2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 北海道1200、本日21時スタート | トップページ | BRM709北海道1200km ~スタートから美幌峠の大会中止までの編~ »

2014年7月14日 (月)

BRM709北海道1200km ~スタートまでの編~

結局、大会は、悪天候のため途中中止という結果になりました。

Img_1052

いろいろあって、いつものように体力を超えて気力ぎりぎりで走っていたので、中止は正直、ホッとしました。

まずは、7月9日のスタート会場までの困難な出来事を記録しておきたい。

ANA羽田空港14:00発に乗るため、自宅を11時頃を目安にかなり早めに出発。なってたって最近仕事で航空機に乗る機会も少なく、久しぶり。そして航空輪行が初めてなのでとっても不安。

気持ちが高ぶっていたようで、最初の最大の失敗、それは、自宅から駅まで父の車で行ったことにありました。小さなバッグに財布や定期やらスマホやら、一切合切を入れて、それを忘れちゃいかんぞ、と思いながら駅まで運転をして、自転車とリュックを下ろして、父に「車、ありがとう。じゃぁ、行ってくるね。」と別れた。

すぐに、ガーン、小さなバッグを車に置き忘れたことに気がついた。さて、どうしよう。スマホ無い、お金ない、連絡できない。タクシーですぐに折り返すか、自転車と重いバッグとおまけに小雨が降ってる。もっと良い方法はないのかと頭の中がぐるぐるしていた。

交番は無いので、よし、駅員に言って、10円借りよう、公衆電話あれば。
地下にある駅への階段を下って、駅員に

「すみません、こうこうしかじかで10円貸してもらえないでしょうか。公衆電話はある?」

「公衆電話は改札入ったところにありますよ。しかし、規則でお金は貸してはいけないことになっています。」(きっぱり)

(ガーン、どうしよう。北海道行けなくなったら。頭の中では飛び立っていく自分の乗るジェット機がイメージされた。)

「でも、電話を貸すことはできます。」と電話機を差し出してくれた。

良かった。助かった。気が動転していて、実家の電話番号をなかなか思い出せない。しかし、やっとつながり、ちょうど実家に来ている姉が電話にでて、用件を伝えることができた。これで姉がいないと、もっと状況は厳しかったかもしれない。

時間は早めとはいえ、父の車が来るまで、不安、不安。
父がやっと来て、電車で羽田空港へ出発。

もうひとつ、羽田空港で。
自転車を預けることは無事できて、検査場へ。
ちなみに、自転車を荷物で預ける時には、念入りに相手の係りの人に、自転車はデリケートなので上下をきちんと変えないで気をつけて扱うことを強く訴える必要があると思った。
今回は往路も復路も強く訴えいなければ、ベルトコンベアに乗せようとしていた。

搭乗口に向かって歩いていると何だか搭乗口が遠い。検査場Aなのに反対側の隅っこの搭乗口なのだ。するとゴールドカードだと無料で使えるラウンジがあり、一度寄りたかったのよ、と寄り道してジュースを一杯。
さて、20分前なので、搭乗口に向かう。が、なんだか、人気がない。

Img_1046_2

搭乗口67と勘違いしていたのは、実は67便のことで、搭乗口は57じゃん。
おー、67は北の端、57は南の端。
あわてて、57の搭乗口まで小走りで向かう。あせる。ANA67便の最終案内の放送が流れる。すでに人気はない。搭乗ぎりぎり。
「後5名です」とトランシーバで話していたので、最後の搭乗者にはならないで済んだようだった。これで乗り遅れていたら、洒落にならんぞ。

無事、札幌駅まで到着すると天候は小雨。
想定していない事態。駅でジャージとレーパンに着替えて雨具をここから着て会場まで走ることはまったく想定外。どこで着替えるのよ。こんなに人が大勢いる駅で。
まあ、小雨だからと自転車を組み立てて、そのまま10km先の会場へ向かった。

途中、何人かの参加者を見かけたが、皆、すでに雨具を着てそのまま走れる状態。私はジーパンだった。小雨は少し強くなり、それより、路面の水溜りが激しくて、車から泥水がかかるし。

無事、否、無事ではない状態で会場に19時近くになって到着。

Img_0896
すでに大勢の人がいて、おにぎりなどの夕食を並んで受け取っていたのでした。びしょびしょの服をそのままリュックに押し込んで(4日後に臭くなってしまっていた)、着替えて、スタートを待ったのでした。

(続く)

« 北海道1200、本日21時スタート | トップページ | BRM709北海道1200km ~スタートから美幌峠の大会中止までの編~ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

かっちんさん!なんかすごいことになっていますね。あせる感じはよくわかります。続編楽しみにしています。
ご無事だったので安心しました!

NOMさん

スタートまでの道のりもすでに遠かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552206/59985740

この記事へのトラックバック一覧です: BRM709北海道1200km ~スタートまでの編~:

« 北海道1200、本日21時スタート | トップページ | BRM709北海道1200km ~スタートから美幌峠の大会中止までの編~ »