2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月23日 (金)

父の葬儀とその後 ~初七日を過ぎて~

父が6月15日に亡くなり、初七日が過ぎた。
母が亡くなったのが2016年3月6日。まだ1年と3か月しか経っていないのに、母の葬儀の時のことが少し忘れかけていたので、今回は経過を書きとめておこう。


6月15日(木) 父が亡くなった日


早朝の4時、家の電話のベルの最後の一つで目が覚めた。
「なんだよ、こんな時間にワン切りか」と思い横向きに寝返ったら、枕元のスマホが明るくなって震えだした。すぐにピンと来た。父に何かがあったんだなと。

「〇○ビラ(介護施設)です。夜の見回りにいったところ、お父様が息をしていない状態です。すぐに来てください。」

ついにこの時が来てしまったか。前回訪問した日(11日)、元気が無く少し虚ろな感じだったことを思い出した。
とにかく近所の介護施設に妻と車で向かった。
すでに父は息を引き取っていて、少し冷たくなっていた。
その後、医者が来て死亡を宣告。
6時頃からエンゼルケア(死後処置)を実施するというので待っていたら、看護師ではなく「Cセレモニー」の人が来て、この後のことをご依頼されますかと聞かれた。妻の方で前回母の時にお願いした葬儀社にすでに連絡済だったのでお断りした。
この日は前日に続いて航空便で出張の予定で仕事をキャンセルするわけには行かない状況だったので、妻に「この後のことはよろしく頼む」とお願いして、一旦自宅に帰って羽田空港へ向かったのだった。

帰宅して父の家へ直行。(私の自宅の近所)

父は施設から実家へ移動されており、朝連絡しておいた姉が来ていた。姉は千葉県の勝田台に住んでおり少し遠いが、義兄と一緒に来てくれて昼間にいろいろやってくれていた。

近所に住んでいる妹夫婦は何とこの時あいにく海外旅行中。17日(土)に帰国予定。

妻のおかげで基本的な段取りがほぼすべて完了していたことに感謝した。

・葬儀社へ連絡し、父の遺体の移動を実施。朝会話した通り、通夜18日(日)、告別式19日(月)、場所は母と同じY斎場で決定。16日(金)午前10時から葬儀の打合せ段取りも済み。

・義兄のおかげで介護施設にあった父の物もすべてその人のうちに実家へ移動完了。

・姉が親戚への連絡を完了していた。

・町会への連絡や町会の同じ班の班長さんに受付のお願いを実施。

帰宅したらどうなっているか不安であったが、助かった。


6月16日(金) 葬儀社との打ち合わせ(通夜前々日)


午前から昼過ぎまでの長時間にわたり、葬儀社と打ち合わせ。
祭壇、棺桶、骨壺の選択から、通夜振る舞い、精進落とし等の食事の選択などなど、沢山決めることがある。それから母の時と同じように若いころからの写真、遺品の展示もすることにした。
ここ最近は1日葬とか家族葬が多くなっているようで、その気持ちもわかる。フルセットの葬儀はお金だけの問題ではなく、相当な労力が必要だ。

午後、近所の受付をしていただけるお宅へあいさつ回り。


6月17日(土) 通夜前日

BRM617千葉600はもちろんすぐにDNS連絡を入れていた。

父の実家にある写真を集めて選択する作業も妻がやってくれていた。うちの嫁は子供より親のことをわかってくれているのですごくありがたい。

この日は妹夫婦が旅行から帰ってくるので駅まで迎えにいき、旅行で疲れていることは無視して実家へ直行してもらった。

葬儀社が毎日ドライアイスを持って来るのでその時に葬儀に使う写真展示物を渡す。


6月18日(日) 通夜

昼食を買ってきて実家で妹夫婦といっしょに食べて、午後1時に葬儀社の納棺士がきて最終的なエンゼルケアを実施。

午後2時半、父を実家から送り出した。

Y斎場で通夜。
ご近所の人や親戚が大勢きていただき、ありがたかった。


6月19日(月) 告別式


最後のお別れ。
喪主の挨拶。私の出番。
1年半前の交通事故の後の経過と今のところに55年前に来てからの父の仕事について、簡単にお話しさせていただいた。

親戚一同で精進落とし。無事葬儀を終えることができてほっとした。


6月20日(火) 年金受給停止の手続き

今週いっぱい忌引き休暇にしたので、この間に出来る限りの手続きを終わらせたい。

最初は、年金関係の手続き。

実家に行って、父の年金証書、年金手帳を探す。予想通りの場所にあって、すぐに見つかった。

取り急ぎ、自分の戸籍謄本、住民票、印鑑証明を初めてコンビニで入手してみた。料金が役所で入手する手数料の半額だ。こういう時は取得する機会が増えるので安いのはうれしい。

死亡が戸籍に反映されるのに1週間程度かかるという情報が多いが、戸籍も住民票も同じ区内なので、午前中に区民事務所に出向いた。
思えば母の時もそうだったが、死亡届の処理は戸籍がまだされていなかったが、入手したいということを申し出ると優先的に1,2時間のうちに処理をしてくれた。
午後、戸籍(正確には除籍)を入手後、その足で年金事務所へ。
年金は15日締めなので、15日に亡くなっているので未支給年金が無しなのかと思っていたら1か月遅れで支払われているとのこと、1か月分の年金(わずかである)が請求できる。
「生計同一関係に関する申立書」という提出書類が難解なものであった。母の時もそうだったことを思い出した。


6月21日(水) 裁判所での民事訴訟の打合せ

1年半前の父の交通事故は、刑事裁判は終えて、現在、民亊訴訟を実施中。4月、5月に1度ずつ、6月はこの日が打合せの日だった。
裁判官、先方の弁護士2名とこちらの依頼弁護士と原告の私と事情通の妻の6名で打合せ。毎回、15分程度である。

今回は、こちらの依頼弁護士が原告の父が死亡したという報告をしたところ、相手の弁護士に安堵の微笑が見えた。生存予定期間分の損害賠償額が無くなって、6月15日までかかった費用に確定するため、争点が一気に無くなったからだ。


6月22日(木) 父の生まれた時の戸籍(除籍)入手

母の亡くなったときに結婚以降の戸籍は入手済だったので、今回、父の生まれたときから結婚までの期間の戸籍を入手すべく、茨城県境町役場へ向かった。もちろん自転車で。




Img_20170622_105318_2

父は昭和5年に東京市神田区錦町生まれ。その後深川に移って、昭和20年、東京大空襲の直前に長男だった15歳の父は、幼い兄弟姉妹5,6人を連れてリヤカーを引っ張ってここに移動したらしい。戸籍はここの場所なので、自分の家に戻ったということなのだろうか。

せっかくなので戸籍に記載のあった住所の場所を訪れてみた。

Img_20170622_113114_2

私が生まれる前のことなので、ここに来たからどうってことは何もない。
ただ、ここに父が昭和20年、15歳の時、移ってきて、ここで25歳に母と結婚したという事実があるということだけだ。
ここで戦後祖父が下駄製造を始めて当時は一気に成り上がったらしい。そして、父が昭和30年過ぎた頃、家族を連れて東京の足立区綾瀬に移って下駄の卸販売をした。おそらく東京の販売拠点だったのかもしれない。
しかし、下駄は一気に衰退して、綾瀬の家は祖父の持ち物だったということで処分されたらしい。


6月23日(金) お墓の石屋さんと打ち合わせ

七七日忌、四十九日の法要は、8月2日。予定ではLEL(ロンドン・エジンバラ)のゴールの日だ。
ということで、49日は、37日目の7月22日に早めることにした。かなり早いけどお父さんお許しください。
すでに1か月を割っているのでお墓に納骨するため石屋さんに日程を確認し、本日打合せを実施するため、八柱霊園へ。
そして、霊園近くの会食場所の料亭の場所を予約。


これで、LEL行くまでの当面の大きなイベントの段取りはだいたい済んだだろうか。

2017年6月 4日 (日)

Brompton納車

BRM603東京400を終えて帰宅後少し仮眠し、その後ブログに記録。
午後、Brompton納車準備完了だったので、日本橋に自転車を受け取りに行った。

自転車屋さんに着いてから、まずは折りたたみ方と展開の仕方を何度か練習。慣れれば簡単なんだろうけど、最初はちょっと難しくてぎこちない。

練習を終えて、事前にインターネットで調べていた様々な疑問点を確認。
・輪行袋のこと。リンプロジェクトのかオーストリッチのにするか。
・パンク修理するにはタイヤがクイックに取り外せないので、ママチャリのようにレンチが必要。
・チューブバルブが米式。そのための携帯エアーポンプも付属している。いずれ仏式に変更したい。

自宅まで乗って帰った。
ブルベ終えたばかりなので、ママチャリっぽくて遅いのを実感。ってか、お尻痛い、手も痛いし、脚が疲労困憊なのでそもそも脚に力が入らない。
でも車道を走って帰った。


遅くても、なんだか、かわいい自転車だ。これでブルベ200kmぐらいはいずれ走ってみたいものだ。
Rimg3322

とにかく折りたたむとかなりコンパクトな大きさになるので輪行するのが楽しみ。早く輪行袋を決めて購入しなくちゃ。

BRM603東京400㎞ぐるっと富士山 ~一気に400km走ろうと無理してみたらやっぱり無理~

走っているうち調子が良くなってきたので400㎞を一気に片づけて20時間~21時間でフィニッシュかと皮算用。やはり、そんな実力はないわけで最後の100㎞は失速、例によってボロボロに疲労が残る結果となってしまったのであった。
300㎞を節目に長時間の休息が必要だわ。

車で自宅を4時に出て、いつものように二子玉川駅のすき家で朝食し、いつもの1日600円のタイムズ24に駐車。
Rimg3290
6月3日開催でたまがわ600、神奈川600、埼玉600があったので、おそらくその影響で参加者少な目。10年前のブルベはこんな感じの人数だったけどね。

スタート 川崎市等々力アリーナ前 6:00

先々週の日本橋300kmで行ったばかりの7-11がPC1。
青梅からPC1までの道は奥多摩への登山客の駐車場がたくさんある場所なんですね。
Rimg3293
Rimg3294
かっこいい建物のトイレがあったので寄ってみた。外見だけでなく、中もカッコ良かった。

PC1 7-11奥多摩古里店 63.1km レシート時刻:8:48

例によって走り始めはあまり調子が乗らないのであるが、信号多めの序盤で1時間20㎞確保。
この後、奥多摩湖へ。先々週の日本橋300kmで下ったコース。適度な傾斜なのでそれほど辛い感じはなく、順調に進む。
その後奥多摩湖から柳沢峠へ。「道の駅たばやま」では休憩せずに進み、峠6km手前の落合キャンプ場の自販機で休憩。思えばここを上るときはこの自販機によくお世話になっている。
柳沢峠 109.2km地点。スタートから6時間後の12時ちょうどに到着。上り主体のコースで私としてはまずまずの速さ。なんだか今日は調子がいいかも。

Rimg3298
Rimg3299
富士山が綺麗に見えました。

Rimg3295
気温も涼しくてちょうど良かったし。

この後の下りで距離を稼ぎ、この調子で行けば、20kmh平均で最後まで。つまり20時間でフィニッシュしちゃえるかも。午前2時に終われれば、眠くなる前に追われるかな。なんちゃって考えながら。

正午も超えたので、昼食場所探し。山梨市の何度がブルベ等で走ったことのコース。
Rimg3303
Rimg3301
いつもこの道で見かける看板なので、入ってみた。ラーメン+チャーハンセットをオーダー。味は昭和の味、素朴な味だったけど、店に入って、トイレに入っている間にすぐに出てきたのはブルベ向き、素早くて良かった。

PC2 7-11山梨六郷町店 167.7km レシート時刻:14:38

Rimg3304
笛吹川沿いも幾分向かい風だったものの、穏やかな風で想像していたほど暑くもなかった。167kmで8時間半、20kmhを少し下回る速度。だんだん調子出てきたかも。

Rimg3306
Rimg3309
身延線沿い、富士川沿いを南下。南風なので基本は向かい風なものの調子がいいので気にならない。
それよりもこの辺はわりとアップダウンが多い道で意外に脚に来る。

中部横断道路を建設中だったので、道の横が工事中のところが多く、大型ダンプやミキサー車が時折通過。高速道路ができれば便利になるのだろうけどそれほどの利用者がいる場所だろうか。それに自然が破壊されていくように見えてならない。

通過チェック 富士宮野中橋店 218.8km レシート時刻:17:20

ここまで来て平均20kmh弱。まだまだ脚は元気だし。こりゃ、行ける。到着予定は午前3時だな、と、この時は思っていたが。

PC3 7-11熱海銀座町店 277.8km レシート時刻:20:46

ここでもまだ平均20kmh弱。いいペース。
夕食は、湯河原のすき家か小田原の先、酒匂川のところの松屋かな、とここは水分補給だけでさっさと先を急いだ。
Rimg3315
結局、早めに湯河原のすき家でカレーライス、温玉、サラダセット、豚汁変更。温玉はスパイシーな味を消してしまうので合わないなぁ。
国道1号を走っているときはまだ元気だったものの、茅ヶ崎あたりで眠気がきて、7-11で休憩しコーヒーブレイク。だめだ。眠気が来ると脚に力が入らない。

通過チェック M・Y湘南国際村店 353.2km レシート時刻:4日1:20

Rimg3317
ここへは、やっと到着って感じだった。他のライダーは全く見かけず。この時間はあまり走っていないかな。速く走ることが困難になってくる。
横浜までの道は曲がる交差点が多く、横浜以降は信号が多く、スピードは上がらず。
横浜から国道1号に入るとまた眠気がきて、コーヒーブレイク。
Rimg3318
鶴見川に来たときはすっかり朝がやって来た。

Finish 7-11川崎今井仲町店 402.6km レシート時刻:4日4:43

Rimg3319

午前3時予定の到着は、結局5時近く。無理して走った割には遅い到着で体にダメージが残っただけ。よくありがちなパターンですけど。
300km走ったら、少し長い休憩した方が良いのかも。

走行時間:22時間43分

STRAVAの記録は以下。

« 2017年5月 | トップページ