2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

2016年5月度:自転車総括

30日~03日(火)  1,019.2km BRM430広島1000㎞三原須波発四国

07日(土)   69.5㎞ 近所のいつものコース

21日(土)~22日(日)  467.1㎞ BRM521日本橋400㎞茨城満喫

28日(土)~29日(日)  402.6㎞ BRM528埼玉400㎞アタック長野

自転車走行距離 月間 : 1,958.4㎞、年間 : 4,893.4km   ランニング 月間:0km、年間86㎞

5月度は、ブルべ3本。月間走行距離は、2,000㎞近くまで伸びたので、年間で月平均1000㎞にあと一歩まで戻してきた。

<今後の予定>

6月度は600㎞ 1本、300㎞ 1本。7月度は600㎞といよいよ北海道1200㎞が待っている。
北海道への航空券はPBPでフランスへ行った分のマイレージにクレジットカードで貯まったポイントを少し足して、無料で手に入れることができた。

結果と予定  ○=申込済

1月  BRM110東京200㎞=完走、BRM130東京300㎞=DNS

2月  BRM221埼玉200小田原城=DNS

3月  BRM312東京300相模湾=DNS、BRM326日本橋300フラット東関東=完走

4月  BRM402東京400=完走、BRM416たまがわ300㎞=完走、BRM423東京600=DNS、BRM430広島1000=完走

5月  BRM521日本橋400茨城=完走、BRM528埼玉400長野=完走

6月  ○BRM611たまがわ600那須、○BRM東京300富士熱海

7月  BRM702埼玉600日本海、○715北海道1200

8月  SR600KN

9月  BRM922東京1000

10月 BRM1007埼玉1000

来週はブルべお休み。父の転院を進めていかねばならない。

2016年5月30日 (月)

BRM528埼玉400アタック長野 ~二度上峠は骨まで美味しくいただけます~

先週に引き続き400㎞の連荘。
モチベーションが高いときにアタック長野も行きたいなぁと思い切って申し込んでしまった。前回のアタック長野は2010年に参加、当時は妻神班主催だったね。


Rimg2031

Strart 入間市豊水橋 8:00

入間から高崎までは八高線沿いの道。このコースは信号が少ないし、車も少ないし走りやすい。
PC1の前に昼食場所探し。店構えがごく普通の食堂に入ってみた。アジフライとざるラーメンの定食。冷ややっこ付きで想定以上でした。おじさん、おばさん、若夫婦とお孫さんでやっている家庭的なお店で繁盛していました。このコースに来るときはまたここに来よう。

Rimg2040
Rimg2042


ここで30分以上休憩。400㎞の頑張るところは夜間から朝方。最初はマイペースがいいよ。

PC1 (7-11 高崎倉渕三ノ倉店) 97.9㎞地点 レシート時刻:13:08 (貯時間 1:24

Rimg2045
食堂で休んだのでPC1の休憩はそこそこにしてスタート。

本日最初の峠、二度上峠。
2010年アタック長野、2012年アタック奥志賀で来てから、しばらくご無沙汰であった。かなり厳しい峠だったような記憶が幸いして、思ったよりは気楽に上れた。

Rimg2051

山つつじが満開。山肌いっぱいに咲いている場所もあったよ。

Rimg2054
二度上峠は、骨まで美味しくいただけますって冗談でも言ってみようか、なんて考えながら上って、無事頂上に。
ここから北軽井沢への下りは半袖で寒くもなく、
この時は気温はちょうど良くさわやか。

北軽井沢から嬬恋、そしてお馴染みのR144のだらだらした上りで鳥居峠まで。
Rimg2059
R144のだらだら上りは、割と楽だよなという印象をもっていたので、思ったより辛かったりした。


R144から菅平高原への道は一般的にはR406。何度も行った経験があるので、思わず今回のK182への右折を見逃し500mほど下ってしまって、戻る。
K182、菅平牧場方面、R406と違った山道らしい少しワイルドな道。この道もなかなかいいじゃないですか。

菅平高原からR406大笹街道を一気に下る。この道は10%級の長い下り道。スピードが出る。路面が一部かなり荒れていてちょいと怖い。カーブの道路に縦線の刻みのあるところもある。慎重に下る。ここをSR600Fujiでは夜に上ったわけだけど、こりゃ上りは大変だわなと自分に感心した。

須坂市から小布施町まで下って、そこから飯綱町近くのPC2へ。

PC2 (7-11信州牟礼店) 196.5㎞ レシート時刻:19:16 (貯時間 1:52)

このPC2の場所が標高600mぐらいの場所にあって、直前の3㎞が上り。もう少しでPC到着!という気持ちが萎える。
薄暗くなって到着し、スタートするときは真っ暗。下りは一気に汗が冷え込み、坂の途中で震えが止まらず、停車してウインドブレーカー等を着こむ。

長野市街地で遅めの夕食。

Rimg2067

早い、安い、ボリュームある、私のブルべ定番食。すき家の並みサラダ定食たまご付き。
補給食はハンドル近くのBentoBoxの中。バタピーと揚げあられを食べながら走る。これで朝まで行けます。

今回、一番厳しかった場面は、この後の地蔵峠越えての上田まで。夜の地蔵峠上りが長く感じた。そして下りが激寒!

上田市街地は、真田氏歴史館前通過。夜中なので明かりもなく、人もいないが、昼間だったらすごい人気なんだろうねぇ、きっと。

PC3 (ローソン東部別府店) 259.9㎞ レシート時刻:23:50 (貯時間 1:30)
Rimg2068

疲労困憊の時間帯。写真の右端にいたのは、ハタさん。ここで偶然会いました。あらまぁ、参加していたんだ。

もうここまで来れば、大きな峠はない。後は、だらだら上りを少しやっつければ、中軽井沢。今回のコースは旧碓氷峠を下る。夜の碓氷峠下り、この日は静かで車はほとんど通らず。

PC4 (セーブオン吉井黒熊店) 335.9㎞ レシート時刻:4:12 (貯時間 2:12)

Rimg2071 Rimg2072

PC4ですっかり明るくなり、朝ごはん食べる場所が見つかるかどうかわからないので、これで朝食。
ちょっと眠いが、もう少しなので、一気に終わらす方を選択。

このコースは信号が少ないし、朝方は微風追い風だったかな、快調にゴールへ。

Goal (入間市豊水橋) 402.2㎞ 時刻:7:50 (制限時刻:11:00)

PC2の折り返しあたりでは、24時間以上は当然、時間ぎりぎりかなと想定してたけど、割と早めにゴールできた。

二度上峠、菅平牧場へのK182、地蔵峠、上田から軽井沢への県道、今回のコースの良かった道。また、走りに行きたい。

オダックス埼玉のスタッフの皆さま、今回もお世話になりました。
ヘルメットとグローブをゴール場所に置き忘れしまい、ご面倒おかけします。

そうそう、先週壊れたeTrex20は修理はあきらめ(修理代は購入費にかなり近い金額)。
eTrex20xを火曜日に注文してすぐに入手。今回は新品のGPSでバッチリなはずだったのですが、2か所曲がり損ねて通過しました。

2016年5月25日 (水)

BRM521日本橋400㎞茨城満喫 ~GPS壊れて迷走に次ぐ迷走~

BRM521日本橋400㎞に参加してきました。BRM402東京400に次いでの今季2回目の400です。
今回は、珍しい昼13時スタート。自宅を11時半に出て、途中、吾妻橋近くの松屋の隣のゆで太郎でミニかつ丼定食で昼食をして現場に到着しました。

自宅を出た時からGPS eTrex20が電源落ちする現象が発生。1月頃に発生した後、しばらく正常に動作し使い続けていたのだが、この日は最初から不調。電源を落ちては入れて、落ちては入れての繰り返し。


Strart 都立木場公園 13:00 → PC1(7-11 つくば篠崎店) 86.1㎞地点 レシート時刻:16:59 (貯時間 1:45)

車検してスタート。今日のスタッフは大野さん。BRM402東京400でご一緒しましたね。
GPSは電池を外して電極を拭いたら少し調子良くなったような感じ。電源ONの時間がやや長めにしばらく動いていました。

Rimg2019

スタート場所から、また自宅方面へ戻るルート、そこから中川沿いで松伏、野田橋、芽吹大橋から筑波山方面へ。昔AJ埼玉のコースで良く使わていたコースです。

途中、後ろから声をかけられました。おっ、石丸君。また、ご一緒しましたね。明日用事があるので笠間まで走ってDNFするんですか。いやぁ、そりゃ、夜遅いんじゃないの、TXでつくば駅で帰る方がいいんじゃないの、なんて話をしていました。
Rimg2020

PC1到着。
86㎞、4時間、まずまず順調。しかし、昼スタートはすでにかなりの距離を走っている気分になるなぁ。


PC1 → PC2 (7-11 茨城大宮八田店) 162.5㎞地点 レシート時刻:22:43 (貯時間 1:09)

PC1で心配していたにわか雨がポツポツ。
ここからPC2まで補給がほとんどないらしいので、とりあえず腹ごしらえ。

Rimg2021
Rimg2022

不動峠手前の名無しラーメン。あっさり味の佐野ラーメン風。丁寧な作りでした。夕方は17:30から開店でちょうどその時間に入店。

この後、にわか雨、本降りに。雲は切れているのになぁ。
閉店していたお店の軒下へ撤退し、様子を見ながら雨具を着る。雨具を着てから雨の中へ出るのをもたもたしていたら雨が止んだ。結局、雨具を脱いで再スタート。

不動峠を上っていると、途中で石丸君が下りてきた。やっぱりつくば駅で帰るんだね。

不動峠→風返し峠→湯袋峠→フルーツラインと行くのであるが、ついにGPSが完全にご臨終。セイコマートの交差点名がキューシートにないのでそこを通過したのだが、結局行き過ぎで戻り、セイコーマートでスマホでコース確認。セイコマートで乾電池を購入して試しにGPSに入れてみるとまた少しだけ動作。
正規のコースはセイコマートまで来ないのが正解だったのだが、ここからコースに入って道祖神峠を越えて、ビーフラインへ向かう。
そして、また笠間市内で迷う。どこにコースがあるのかなかなかわからず、スマホで必死に調べて、どうにかビーフラインの入口へ。

Rimg2023

ビーフラインの途中にあるPC2には貯時間わずか1時間で到着。1時間しかないけどゆっくりと食事。160㎞しか走っていないのに時間23時。コンビニには私が最後の出発者のようだったし。


PC2 → PC3 (LOWSON 日立相賀町店) 204.7㎞地点 レシート時刻:02:22 (貯時間 0:18

ビーフラインも終わりグリーンふるさとラインへ。いくつかのトンネルを通過し順調に進んでいたかに思えた。後2㎞ぐらいでPC3。ドン付きのT字路のはず。来ない。

また、スマホでGoogleMapを見ると、な、なんと日立市から遠く遠く離れているじゃあーりんませんか。日立市ではなく常陸太田市ですよ。
家もない広く見渡しのいい場所に夜中ひとり。「GPS壊れてDNF」ってことで、今回は決定か。
しばらく考えて、まだ時間はあるのでとにかく日立市へ向かおう。ってか、戻ろう。
GPSも動いていないので道路標示を頼りに日立市へ向かったのでした。そして、どうにか制限時間にぎりぎり間に合いました。(根性!)


PC3 → PC4(7-11 鹿嶋明石店) 280.4㎞地点 レシート時刻:06:36 (貯時間 1:04)

日立から阿字ヶ浦、大洗に向かって朝が来た。眠いけど我慢。眠ったらDNFだよー。

大洗からT字路突付き左折したら、なんだか道が海沿いから離れていく。あれ、間違っているみたい。停車してスマホで調べるとまたもや大間違い。すごい迂回路をして海沿いの道N51に戻ると内陸部と違って濃霧。そしてやけに低気温。

Rimg2025

PC4は濃霧でした。

Rimg2026

鹿嶋スタジアムが曇っていました。


PC4 → PC5(7-11 阿見追原南店) 328.2㎞地点 レシート時刻:09:47 (貯時間 1:05

ついつい真っ白画面のGPSを見つめてしまい、もはやキューシートだけでは走れない自分を思い知るのでした。
霞ヶ浦沿いでは500m程度の砂利道も走らされ、多才なコース取り。

Rimg2027

そして、また、PC5まで残り1.1㎞の交差点を見落とし、しばらく直進し、7-11ではなくファミマがあるんだが変だなぁと気づいてまたもや戻ることに。

結局PC5に到着したときにはトータルで30㎞程余計に走っていたのでした。

そんなこんなのコース間違いの話をPC5でしていたら、それじゃ一緒に走りませんか、と救いの神、渡辺さん。思えばスタート直後に前を走っていた人でその後もPCで頻繁に一緒になっていました。

PC5 → PC6(7-11 白井神々廻店) 364.4㎞地点 レシート時刻:12:06 (貯時間 1:10

Rimg2028

PC5から少し行くと阿見アウトレット。(先日女房と来たばかり)
そこから見える牛久の阿弥陀如来さまが福を呼んでくれたのかもしれません。救いの神の走りは落ち着いていて無理がなく、おしゃべりしながら走っていると気持ちも楽に順調に駒を進めていったのでした。
無事PC5到着。さて、この白井市の地名はなんて読むんでしょうか。神々廻、かみがみめぐり。道路表示のローマ字でわかりました。shishibaでした。こりゃ、難読。


PC6 → FIN(LOWSON 東京日本橋一丁目店) 404.2㎞地点 レシート時刻:14:53 (貯時間 1:07)

PC6からFINまでの経路がキューシート行が多くて難解。こりゃ、助かった。GPS無しではとても無理。救いの神、渡辺さんとPC5から一緒になったイナガキさんと3名でおしゃべりしながらなぜか京成電鉄の主要駅巡りになっているコースをたどって、日本橋へ。

Rimg2029

そして、本日のゴール受付は、日本橋社会教育会館。日本橋小学校の中。シュークリーの迎い。シュークリーは日曜日はお休みでした。

女房にはお昼までに帰宅するなんて言っちゃっていて、ちょっと考えが甘かった。意外にガツンと来るコースでした。鹿嶋神宮のそばをわざわざコースに入れてくれたりして工夫されいましたが、自分に余裕がなく寄り道ができないだけでなく一睡もできず。
来年もこのコースやったら参加したいね。(できれば朝スタートがいいなぁ。)

全走行距離:467.1㎞ (自宅、スタート/ゴール地点の往復も含む)

2016年5月15日 (日)

iPhoneからAndroidへ

今回の土日は、自転車はお休み。

土曜日14日、ついにスマホ買い替えました。
従来auのiPhone5。月額の通信料およそ8000円。年間約10万円。もはや車1台分のランニングコストに匹敵するんではないだろうか。
それで主にやっていること。毎朝のメールチェックとSNS。
日頃、いくらなんでもこんなことにコストかけすぎだろ、と思ってた。

今回、父が使うことのできない状況になってしまったので携帯電話の解約を実施。
女房のiPhoneもちょうど2年に一回の解約月なので、解約してSIMフリーの楽天モバイルのAndroidに変更した。なんとMNPで電話番号継続して、月額たったの1600円。

Rimg2017_2




そして、自分のも、1週間検討して、ついにSIMフリーに変更しました。
月あたり5000円以上の差額ですよ。新規スマホ代金約30,000円。auの解約金やら手数料やらで15,000円加えても45,000円でしょ。1年で差額分ですぐに取り返せますよ。

画面を大きくして老眼対応。

ってわけで、土日、スマホの移行で面倒な作業を続けています。



日曜日15日。

Img_20160515_1_2


実家の生垣の剪定作業。父が入院中なので、伸びきっていました。半日でできるかと思っていましたが、結構大変な作業でした。ハサミでは1日中かけても内側までできず。
それに非常に疲れました。電動バリカンを買うほど大規模でもないし。

てわけで、自転車乗らず。

来週、再来週、ブルべ行くので。

2016年5月 7日 (土)

2016年4月度:自転車総括

02日(土)  406.9km BRM402東京400kmサッタ峠 

09日(土)  113.6㎞ 近所のいつものコース

10日(日)  117.7㎞ 吉見のさくら堤

16日(土)  325.8㎞ BRM416たまがわ300km足尾

29日(金)  50.0km 福山駅から三原須波まで

30日(土) 5月度へ BRM430広島1000㎞三原須波発四国

自転車走行距離 月間 : 1,014.0㎞、年間 : 2,935.0km   ランニング 月間:0km、年間86㎞

4月は23日(土)の母の七七日の法要、納骨を無事終えて、とにかく一段落。
準備不足で心配していた、しまなみ海道、四国へのBRM430広島1000㎞も無事完走できてこれまた一段落。久しぶりに完走に苦労したアップダウンのコース、そして天気が良かったとはいえ、大きな寒暖差、向かい風に苦しめられた。完走率が50%未満だったようで難しさが数字に出ていた。
走行距離も徐々に伸ばすことができて体調、体重もいい具合になってきている。
いよいよ夏場へ入る。山が呼んでいる。


次の大きな楽しみは、北海道1200。それにに向けて、400㎞、600㎞を一週間おきに小さく楽しみたい。

結果と予定  ○=申込済

1月  BRM110東京200㎞=完走、BRM130東京300㎞=DNS

2月  BRM221埼玉200小田原城=DNS

3月  BRM312東京300相模湾=DNS、BRM326日本橋300フラット東関東=完走

4月  BRM402東京400=完走、BRM416たまがわ300㎞=完走、BRM423東京600=DNS、BRM430広島1000=完走

5月  ○BRM521日本橋400茨城、○BRM528埼玉400長野

6月  BRM611たまがわ600那須、○BRM東京300富士熱海

7月  BRM702埼玉600日本海、○715北海道1200

8月  SR600KN

9月  BRM922東京1000

10月 BRM1007埼玉1000

2016年5月 5日 (木)

BRM430広島1000三原須波発四国 ~橋、山、トンネルを満喫~ (最終編)

720㎞地点のバス停で寝過ごし、次のPC8 786㎞地点の制限時刻18:17。65㎞を3時間15分で行かねばタイムアウト!
脚を使い切った究極の状況で20㎞h以上で65㎞を走らなければならない。

幸い上りもなく、本来15時にはスタート予定にしていた風呂場の752km地点まではほぼ20㎞hで推移。

そう思っていたら、前方、道路工事区間。キューシートで事前に説明があった現場の迂回路に従って迂回するという箇所に来ました。
ありゃ、すごい上り。自転車だけでも直進させて欲しいなぁ。
道路工事の人は赤旗で直進を制止して右折側の狭い道を指示しながら、
「迂回路説明しましょうか? しばらく上ると国道441号にでるので・・・・・」
(親切な人だけど、やばいよ、説明は手短でいいよー)
「GPSあるのでわかると思います。」
説明をすぐに振り切り、右折。これが劇坂!15%級。なんじゃ、これでおしまいかー。
坂を上りきると三方に分かれた道。これを間違えると終わる。
一番右は違う方向なのはすぐにわかる、左は下り、やや右は上り。どっちだ。いったん左を10mほど下ってGPSを見ながら確認してやや右が正しいことを確かめて、また上る。
上り切ったらその後やっと下りの長い区間になった。35~40㎞h近い速度で走ると前方に他のライダーも見えた。この時点で確実に間に合いそうな時間帯になってきて
安心した。


PC8 785.94㎞(L 西予卯之町店)2日17:55 貯時間0:22
制限時刻は18:17なので、20分近く前に到着できた。大勢のライダーが夕食中。残り200㎞ちょっと。残りのPC9とゴールだけ。これでおそらく完走が濃厚になった。

Rimg1954

Rimg1955

このPC8は西予市の市街地。直前に以前も見た「大介うどん」の看板があったので少し戻ってこのうどん家へ入って夕食にした。昼もうどんだったけどね。一度地元のうどん屋も入ってみたかったのよ。
一玉ずつ、小さいざるが10個ぐらい置いてあって、小さめのどんぶりは1~3玉、大きいどんぶりは3~8玉って書いてある。
「何個でも同じ値段?」「そうだよ」
それじゃ、3玉に。
自分で湯切りのざるに入れて、お湯の中に。要領がわからないので後から来た人を前に入れてその人と同じようにした。
トッピングが少し変わっていて、天ぷら以外のものが充実。かき揚げとじゃこ天と肉ゴボウを載せて、ネギは一杯10円。ネギも有料だ。
お腹空いていればうどんを腹いっぱい食べても500円だ。

Rimg1956

Rimg1957

お腹を満たして、次のPC9まで約90㎞。
海岸線の道をトンネルをいくつも通りながら、やや下り、やや追い風基調で順調に進んだ。思えば今回初めての追い風基調かな。ずっと向かい風だったなぁ。

松山市内に入ると久しぶりの大都市。ここの健康ランドで休みをとると言っていた人がいたな。私は結局寄らないで直進したけど道後温泉に寄るべきだったかなぁ。


PC9 893.26㎞(L 菊間町店)3日1:29 貯時間2:09
とにかく早めにPC9を済ませて、安心したかったので、まずはここに直行。

Rimg1962 

ここから少し行けばしまなみ海道に入るので、朝になるまでの休憩場所を調べると近くの大西駅近くにジョイフルがあったのでそこに行ってみたが、がちょーん、24時間営業でなく閉まっていた。
仕方がないので3件ほどコンビニを確認して(今治市内になるとコンビニが沢山ある)イートインのあるローソンに2:50に入って長時間休憩。後からブルべの人が2名入ってきた。
ここで2時間休んで5時前には出発。

Rimg1968

Rimg1973

3回目の夜明けがやってくるとゴールはもうすぐです。
しまなみ海道で、また、石賀さんとご一緒になり、朝食しました。ずっと同じペースでしたね。

Rimg1976

しまなみ海道や四国の主要な道路には上のように白線の内側に自転車通行用の青線が引かれていました。自転車用に車道の中を走って良いという印になっていてとても走りやすい道路環境でした。これ、素晴らしいです。全国的に進んでくれたらうれしいですね。


GOAL 1003.92㎞(L 三原須波店)3日11:03 全走行時間73:03(制限75時間)

やっと、どうにか、ゴール。

Rimg1985

過去最高に近い厳しいコースでしたが、初めての場所で大変楽しめました。
思えば、7年前に四国の旅行の本を買って一度自転車で訪れたいと思い続けていたら、オダックスの支部が沢山発足し、ブルべに参加すれば全国どこでも行けるようになりました。
また、機会があれば四国に来てみたいです。
AJ広島のスタッフの皆さま、参会者の皆さま、石賀さん、ありがとうございました。

Rimg1892

おまけ。
道路を走っていると随所でお遍路さんを見かけました。四国に来てるって風景の一つでした。

全走行距離:1069.2㎞ (4月29日~5月3日)

BRM430広島1000三原須波発四国 ~橋、山、トンネルを満喫~ (後編)

道の駅あぐり窪川のレストラン風人で朝カレーセット700円をゆっくりと食べ終えて時計をみたら10時半。次のPC4まで約50㎞、制限時間まで4時間半。充分余裕はある。
とにかく貯時間は気にせずここからはゆっくりと行こう。ぎりぎりでも600㎞超えれば制限時間は緩くなるから。

食べたものが良かったのか、向かい風基調ではあったものの海沿いコースが気持ちよく、元気が回復。脚が動くようになってきたのでした。

Rimg1877

鯉のぼりが沢山泳いでいました。

Rimg1880

Rimg1883

土佐の井ノ岬というあたりです。海沿いの気持ちいい風景でした。


PC4 438.44㎞(L 四万十竹島店)1日12:50 貯時間2:22
Rimg1885

DNFを思い留まったもののさほどの時間ロスはなく、貯時間はあまり変わらず。とにかく暑くなってきたのでガリガリ君。

Rimg1888

Rimg1891
かの有名な四万十川。四万十大橋を渡った。


通過C2 465.24㎞(L 土佐清水旭町店)1日14:33

ここも暑かったのでアイス。ジャイアントコーン。

Rimg1893
Rimg1895

Rimg1899

足摺サニーロード、また、日本の素晴らしい海岸線を自転車で楽しむことができました。あきらめないで良かった。

PC5 514.19㎞(CK 宿毛バイパス店)1日17:47 貯時間2:29


牛乳で栄養補給してホットコーヒーで一休み。ついでにおにぎりが100円セールだったので1個補給。

Rimg1902_3

この後550㎞地点のお風呂を21:30発で予定していたので、まずはそこまで頑張った。暗い海岸線通り。バス停が屋根付きの部屋になっていてそこだけ明るい。ここの通りのバス停で休んだ人も多かったでしょう。

場所が良く分かっていないので近くでスマホで調べ調べして、なのに通過してしまって戻って風呂「ゆらり内海」へ到着。20時頃。1時間30分休憩。
思っていたより小さめのお風呂。銭湯ぐらいかな。お客さんも割といました。
1時間30分といっても最初の30分は中の様子をうかがい、脱いで、トイレ行って。これで30分。風呂入って洗って、着替えて、バッグにパッキングして30分。
21時にレストランに入ってラストオーダーで最後の客。場所柄「かつを」であるべきなのであるがちょっと値段が張るので、マグロ漬け丼で我慢。

Rimg1903_2

21時30分に再スタート。


PC6 572.80㎞(L 宇和島中沢店)1日22:49 貯時間1:23

風呂から20㎞で到着。PC6は宇和島市街地でジョイフルかローソンどちらのレシートでもOK。その他、すき家、ガスト等いろいろな店が集中していた。私が到着したときも多くのライダーがローソンにいたのでほとんどの人はローソンにした様子。
さっきの漬け丼はボリューム不足だったのでパスタサラダとコーヒー。ここからまた山道に入っていくのでおそらく補給個所は当面100㎞以上は無さそう。
補給食として昼間に買った6個入あんぱんとバタピーの残りがあった。


PC7 609.11㎞(道の駅日吉夢産地)2日1:33 貯時間1:14


35㎞ほど上って道の駅到着。
19:00前で売店が開いていればレシートチェック。その後は時計台の写真を掲示板にアップするというルール。iPhoneでアップできず困ったが、バッテリーが無くなりそうだったので写真だけ撮ってすぐにあきらめて後で対処することにした。
Pc7_2

600㎞も超えて時間制限が緩和されており、ここから先のPC、2か所は時間チェックなので割と多くの人がここで仮眠休憩をしていた様子。暗くて良く見えないけど。
とにかく寒くて寝るのは難しそうだったので、雨具をジャケットだけでなくパンツもはいて、グローブは布手袋にゴム手袋をはめて完全防寒体制にしてすぐに出発した。

この後、上ってはトンネル、上ってはトンネルを繰り返し、夜明けが近づいてトンネルを出たら急に市街地に出ました。今、地図で調べて思い出しました。梼原町。山にあって村ではなく町でした。
ここで薄明りになってきたのに濃霧が発生しており、雨具で助かりました。タオルでグラスを拭き拭きしながら街中を抜けました。(フランスのPBPを彷彿させた朝の濃霧でした。)

ここから今度は下ってはトンネル、下ってはトンネルを経由して川沿いの朝の集落へ。
Rimg1907


Rimg1909

どうにかまだ行けそうです。

ここから天狗高原約1500mへ上ります。今回のコース最大の難関。最初はガードレールがない細い道、くねくねもあり、しかし10%級だったのですが、それが次第に15%になってきました。

Rimg1910

寂れた感じがいい感じでしたが。

Rimg1912

明るくなって15%級坂が続くと暑くてたまらん。すべての雨具は脱いで昼間の体制に変更しながら休憩。


通過C3 655.23㎞(天狗荘横駐車場)2日7:23

7:20についに天狗高原に到着。快晴です。気温も最適です。最高な環境です。

Rimg1913

Rimg1916

ここもクイズポイント。天狗高原周辺案内版の指定個所の文字を書きとめます。

Rimg1918

こんないい天気にここに来れるようなことは一生に一度もんかもしれません。

あんぱん食べて、トイレに行って、あまり長くここにいたら終わらないので7:50頃に出発しました。
この後いよいよ四国カルストへ。

Rimg1926

狭い道、朝早いのでバイクだけ時々走っていましたが、車は少しだけ。前方に劇坂が見えますが、ここまでの坂に比べれば大してことはありませんでした。車はすれ違いができない道。渋滞したら大変だろうなぁ。

Rimg1936

ここが四国カルストかぁ。ついに来たよ。

Rimg1941_2

Rimg1945

Rimg1946

Rimg1947

牧場の牛たち、キャンプ場の人たちが気持ち良さそうでした。

ここからは一気に九十九折の長い下り道。ディスクブレーキの本領発揮する道でした。もちろん安全第一で遅いです。
九十九折下りきると今度は長いトンネル約3㎞です。トンネル多いよ、


通過C4 696.38㎞(道の駅みかわ)2日10:19

ここでもまたクイズポイント。

Rimg1948

国土交通省四国整備局の掲示板の指定文字を使って正解を解きます。
四国はトンネルがどこも割と大きくて新しいので近年にすごいお金を使って整備してきていますね。そしてどこも自転車にも安全な広さを確保していました。

この後ちょうどお昼の時間になり、「道の駅小田の郷せせらぎ」にいい感じのうどん屋があり、ここで昼食にしました。天狗高原の上りを制覇した自分にご褒美。

Rimg1950

日替定食、うどん大盛+100円にしました。このうどんがめちゃくちゃ美味しい。なんでしょうか、このなめらjかさは。そしてこしもある。付け合わせも素晴らしい。左下のふたを開けるとごはんも付いています。

Rimg1952

店構えも品がありました。私の後、続々とライダーが入ってきました。この辺じゃここしか食べるところがなかったのかも。

満腹で2晩で20分しか寝ていないのでこの先で恐ろしい睡魔がやってきました。と、そこに便利な田舎の屋根付きバス停。横になりました。時刻は13時過ぎだったと思います。

熟睡に入りました。そして、パッと覚めました。
一瞬自宅のベッドで起きた錯覚があり、このバス停が夢ではないかと思いました。いや、これが現実だと気が付くのに少し時間がかかりました。

腕時計を見ました。午後3時ちょうど。
752㎞地点のお風呂に入った場合には15時に再スタートすることに決めていたのでそれが頭のどこかに残っていて目覚めさせたようでした。

そして現在の地点は720㎞ちょっと。次のPC8(786㎞地点)の制限時刻18:17。
つまり、65㎞を3時間15分で行かねばタイムアウト!最大のピンチ。この辺の道、アップダウンがあるだけでなく、この時も向かい風が割と強く吹いていて25kmhで走れていませんでした。
なんてこった!アドレナリン全開!火事場の馬鹿力出ろ!
最終編へ続く。

2016年5月 4日 (水)

BRM430広島1000三原須波発四国 ~橋、山、トンネルを満喫~ (前編)

スタート(三原市須波海浜公園)30日10:00

スタートからPC1まで144㎞だからちょっと長い。

Rimg1798

Rimg1799

最初の20㎞で三原駅、尾道駅前を通過し、このコースの最初と最後の見処走処、しまなみ海道へ。
入り口の尾道大橋では早くもBAJ2400のおそらく先頭集団4、5名とすれ違いました。
「頑張ってぇ!」
こちらはまだスタートしたばかり、他人のことを応援する余裕があります。向こうはすでに2日目、おそらく500㎞ぐらいは走っているのかな。

Rimg1844

この後、しまなみ海道の大きな橋が6個あり、最期の来島海峡大橋でもすれ違いましたから前後60㎞ぐらいでこちらの反対後方へ走っていることも換算すると前後で結構な差がありました。総勢で30名程度確認できたでしょうか。もちろん今もまだ走っていますね。頑張ってください。

Rimg1807

しまなみ海道はもちろん自転車と歩行者は無料。原付やバイクも一部で同じところを走っているので要注意でした。橋の前後で平均3%のアップダウンがあり、橋、島をめぐります。
Rimg1812

最初の因島大橋だけは橋の下に自転車、歩行者、バイクの専用道路が設けられていました。

Rimg1813

Rimg1819

Rimg1831

Rimg1835

Rimg1838

しまなみ海道は自転車乗りが周辺から沢山集まってきていました。尾道駅前、周辺でもレンタルバイク屋が目立ちます。途中の海岸にキャンプ場があったり、GWなのでイベントが開催されていたり、海もきれいなので釣りなんかも良さそう。いろいろな遊びが楽しめそうなところです。

80㎞近くを走り終え最後の島である大島のコンビニで昼食。(13:59)
ここはまだ時間を貯金しておきたいのでさっさと済ませます。偶然コンビニにまた石賀さん。同じようなペースです。
天気よくて、どちらかといえば暑い。食べるときは日陰に入りました。
100㎞走ると四国の今治市に上陸。この年になって陸路で来たのは生まれて初めてです。
今治の市街地を抜けて南東方面へ向かって、西条市、新居浜市へ。なんだか向かい風気味であまり速度が乗りません。

PC1 144.49㎞(MS 新居浜市北内町店)30日17:18 貯時間2:18


144kmで貯金2時間。まずまず。500㎞で5~6時間ためて睡眠と休憩をたっぷりしたい。

Rimg1848

しかし、前方にそびえ立つきりだった山。これから夜に向かって行かねばなりません。次のPCまで100㎞弱。補給がない、下りは路面が荒れていて凸凹で最新の注意が必要との事前情報区間です。
さっき食べたばかりですが、おにぎりを1個おなかに入れて、4個入りパンとバタピー(高カロリーなので好き)をリュックに詰め込みます。

ここから長い距離、上りが続きます。

Rimg1852

ダムのところはループ橋で一気に上がります。

Rimg1854

最初のトンネル。超えてもまだまだ上ります。

Rimg1856

上ってくるとだんだん夜が近づきます。山の上のほうは夕焼けが照り付けてきれいです。途中の上りで一休みしているライダーもいました。

Rimg1859

標高約1000mまで上ると下り。寒いので、ウインドブレイカーにコアテの雨具も着こみました。昼間の厚さは嘘のような気温になっています。

通過C1 184.75㎞(富郷ダム管理事務所内駐車場)30日20:28

Rimg1863

今回の通過チェックは、クイズポイントになっています。山の上の方にある真っ暗なダムの管理所駐車場内にある石碑の文字を書きとめます。
すでにここで仮眠している人一名。早すぎじゃないかい。

この後、県道6号が国道319号に変わると酷道に相応しい非常に危険な道になりました。狭い、凸凹、路面の端の木屑、危険いっぱいで慎重に下ります。

PC2 238.62㎞(7-11 三好大歩危店)30日23:58 貯時間1:58


Rimg1865

PC2にやっと到着。予想通り時間かかりました。貯時間を減らさないように脚も削りました。
日本三大秘境のひとつといわれる徳島の祖谷(いや)の一画にある小歩危峡(こぼけきょう)、大歩危峡(おおぼけきょう)。一生のうちに一度は来てみたかった場所。
しかし、こんな夜中に来ても真っ暗で何も見えません。残念ながらまったく意味がありません。

四国のコンビニは圧倒的にローソンが多かった中、今回唯一あった7-11(ここは香川か徳島県方面から配送ルートがあるんでしょうか)。この地で食したのは、わかめ蕎麦360円とコールスローサラダ198円。今回のブルべではななこカード活躍しませんでした。

コンビニ前でひと眠りしている人も数名いますが、もっと時間を貯めこみたいので食べたらさっさと出発します。次のPC3まで約90㎞。到着は完全に朝でしょう。眠気に気を付けて走りに集中します。

徳島から南西方面へ国道32と439号で南西方面へ向かい高知県へ入ります。(ここは山道だけど酷道ではなく国道であった。)途中500m級と250m程度の峠、トンネルを経由、休日なので心配していた大型車もなく夜中なので車が極めて少なく、眠気を超えて無事朝がきました。
朝が来ると天気は良くても山の上のほうが霧がかかっています。とにかく寒い。すべての着るものを着用します。雨具が役立ちます。

PC3 329.66㎞(L 仁淀川町大崎店)1日05:39 貯時間2:21

夜だから、山道だから、そして割と強い向かい風、寝なくても貯時間はさほど増えず。気持だけ萎えます。
PC1とPC2は補給困難は事前に聞いていましたが、PC2とPC3もコンビニは1件もありませんでした。補給可能場所はまったくなし。
リュックは重いけど食べ物を入れていたので助かりました。パンとバナナ2本、バタピー。

Rimg1867

とにかく寒いのでカップ麺で朝ラー。ここまで来てカップ麺かい。寒いから仕方がない。悲しくなってきました。バナナ2本は食べつくしたので、また1本補充。次のPC4までまた約100㎞。でも明るくなったのでどうにかなりそう。

Rimg1871

祖谷は真っ暗でしたので、この辺も山の斜面の家が見事なので一枚写真。(高知県の仁淀川の川沿いです。)

下り基調でしばらくすると高知県の須崎という海岸線に出ました。先ほど寒さが嘘のように気温が上がってきました。

Rimg1873_2

「かわうその里すざき」という道の駅で雨具とウインドブレーカーを脱いで一息つきました。

せっかく四国にきて340㎞寝ないで走って食べるものはコンビニ食だけ。座って食べたいけど時間がない。 これでは550㎞地点の風呂で眠る時間が取れない。少し焦りの気持ちでした。
走っていて眠気が襲ってきたところにちょうど東屋を発見。20分だけ横になり睡眠。

すぐに走り出したものの頭がぼーっとしているし脚にも力が入らず踏み込みできない。数分走ったところに道の駅「あぐり窪川」
2時間の貯時間はさっきの睡眠で1時間半ぐらいになっているだろうし、せっかく海沿いでにぎやかな市街地なのに脚が回らない。風も相変わらず向かい風。仕方がないので道の駅でDNFにするか。

この道の駅は午前中からにぎやかでした。時間は10時頃。お米を飼料にしている豚肉が名産のようで豚肉の串を炭火で沢山焼いていていい匂い。こういうものを食べると元気がでるかも。

Rimg1875

一本300円でかなりの大串。美味しい。もう一本食べるか。いや、DNFにするんだからレストランで座って食べよう。
レストランで豚肉うどんを注文したが、あいにくお昼メニューは11時からということでモーニングメニューからの選択になり、一番ボリュームのあるカレーセットにした。

Rimg1876

サラダ付きがいい。ブルべのコンビニ食で生野菜を食べなくなるのがきっとお腹の調子を悪くしている。DNFにするんだからゆっくりと食べよう。

後編に続く。

BRM430広島1000三原須波発四国 ~スタートまで~

今年のGWはどこのブルべに参加するかで迷いました。
まずは、BRM423岡山1200。今年は、R10000を目指すため1200㎞を走らねばなりません。
しかしながら、北海道1200㎞が前回参加枠でエントリーできたので、この日程と近いBAJ2400にエントリーするために岡山1200は止めました。
そして結局BAJ2400はエントリー開始時間情報がつかめずにエントリーできなかったので、今回のBRM430広島1000にエントリーしました。

<事前調査>

1000kmなので途中の宿泊予定等の下調べが必要です。
このブルべは主催者でスタート前の初日泊の予約をしてくれましたのでそれを利用しました。
スタート後1000㎞なので3回夜が来ます。私の場合2回目の夜にホテルか24時間風呂で宿泊する方法しか経験がありませんが、今回2回目はどうも市街地無しで山の中、2日の2:47の時間チェックの場所があります。ということで2日目夜の宿泊はあきらめました。
そして1日目夜も山の中で市街地通過しません。これもあきらめました。
お風呂が見つけられた場所は、548㎞地点と752㎞地点の2か所。夜の営業は22時までです。
結論は、とりあえず途中で一度はどこかの風呂に入って、ベンチ等で仮眠する方法しかない。スタート前から不安いっぱいでした。

<前日>

途中の宿泊予定ができなかったことに加えて、新幹線の座席予約も直前になり(4月23日が母の49日、納骨で忙しくてね)、乗らねばならない日はGW初日なわけでいい時間帯の予約はすべて満席。仕方がないので東京駅始発駅なのでどうにかなるだろうという気持ちで輪行体制にして自宅を出発しました。

そうそう、宿泊とれていないということは途中はランドリーできない、荷物のドロップバッグ等もできないわけですべて持たねばなりません。今回はサドルバッグに加えてリュックも使いました。

サドルバッグには、雨具の上下と電池類。
リュックサックには、着替え用のジャージ、レーパン、靴下1式。アンダーは冬用夏用で2式。電車で着る半ズボンとパンツ、タオル。ウインドブレーカー。
ボトルゲージ1つに輪行袋、もう一つにツールボックス。もちろん1つは水。
腕と足のウォーマーは身に着けますが暑くなれば脱いでも搭載可能なようにサドルバッグ上は空けました。
自転車のフル実装でこれが手持ちの限界でしょう。

輪行で荷物も少なくない中、東京駅に到着。のぞみ博多行きのホームの1号車方面へ混雑をかき分け自転車を持って移動。これがツライ。予定通りすごい列で最後尾にプラカードを持った駅員がいました。聞いたところすでに座れないということ。
仕方がないの隣の新大阪行きのぞみのホームへ自転車を持ってツライ移動をして30分待って乗り込みました。座れる位置に並んでいたのですが、直前に来た黒人女性3名が先頭について後ろに付いた人達といっしょになだれ込んでしまってあっという間に私と自転車は最後尾で乗る羽目に。

Rimg1771

でも、どうにか最後尾の座席の後ろ、ベビーカー1台だったので自転車の入れ込みに成功!

Rimg1772

Rimg1775

新大阪駅からは「さくら」に乗り換えて、福山駅で少し早めに下車し、そこから自転車で三原須山まで向かいました。

Rimg1776

途中、しまなみ海道の入り口で。気持ちはウキウキ気分。

みはらし温泉夢の宿に到着すると前日泊のAJ宇都宮の石賀さんがいました。一昨年の東京1000やPBPでお会いしています。今回の宿で部屋がご一緒だっただけでなく、走行中も随所でご一緒しました。

Rimg1781

夜はがっつり食べて、朝もバイキングでがっつり食べて、おなかも準備完了。

Rimg1784_2

宿泊した宿のすぐ前の駐車場へ集合。

Rimg1785

今回特製の緊急連絡先のタグが配布されました。

Rimg1786

Rimg1787

30日午前10時、三原市須波をスタートしました。
続く。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »