2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« だらだらっと土日 | トップページ | BRM628群馬600kmはDNSで屋内トレーニング »

2014年6月15日 (日)

BRM614宇都宮300km水上【山岳】~この疲労感はSR600並み~

BRM300kmで獲得標高6000m以上で思い出すのは2012年の埼玉300kmスーパーアタッククリスタルのDNF。水上から尾瀬、片品方面の道が未経験なので申し込んだものの完走できる自信が無い。梅雨だからDNSにするかと思いきや、天気も心配なし。事前準備も早めにしていかざるを得ない状況に自分を追い込んで当日を迎えた。(毎度ながら自信の無い自分なんです。)

自宅を4時前に出発してガソリンを入れて、佐野SAで朝ラー。宇都宮まで1時間で行ったような気になっていたが、1時間半は見ておかねばならなかったのね。現地到着は5時35分。すでにブリーフィングが始まっていました。Img_0866

というわけで第3ウェーブ。スタートは10分遅れ。制限時刻も10分遅れになるので、ぎりぎりの時にこの10分が助けになってくれるかも。
今回もあのママチャリ系内装3段+外装の方が参加されていました。めちゃ、速い人。

◆スタート→PC1 ヤマザキDS草木ドライブイン 70.2km地点 制限時刻:10:40 獲得標高上り1402m

6時10分スタートの第3ウェーブは少ない人数。あのフィリップさんもいましたので、途中の信号停車でご挨拶。

Img_0872_2古峯神社一の鳥居。今日は天気が良い。
古峯神社の入り口にあるトイレがちょうどPC1までの中間地点35kmにあたり、用を足して、ここまでも結構上りですが、ここから本格的な坂が始まります。Img_0873
12%、13%の表示が辛い。それでも、序盤ですから、気持ちよく粕尾峠を超えて、PC1へ到着。レシートの時刻は、10時2分。約40分の貯金。
Img_0876

◆PC1→PC2 7-11群馬みなかみ町店 149.8km地点 制限時刻:16:00 獲得標高上り1893m

PC1から走り出すと、前で止まっている参加者とそれを見ている参加者。何かトラブルか。今日は時間との戦いであるのだが、私も止まって「どうしたんですか。」と。
後輪がブレーキにあたってしまうというので、ハブがきちんと止まっていないんじゃないと自分の自転車を降りて確認。とにかく、関わってしまったからには早く結論を出さないと時間切れが怖い。きちんとクイックレバーレバーを締めても、べダルでテンションをかけると車輪がずれてしまってブレーキにあたるという。車輪のガタつきではないか、すぐ直せないよ、DNFだね、このあたりに駅あるんじゃない、てなことで早めに結論。
カーボンのハブできしめんスポークなマビックで結構良いホイールだったけど、ガタつきで乗れないんじゃしょうがないね。

Img_0877下った後は、赤城山の横っ腹を上って沼田方面へ。以前、反対側から一度だけ走ったことがあるが、こんなにキツイ坂だったけ。

赤城山横っ腹から下ると今度は、利根沼田望郷ライン。
これが良い景色のいい道なんですけど、結構な坂。

Img_0879まだ120kmあたりで半分の距離も行っていないのに脚は辛い。

後でみるとこの区間獲得標高1893mだもんなぁ。辛いはずだわ。

なので、PC2のレシート時刻は15:21。貯金はPC1からほぼ変わらず。

◆PC2→PC3 ヤマザキDS尾瀬大橋店 210.4km地点 制限時刻:20:00 獲得標高上り1508m

Img_0883PC1まで、PC1からPC2、それぞれが1日かけて走ればちょうど良い。これを連続するとすでに脚は厳しい状態。

ここでやめておけば駅もあるが、ここから、また山の奥へ。
こんなに天気がいいのにリタイヤできないよな。行くしかない。
途中の宝台樹スキー場。以前は家族で良く来たな。結構な山奥だ。
Img_0885
藤原ダムを越えてしばらく走ると今度は前方に奈良俣ダム。山のような大きい石垣のダムだ。脚が疲れているの写真を撮りながら少し休憩。

この後、ひたすら上り。結構長い。貧脚の私でもこのあたりの坂で4、5人を追い越した。とにかく脚が売り切れ状態は誰でも同じ。

やっとこさ、坂を上りきるとそこは、坤六峠(こんろくとうげ)。ここからの下りが激寒。指きりグローブの指が凍える。やばいよ。これは。と思っているうち標高が下がって、少し我慢ができる寒さになって、PC3.

レシート記録は、19:36。ここも貯金がほとんど増えず。でも、時間に間に合って良かった。

Img_0886


◆PC3→PC4 サンクス日光松原店 268.8km地点 制限時刻:23:56 獲得標高上り1473m(PC3→フィニッシュ)

ここから金精峠を超えて日光へ。この区間まで貯金が無いとこの区間が時間的厳しいのでないかと思って隣の参加者に聞いたところ、金精峠を超えれば後は下りだからここは大丈夫だよと。PC3を出てすぐの道路標示をを見ると金精峠まで21km。この区間は全部で60kmで時間は4時間。上りは3分の1の20kmに3時間を費やしても行けると思うと気が楽になった。

が、峠までの21km、暗い上り道を28Tでゆっくりと上る。途中2名に追い越される。もはや踏み込む力は無い。

Img_0889

やっと着きました、金精トンネル。22時22分。辛い上りはこれでほぼ終了。完走が見えてきました。1時間半以上の時間で日光駅まで下るだけ。

Img_0890

レシート時刻は、23時44分。この区間、貯金を少し使いましたが、ぎりぎりで到着。私の後は、1名2名いるかどうか。ほぼ、最終の完走者だったかもしれません。

◆PC4→フィニッシュ 宇都宮市森林公園 301.1km地点 制限時刻:15日2:00

日光駅からは、下り基調なので、余裕でフィニッシュ。到着は、午前1:37。

記録、19時間27分。

帰りは高速のPAで30分程寝て、朝帰り。ワールドカップ観戦に間に合った。(結果は残念だったけどね。)

« だらだらっと土日 | トップページ | BRM628群馬600kmはDNSで屋内トレーニング »

自転車」カテゴリの記事

コメント

うむ、利根沼田望郷ラインと坤六峠はコッチから登ると長いんですよねー。
天気は良かったみたいで、思ったより暑さは内輪だったのかな?

お疲れ様でした。

かっちんさん。山岳完走したのですね?すごいです。お疲れ様でした。

パパさん

日中の日があたる道はかなり暑かったけど、坤六峠からの下りの寒さの方が辛かった。寒暖差は大きかったね。
いい修行になりました。

NOMさん

宇都宮のコースであえて【山岳】というコースですから、これは厳しい。速くない自分ですが、最後まで時間切れにならずに走りきれました。次はSR600北関東を検討しようか。

お疲れ様でした。
坤六峠をブルベで使うことに今はなってるのですねぇ。
結構な坂ですよね。
そして夜の場合は、さみしい限りですね。
ブルベを企画した方は、ちょっと異常かもしれませんね。
またそれに参加する方は、もっと(爆)
これからもがんばってくださいね。

kuniさん

坤六峠、上り区間が長かったです。
さんざん走って疲れたときの峠なので、なおさらでした。
何もない山奥。今回のメインの初経験の峠。
苦しかったですが、今思えば、楽しかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552206/59819753

この記事へのトラックバック一覧です: BRM614宇都宮300km水上【山岳】~この疲労感はSR600並み~:

« だらだらっと土日 | トップページ | BRM628群馬600kmはDNSで屋内トレーニング »