2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 9月4日初めての失業認定日 | トップページ | BRM914千葉600km裏磐梯 ~夜スタートに雨と坂、しかれども磐梯は晴~ »

2018年9月 8日 (土)

9月6日~7日 軽井沢トレッキング&ポタリング

定年退職、毎日サンデーなので平日に夫婦旅行。初回、軽井沢。
中軽井沢にコスパのいい健康保険組合の保養所があって平日なら予約が取りやすい。
何をするかのアウトラインは、以前から細君が山歩きをしたいというので1日は山。先日シューズを買ったばかりの初心者なので優しいトレッキングコース。
そして小径車Bromptonが夫婦2台そろったのでもう1日はサイクリング。おそらくサイクリングと呼ぶにはおこがましい、ポタリングだ。

9月6日(木)

朝、3時30分に車で出発。なぜだか土日だけ高速料金が30%割引。毎日サンデー大人の休日倶楽部組には平日の高速料金は手厳しい。なので深夜割引狙い。しかし狙いは外れた。外環には4時前に入ったが関越自動車道には4時過ぎていたので割引無し。以前はこんなことはなかったのにルールが厳しい。ヒドイ。

1日目は山歩きに決めて、軽井沢近辺の山と言えば浅間山、そして目指すは車坂峠。午前7時到着。チェリーパークライン、自転車だとえらい大変な坂だが車ならアッという間。

Rimg5207
平日なのでひっそりしていてどこに駐車したらいいのか。ここに登山らしき人が見えたので車を入れてみた。後で知った高峰ビジターセンターの駐車場、無料。場所も最適。

Rimg5208
では、トレッキングの靴に履き替えて準備。

Img_20180906_072049
とにかく初心者なので峠の周辺から情報を入手。安全に初心者が「らしく」楽しめるコースはどこだろう。
わっ、こんなところに登山計画書を記入して入れるポストがあった。なに?Jバンドで8月18日60歳の男性が滑落して死亡!おい、俺と同じ年齢じゃないかい。不吉な情報。だめだ、こっちの浅間山に近い方は危険、危険。

Img_20180908_155921
高峰高原ホテルの中をのぞいたら、いいものが入手できた。「浅間・高峰トレッキングガイドマップ」これこれ。
この中でもっとも優しそうなコース、高峰温泉に向かって砂利道を歩くことにした。車が走れる道だ。(後でバス停を見て知ったが新宿からの高速バスが高峰温泉に2往復していた。)
Rimg5216

あっという間に高峰温泉まで着いたので、この先の池の平湿原まで歩くことにした。

Img_20180908_155956

午前9時頃、池の平湿原入口のトイレに寄って、さてどうしようかと考えていたら、インフォメーションセンターの女性の方が出てきてマップを渡してくれて初心者でも優しいコースですよと勧めてくれたのでこのマップの通りにぐるりと歩くことに決定。


Rimg5231

Rimg5237

Rimg5243

Rimg5260
ウォーキングではなくトレッキングらしい初心者でも楽しめるいいコースだった。インフォメーションセンターにいた女性がゴミを拾いながらコース上に台風で傷んだところがないか点検しながら歩いていて、頻繁に一緒になり、現地ガイド的なお話をいただけてより楽しく過ごせた。

ここから車坂峠へ戻って、高峰ビジターセンターのカフェで遅めの食事して、車坂峠の裏を降りて(ここが狭い砂利道、厳しい)、鬼押出し園へ。
小学校の遠足以来か。軽井沢といえば、鬼押出し園だよねー。(違うか?)

Rimg5275

そして、健保の軽井沢荘へ。宿泊。
静かな中軽井沢の森の中にあって、風呂も食事も良く、細君も気に入ったようだった。


9月7日(金)

軽井沢のスキー場の駐車場が無料なのでそこに駐車して自転車で出発。平日なので関係者以外の車はほとんど停まっていなかった。

Rimg5286

スタートして20~30mぐらいのところで細君、初乗車にて初落車。歩道の小さい段差に前輪をハスったのだった。
これでビビってしまったようでその後慎重。速度遅いよ。
軽井沢駅から軽井沢のメインストリートへ。平日の10時半、自転車で通過はちょっと危険な人だかり。押して歩く。さすが軽井沢だ。近辺の外国人が多いが。
Rimg5288

Rimg5290

Rimg5289
見晴らし台を目指していたが、多くの人が居たので、まずは、ショー記念礼拝堂というところを見学。
カナダ人の宣教師ショーさんが明治になって参勤交代が終わってさびれていた中仙道の沿いの軽井沢が涼しくて過ごしやすいということで空き家に住んで外国の人に広めた先駆者なんだと。ほほう!だな。

見晴らし台方面の途中に、自転車は危ないので通行しないようにという軽井沢町の表示があり断念。(危ないのは自動車、危ない目にあうのが自転車だ)

地図をみて少し遠めの「旧三笠ホテル」に行くことにした。せっかく徒歩ではなく自転車なのだから。
Rimg5291
明治時代に建てたホテルなのに立派。当時は日本の家は4畳半とか6畳一間だっただろうに洋風の広い部屋。著名な財界人、政治家、文化人が宿泊、宿帳が公開されている。当時の平民が見たらおったまげただろうなぁ。中が見学出来てここは楽しめます。
ここの入場券400円。他の見学箇所含めて6か所見れて600円の共通券があり、細君がそれに飛びついた。
この後、「堀辰雄文学記念館」、「追分宿郷土館」(この2か所は信濃追分駅近く。)
それから、「旧近衛文麿別荘(市村記念館)」、「歴史民俗資料館」(この2か所は中軽井沢近く。)へ行った。

その前に昼食。
Rimg5303
偶然入ったここ、大変美味しかった。初めてで当たりの店に入るとうれしいね。おそらく土日は混雑間違いない。平日なので空いていて、平日特権だ。

軽井沢から追分まで少し上り基調のようで、2駅先まで歩道主体で自転車乗ったので、予想したよりかなり時間がかかった。細君は遠いところから先に行ったことに不満で。R18が時々大型通るし、途中、歩道が狭くて荒れていたり、歩道がない箇所もある。
Img_20180907_144602
しかし、自分としては堀辰雄記念館が一番興味深かった。子供時代、墨田に住んでいて軽井沢が好きで何度も住み替えて、最期は追分の小さな家で若くして亡くなった。そして多くの著名な文筆家が軽井沢の別荘に住んでいたそうだ。

Img_20180907_151118
2日目ポタリングは、社会科見学としても楽しい1日だった。軽井沢がどういう歴史で日本で有名な軽井沢となったのか少し理解できた。


トレッキングブーツ、私だけくるぶしの外側(上の方、後ろ側)がハイカットのパッドにあたって痛みがでて辛かったので、家に帰ってから確認してみた。
Img_20180908_071437
細君のは左、ハイカットのパッドが丸くなっているが、私のは三角△
ググって同じような悩みの話を探したらあった。

Img_20180908_071900
ビンを突っ込んで縛っておけば良いみたい。頼むぜ、ウイスキー瓶とワイン瓶。痛くて痛くて辛かったよ。

« 9月4日初めての失業認定日 | トップページ | BRM914千葉600km裏磐梯 ~夜スタートに雨と坂、しかれども磐梯は晴~ »

たわいもない夫婦旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552206/67144303

この記事へのトラックバック一覧です: 9月6日~7日 軽井沢トレッキング&ポタリング:

« 9月4日初めての失業認定日 | トップページ | BRM914千葉600km裏磐梯 ~夜スタートに雨と坂、しかれども磐梯は晴~ »