2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 和光、青梅、秋ケ瀬公園 | トップページ | 檜原都民の森、奥多摩湖 »

2015年6月12日 (金)

PBP準備:Wボトル、ツール缶のダウンチューブ化

昨日はパパさんとPBP対策会議。

その中での一番の気づきは、DNF対策は輪行袋じゃなくて国外運転免許証じゃないかってこと。輪行袋は荷物になる。なのにコース上に線路が無ければ意味が無い。DNFの場合は、レンタカーしかないんじゃないかってこと。然るに国外運転免許証を持っていくべきじゃないか。確かに。

今度、日曜日に免許センターに行こう。

PBPの場合、Wボトル必須。エアーポンプをトップチューブに付けているんですが、これだとWボトルにする場合、シートチューブのボトルがぶつかるのよね。

Img_0001

以前の盗難された自転車の時はエアポンプは、LEZYNEの付属品を使ってTOPEAKのミニモーフをシートチューブに付けていたので同じようにしたいなぁと調べていたら、TOPEAKのオプション品でシートチューブにつけることが出来る付属品ありました。

Img_0002
早速、会社の帰りにあさぞうに寄って(通販だと運送費がかさむので)入手して、取り付け。

そして、ツール缶をダウンチューブの下に付けたいなと探していたらいいのが売っていました。

Img_0007

マジックテープでボトルホルダーが取り付けできる代物。

Img_0008
こんな感じ。Wボトルでツール缶も小さくしてこの位置に。自転車のスペースの有効活用。これで当面テスト的に乗ってみて支障がないか試します。


« 和光、青梅、秋ケ瀬公園 | トップページ | 檜原都民の森、奥多摩湖 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

マジックテープでボトルホルダーは、良いですね。工具とかスペアチューブを素早く出せて良いかも。見つけてこようっと。
やっぱり、高圧が入る携帯ポンプもひつようかなあ。

パパさん

ダウンチューブの下は、前輪とチェーンとの隙間なので小さいボトルしか付けられませんでした。マジックテープでもしっかり付いてる感じ。ポンプとかは、いつも使っているものから変更なし。

私もダウンチューブに金属製のケージをインシロックタイ2本でくくりつけています。たしかに便利です。
でも一度、走行中に振動とボトルの重さでケージがゆるんで、ボトルを落としたことがあります。それ以来短いベルトでケージごと縛っています。ベルクロでも良さそうですが、ベルトのほうがしっかり縛れます。ベルトの材料はホームセンターでそろいます。
インシロックタイでも強度は充分ですね。
また、ボトルは下向きが良いそうです。蓋が外れて無くなるそうなので。
参考までに。

長さん

ボトル下向きですか。シートチューブに付けて、蓋を外したことは2回ほどありました。なので、テープで蓋を貼り付けています。下向きにすればいいのか。なるほどね。
いいアドバイス、ありがとう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552206/61733590

この記事へのトラックバック一覧です: PBP準備:Wボトル、ツール缶のダウンチューブ化:

« 和光、青梅、秋ケ瀬公園 | トップページ | 檜原都民の森、奥多摩湖 »