2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« BRM913-BRM914宇都宮200km山岳、914復路どうにか完走 | トップページ | BRM920東京1000km伊勢夫婦岩、辛かったけど楽しく完走(後編) »

2014年9月26日 (金)

BRM920東京1000km伊勢夫婦岩、辛かったけど楽しく完走(前編)

1000kmという長距離なのにかなり厳しい坂に随所で苦しめられたコースだった。いろいろなところで劇坂という罠が仕掛けられているコース。でも天気予報が直前に変わり、天候が良くなったこともあり、罠をかいくぐり無事ゴールまでたどり着けた。

9月19日(金)の前日。

仕事は出先での打ち合わせの後、直帰し、自宅を早めに出ることができた。おかげで新宿発特急かいじ119号19:30発に乗れた。輪行袋を電車の荷物置き場において、すぐに空いている座席を見つけ、隣の人に「ここ空いていますか」と確認して着席。ホッと一息し、まずはビール。

石和温泉駅ですぐに自転車を組み立てて、石和健康センターへ。10時少し前に食事を取り、ここでまた生ビールを一杯飲んで、早めに就寝。

翌朝、私は9時スタートを選んでいたので、起きてまずは朝風呂。ここの健康センターお風呂の種類が多くてなかなかいいね。ゆっくりと朝食を食べて(偶然隣の席にパパさん、パパさん8時スタートなので先に出て行きました)、駐車場のスタート場所へ。
1000kmは3回夜が来るので、1回目の夜はほとんど寝ないで2回目の夜にホテルで宿泊して睡眠、3回目の夜はやはりあまり寝ないで走る予定。なので、前日しっかり眠れる環境を作っておいた。

Img_1213Img_1214Img_1217

東北1700、北海道1200でご一緒だったデイビットさん、九州1000で一緒に走りながらお話した白川さん、先週の宇都宮山岳200kmで草津YHの同じ部屋でお話した平林さん、皆さんとご挨拶。

今回はランドネ東京のジャージを購入していたので、このジャージを着用した。後で聞いたところでは、このジャージを着て走っている人はあまり居なかったらしい。もちろんスタッフは着用していたので、私もスタッフの一員のように見られていたかも。

Brm920_20140920_085741

9時スタートの参加者、スタート直前の写真撮影。

スタート 石和健康ランド 〔スタート時刻〕20日9:00

次の通過チェックまでの間に富士見峠、杖突峠を越える。

Img_1218
富士見峠は国道20号なので緩い坂。その後の杖突峠も難なくクリア。時間も1時間あたり20km以上で走れて余裕で最初の通過チェックへ。

通過チェック(91.0km) 7-11高遠小原店 レシート時刻:20日13:13

ここまでは、今年のBRM東京600kmでも通った道。ここから駒ヶ根、飯田方面へは自動車でも行った経験はないかも。

朝食は健康センターでバイキングでしっかり食べたので、ここまで十分にお腹が持った。ここで昼食。とろとろした卵のロースカツ丼とミニもやしみそラーメン。今回はできるだけ外食したいと思っていたがこの先、山の中、なかなか食べるところは無さそう。せめてコンビニ食でも外食に近いものを食べて行きたい。

火山峠という小さな峠を越えた後、天竜川沿いの県道をひたすら走る。これが小刻みなアップダウンで車のすれ違いが狭いところが随所にあり、とてもワイルドな道。安全第一で慎重に走った。

Img_1221Img_1224

天気は曇り基調で気温はさわやか。天竜川沿いの景色が良かった。

PC1(134.0km) 7-11豊丘神稲店 〔制限時刻〕20日17:56 レシート時刻:20日15:35

Img_1225

PC1で貯金が2時間20分。お腹は満たされていたので、コーヒーと水補給してすぐにスタート。もちろん補給食として小粒あんぱん、スタート時点から持っていたので安心。

この後、今回のメイン峠、飯田峠(1234m)そして大平峠(1349m)。

Img_1227

飯田峠までの坂は緩やか。長い長い九十九折が続く。どんどん山奥に入っていく。車もほとんど通らない。
飯田峠、158.7km地点。時刻は17:44。24kmの距離を2時間以上かかった。

Img_1229

飯田峠を下るとそこは大平宿。山奥に民宿が集まった場所。こんな山奥で狭い道しかないのに結構な台数の車が駐車してあった。
大平宿からまたしばらく上ると木曽峠、別名大平峠に着いた。164.6km地点。時刻は18:16。このころにはすっかり暗くなっていた。

Img_1232

大きな峠の後に3つ目の小さめな峠、馬籠峠。ここまでは傾斜緩やかだったが、ここはキューシートに「勾配きつめ」の注釈。184.8km地点。時刻は19:37。

通過チェック(200.1km) 7-11中津川苗木店 レシート時刻:20日20:31

Img_1233

外食場所があるかどうかがわからないので、ここもコンビニ食で夕食。バターチキンカレーとミニわかめラーメン。結構おいしい。これならヘタな店で食べるよりおいしいかも。カロリーも高そうでパワーになりそう。

この次の峠が罠だった、蛭川峠。キューシートの注釈どおり、林道幅2m、連続激坂、熊注意。激坂がすごい。15%以上級。坂を上るところで私の付近に他3名。まず早めに1名が足を着く。そして一番きつい坂の始まりのところで、もう1名が足をついて脱落。一番きついところは、 トリャー と雄たけびをあげて上りきった。このときもう1名も足をついて、3名を追い越して頂上まで。

Img_1235

振り返って熊注意の看板の写真を撮っていたが、誰も追いついては来なかったのだった。(ほんとの話よ。)
これは足だけではなく、スプロケ30Tを装着しているのが強みだったか。

Img_1236

この後、1時間ほど走ったところでシークレットPC。暗い中、ご苦労様です。

通過チェック(283.0km) 7-11一宮佐千原店 レシート時刻:21日02:18

Img_1237

この通過チェックまでで平均時速16.35kmh。この辺が一番平均速度が下がった時点だったか。おおきな坂もここら辺までで一段落。
しかし、この後、木曽川沿いの退屈なサイクリングロード。その後は交差点を頻繁に曲がる小さなアップダウンが続くコースになっていてなかなか速度上がらず、少し気持ちが焦る。とにかくキューシートの行数が多い。私はGPSを見ながら走っていたのであるが、キューシートだけだとかなり間違えそうだ。

次の朝がやってきた。

途中、鈴鹿サーキットの前を通過。なんだかすごい遠くまで走ってきたんだなと思った。
Img_1238

松屋があったので、朝定食。やはり、こういう食事がいいね。パワーが出るよ。

Img_1239

旧伊勢街道を通って、向かうは伊勢志摩夫婦岩。

PC2(447.0km) FM志摩浜島町店 〔制限時刻〕21日14:48 レシート時刻:21日13:04

Img_1241Brm920_20140921_140421


やっと着いた。折り返しのPC2。食事処をさがすのも難しそうなので、昼食はここでコンビニ食。おかずいろいろ幕の内弁当とワンタンわかめスープ。

しばらくすると白川さんやデイビットさんが到着。結構同じ速度で走ってるんだよな。だから顔見知りになるんだな。

Img_1242

らしい景色、伊勢えびの巨大な模型の看板。

まさか、この後、また厳しい坂があるとは気がつきませんでした。剣峠。320m。たったの320mですが、海岸の320mなので険しい。ガードレール無しで道に青い苔ですべりそう。車とのすれ違いが難しいほどの狭い場所あり。ひやひやもんでした。
雨なんか降っていたら危険で走れませんよ。天気が良くてほんとよかったわ。

通過チェック(489.4km) サークルK夫婦岩店 レシート時刻:21日16:29

Img_1245Img_1248
通過チェックのところから少し先に行くと、ありました、夫婦岩。中学校の修学旅行以来か。遠くにきたもんだなぁ。

さて、写真を撮ったら先へ進みましょう。次に目指すは、本日宿泊するホテル。名古屋市金山駅最寄。早く到着して、風呂入って、洗濯しながら、ビールを一杯やって、ぐっすり寝たい。
暗くなってきた道を戻ります。
Img_1252

夕食は津市の辺りで見つけた中華屋さんで。20~30名ぐらいのお客さんがすでに宴会中の中、一人、青椒肉絲定食、台湾ラーメン(小)付き。
こりゃ、疲れた体に効く。いい感じ。ピリ辛の台湾ラーメンのスープもいい。

PC3(603.9km) サークルK愛西立田大橋店 〔制限時刻〕22日01:21 レシート時刻:22日00:08

ビジネスホテルのチェックインは最初23時として予約していたが、やはり難しそうなので、途中で電話して24時以降1時とか2時とかになるかもしれませんと伝えておいたが、かまいませんよ、との返答。

この600kmに到着するのが0時になってしまった。遅い。寝る時間あまり取れないよ。

ビジネスホテル いろは(名古屋市中川区)走行距離:626.5km 到着時刻:22日1:56着

やっとホテル到着。

自転車置くところは、部屋でいいですか?
かまいませんよ。だけど、自転車置く部屋を用意もしていますけど。
入り口横の大きな部屋に自転車が7、8台。すでに多くのブルベな人たちが宿泊しているじゃありませんか。

コインランドリーも稼働していて、真っ暗な中、稼動の合間に洗濯。(夜間は電気がつかないそうだ。)

ビールとカップ麺を買っておいたので、一杯やって締めて、クラクラになって就寝。4時頃だったろうか。目覚まし時計は部屋には無く、モーニングコールをする気力もなくそのまま自分の体内目覚まし時計に任せることにした。

次のPC4(776.8km地点)まで距離は約150km。そこの制限時刻は16:29。10時間を見ておくと6時半にはスタートしたいが、寝る時間が少なすぎるのでもっと遅くてもいいか。起きれなかったらDNFにしようか。

(後編に続く)

« BRM913-BRM914宇都宮200km山岳、914復路どうにか完走 | トップページ | BRM920東京1000km伊勢夫婦岩、辛かったけど楽しく完走(後編) »

自転車」カテゴリの記事

コメント

何を食べるかは大切ですね。
2食も、コンビニ飯以外のものを食べてる件し。力の出方が違う件は、同意します。
あー、それに、洗濯して、ビール飲んで、暖かい布団に寝てるし。羨ましい。

カッチン様
BRM920東京1000のレポート楽しく拝読しました。
終わればよい思い出ですが、蛭川峠、熱海峠(下り)の激坂ぶりには泣きました。

カッチン様は食事に力点があるようですが、僕は宿をしっかり確保しないと完走が不安です。
人それぞれ重視する点が異なるということのようですね。

今週末から今シーズン最後の走行強化月間(自称)。
1000キロ後遺症のあちこちの痛みがようやく和らいできました。
またお会いしたらよろしくお願いします。

完走おめでとうございます。
食べて飲んで(B)、寝て、時間の限り結構楽しんでますね。(いつのブルベでもw)
準備がよいのでしょうね。(^_^)v
次回も頑張ってくださいね。

パパさん

ブルベやっているとコンビニ食に詳しくなるけど、飽きてくるよね。
時間があればできるだけコンビニ以外で食事したいです。せっかく遠くにきているしね。(とはいえ、大した物食べていないけどね。)
今後の方針としては、1000kmなので一回はビジネスホテルに泊りたいですね。

Tさん

宿確保しても時間に余裕ができないとね。遅いから休めないのよね。
食べ物は大事ですよ。その後のパワーに違いがあるような気がします。
また、次の機会にお会いしましょう。

kuniさん

ありがとうございます。
ついに今年は1000km2本と1200kmに挑戦できるまでに成長しましたよ。
3回も夜があるとそれがまた面白いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552206/60368371

この記事へのトラックバック一覧です: BRM920東京1000km伊勢夫婦岩、辛かったけど楽しく完走(前編):

« BRM913-BRM914宇都宮200km山岳、914復路どうにか完走 | トップページ | BRM920東京1000km伊勢夫婦岩、辛かったけど楽しく完走(後編) »