2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« Cascade1200 Day2 358.5km ~サンダーストーム発生、今回最大の危機~ | トップページ | Cascade1200 Day4 244.7km ~最高の景色を堪能し不安抱えて完走~ »

2018年7月 2日 (月)

Cascade1200 Day3 251.8km ~果てしなく続く台地と山を越えて~

サンダーストーム危機から脱出してQUINCY High Schoolにやっと到着したときは、Day1の夜と違ってシャワー室に他のライダーもいて最後尾ではない様子だった。

記録では4時45分到着し、睡眠開始が5時30分頃だろうか7時30分ぐらいまで2時間程度睡眠できていたようだ。Day1とほぼ同じくらいは睡眠できていたかもしれない。エアーベッドとシュラフでまた快適に眠れた。

Rimg4691

Rimg4692

Rimg4690
時刻は7時45分。ここのCONTROLのClose時刻が8時4分なので、そろそろ撤収が近づいていた。
ここには主催者のスーザンさんも来ていて到着時には声をかけて下さった。すでにDNFを決めていた平野さん、姫井さんや今回急遽ボランティア参加した姫井さんの奥様もいてにぎやかだった。

Rimg4695
8時過ぎにスタート。Day3のルートはこちら
当初の計画より睡眠時間は少ないが、ここは7時にスタートする計画だったので1時間遅れ程度で誤差の範囲。少ないとはいえ毎晩睡眠がとれているので今までの1200㎞超えの経験からは上出来だったと思う。

Rimg4696

Rimg4697
最初の20㎞程度、アスファルト表面に砂利が敷いてあるような道。でも追い風で快適なスピード走れた。

Rimg4699
ここも水撒いて麦畑になっている。

Rimg4700
これはなんでしょうね。ブドウ畑でしょうか。

23.5㎞の左折から市街地。
Rimg4702
ここにマクドナルド。前を走っていたライダーが寄っていた。食事はマクドナルドのようなところが好きなのかな。

Rimg4703
市街地から左折して少し上るとまた広い台地へ。

Rimg4704

Rimg4706

Rimg4707
先方で耕運機が動いていてすごい土ぼこりを上げている。あの中を通過しなければならない。息を止めて通過。

Rimg4710

Rimg4711
しばらく走ると下り。

Rimg4712
下るとさっきの台地の高さとの段差が良くわかる。

Rimg4713
すごい勢いで抜いていったライダー。地元のライダーではないかと思うぐらい荷物が極少。結局この人は参加者。パンク修理していた様子。

Rimg4714

Rimg4715

Rimg4719
日本にはない景色の中を走り抜けると、また、高台へ向けて上り。

Rimg4724

Rimg4725
結構な上り、その先に期待してしまう下りは無く、また台地。   

Rimg4726

Rimg4728
この日最初のCONTROL FARMER Community Hallが見えてきた。78.1㎞地点。

Rimg4729
CONTROLにはスーザンさんといっしょに姫井さんの奥様もボランティアスタッフとして手伝っていた。英語能力無い私にとっては話し相手になってもらえて非常に助かった。

Rimg4731
Day3はここまで意外に涼しく走れて、また今日もカップヌードルをいただきました。

氷も沢山あったのでハイドレーションバックパックに詰め込んだ。
少々ここに長居して、再スタート。

Rimg4732
台地の高い場所なので割と涼しい。

Rimg4734
道がアップダウンしているところも多い。

120㎞辺りになるとこの台地から一気に下るダウンヒルの道に変わった。
道は広くて下りやすい。60㎞h程度でも不安なく下れた。

Rimg4736
下ってくると橋が見えた。右側は大規模なダムと水力発電所があった。

Rimg4740
ダムの写真、ピンボケ。

下ると気温が一気に上昇。昨日と同じ暑さに変わった。

Rimg4739
先のCONTROLにはトイレがなくここまで我慢してきた。多くのガススタンド、併設したコンビニストアの類ではトイレがこのようなアウトサイドに置いてある。

Rimg4742

Rimg4743
このコースはまたコロンビア川沿いに戻った。川沿いの景色はここも素晴らしかった。

道はまた下って右折。下ったところで道の右側に見かけたジャージの人がいた。Audax埼玉のジャージだ。頭はぼーっとしているのでここは国内だったっけと錯覚。あれっ、ってことは川野さん?

後から追いついてきた。

Rimg4745
パンクしてエアーポンプが不調で後から来る人来る人にヘルプしていたとのこと。この場所猛暑だったので大変な状況だったようだ。

Rimg4747

Rimg4748
CONTROL Malott Conutry Store 167.2km地点到着。17時頃。

Rimg4749
ここのストアはしっかりした食べ物は売っていなかった。アイスとスナック菓子でお腹を満たした。
ここから194.7㎞地点のSummit(1120m)まで27㎞程度の距離、上りが続くため、ここは少し長めに休憩。暑かったし。

Rimg4751

Loop-Loop Passまでひたすら上り、日が落ちて、215.5㎞のコンビニに到着。

Rimg4753
ここでもカップヌードル。寒い山を越えてきたので暖かいものが食べたくなる。

残り36㎞。緩やかな上り基調の道。なかなか進まない。
この時、この日後半のコロンビア川のところでも前を走っていたサンフランシスコの4人組が追い越して前に出て、かなりいい調子のスピードで走っていたのでこれに食らいついていった。
周りが真っ暗なので前に目印があると格段に走りやすい。何もないと道の方向がつかめず、どんどんスピードが落ちてしまっていた。非常に助かった。

CONTROL Mazama Country Inn 251.8㎞地点 0時25分到着。

Rimg4754

Rimg4755

ついに3日目まで完走。4日目はかなり時間的な余裕がありトラブルさえなければ完走は間違いない。心配していた山の天気も悪くなさそう。

ここだけホテルを借り切っている。部屋の割り当ては同室者を日本人にしてもらえるようお願いしたら、さっき一緒だった川野さんがかなり前に到着していて一人。そこに割り当てしてもらった。

食事していたら伊地知さんも無事到着。

川野さんを起こさないようにそっと部屋に入ってシャワーして就寝。おそらく1時過ぎから5時半頃まで最終日は5~6時間は睡眠できていたと思う。

« Cascade1200 Day2 358.5km ~サンダーストーム発生、今回最大の危機~ | トップページ | Cascade1200 Day4 244.7km ~最高の景色を堪能し不安抱えて完走~ »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552206/66892229

この記事へのトラックバック一覧です: Cascade1200 Day3 251.8km ~果てしなく続く台地と山を越えて~:

« Cascade1200 Day2 358.5km ~サンダーストーム発生、今回最大の危機~ | トップページ | Cascade1200 Day4 244.7km ~最高の景色を堪能し不安抱えて完走~ »