2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« PBP2015直前準備の土曜日 | トップページ | PBP2015 スタート→ルデアック(448km地点)まで »

2015年8月24日 (月)

ついにPBP2015、フランスへ(スタートまで)

PBP2015(18th PARIS BREST PARIS Randonneur)参加のためフランスへ行ってまいりました。人生初のヨーロッパ旅行です。

4年後に参加するときに参考になるよう備忘録兼ねて記録しておきたいと思います。先ずは、スタート前まで。

日程は、8月

14日(金)羽田空港10:40発→パリ シャルルドゴール空港16:00着(時差で7時間マイナス)

15日(土)9:00 スタート/ゴール地点のベロドローム(サン=カンタン・アン・イヴリーヌ)でバイクチェック

16日(日)19:00 スタート(サンカンタンのベロドローム)

1200km走破して

20日(木)13:00がゴール制限時間なので、おおよそお昼前にゴール

      18:30~20:30 日本人の参加者での懇親会(近くのホテルで)

21日(金)パリ シャルルドゴール空港21:10発→羽田空港16:00着

自由時間は、15日のバイクチェックの日と16日の夜のスタート前まで。帰りは21日に空港へ行くのでその前ということになります。結構忙しい。まぁ、PBP参加で自転車乗りに行くのが目的で観光が目的ではないのでこんなもんでしょう。せっかくのフランスなので、もっとお休みを取って滞在しても良かったのですが、PBP前は落ち着かないし、PBP後は疲れていますから実際こんなスケジュールで充分満足できました。

なにせ初めてなので、今回はグッディースポーツツアーへお世話になりました。

◆  ◆  ◆

14日(金)の朝は自宅の最寄駅から輪行で羽田空港まで。
当初、義弟に羽田空港まで車で送ってもらうことにしていましたが、空港の駐車場の混雑具合が心配で結局前日輪行へ変更。輪行箱の底にマルチキャスターを付けてすべてエレベーターを利用しました。

途中、東京モノレールに乗車したら、今回ホテルの同じ部屋でご一緒するパパさんと偶然同じ車両に乗り合わせました。

<備忘録ポイント:航空機内預け荷物について>

 ・対応者によって多少の違いはあると思いますが、タイヤの空気を少なめではなく、抜くように言われました。輪行箱へは事前に念入りにパッキングしたので、また空港内で出して空気を抜いて、またパッキング。かなり時間かかりました。その上、この作業している最中、スマホを見失い、失くしてしまったかと焦りました。結局スマホは胸ポケットから輪行箱の底へ落ちており、見つかるまで時間がかかりました。   

・やっとタイヤ空気を抜いて、再度搭乗手続き。電池なども入っていると言ったら、今度は輪行箱といっしょに検査場所へ移動。X線装置で中身の確認。このあたりとこのあたりに何か見えますと言われまして、輪行箱の底に入れてあった電池や電装品類を取り出しました。結局、ここでも完全にパッキングし直し。リチウム電池は手荷物で持っていましたがその他も調査されますので、取り出しやすい場所にまとめておいた方がスムーズです。

約12時間の飛行中は、主に邦画をみておりまして時間をつぶしましたが、じっとしているのはかなり辛いです。「駆込み女と駆け出し男」「寄生獣 完結編」どちらも今ひとつでした。帰りは絶対洋画で行こうと思いました。

Rimg0094

シャルルドゴールに到着して出てきた輪行箱。箱でないものは、縦に置きにくいせいでしょう、横に上積みされていました。最悪、横に積まれても耐えられるようパッキングする必要がありますね。

Rimg0101

空港からはバスでホテル、レジホームギアンクールへ移動。

18時頃にホテルに到着。まずは、明日のバイクチェックに向けてバイクの組み立てしてから、近所のスーパーへ買出し。買い物していると閉店時間ぎりぎりだったようで、大きな体の店長らしき人が怒鳴ってやってきました。そそくさとレジに向かってとりあえず食べ物を確保し、部屋で日曜シェフのパパさんのおかげで手作りの夕食にあり付けました。

Rimg0113

◆  ◆  ◆

15日(土)

バイクチェックの時間は9時を指定していました。しかし、朝からあいにくの雨。しかし、朝食を済ませていざ出発するときになるとどうにか雨が止んできました。

Rimg0114

濡れた路面の中ベロドロームへ向かいました。おおよそ4キロ程度。初めてのフランスの地を走行しワクワク。

Rimg0118

ベロドロームについて、バイクチェックの列。まだ、これでも朝方の時間帯なので空いている方だったようです。夕方はすごく混んでいたと後で聞きました。

Rimg0127

Rimg0131

Rimg0135

Rimg0144
2017年のLEL1400km(London-Edinburgh-London)の宣伝ブースもありました。

Rimg0150
バイクチェックはすぐに終えて、パイクに取り付けるステッカーの受け取りや反射ベスト、記念ジャージを受け取り、完了。

一旦ホテルに戻って、受け取ったものを置いて、本日は、パリ・ベルサイユ観光ツアーとしました。時差ぼけを直して航空時間が長いのでだらっとした体をシャキッとさせる意味もあります。

◆  ◆  ◆

Rimg0157

宿泊しているレジホームの近所。最初の頃はランナバウトだけでワクワク。

Rimg0159

Rimg0161

Rimg0162

Rimg0164

近所がテーマパークのように作り物の街かと思ってしまうほど、なんだか素敵です。日本の藁葺き屋根の家にあたるような古い家は、石垣の壁の家なんですね。これがかっこいい。私の目には。そして集落の中心には必ず教会があります。

Rimg0170

パリに向かって走り、しばらくするとベルサイユ付近に入りました。

Rimg0175

Rimg0176

このベルサイユの街中はすこしリッチな伝統的な建物が並んでいます。夢のような場所にきました。

Rimg0190
事前にルートを引いてこないで走ったので、途中、方向を少し間違えましたが、どうにかパリ市街地に入り、遠くにエッフェル塔が見えてきました。

Rimg0198

Rimg0203

Rimg0207_2Rimg0210_2

Rimg0219

エッフェル塔あたりは観光客でごった返していました。ここが正規のパリ観光ですね。我々がPBPで走るところは田舎です。

Rimg0223
そして、パヴェ、石畳の道を上って凱旋門へ。ここも観光客でいっぱい。車が危なっかしいところですが、一応ここを一周して帰りましょう。
パヴェの下りはガタガタで本番前にサドルバックがもげそうで心配なので、端っこの舗装道路へ逃げましたが、パパさんはどんどん下って行ってしまいました。

Rimg0229

パリから帰り道、途中のベルサイユ宮殿の正面に到着。いやぁ、すごい大規模な宮殿ですよ。
Rimg0232

入口付近には、観光客目当てのおみやげ物売りの黒人系の人たちが大勢群がっていました。皆さん自撮り棒を持っているのが特徴的。自撮り棒は売り物でしょうか。それとも撮影用でしょうか。

Rimg0236

駐車場入口への道が少し渋滞していました。パリ市街地以外で渋滞していたのは、ここぐらいでした。

この日は、エッフェル塔、凱旋門、ベルサイユ宮殿と3大観光スポットを巡ることができて大満足。なにせ、おそらくPBPのみで観光スポットは寄れないかなと思っていましたので、大変有意義でした。

走行距離:86km

◆  ◆  ◆

この後、レジホームへ帰る途中、近所のスーパーがすでに閉まっていました。土日はお休みが多いのは聞いていましたが、後でわかったことですが、この土曜日は祭日にあたっており閉まっている商店やお店が多かったようでした。

ということで事前にチェックしていて土曜日開業している駅前のカルフールへ行き、晩御飯の食材調達。同じようなPBP参加者のバイクの人たちでお店の周辺はごった返していました。

この日は18時にベロドローム前で日本関係者で集合写真を撮る予定でした。私は集合写真より食材優先と考えていたのですが、パパさんが行こうというので、重い食材を持って、パパさんとドームへ向かい、ぎりぎり時間に間に合いました。

Pbp2015japan

残念ながらこの写真は、最初の頃に撮られた写真で私たちは写っていません。

Rimg0241
三船さんがいましたので、一緒に写真を撮ってもらいました。お宝写真です。「明日はお互いがんばりましょう。」って握手。速さはかなり違いますが、コースは三船さんと同じところを走るんです。お互い頑張りましょう。

Rimg0244

そして、今日も外食するにも開いているお店は無く、日曜シェフのパパさんのおかげで、サラダと大盛りボロネーゼパスタで前日のカーボローディングです。500gパスタを二人で完食しました。

◆  ◆  ◆

16日(日)

いよいよスタートの日。スタート時間は19時を指定。

Rimg0248

Rimg0249

午前10時にドロップバックを渡します。自分たちで航空手段や宿を手配した人たちも自転車でドロップバックを預けにきていました。

前日、同じ宿の伊賀さんと話していたら、近所のスーパーで日曜日に開いているところがあるということなので、ちょっと早いですが、今日はスーパーへお土産物を物色しに行きました。

Rimg0251

街の景観がどこも絵になるのよ。
Rimg0252

バス停の広告にPBPが広告されていました。街をあげてのイベントという感じですね。
Rimg0253
パン屋さんは朝行列です。噂どおり、朝焼きたてのフランスパンを買いにきていました。

Rimg0255

ディズニーのテーマパークではありませんよ。普通の街です。

Rimg0259

お昼は、サラダとハムとチーズとワインでフランス風。これで酔っ払って夜のスタートに備えて昼寝しました。

Rimg0264
そして、いよいよスタートに向けてレジホームを出発します。

Rimg0267

Rimg0270
このにょろっとした自転車が平地でめちゃくちゃ早い。


Rimg0277

Rimg0285

応援の声援もすごいよ。
Rimg0301

F組のスタート風景。時間帯で組が分けられています。
Rimg0304
スタートはバイクが先導します。

Rimg0313

なんと中国チームがいました。おそろいのドロップバックを用意していました。

Rimg0315

いよいよ私のN組の集合時間が来ました。集合してスタートを待ちます。

Rimg0317

補給食としてフランスパンを半分くくりつけています。そしてベビースターラーメン。これをフランスで食べるとおいしかった。
Rimg0318
キューシート。

Rimg0321

スタート間近。左側のステージでMCとスーツ姿の人と女性がいろいろしゃべっていますが、フランス語なのでさっぱりわかりまへん。

Rimg0322
写真を撮ってくれるという外人がいたので、(否、私が外人)撮ってもらいました。スタート直前で顔が少し緊張しています。

では、スタート後は、続きでということで。




« PBP2015直前準備の土曜日 | トップページ | PBP2015 スタート→ルデアック(448km地点)まで »

自転車」カテゴリの記事

コメント

かっちんさん。楽しそうですね!大作の予感が・・・続編待ってます。

NOMさん

観光しておいてよかったよ。PBPは田舎ばかりだったので、行かなかったらパリがどういうところか理解できなかったからね。田舎と都会、両方知って、これでフランス行ったと堂々と言えるよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552206/62141110

この記事へのトラックバック一覧です: ついにPBP2015、フランスへ(スタートまで):

« PBP2015直前準備の土曜日 | トップページ | PBP2015 スタート→ルデアック(448km地点)まで »