2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« BRM913-BRM914宇都宮200km山岳、往路DNF | トップページ | BRM920東京1000km伊勢夫婦岩、辛かったけど楽しく完走(前編) »

2014年9月15日 (月)

BRM913-BRM914宇都宮200km山岳、914復路どうにか完走

ユースホステルの類は、実は初めて宿泊するのでどんな感じか興味があった。アルコールOKかしらと気になっていたけど、玄関先にある自販機に無事ビールとレモンチューハイがあるのを確認して安心。
お風呂17:00まで入れないのが一番辛かったね。外湯は洗い場がないからいきなり入りに行くのは気がひけるのでね。
Img_1187

食事はおかずの種類は少ないけどバイキング方式なので、腹いっぱい食べることはできた。皆食べる量がすごいからホステルは割に合わないだろうな。
部屋割りは、年齢順でわけたのかな。山岳200kmは、白髪で禿げの類は私だけだったような感じだな。皆、アスリートだよ。913は21名が完走したっていうから、3分の2はアスリートに間違いない。私と唯一の女性(品のあるかわいい方)だけが違和感を感じる参加者だったのかもしれないな。

Img_1189_2

朝が来ました。ゆきさん、しぃーchanさん、そして岩ちゃんでしょうか、激励に訪れてくれました。
今日は、時間は気にせず、あくまで脚を残し、宇都宮まで帰ることが目標。時間内完走はしないでいい、とにかく、宇都宮まで走ること、輪行袋がないのだから。

Img_1190

一斉にスタート。これで周りの人に着いて行こうなんてことをすると昨日のようにへたれてしまいそうなので、マイペース。
草津から長野原への長い高速の下り。途中の道路の段差でいつものようにヘッドライトの蓋が吹っ飛んだ。油断していた。いつもビニールテープで外れないように止めていたのに今回雨の心配がないのでビニールテープで止めていなかったでの、見事に吹っ飛んだのだ。ライトは砕け散ったようだが、エネループの電池がまだ購入して間もないので探してみたものの(今日は時間はたっぷり使えるのでね)見つかったのは1個だけ。しかし、それも傷だらけで使えそうも無い。残念。
Img_1193

こんな感じでライトがなくなっちゃたのよね。

本日最初の峠、須賀尾峠。のっけから10%の壁。しかし、とにかく、今日は時間より脚を残す。ゆっくり、負荷をかけずに時間をかけて上る。スタートが遅かったスタッフ関係者が追い抜いていった。
Img_1191

須賀尾峠、完了。東吾妻町の表示があるだけのシンプルな峠。
ここからガーと下って、少し上って、PC1 7-11高崎倉渕三の倉店。制限時間11:21のところレシートは10:29。ゆっくり上っても下りが長いので貯金1時間弱。でも今日は時間は二の次。

Img_1192_2
さて、ここから榛名山の上り。本日のメイン料理。でも、とにかく30Tでゆっくり上ります。景色を楽しみながら。ヒルクライムのコースになっているところなんですね。結構急なところもありますね。特に神社の先、10%級のところが道路工事で片側通行の信号。こっちは上りだから苦しい。この辺から対向から来るブルベライダー。最初は通行止めかなんかで戻ってきているのかと思ってしまいましたが、あーこれは、パパさんが参加している群馬200km上毛三山の人たちだなと。その後、長い区間で大勢の人とすれ違いましたが、パパさんらしき人は見つかりませんでしたね。

Img_1195

榛名湖到着。天気良し、気温も丁度いい。さわやか。少し古めの自動車の集まりがあったようで、懐かしい車がそこかしこに走っていました。

Img_1196

馬車。観光地だなぁ。

Img_1200

あまりに景色が良いので、写真。榛名山、初めてきたけど、いいところだなぁ。

この後、長い下りがサイコーに気持ち良かったなぁ。前方の遠方に市街地が見えてとっても良かった。この辺でも対抗に群馬ブルベの人たちが上っていたな。

Img_1201

伊香保でコンビニを見つけたので昼食にした。もしかしたら時間内でフィニッシュできそうな感じもしてきて、外食を探す時間は節約。

ここからは赤城山の中腹をアップダウンを繰り返す道。以前一度だけ走った経験があるので、とにかく無理せず脚を残しながら走る。

黒保根からPC2の草木ドライブインまで、制限時間が迫ってくる。制限時間は16時44分。草木湖の付近にきたところの看板で「草木ドライブインまで後2分」ときた。車で2分ってことは、まだ結構先だった。

Img_1203

でも、まだ10分以上残して到着。余裕で買い物をして、レシート16:33。結構ぎりぎり。食べ物はパンしかなかったのだが、ここでしっかりと食べておかないとまだ残り70kmもある。補給食用の小粒のあんぱんはポケットに残してしっかりと食べておいた。

この後、何度も経験のある粕尾峠の上り。ここでやや心配な空模様、それに路面が濡れていたが、上っているうち怪しい雲はなくなった。少し早めに来た人は一振りあったかな。

粕尾峠は傾斜が緩やかで走りやすい。それにこの頃から時間内のフィニッシュは確定的になってきて残りを全部使い果たしても大丈夫になったので、パワー全開で上った。古峰が原方面の傾斜がきついところも短いのはわかっているので真っ暗な中安心して走れた。

宇都宮森林公園まで5,6人を追い越して、フィニッシュ。
到着、20時42分。結局、制限時間の21時30分から50分近く前に戻ることができた。
記録:12時間42分。

Img_1204

2日目が無事完走できたので、気持ちよく終わることができた。

なんかこういうブルベも面白い。それに天気が良かったので、景色よく、コースが良かったな。泊りがあるのも楽しいね。

いつものことながら、宇都宮のスタッフの皆さんにはお世話になりっぱなしで感謝感激です。ありがとうございました。

さて、今週は金曜日の夜、輪行で出発して、R東京の1000km。
早いとこ、ライトを購入しなければ。

走行距離:203.1km







« BRM913-BRM914宇都宮200km山岳、往路DNF | トップページ | BRM920東京1000km伊勢夫婦岩、辛かったけど楽しく完走(前編) »

自転車」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
榛名湖では、湖畔の道を一周している時だったので会えなかった見たですね。
ライトが飛びましたか。
コッチはデジカメがご臨終です。R東京1000までに、代替機が来るかしら?

榛名湖畔を回りこむコースだったんですね。
榛名湖、良かったです。来年SR600KNで榛名湖、また、行きます。
1000km、今のところ天気予報はあまり良くないですが、良くなることを祈りましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552206/60320269

この記事へのトラックバック一覧です: BRM913-BRM914宇都宮200km山岳、914復路どうにか完走:

« BRM913-BRM914宇都宮200km山岳、往路DNF | トップページ | BRM920東京1000km伊勢夫婦岩、辛かったけど楽しく完走(前編) »