2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« Cascade1200 Day4 244.7km ~最高の景色を堪能し不安抱えて完走~ | トップページ | 2018年6月度 自転車総括 »

2018年7月 2日 (月)

Cascade1200を完走した感想

海外ロングブルベは、2015年PBP(パリ・ブレスト・パリ)、2017年LEL(ロンドン・エジンバラ・ロンドン)に続いて3回目。

数ある海外ロングブルベの中なぜCascade1200を選んだか

今年は、定年退職前の有給休暇期間(6月初~7月19日)を充実して過ごしたいため、この期間に海外ロングブルベをやりたいと決めていた。RMのカレンダーから検討。ブルベはやはりヨーロッパでしょという考えもあり、仏、英ときたら次はイタリアかスペインと考えた。当初イタリアのAlpi4000(1407㎞)をエントリーしたが7月20日の退職手続き日に出社できないので取りやめた。

Cascade1200に決めたポイントは、(1)時期がこの期間内で理想的、(2)ANAの直行便がありアクセスがしやすいという単純な理由だった。そして後で情報を探していたら数年前まだSR取得がやっとの頃に見た稲垣さんのレポートを再度見つけたのだった。ああ、ここに書いてあった超難関なブルベだったかと。その後申し込んだことを少し後悔し憂鬱な毎日を過ごした。

Cascade1200を選んで良かったか

大正解だった。
今までヨーロッパにばかり注目していたが、アメリカ大陸にしかない雄大な景色が味わえた。
人々も明るくフレンドリーな気質で非常に居心地が良かった。
ルートの難易度はおそらく天候にも左右されるもので、今回天候は理想的に良かったと思う。完走が難しいとは思わない。
DNFした人は、メカトラブル(チェーン切れ)、自分の自転車が航空会社で見失って他人の借り物自転車で出走ということであって、他の1200㎞より特に難しいという感じはしなかった。

ブルベ以外の点でも思うことがあった。
久しぶりの米国だったが、昔はすべてにおいて数年日本より進んでいる国だったが、今でも学ぶべきところが多いと思った。
・シアトル市街地の自転車道路の整備は先進的だった。
・amazon go、Whole Foods Market(現在はAmazonグループ)、REI等で買い物をしたが、日本にはまだないタイプの店で日本にもあったらいいなと思わせる店。こういうのは米国ならでは。
・Google Mapの経路表示にバスやトレインの時刻が正確に反映される。特にバスが正確で驚く。
・翻訳ソフトとスマホやPCで私のような英語無知な人にも対応してくれるところが米国らしい。

今回こんなに良かったのに実は募集人数100名に対して申込は60数名。期限まで定員に達しなかった。2年ごとに開催されているとのことで次回は2020年。ぜひ日本からもっと多くの人にこの楽しさを味わってほしいと思う。
USA、カナダ等北米のブルベは他にも沢山開催されている。この地域にももっと注目していきたいと思う。

« Cascade1200 Day4 244.7km ~最高の景色を堪能し不安抱えて完走~ | トップページ | 2018年6月度 自転車総括 »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552206/66894203

この記事へのトラックバック一覧です: Cascade1200を完走した感想:

« Cascade1200 Day4 244.7km ~最高の景色を堪能し不安抱えて完走~ | トップページ | 2018年6月度 自転車総括 »