2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« BRM920東京1000km伊勢夫婦岩、辛かったけど楽しく完走(前編) | トップページ | いつものコースで久しぶりのパンク »

2014年9月27日 (土)

BRM920東京1000km伊勢夫婦岩、辛かったけど楽しく完走(後編)

再スタート ビジネスホテル いろは(名古屋市中川区) 距離:626.5km 出発時刻:22日7:40

目覚まし時計もモーニングコールも無い状態で自分の体内時計で果たして起きれるか?
ぱっと目が覚めて時計を見たら6:59。
お、遅い!ん?どうだろう。6時30分には出発したかったが、まぁ時間切れになっても最後まで走れればいいだろうと落ち着いて支度してホテルをチェックアウト。
「私が最後ですかね」と自転車の置いてある部屋から最後の自転車を出す。
「部屋に自転車を置いている方がお一人、まだいらっしゃいます。」とのこと。
やはり、遅すぎる出発か。次のPC4に果たして間に合うのか?

Img_1253

7時40分頃ホテルを出発。
次の通過チェック、岡崎まで45km。

名古屋市街地を走る。今回のコース中で一番にぎやかな市街地だ。思えば、今日は平日だったな。通学、通勤の人が街を行きかっていた。

ホテルで休むと他の人たちからものすごく遅れてしまったような気になる。前後にブルベな人がまったく見られないと余計そういう思いになる。
市街地を出ると、おっ、いましたよ、ブルベな人。男女2名。最初追い越したんですが、すぐに追い越される。速い。少しの間、後ろに付いて楽させてもらった。信号で切れて一人になると速度がぐっと落ちて、ダラダラした走りになってしまう。

通過チェック(670.0km) サークルK岡崎生平町 レシート時刻:22日10:05

Img_1254

遅い朝食。チョリソソーセージロールとハムカツエッグロール、小倉マーガリンサンドは半分残して補給食として保持。そして牛乳。牛乳は栄養補給として好んで飲みます。

100kmちょっとを残り6時間を割っています。あまり時間に余裕が無い。気持ちが焦る。

そんな中、前方で曲がるところを迷っているブルベライダー。池田さんじゃありませんか。以前、東北1700で竜飛岬で一緒に写真を撮った思い出の人です。
どうしたんですか。キューシートだけなので迷っている。えっ、8時スタートですか。私より1時間、時間が無いじゃないですか。PC4まで4時間しかないですよ、まだ、80km以上ありますよ。私でも焦っているのに大丈夫?大丈夫じゃないですよ。こんなに苦労してここまで来たのだから、あきらめちゃだめですよ。

最初は先に行ってもらったんですが、曲がるところを曲がらずに行ってしまって、私も釣られて行ってしまったので、こうなれば、GPSのある私が先導して引っ張って走って行きましょう。飛ばしますよー。ファイトー一発!

ってなわけで、ガンガンと走って、途中、少し時間の余裕ができたところで水補給。かなり暑くなってきていたのでね。幸い平地で追い風基調だったので、どうにか少しの時間を残してPC4到着。そういうわけで私も1時間時間を残して到着したのでした。

PC4(776.8km) サークルK浜岡佐倉店 〔制限時刻〕22日16:29 レシート時刻:22日15:30

Img_1257Brm920_20140922_161031

とにかくここの制限時刻をクリアすれば、後の時間は割りと余裕。ガンガン走ったおかげでなんだか脚の調子が快調になってきた。

暗くなって、焼津と静岡の間は、海岸線ではなく、宇津ノ谷峠(110m)を越えるコース。右折のところの長い信号待ちで大勢のブルベライダーが溜まって集団化して走ることになった。集団化を嫌って、お腹も空いたし、目に付いた看板「五味八珍」という中華レストランに入ってみた。

Img_1260Img_1261

いいんじゃない。正解じゃない。浜松餃子とラーメンのセット。ご飯も付いています。ボリュームたっぷり。餃子12個、ゆでたもやしがのっかっているのが特徴だね。

通過チェック(839.7km) サークルK静岡おおや店 レシート時刻:22日20:36

Img_1262Img_1264

静岡のここのコンビニは、隣が公園になっていてベンチもあったので、寝ているブルベな人たちが居て、私も少し寝転んでみた。が、ちょっと時間が早いのね。ぜんぜん眠くない。

体だけ休めて、すぐに出発した。

しかし、この先でしばらく走っているうちに眠気で意識がもうろうとしてきた。かなりふらふらな状態になり、こりゃ、休まなければ倒れてしまう、ぎりぎりのところでサークルKの看板が見えた。すぐに店の横で座って壁によりかかったら、意識が無くなった。

ぱっと目が覚めてぐっすり寝た後のようなさわやかな目覚め。しかし、時計を見るが意外にも時間があまり経過していなかったようだ。PC5が近いのですぐに出発。

PC5(908.4km) 7-11函南平井店 〔制限時刻〕23日03:57 レシート時刻:23日01:41

Img_1267Img_1269

スタッフの方が待機していました。夜間、ご苦労様です。
ホットコーヒーを飲んで一息つきます。さっき一眠りしたらすっきりしたので眠くありません。駐車場の端っこで大勢のブルベライダーがごろ寝しています。

さて、この後が最後の難所といわれていた熱海峠。
とにかく時間は2時間以上の貯金があるのでゆっくり負担をかけずに上ります。

上りきったところには、数名のブルベライダーと若者の車1台。
罠はここからの下り。下りが問題でした。
私の場合は前を走っていくライダーに付いて行ったので、左側に入っていく道に気がつかずに10数m下ったところで前のライダーが道の間違いに気がつき、Uターンしたので助かりました。なにせ真っ暗なので道なりでない方向に道があることに気がつかない。ここだな、下りきった場合は下りて海岸線を戻ってきてもかまわないよとブリーフィングで言っていたところ。

この後、MOA美術館前のところ。ここも間違えて左へ上り返すところを右へ道なりに行き、見事に数m下ってしまいました。ここが15%級なので戻るのが大変。暗くて正規のコースがなかなかわからずGPS様様でした。

真っ暗な中下り坂に悪戦苦闘し、無事、熱海に下りて、真鶴道路を走って小田原に入ると、あたりはすっかりと明るくなり、最初の右側にあるローソンにブルベライダーが大勢いた。車が飛ばしているところなので右側に入るのは止めて、もう少し先の7-11小田原早川駅前店に入って休息。

Img_1270

残り60km弱で6時間近く残っているので、1時間10kmペースで間に合う。後は安全に最後まで走るだけだ。

小田原市街地を走っていると後ろからブルベライダー、信号で一緒になる。
私、7時スタートなんですよね。間に合うかなぁ。
えっー、もしかして1時間20kmペース以上で走らないとだめかもよ。横浜に近づくと信号で速度落ちるし。やばいね、それは。ここまで走ってDNFは悲しすぎますよ。なに?キューシートだけ?道間違えたら終わりだよ。

こうなれば、GPSのある私が先導して引っ張って走って行きましょう。飛ばしますよー。ファイトー一発!
あれ、あなたは池田さんと同じジャージの亀太郎さんじゃないですかい。池田さん、知り合いですかい。

てなわけで、また、体育会系になってガシガシと先導します。坂道で離れるときは付いてくるようにはっぱをかけて走ります。
残り25kmぐらいのところで時間に少し余裕ができたのでコンビニへ。食べ物と飲み物を補給。私は、特に補給不要だったのでここで別れました。

Finish(1005.2km) FM前田橋店 レシート時刻:23日09:19

Img_1271Img_1272Img_1273


フィニッシュは横浜みなとみらい近くのコンビニ。パパさんがすでにゴールして丁度居ました。私は、さっき先導して走ったコーヘイ君が無事時間内に到着するか気がかりなので、10時まで待ちました。
9時56分道の向こうからやってくるのが見えて、無事ぎりぎりの時間内フィニッシュ。良かったねぇ。

結局、自分の記録は72時間19分

Brm920_20140923_101920Brm920_20140923_101958
この後、万葉の湯へ移動して、そこでブルベカードのチェックを受けて、風呂に入りました。場所が場所なので、ちょっと高級な風呂、値段もちょっと高級。

その後、クイーンズスクエアで懇親会。

Img_1275


1000km走った後の飲み放題って。よくぞ、無事帰宅までたどり着けたものです。これが一番すごいことだったりして。

« BRM920東京1000km伊勢夫婦岩、辛かったけど楽しく完走(前編) | トップページ | いつものコースで久しぶりのパンク »

自転車」カテゴリの記事

コメント

やっぱり、ホテルの一泊は必要ですね。
焼津から、後のペースでは、完全にまけてますがな。
ファイト一発~ですね。

お疲れ様でした。

1000キロブルベ、完走おめでとう御座います。
どの写真も元気そうな良い顔してますね。

パパさん

前半600kmは一泊を楽しみにして走ります。後半400kmはフィニッシュを楽しみにして走っています。1000kmは長いですからね。

ハタさん

今年から1000kmの世界に入りましたが、この3泊4日をどこでどう休むかを考えるのがなかなか面白いですね。
それに行く場所が広がりますね。

かっちんさん。完走おめでとうございます。さすがの走りです!

コーヘイ君離脱後、横浜市内まで引っ張っていただいたBMC乗りです。
ヘロヘロだったので、助かりましたっ。
有難うございます。

お互い完走でき、よかったです。

ちょこちょこブルベに出てますので、またどこかで。

NOMさん

1000kmの面白さがわかってきましたよ。
会社の休みをとれないと参加できないところがちょっと大変ですが。

BMC乗りさん

へろへろだったんですか。
1000km完走、うれしいですね。
住まいがお近くのようなので、また、ブルベでお会いできることを楽しみにしています。

いやー、早かったですね。とくに平地が。1000kmのペースじゃないような。
僕も小田原でパンクしてからは、時間が不安で柄にもなくR134を時速30kmで走りました。
やっぱり200、300と違って、平地の巡行スピードが速い人ばかりでしたね。

白川さん

剣峠では、またごいっしょして辛いところが楽しく走れました。

なんか、最終日に力が残っていたんですよ。燃えちゃいました。
マシントラブルだったようですね。完走に向けて燃えちゃいましたね。

お久しぶりです。小田原でご一緒させてもらった亀太郎ジャージの者です。。あそこで一緒に走っていなければ確実に認定外完走になっていたと思います、完走できたのもほぼ奇跡です。どこかでお礼の言葉を言いたかったので、このブログを見つけることができ本当に良かったです。おかげて思い出に残るブルべになりました。お疲れ様でした。

コーヘイくん

ブログ見つけてくれて、コメント書き込み、嬉しいよ。
最後、私も気力が出て、楽しく走れました。
もしかしたら、時間内にフィニッシュできないんじゃないかとハラハラして待っていたこと、時間ぎりぎりでフィニッシュできて自分のことのように嬉しかったこと、思い出しますよ。
ブルベって面白いなとつくづく思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552206/60368873

この記事へのトラックバック一覧です: BRM920東京1000km伊勢夫婦岩、辛かったけど楽しく完走(後編):

« BRM920東京1000km伊勢夫婦岩、辛かったけど楽しく完走(前編) | トップページ | いつものコースで久しぶりのパンク »