かにアップダウン多く、その度にトンネルがあった。

Img_0676 この道が終わったところでさすがに疲れたので初めて見つけたコンビニで休憩。

できたばかりの新しいコンビニだった。かなり大きめな休憩場所を備えていて、なんといってもでかいトイレがだった。服をかけるハンガーや持ち物を置ける籠も置いてあって、そこで一眠りしたいぐらい。
とりあえず休憩場所で食べた後15分ぐらい一眠り。

■PC10(928.5km) MS)みやこ大久保店 30日3:29

Img_0696

眠くて倒れそうになったので立ち止まってしばし目をつぶって前をみたら10m先にPC10があった。

残り73.5km。スタートしてすぐに2回目の曲がる箇所に自信がなく迷っていたら、そこに先ほどから何度かお話したライダーが来たのでご一緒させてもらった。東京から参加のSさん。過去、台湾1200kmに参加経験があるという。
ここの最後の区間は曲がる箇所がキューシートでの判別では少し難しい箇所があり、Sさん曰く
「自分も以前はキューシート派だったが、台湾に参加したとき、外国では正確なキューシートは期待できないことがわかった。海外で参加するにはGPSは必須。」
「正確なキューシートの作成は主催者側にかなりの負担を強いるので、いずれは、GPSデータのみの提供になっていくのではないか。」
なるほど、おっしゃるとおりかもしれないな。私もGPSを買うしかないんだな。この先、海外にステップアップしていくためにも必須か。

その後も仕事の話をしたり、いろいろお話しながら走ったので(奥様の実家が我が家の近所だったりしてね。)この70kmは気が紛れてとても楽しく走れた。Sさん、ありがとう。

■ゴール(1002.0km) 神湊スカイホテル 30日8:30

Img_2105Img_2106ついに3日後に戻ってきました。

感激です。

1000km走れました。
獲得標高は3500~4000mぐらいでしょうか。前半部に集まっていました。

なんといっても2日目の雨が完走の難易度を上げました。

完走者:24名、DNF: 17名、DNS: 5名

初めて1000kmのメダルをゲット。これで北海道1200kmへ気持ちに余裕を持って臨めそう。
お尻も痛くはなったが、クリームを頻繁に塗ることで克服できました。
手のひらの痛み対策として、もう少しパッドがしっかり入った手袋が必要かも。

Img_0697

Audax福岡のスタッフの皆さま、仲良くしていただいた多くの参加者の皆さま、大変、ありがとうございました。遠征してのBRM参加、楽しい。また、機会があったら遠征しよう。

 

BRM427福岡宗像1000kmどうにか完走 ~初めての遠征、初めての1000km~(その2)

Img_2016 Img_0554_2

■スタート 神湊スカイホテル 27日10:00

記念写真とブリーフィングを終えていざ出発。

Img_2035_3

スタートして緩い向かい風の中、小集団にくっ付いて走った。GさんやMさんやKさんなんかもこの集団にいた。少しペースが速いが向かい風なので離れないようにくっ付いて走る。

Img_0560Img_0561

が、少し疲れが出てきた時に前者の位置についていた人が中切れ。すでに私もいっぱいいっぱい。500m弱の峠の上り坂に入ると完全に一人旅になった。

Img_0562

小さめの上りが終了し、嘉麻市から東峰村に入った。お昼の時間になったので道の駅「小石原」で昼食。販売機のメニューの一番最初にあった「だんご汁定食」を選択。だんご汁というのは、うどん粉のだんごをいれた豚汁風のもの。付け合せのおかずが充実でした。

Img_0563

この後下りを走って、PC1へ。PC1少し手前で参加者の1名が歩道で倒れて膝を治療していた。2名が介護中。周辺をバイク集団が囲んでいた。バイクと接触か?(後で聞いたところでは、ご挨拶したかったR東京のTさんでした。)

■PC1(85.0km) L)日田友田店 27日13:59

Img_0687

向かい風基調としてはまずまずの順調な滑り出しでPC1到着。先ほど道の駅で充実した昼食したのですぐに出発。この後、約50kmほど、約1000mの上りが続く。

Img_0564 Img_0566Img_0568

■通過チェック(135.5km) 三愛レストハウス 27日17:22頃

やっと上りきりました。ここは有人チェック。まだ明るくて良かった。

Dsc00834Img_0574Img_0576

トイレを借りて、標高が高く気温が低めになったのでウインドブレーカーを着てすぐに出発。明るいうちに阿蘇の景色を楽しみましょう。

Dsc00860Img_0580Img_0584

Img_0585Img_0587Img_0590

やまなみハイウェイ、ミルクロード、阿蘇スカイラインとキューシートに記載されているところを走る。遠くに阿蘇山が見えて、見晴らしがすばらしい。そして緑の丸っこい地形、これが阿蘇独特の景色なんだな。明るいうちに間に合ってほんと良かった。長野ではなく、明らかに九州に来たーって感じがしました。

Img_0594Img_0597

標高の高いところをアップダウンで25kmほど走り、寒いなぁ、早く下りにならないかなぁ、薄暗くなってきたなぁと思った頃、やっと下りに入り、菊池市の市街地へ。

 

■PC2(185.5km) 7)菊池中央店 27日19:53

Img_0688_2

ラーメン屋さんへ入った集団には着かずにまずはPC2へ。さて、夕食。ごはんがいいな。PC2の近くにあったすき屋へ。

Img_0599すでにすき屋には、2名の参加者が食べていましたので、1名の方のテーブルにご一緒させてもらってお話しながら食事。 地元の方でした。自宅が割りとここから近所だとのこと。近所だとリタイヤしたくなっちゃうよね。

後、話題は翌日の天気予報が雨であること。小雨だったらいいんだけど、予報はかなりの降りがある模様。

その後この店にはAJ会長等、続々と参加者が来店。一般の人には異様な人たちに映るでしょう。

さぁ、夜中の走行に入ります。次のPCまでは短く46.5km、がんばりましょう。

■PC3(232.0km) 7)熊本美里佐俣店 27日22:53

Img_0689

PC3では、コンビニの前に毛布が敷いてあったので、ここで早くも寝ようっていう人がいるのかと思ったら、ボランティアの人が座りやすいように敷いてくれていた。私もコーヒーをすすりながら座らせてもらうと、そのボランティアのおじさん(というよりおじいさんかも)が

「そのジャージはミラノ館かい?」
「えっ?そうミラノ、草加の。知っているんですか?私はその近くの足立区花畑に住んでいるのでね。」(九州の人がなぜ知ってるのだ?)
「私も30年前に花畑に住んでいたんですよ。車検場の近く。」
「えっ、えー。今じゃあのあたりは区画整理ですっかり様相が変わってしまっていますよ。」
「当時、ODBOXの殿村さんが梅島に店を構えていてマリアローザってチームを作っていて、そこに所属していて走っていたんですよ。」
「えっ、えー。もしかして、吉田の爺さん知ってます?ミラノにもいたんですが、以前マリアローザにいたって聞いたことあるんですけど。」
「吉田さんなら、一緒にライバルととして走ったもんだよ。」
いやぁ、九州のこんな暗い場所で(夜だから)、山奥のような(場所のイメージがわからないから)なぜにミラノジャージを知っている人がいるのよ。驚きました。
その後も少し話し込み、やや長めの休憩。まぁ時間はたっぷりは無かったが。(ここのPCの制限時間は1:28でした。)

次のPC4まで87km。この距離でこの真夜中の時間帯になると疲労がにじみ出てくる。おそらく、このあたりで小休止すべきだと思ったが、なにせ、制限時間まで1時間程度の余裕しかなさそう。PC4の制限時間は7:16。すこしやばい。まぁ眠くないので、走り続けることにした。途中のJOYFUL(ファミレス、九州のレストランはこればっかり)で休んでいる人、屋根付ベンチ付のバス停で休んでいる人、余裕の人はここいらで一回目ホテルをおさえて2時間程度でも休むという人もいた。24時間温泉もどこかにあったらしい。しかし、前半の山があったため、せいぜい1~2時間程度しか休憩することは難しいコース。

■PC4(319.0km) L)錦町西店 28日4:49

Img_0690

だらだら走ってやっとPC4。悲しいことに予報どおり、0時近くからポツポツと雨が降り出した。私が到着してほどなくMさん、Gさんたちが出発していった。何でもすでに24時間温泉で2時間程度の休憩をし終えているらしい。

皆、休みをとっているようなのに、私は休めていない。
少しここで長めに休憩し、明るくなるのを待とう。この後、また上りが続くようだ。

Img_0600Img_0601Img_0602

まだ、たったの300km、3分の1にも満たないのに疲労感がどっと来た。今年はこんな走ったのは初めてだもんなぁ。3晩あるうちのまだ1晩目。この先、走れるだろうか。苦しいなぁ。止めたいなぁ。時間がなくなるなぁ。

でも、ここがどこだか見当がつかないし、どうやって帰れるのかもわからんし。先へ進むしかない。雨が強くなってきた。

続く。

2014年5月 1日 (木)

BRM427福岡宗像1000kmどうにか完走 ~初めての遠征、初めての1000km~(その1)

今年はBRMまだ200km2本しか走れていないのですっかり自信を失い、7月に控えた北海道1200kmに不安がいっぱいの毎日を過ごしていた。これを払拭するには長いBRMに参加するしかない。幸いGWに休みが取れそうな具合になってきた。しかし、こんな直前(4月中旬)に申し込めるBRMなんかないよなぁとスポーツエントリーをみたらあったのよ。これが。

GW期間中、AJ埼玉の日本縦断とAJ近畿の1000kmが開催されるのは意識していたのだが、九州は遠かったので頭に無かった。よし、勇気を持って参加。初めての遠征、初めての1000km。

26日(土)前日移動。

Img_05379時自宅を出発。のぞみ、10:30東京駅発→15:22小倉駅着。
えきねっとで事前予約したが、座席は車両両端近くか真ん中あたりかの選択 しかできないので、車両両端近くにしたが、幸いトイレの近くだったので、トイレのドアの間のスペースに置いた。のぞみは自転車の置くスペースが限られているので、 座席は車両の一番後ろを指定してとらないといかんな。JR東日本運営のえきねっとではそれができないんだな。次回は気をつけたいところ。

のぞみを下車して小倉駅から東郷駅へ在来線に乗り換え。ここで輪行人がいて、ご一緒した。ランドヌールクラブ名古屋のスタッフもしているというMさん。ちょっと若くてかっこいい、いかにも走れそうな風貌。PBPと沖縄210kmを完走しているって。んーやはり、九州1000kmに遠征に来る人は少しレベルが違うのかも知れない。

東郷駅では、もう1名地元九州の人も自転車を組み立てていた。Mさんと二人で駅から9kmほどのホテルに向かい、途中、コンビニでMさんの知り合いの人がいて合流。AJ近畿のGさん(女性)。PBP参加での知り合いの様子。やはり参加者のレベルが違うのか。

Img_0542 ホテルに着いて、宴会の前に風呂をしたかったが時間なく、浴衣に着替えたところで宴会場へ突入。
エントリーリストでは100名枠に50名に少し届かないぐらいだったはず。宴会はその半分ぐらいの人。宴会参加者は遠征組も多いと思われるが、過去の九州BRMに参加していたり、PBPに参加していたりと数名ずつで会話していたが、何せ知り合いはいないので、MさんGさんの会話に飛び込むしかない。明日が本番ではあるが、緊張感をといて眠らんといけないので、ここでほどほどのアルコールを注入した。

部屋割りは、2名で一室。AJ福岡のKさんと同室。
・1000kmは夜が3回も来るが、どこでどのような休憩時間をとったらいいのか。
・PCの地名をみてもさっぱりどんな場所かイメージできない。日向をヒムカイではなくヒュウガと読むのを初めて知った。
・坂、道の様子がまったくわからない。
という具合なのでKさんと会話しながら前日少しだけでも情報を得ることができて大変に助かった。2012年にほぼ同じコースを反対周りで一度やっていて台風が来て大変なことになったらしい。
とにかく、ホテルは予約しておいたほうが良さそうなので、27日朝、Kさんが予約している延岡第一ホテルを教えてもらって28日宿泊で予約を入れた。インターネット予約で4700円、安い。そもそも28日の夜までに630km地点のホテルまで走れるのか?過去600km以上も走ったことないよ。

Img_0543

朝、鏡で自分を記念撮影。
今回は、久しぶりにミラノジャージにしてみた。あまり着る機会が無いのでね。これパールイズミ製でパンツのパッドがしっかりしているので長距離に使えるかなと。
だたビブショーツなので、トイレがしにくい、クリームが塗りにくい。

Dsc_0823スタートの前に参加者、スタッフ、その他関係者の皆で記念撮影。今回主催者の岩本さんは、昨年度AJの会長になられた方。私と同じ年齢だ。今回主催者であるとともに出走者でもあった。

Img_0544Img_0546

スタート前に応援者が自転車で駆けつけて来た。
おっと、見慣れたAJ宇都宮ジャージを着ているじゃないですか。
AJ埼玉の日本縦断の走行中に立ち寄ってくれたそうだ。最初の400km走行中で後もう少しでゴールのところを寄り道してくれたそうだ。なんと、シューズを持ってくるのを忘れてサンダルで走っていて、片方の先端が削れてしまっていた。すごい、ワイルド。

Img_0549お名前を聞いたら、宮城、宇都宮のあたりで有名なちゃりけんさんでした。
出発ですか、お見送りします。お気をつけて。

(AJ埼玉日本縦断はその後天候が荒れていて大変苦労をしているらしいと風の噂で聞きましたが、自宅から送ったというシューズは無事ホテルで受け取れたんでしょうかね。)

本番スタートまでの前置きが長すぎました。

一旦ここで。続きは明日以降にします。明日はお仕事、出勤日。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »