2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« BRM919埼玉1000kmアタック八甲田 ~最上級な景色を最上級な苦行で味わう~(中編) | トップページ | 2015年9月度:自転車総括 »

2015年9月25日 (金)

BRM919埼玉1000kmアタック八甲田 ~最上級な景色を最上級な苦行で味わう~(後編)

PC6→PC7 サークルK今別店 862.7kmkm地点(区間98.4km) 通過21日15:45 Av15.14kmh

PC6のサンクス深浦関店を9時半過ぎに出発し、少し行くと鯵ヶ沢町。ここも大きな漁港です。海の駅という看板があります。3年前にはここに来た時間が遅めだったか、人気がなかった印象。今日は大勢の人がいる時間帯でした。

Rimg0814

ちょっと建物の中を覗いていきましょう。

Rimg0816

魚介類のお土産物などが販売されていて、食堂もありました。日替わり定食が600円程度からあり、さっきのPCで食事しないでここで食べれば良かったなと後悔。10時過ぎだったのでまだとても空いていました。
その近くで栗ごはんを試食していたので、いただきました。

Rimg0817

おっ、あそこに見たことあるような軽トラと犬の大道具。板っぺらのやつね。

Rimg0819

軽トラの窓から顔を出して、記念写真を撮っています。

Rimg0818

あー、そうだ、そうだ、わさおだよ。志村けんの番組でおばちゃんといっしょに出ていた犬だわ。このあたりにいる犬だったんだ。へぇー。しかし、人気あるなぁ。

さて、先を急ぎましょう。こんなところで油を売っていたら、PC6でゆっくりしていたふぃりっぷさんたちに追い越されました。

Rimg0821

と、その時、そこにあった焼きいかの店が沢山の車と人だかりで渋滞を作っていました。「きくや本店?」よく見ると「志村けんさんが来た店」との看板。店の裏が人で混雑していました。もしや、ここにわさおがいるんだな。まぁ、自転車おりて見に行くほどのものじゃないので通り過ぎましたが、後ろ髪引かれる思い。(ハゲなので、引かれるような髪がないけどね。)

次に目指すは、十三湖。しじみラーメン。
十三湖の近くの集落に入るとしじみラーメンの垂れ幕の店がありました。2つ目の垂れ幕の店はラーメン屋さん。少し先に走って、すぐに店を決めて入らないとこのまま通過しちゃいそうな気がして、戻りました。

店に入るとテーブル席4個、カウンターが4名程度の小さな店内の半分はお客さんで埋まっていました。女性2名でラーメンを作っていて、なんだか少し時間がかかりそうな予感。まぁ、時間あるからいいかとメニューを見ると、しじみラーメン1100円とこれだけ飛びぬけて高額商品。チャーシュー麺が650円、味噌チャーシュー麺が750円でこれが第二の高額な価格帯。ちょっと迷いながらも十三湖でしじみラーメンではなくチャーシュー麺を食べたんじゃ、ブログのネタにならないジャンということで1100円を頼み、加えて、半ライス100円追加して1200円也。

やはり、予想通り、かなり待って、出てきましたしじみラーメン。

Rimg0822

ちょっとした付けあわせがあるんだな。これはいい。半ライス付けて正解。
スープは濃厚なしじみ出汁でもちろん塩味。細めん。うまい!うまい!うまーい!

しじみが今まで食べたことが無いほど大きくてぷりぷり。十三湖のしじみをスーパーで見たことあるけど、値段が格段に違ったので外国産で妥協しちゃうもんな。

Rimg0825

スープの上から見えたしじみは量が少ないように見えたが、下まで沈んでいただけで、20~30個とかなりの量のしじみが味わえました。充分1100円の価値ありと判定させていただきます。

Rimg0826

お店はこちらです。また、こちらに来たときには寄りたいと思いますが、また、このコースでブルベやったらだね。

Rimg0827

Rimg0829

十三湖と海の境にある大きな橋から陸側をみた写真と海側をみた写真です。

Rimg0833

では、いよいよ竜泊ラインに入ります。入ったところの道の駅こどまりにあるレストランも良かったんだけど今回は通過。

Rimg0839

上り坂に入るといきなり12%の表示板。まっ、こんなもんでしょ。

Rimg0846

どんどん上って、こんどは11%の表示。

Rimg0847

上っていくと少し紅葉が始まっていました。

Rimg0850

とにかく絶景。

Rimg0852

眺かん台の石碑のところ。

Rimg0858

3年前はこの上に歩いていったな。今日は疲れるからいいや。

Rimg0860

しばらく、下って、コースがら少し外れて、竜飛岬へ。道の駅みんまや。昔昔、三つの厩(うまや)があったので三厩(みんまや)って言う地名がついたんだとさ。

Rimg0861

先に見えるは津軽海峡か。

Rimg0865

Rimg0866_2

そして、ボタンを押すと流れる「津軽海峡冬景色」の石碑。皆、ここで記念写真を撮っていくんです。もちろん、私も。ついにまたここに来ました。
それで、竜飛のかあさんは?いなかったのだ。ここに車でやってきて、おみやげものを販売している有名な竜飛のかあさん。3年前はここでいっしょに写真撮ったのよ。

Img_6524
<2012年5月2日当時の写真>

後で聞いたところによると、この場所ではなくて駐車場の方にいたらしい。残念!

この後、竜飛岬を終えて今別のPC7へ向かいました。
PC7 サークルK今別店は15時45分レシート。夕食は青森駅付近で食べればよいので、ここではソーセージのパンでちょっと腹ごしらえ。

PC7→CK3 サンクス青森横内店 921.1km(区間58.4km) 通過21日19:41 Av14.88kmh

Rimg0869

Rimg0870

今別は3年前は小さな駅だけがあった田舎町でしたが、そこになんとどーんと巨大な駅舎が建っていました。ついに新幹線の駅ができるんですね。3年前は駅予定の垂れ幕だけでしたが、現実のものとなり、駅周辺は道路工事がさかんに行われ、ダンプカーの往来も多かったです。どんどん変わっていきますね。

今別から外ヶ浜へでて青森市街地へ。外ヶ浜から青森市への海岸線の道が単調でとても退屈しました。

青森市内に入るとそこは大きな市街地。激変します。
CK3間近になったところで丸亀うどんがありました。もう少し落ち着いたところで食事してもいいかなと思いましたがここはガラス張りの店なので、自転車が見えるところに置けて安心です。

Rimg0871_640x360
かけうどん大に玉子天、イカ天(タウリン補給)

水を補給しようかと自転車のところに水筒を取りにいくと、なんとここで予想外の雨。なんだよ、付いていない。

Rimg0873

うどん屋を出てCK3間近なので雨の中、雨具無しで行ってしまおうか思いましたが、降りが強くなって無理なので閉店の店の軒下に入り雨具を着てCK3へ到着。1,2km移動したら雨が止んでいました。路面も乾いていました。

CK3→ゴール ファミマ八戸卸センター店 1004.6km(区間83.5km) 到着時刻22日01:07 Av15.37kmh

CK3のレシート時刻は19時41分。サンクス青森横内店には、私含めて4名のランドヌール。幸いこの周辺は路面も乾いていて、残り83.5kmだから皆すぐに行くつもりでした。

真っ暗な坂をひたすら上り、初めて来る場所だし、どのくらいまで上りが続くのか検討もつきません。それでもひたすら上るしかありません。途中から小雨が降ってきました。
道も下りになりました。雨がやや強めになる中、単調な下りが続きます。ライトで照らすセンターラインだけを頼りに下ります。こういうのが一番眠くなります。途中、意味も無くブレーキをかけて停まったりしながら、山道が終わりました。
市街地に入り前を行く人に付いたり、抜いたりしながら、ゴールしました。

走行時間64時間07分。これは自分でも予想外の短時間ゴールでした。

◆  ◆  ◆

中途半端な時間帯にゴールしたのは、やはりCK3に一緒にいた4名。一人の方といっしょにまずはインターネットカフェにあたりますが、シャワーが無いということでしたので、結局、はちのへゆーゆらんど新八温泉へ。
お風呂は5時まで清掃中で入れませんでしたが入場可能でした。濡らしたタオルで体を拭いて浴衣に着替えてから、二人で缶ビールで祝杯し、そのまま玄関先で寝落ちしました。

« BRM919埼玉1000kmアタック八甲田 ~最上級な景色を最上級な苦行で味わう~(中編) | トップページ | 2015年9月度:自転車総括 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

余裕のゴールでしたね。(すげー早い)お疲れ様でした。

ほんと、すげー、速い。早すぎて、風呂に入れなかったところは泣けますが。
しじみラーメンは気がつかなかったなあ。これは、美味そうですね。
後半も、ペースが落ちないってすごいなあ。この調子でSR600北関東もやっつけつゃってくださいな。

NOMさん

今年は、自転車が変わって、体重が5%減になって、昨年より明らかに短い時間で完走できています。600km超えでも走れる自信になりました。


パパさん

ブルメとしては、イカ焼きを食べなかったことが悔やまれます。次は絶対、イカ焼き食わねば。
後半に強いという気持ちはあるので、前半部辛くてもどうにか乗り越えられます。でもSR600KNは別格ですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552206/62341186

この記事へのトラックバック一覧です: BRM919埼玉1000kmアタック八甲田 ~最上級な景色を最上級な苦行で味わう~(後編):

« BRM919埼玉1000kmアタック八甲田 ~最上級な景色を最上級な苦行で味わう~(中編) | トップページ | 2015年9月度:自転車総括 »