2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 強風に挫けて | トップページ | BRM131神奈川400km追い風~追い風の甘い言葉と裏腹に~ »

2015年1月25日 (日)

24日2015新春そばツーリング、25日いつものコース

1月24日(土)

11月16日の2014新そばツーリングに引き続き、2015新春そばツーリングに参加です。

栃木駅まで新しい自転車での初輪行。フレームカバーとスプロケットカバーをつけると完璧、傷の心配は一切無しで安心でした。カバーが荷物としてかさばるけどね。

Dsc00133_4

午前9時栃木駅スタート。座っているのが私。
今日も前回に引き続きリュックを背負って走ってみました。来週のブルベ400kmで背中の防寒になるのでリュックを検討、試行です。

駅に付いた時は気温が低いと思いましたが、天気が良いのでとても気持ちいい。一番寒い季節とは思えない最適なサイクリング日和です。
まず、最初の坂、西山田林道。この季節でもハイカーの人が結構車で来ている場所なんですね。

次に唐沢山。

Img_1522_2

久しぶりですが、以前は結構辛い坂に感じた場所ですが、少しは楽に上れるように進歩しているような感じがしました。エンジンではなく自転車が進歩したのかもしれません。

この後、秋山川沿いを走って、羽鶴峠。セメントの道、埃っぽい道です。

そして、出流町のそば、さとやでお昼です。

Img_1529_4

喉ごしのいい冷たいそば。うまい!
11月に来たときの割引券を使って、私の支払いは、たったの400円。2回目のそばツーリングは超お得です。

食後は、羽鶴峠へ裏から上ります。いつも話題の12%と18%の坂。

Dsc00195Dsc00198_2

ここでお決まりの栃木のグランドキャニオンをバックに記念写真。
Dsc00208_2

町の駅壱番館で味噌饅頭を食べ、琴平峠を越え、太平山を上って、名物のお団子と卵焼きでおやつタイム。
そばツーリングのフルコースを堪能して3時半前に栃木駅に到着。

朝、栃木駅まで自走するのは寒さで断念していたので、夕食の時間7時までまだ3時間半もあるので思い切って自走で帰ることにしました。来週のブルベで寒い夜を走らねばならないのでこれで少しだけも試行です。
道は適当に南方面に向かって県道282号を走り、その後国道4号で野木、古河辺りを抜けて利根川に出たので、サイクリング道路へ。一般道の方が距離が短いかな、しかし、安全優先。ハンガーノック気味で踏み込めなくなり、関宿橋の7-11で補給。ここまで約40km。残りおおよそ40km。ここから完全に日が落ちて夜です。
やはり、気温が少し下がります。夜間走行で自宅には7時過ぎましたが、まずまず夕食に間に合いました。

この日は、新しい自転車のハンドルを一番下まで(スペーサー2個分)下げての初めて走行でしたが、この高さが丁度いい感じ。ハンドルがちょっと高いと感じていたのでね。

あまり追い風が吹かず、かなり疲労しましたが、いい練習になりました。山と帰り道で2倍楽しめちゃいました。

走行距離:156.4km

◆   ◆   ◆

1月25日(日)

午前中、いつものコース。

自宅→流山橋→利根運河→柏あけぼの山公園→大堀川→流山橋→水元公園→自宅

利根運河から利根川に出たところ、毎年この時期にやっていますね、新春凧あげ大会。

1024x768
地元の町内会が準備しているところでした。

1024x768_2

水元公園の川面は今日も美しく輝いていました。

昨日の疲労が残り、心拍が上がらず、脚も回らずでした。

走行距離:69.8km

« 強風に挫けて | トップページ | BRM131神奈川400km追い風~追い風の甘い言葉と裏腹に~ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

リックを背負っての理由は防寒でしたか。
しかし、ツーリングをブルベの練習にしちゃうところが凄い!
お疲れ様でした。

パパさん

いつもブルベに行く前は不安だらけなんですよ。
少しでも不安を減らすためにいろいろ試さないとね。
案内役、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552206/61032097

この記事へのトラックバック一覧です: 24日2015新春そばツーリング、25日いつものコース:

« 強風に挫けて | トップページ | BRM131神奈川400km追い風~追い風の甘い言葉と裏腹に~ »