2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

日記・コラム・つぶやき

2017年6月23日 (金)

父の葬儀とその後 ~初七日を過ぎて~

父が6月15日に亡くなり、初七日が過ぎた。
母が亡くなったのが2016年3月6日。まだ1年と3か月しか経っていないのに、母の葬儀の時のことが少し忘れかけていたので、今回は経過を書きとめておこう。


6月15日(木) 父が亡くなった日


早朝の4時、家の電話のベルの最後の一つで目が覚めた。
「なんだよ、こんな時間にワン切りか」と思い横向きに寝返ったら、枕元のスマホが明るくなって震えだした。すぐにピンと来た。父に何かがあったんだなと。

「〇○ビラ(介護施設)です。夜の見回りにいったところ、お父様が息をしていない状態です。すぐに来てください。」

ついにこの時が来てしまったか。前回訪問した日(11日)、元気が無く少し虚ろな感じだったことを思い出した。
とにかく近所の介護施設に妻と車で向かった。
すでに父は息を引き取っていて、少し冷たくなっていた。
その後、医者が来て死亡を宣告。
6時頃からエンゼルケア(死後処置)を実施するというので待っていたら、看護師ではなく「Cセレモニー」の人が来て、この後のことをご依頼されますかと聞かれた。妻の方で前回母の時にお願いした葬儀社にすでに連絡済だったのでお断りした。
この日は前日に続いて航空便で出張の予定で仕事をキャンセルするわけには行かない状況だったので、妻に「この後のことはよろしく頼む」とお願いして、一旦自宅に帰って羽田空港へ向かったのだった。

帰宅して父の家へ直行。(私の自宅の近所)

父は施設から実家へ移動されており、朝連絡しておいた姉が来ていた。姉は千葉県の勝田台に住んでおり少し遠いが、義兄と一緒に来てくれて昼間にいろいろやってくれていた。

近所に住んでいる妹夫婦は何とこの時あいにく海外旅行中。17日(土)に帰国予定。

妻のおかげで基本的な段取りがほぼすべて完了していたことに感謝した。

・葬儀社へ連絡し、父の遺体の移動を実施。朝会話した通り、通夜18日(日)、告別式19日(月)、場所は母と同じY斎場で決定。16日(金)午前10時から葬儀の打合せ段取りも済み。

・義兄のおかげで介護施設にあった父の物もすべてその人のうちに実家へ移動完了。

・姉が親戚への連絡を完了していた。

・町会への連絡や町会の同じ班の班長さんに受付のお願いを実施。

帰宅したらどうなっているか不安であったが、助かった。


6月16日(金) 葬儀社との打ち合わせ(通夜前々日)


午前から昼過ぎまでの長時間にわたり、葬儀社と打ち合わせ。
祭壇、棺桶、骨壺の選択から、通夜振る舞い、精進落とし等の食事の選択などなど、沢山決めることがある。それから母の時と同じように若いころからの写真、遺品の展示もすることにした。
ここ最近は1日葬とか家族葬が多くなっているようで、その気持ちもわかる。フルセットの葬儀はお金だけの問題ではなく、相当な労力が必要だ。

午後、近所の受付をしていただけるお宅へあいさつ回り。


6月17日(土) 通夜前日

BRM617千葉600はもちろんすぐにDNS連絡を入れていた。

父の実家にある写真を集めて選択する作業も妻がやってくれていた。うちの嫁は子供より親のことをわかってくれているのですごくありがたい。

この日は妹夫婦が旅行から帰ってくるので駅まで迎えにいき、旅行で疲れていることは無視して実家へ直行してもらった。

葬儀社が毎日ドライアイスを持って来るのでその時に葬儀に使う写真展示物を渡す。


6月18日(日) 通夜

昼食を買ってきて実家で妹夫婦といっしょに食べて、午後1時に葬儀社の納棺士がきて最終的なエンゼルケアを実施。

午後2時半、父を実家から送り出した。

Y斎場で通夜。
ご近所の人や親戚が大勢きていただき、ありがたかった。


6月19日(月) 告別式


最後のお別れ。
喪主の挨拶。私の出番。
1年半前の交通事故の後の経過と今のところに55年前に来てからの父の仕事について、簡単にお話しさせていただいた。

親戚一同で精進落とし。無事葬儀を終えることができてほっとした。


6月20日(火) 年金受給停止の手続き

今週いっぱい忌引き休暇にしたので、この間に出来る限りの手続きを終わらせたい。

最初は、年金関係の手続き。

実家に行って、父の年金証書、年金手帳を探す。予想通りの場所にあって、すぐに見つかった。

取り急ぎ、自分の戸籍謄本、住民票、印鑑証明を初めてコンビニで入手してみた。料金が役所で入手する手数料の半額だ。こういう時は取得する機会が増えるので安いのはうれしい。

死亡が戸籍に反映されるのに1週間程度かかるという情報が多いが、戸籍も住民票も同じ区内なので、午前中に区民事務所に出向いた。
思えば母の時もそうだったが、死亡届の処理は戸籍がまだされていなかったが、入手したいということを申し出ると優先的に1,2時間のうちに処理をしてくれた。
午後、戸籍(正確には除籍)を入手後、その足で年金事務所へ。
年金は15日締めなので、15日に亡くなっているので未支給年金が無しなのかと思っていたら1か月遅れで支払われているとのこと、1か月分の年金(わずかである)が請求できる。
「生計同一関係に関する申立書」という提出書類が難解なものであった。母の時もそうだったことを思い出した。


6月21日(水) 裁判所での民事訴訟の打合せ

1年半前の父の交通事故は、刑事裁判は終えて、現在、民亊訴訟を実施中。4月、5月に1度ずつ、6月はこの日が打合せの日だった。
裁判官、先方の弁護士2名とこちらの依頼弁護士と原告の私と事情通の妻の6名で打合せ。毎回、15分程度である。

今回は、こちらの依頼弁護士が原告の父が死亡したという報告をしたところ、相手の弁護士に安堵の微笑が見えた。生存予定期間分の損害賠償額が無くなって、6月15日までかかった費用に確定するため、争点が一気に無くなったからだ。


6月22日(木) 父の生まれた時の戸籍(除籍)入手

母の亡くなったときに結婚以降の戸籍は入手済だったので、今回、父の生まれたときから結婚までの期間の戸籍を入手すべく、茨城県境町役場へ向かった。もちろん自転車で。




Img_20170622_105318_2

父は昭和5年に東京市神田区錦町生まれ。その後深川に移って、昭和20年、東京大空襲の直前に長男だった15歳の父は、幼い兄弟姉妹5,6人を連れてリヤカーを引っ張ってここに移動したらしい。戸籍はここの場所なので、自分の家に戻ったということなのだろうか。

せっかくなので戸籍に記載のあった住所の場所を訪れてみた。

Img_20170622_113114_2

私が生まれる前のことなので、ここに来たからどうってことは何もない。
ただ、ここに父が昭和20年、15歳の時、移ってきて、ここで25歳に母と結婚したという事実があるということだけだ。
ここで戦後祖父が下駄製造を始めて当時は一気に成り上がったらしい。そして、父が昭和30年過ぎた頃、家族を連れて東京の足立区綾瀬に移って下駄の卸販売をした。おそらく東京の販売拠点だったのかもしれない。
しかし、下駄は一気に衰退して、綾瀬の家は祖父の持ち物だったということで処分されたらしい。


6月23日(金) お墓の石屋さんと打ち合わせ

七七日忌、四十九日の法要は、8月2日。予定ではLEL(ロンドン・エジンバラ)のゴールの日だ。
ということで、49日は、37日目の7月22日に早めることにした。かなり早いけどお父さんお許しください。
すでに1か月を割っているのでお墓に納骨するため石屋さんに日程を確認し、本日打合せを実施するため、八柱霊園へ。
そして、霊園近くの会食場所の料亭の場所を予約。


これで、LEL行くまでの当面の大きなイベントの段取りはだいたい済んだだろうか。

2016年7月 2日 (土)

午前お墓、午後疑惑のチャンピオン

今日は、午前中、お墓の掃除に。

4月末の母の四十九日以来、お墓に行っていなかったので、その後のお墓の状態がここのところ気になっていたのである。
初盆前に、雑草など生えていたらきれいにしておかねばならないし、そもそも除草シートは自分が敷いたので雑草が隙間からどの程度生えてしまったのか確認せねばならない。
車で八柱霊園に行って、確認。やはり、雑草は隙間からかなり生えていた。この季節、2か月もすると笹の類が5cm~10㎝程度、それでも除草シートの効果があり、数か所だけ。
お墓の植木も2か月で少しぼさぼさ。人間の毛と同じだ。
きれいにしたら、お花と線香、手を合わせて完了。

午後は、その足で、先だって女房から見に行こうと言われていた映画「疑惑のチャンピオン」に行ってみた。

ランス・アームストロングのドーピングの話し。なんだか胸が締め付けらるような苦しい映画だった。10年前に初めて買ったロードバイクはTREK。その当時、ランス・アームストロングの記念モデルのTREKが流行っていたね。その後、日本でもイエローリストバンド大流行りだった。私も持ってた。
映画で見ると、なぜ、ドーピングが長年伏せられたままになってしまったのかが良くわかるね。真実が隠されたままにしておいた方が都合がいいのでそのままで進むってことって他にもいっぱいいろいろな場面であるような気がする。でも、人間、誠実に生きるのが一番大切だね。


2016年5月15日 (日)

iPhoneからAndroidへ

今回の土日は、自転車はお休み。

土曜日14日、ついにスマホ買い替えました。
従来auのiPhone5。月額の通信料およそ8000円。年間約10万円。もはや車1台分のランニングコストに匹敵するんではないだろうか。
それで主にやっていること。毎朝のメールチェックとSNS。
日頃、いくらなんでもこんなことにコストかけすぎだろ、と思ってた。

今回、父が使うことのできない状況になってしまったので携帯電話の解約を実施。
女房のiPhoneもちょうど2年に一回の解約月なので、解約してSIMフリーの楽天モバイルのAndroidに変更した。なんとMNPで電話番号継続して、月額たったの1600円。

Rimg2017_2




そして、自分のも、1週間検討して、ついにSIMフリーに変更しました。
月あたり5000円以上の差額ですよ。新規スマホ代金約30,000円。auの解約金やら手数料やらで15,000円加えても45,000円でしょ。1年で差額分ですぐに取り返せますよ。

画面を大きくして老眼対応。

ってわけで、土日、スマホの移行で面倒な作業を続けています。



日曜日15日。

Img_20160515_1_2


実家の生垣の剪定作業。父が入院中なので、伸びきっていました。半日でできるかと思っていましたが、結構大変な作業でした。ハサミでは1日中かけても内側までできず。
それに非常に疲れました。電動バリカンを買うほど大規模でもないし。

てわけで、自転車乗らず。

来週、再来週、ブルべ行くので。

2016年2月14日 (日)

先週から今週 ~母と父の病状と自転車と~

いろいろあった1週間、備忘録かねて簡単に書き記しておきます。

2月3日(水)17時にU病院で主治医と打ち合わせをして、母の静脈輸液を止めて退院し特養老人ホームに戻り看取ることに決めてからその後の状況です。お医者さんは、静脈輸液を外してから、1日~3日ぐらいで亡くなる、人によっては、1か月生きた人もいた、とのことでした。
その後、退院日は、8日午前10時半に決定しました。
人の最期は積極治療をできるだけしてこれ以上は無理だというところまでやって、あきらめて、手を握りながら最期を静かに看取るというドラマの展開しかイメージしていませんでしたが、しかし現実は、子供たちで積極治療、延命治療を止める決断をしなければいけない展開。最近、新聞記事やNHK番組で世の中、同じような話が多いことに気が付きました。今になってみれば、もっとこういう問題を本人が元気なうちに笑いながら、どうしたいかを話しあっておくべきでした。

6日(土)

この日は午前中、洗面台まわりのものを収納する組み立て家具を通販で購入したので組み立て。思ったより難しく自転車乗る時間はなくなり、久しぶりに夕方ランニング10㎞コース。足はランニングに慣れていないのでゆっくり、キロ8分ペース。自転車と違って心拍が上がらないわりには足がツライ。

7日(日)

自転車、午前中、いつものコース。

自宅→流山橋→玉葉橋→利根運河→柏あけぼの山公園→流山橋→水元公園→自宅

Rimg1540

走行距離:72.5㎞

8日(月)

母が午前中にU病院を退院して特養へ移動。私は午前中は会社にしたので、妹が付き添ってくれました。
午後、父と母が最後に会える場を作ってあげようというということで、この日の午後、父をSリハビリ病院から特養へ移動させました。父もCV(中心静脈)カテーテルをしており病院には事情を話して特別に外出許可をもらいました。姉夫婦と女房と娘が一緒に付き添い、寝台車付きの介護タクシーは女房の兄が仕事にしているので依頼し、姉妹、義兄弟、総出のイベントになりました。
私は、会社が遠いので会社から特養に直行、なにもお世話しませんでしたがすべては順調に進みました。
驚きは、父も母も受け答えははっきりしませんが、娘が声をかけたときだけは、はっきりと「澪かい!きれになったね!」と答えました。孫の威力はすごい。

Photo_3

ベッドを近づけてE.Tのように手を合わせさせましたが、何も奇跡は起こりませんでした。
父は交通事故の影響は脳挫傷だけでその他の怪我はありません。見る、聴く、反応するはどうにかできますが口数が極めて少なく、話す能力が劣ってしまっています。呑み込みができなくてCVになりました。母とこうやって会わせたことが理解できているのかできていないのか、まったくわかりませんでした。
一方、母はやや認知症気味。また、耳が遠く、白内障で視力が悪い。お父さんだよと一所懸命言っても、わからない様子でした。ただなんとなく、母はわかっていても、父が交通事故でこういう状態になってしまったことを理解したくないので、理解できないふりをしているのではないかと私は解釈しました。なんとなくですが、そんな風に思えました。

ということで、結局、これは子供たちの自己満足で会わせただけになっちゃたねと一同が納得する結果でした。

この日はその後夕食前に少し時間ができたので、また、ランニング10㎞コース。

9日(火)、10日(水)は会社で仕事中にいつ連絡が入るのかと気になっていましたが、特養の看護師さんやヘルパーさんには頭が下がる思いで献身的にお世話いただいており、栄養も水分も取っていなくても落ち着いた状態です。

11日(木)

自転車、いつものコースから八柱霊園。

自宅→流山橋→玉葉橋→利根運河→柏あけぼの山公園→流山→松戸→八柱霊園→水元公園→自宅

Rimg1546

いつものコースからついでにお墓の様子をうかがいに行ってみました。父も私も長男なので祖父と祖母の代からの墓。母は以前この墓に入るのを嫌がっていたんですけどね。父は墓石を作り替えたいと言っていたんですけね。どちらの意見も今のところ却下。でも敷石とか植木とかリフォームをする必要がありそうです。

12日(金)

会社を有給休暇にしていました。
姉が実家に来ていたので実家の部屋の片づけの手伝い。亡くなったら家にいったん帰るための準備です。和室にある畳ベッドを北向きに変えて余計な飾り物を閉まって。

それから所得税確定申告の書類作成。毎年、自分の分と女房の分。
昨年やり忘れた株の配当を総合課税で申告に加えてみたら、アッと驚き、13,000円も戻ってくる結果に。配当って、源泉徴収だと15%程度税金になっているけど、私の所得だと10%でOK、それに加えて申告すると配当金額の10%が税額から控除されるんですね。こりゃ、やらねば損ですぞ。

13日(土)

自転車、関宿城往復。

自宅→流山橋→関宿城→水元公園→自宅

Rimg1548

先だっても見かけましたが、江戸川河川敷でUコンを飛ばしているグループがいますよ。懐かしいね。私も小学校のころにUコンとエンジンを買って組み立てした経験あります。しかし、結局小学生には難しくて、完成できずに廃棄した思い出があります。

Rimg1552  

走行距離:95.7㎞
午後に父のところに行ったら、ちょうどリハビリの時間。
言葉に反応することはできるけど、文字を見て声を出して読むことはできません。それに3か月間、寝たきりで過ごしているので立ち上がることが困難になっています。少しずつ進歩はしているようだけど、口から食べることができなくなってしまっているのが一番厳しい。

そのあと、母のところへ。
妹が午前中からずっと付き添っていました。落ち着いています。輸液でむくんだ腕も少しだけ水分が抜けていますが、まだけっこう水分残っています。

さて、今日もこれから母のところへ。

2016年1月 2日 (土)

元旦は深川七福神めぐり

元旦は深川七福神めぐりに行ってみました。

足立区内の伊興七福神、千寿七福神は経験済なので、今回は東京から選抜。
谷中、下谷、浅草、日本橋、向島、亀戸、柴又など今はインターネットで調べればいろいろな七福神めぐりがすぐに探せます。谷中なんかも魅力的なんですが、江戸の時代からの下町繁華街で、あまり足を運んだことがない場所だったので、深川を散歩してみました。
門前仲町駅を降りて、まずは富岡八幡宮へ。
Rimg1309
駅から人の流れに付いていくと富岡八幡宮へ自然と流れていきます。
Rimg1316
ありました。境内の端っこのほうに恵比須様。
ここからスタートしてブラブラと下町散歩。
Rimg1322
お寺が多い場所ですね。元旦なので開いているお店は限られていましたが、歴史のありそうなお店もあって、なかなか楽しい。
清澄庭園は入ったことがないので一度訪れてみたかった場所なのですが、元旦なので閉まっていました。
深川七福神を選んだのは、このかわいい七福神の顔の鈴を手に入れたかったのも一つの理由です。
Rimg1343_640x360
七福神めぐりの後は、深川から両国、浅草まで散歩しました。
両国界隈もいろいろな名所がありますね。
Rimg1328
吉良邸跡。
有名な相撲部屋も沢山ありました。
Rimg1337
浅草の大川、今は隅田川。
見どころが沢山ありました。下町のぶらぶら散歩、なかなか楽しい1日になりました。
◆  ◆  ◆
2日午前は、自転車初乗り。
自宅→流山橋→江戸川→玉葉橋折り返し→葛西臨海公園→荒川→鹿浜橋→自宅
Rimg1341
走行距離:90.6㎞
午後は、特養にいる母と病院にいる父のところに寄って、その後、初めてしゃぶしゃぶ寿司食べ放題のお店に行ってみました。内輪での親戚新年会。おいしかったけど、食べ放題でまた体重が増加してしまったな。元旦から餅もものすごく食べているし。三が日終わったら食事を少し抑えて、以前の体重に戻さないといかんね。

2015年12月21日 (月)

1220午後、楢山節考

20日、日曜日、午前中、自転車。いつものコース+α

Rimg1268_2 Rimg1269
走行距離:83.9km
午後は、昨日の土曜日に近所のデイケアサービスから自宅へ戻った母の特養への引越し。母は、なんだか寂しそうな感じで、ちょっと辛かった。でも、他にいい方法は見つからないし、現状では最もいい選択肢。とても設備がいいし、スタッフも感じいいし。
別れた後、夕食を食べないと言って看護師さんが困って、駐車場を出る私たちのところに相談しに来たりして。
今日も会社で仕事しながら、以前観た映画の楢山節考で母を山に担いで行く緒形拳の役の心境で落ち込んでいた。
そこに来た一通のメール。
妹が今日見に行ったら、結局夕食も朝食も食べたそうで、行ったときには大勢の集まる場所で皆でお菓子を食べていたと聞いて、どうにか馴染めそうな予感でほっとした。
母はとりあえず順調に新生活をスタートできそうだ。
とにかく、父は心配だ。今日は忘年会だったので、明日、お見舞いに行って様子を確認しよう。

2015年11月23日 (月)

結婚記念日なので女房とデート

今年はPBP参加のために年初からブルベにたくさん参加して、昼夜問わず自転車に乗りました。シーズンオフになった今月も第2土日、第3土日、第4土日と泊りがけの予定を入れていたところ、「11月23日は結婚記念日だったよね」と女房の一言が突き刺さった。
昔はこういうときに聞こえない振りをしていた時期もあったけど、なにせ、27年目ですよ。昭和63年11月23日ですよ、確か結婚式したのが。

やばいよ。自転車乗り続けるには、ケア、ケア。

とにかく美味しい物食べに行くしかないなってことでホテルのブッフェランチを予約。こういうのを予約するのは実は初めて。今はインターネットで人気ありそうなところをポチっとするだけだから便利な世の中になった。選んだのはホテルインターコンチネンタルのシェフズライブキッチン。

ここに食べに行くだけではケア達成は難しい。ランチの場所が竹芝なので、ってことは、水上バスに乗って行くってのがいいな。よし、このプランで決行した。

まずは、自宅から浅草に出て、水上バスで日の出桟橋まで。これがすぐに乗船できるのか、予約しないと乗れないのかがわからず、少し心配の中、とにかく浅草の乗り場へ。

ガラガラで空いていました。まったく問題なし。20~30名の観光客の団体さんと外人グループ。

Rimg1143

Rimg1146

Rimg1147

Rimg1152

Rimg1157


Rimg1158


Rimg1160

Rimg1164

Rimg1167

隅田川の橋めぐりですね。こりゃ、地方や海外から東京見物に来た人には最適ですね。短時間で東京の下町全体が見渡せます。なかなか、面白い。以前も一度乗っているのですけどね。風景はかなり変わっています。

ランチの時間まで1時間半ぐらい前なので、お散歩することに。ここでノープランだったのでふらふらしていたら。浜松町の駅近くに庭園がありました。電車から見えますけど、入ったのは初めて。旧芝離宮恩賜庭園。難しい名前。桜が見頃って言う看板にひかれました。

Rimg1189

Rimg1187

「じゅうがつざくら」 もう11月中旬です。ちょっと満開は過ぎているね。

Rimg1196

庭園はかなり広くて、池、山、樹木あり、楽しめます。昔の大名庭園なので、ここを散歩して楽しんだんですね。

散歩をして、ますますお腹が空いて、やっとランチの時間がきました。先ほど事前に見に来たときは閑散としていましたが、時間直前にきたら大勢の人が入口で待っていました。若い女性が多いなぁ。

Rimg1197

Rimg1199

結婚記念日ということで演出ものもいただきました。
とにかくブッフェなので、二人とも後悔するぐらい食べすぎ。身体に悪いことをしてしまったか。小市民なので、適度でやめることができなんだなぁ。

Rimg1202

帰りは増上寺にお参り。都心にありながら、歴史のある建造物と緑が残っていて、落ち着く場所ですね。

このルートは、まずまず大成功。自転車と同じで事前にある程度ルートを検討しておいたのが良かったな。これで来週も泊まりでAJ埼玉の忘年会へ無事行けそうだ。
















2015年10月17日 (土)

落車後の体調、そして鈴木貫太郎記念館

11日(日)朝方に落車して、その日の昼に日曜日も診察している整形外科が近所にあったので、そこでCTとレントゲン検査をして、骨に異常は無いだろうということでした。
ただし、その日は整形外科の専門医がいない日でしたので、昨日金曜日に先週に引き続き会社をまた休んで、再度整形外科の専門医の方に診てもらいました。

5日間経過してかなり良くなり、首も左右に45度以上向くことが出来るようになったし、右左に少しだけ傾けることが出来るようになりました。完全というわけにはいかず、あまり力を入れることが出来ないので腹筋だけで起き上がるのが、まだ難しいです。

それと右肺の痛み。普通にしていれば、何も感じませんが、くしゃみをすると肺の中の方がかなり痛みます。

お医者さんは胸の前後を押して痛まなければ骨折はしていないということ。確かに押されても痛まず。首は2週間ぐらいは安静にして、良くなったら今度はリハビリで逆に動かすように努めたほうが良いとのこと。首は自転車で負担がかかるので、完治するまではエアロバイクかローラーにしておいた方がいいだろうとのこと。

ということで、今週土日は自転車お休み。

本日は、輪工房へ自転車を入院させて、切れてしまったバーテープ交換。自分でやるより専門家にやってもらったほうがきれいに巻けるからね。

そして、女房と野田市の周辺をドライブしました。

VERYで昼食してから、最近気になっていたところ「鈴木貫太郎記念館」に行ってきました。(関宿城の近く)
再映画化されている「日本のいちばん長い日」、私は観ていないですが女房が先だって観にいっていましたが、この映画に主要な役どころで出ているのが鈴木貫太郎、終戦時の総理大臣です。10年前ぐらいに鈴木貫太郎記念館の前を自転車で通った時は、寺内貫太郎の間違いじゃないか、ぐらいにしか思わなかったんですが。
歳とったせいか、近代日本史にやけに興味を引かれるんですよ。古い小さな記念館でその時の来訪者は私たちだけ。でも上映中の映画の主人公ですから、私たちが帰る頃に10名近くの50代ぐらいの女性グループがやってきていました。
文芸春秋で立花隆氏のコラムで「最大の見ものは戦争を終わらせた最後の御前会議をつぶさに描いた白川一郎画伯の絵」というのを読んで、近くあるのだから一度見ておかにゃと思ったわけです。

Rimg1012

Rimg1013

日本が一番悪い状況の中で総理大臣を務めた苦労をしみじみと感じ、ここ関宿で残り少ない余生を送った貫太郎さんに思いはせることができました。

Rimg1014

そんでもって、関宿城の公園に車で来るのは超久しぶり。

その後、「道の駅五霞」、「道の駅庄和」と道の駅をはしごして帰宅。
道の駅五霞のところにインターチェンジができていたけど、圏央道はこのあたり完成していたんですね。



2015年7月17日 (金)

SR600KNはDNS

17日AM1:00スタート予定で申し込んでいたSR600KNは結局DNS。
台風が丁度17日、18日に日本上陸・通過になったので、スタートする気持ちが折れました。
まぁ、ここで無理してもしょうがない。今回はあくまでPBPの練習ですから。
実際に山の方へ行ったわけではないのでわかりませんが、奥日光や尾瀬、水上方面は思っていたほど強い雨が降らなかったかも。

SR600KNの次のリベンジ日は、秋の10月10~12日にしましょう。この辺なら天候は安定しているし、気温はやや低めぐらいでしょう。日が短いのがちょいと辛いかな。

ということで、本日は会社を休暇にしたので、暇になりました。女房も午前、午後と用事があり、付き合ってくれません。
天候も今ひとつで曇りときどき小雨。自転車乗るという感じではない。
ってなわけで、先々週と同様、スポーツセンターへ。

時間がたっぷりあるので9時から12時ちょっと過ぎまで約3時間、器具で筋トレとエアロバイクは30分×3回。
9時から開くので、9時台は空いていて、さすがに平日だからなぁと思いきや、10時台は非常に人がいっぱい来まして、また11時台に入ってくると空いてきました。
主流は70歳台。70歳以上は無料で利用できるから。平日なので60歳以下は少ない。70歳以上の人たちは毎日通っているのか、顔見知りのようで世間話をしなからトレーニングは二の次のような人もいる。
ああ、私も数年経つとあっちの組に入るのかと思いにふけりながらエアロバイクをこぎこぎしたのだった。

汗いっぱい流して、シャワー浴びて、スポーツセンターを出ると、昼食は近所の回る寿司屋へ。
朝、「外食するんだったら、これあるよ」と女房に渡されたチラシの切れ端、生ビール半額券2枚。一人で2枚使える券だったので、生ビール2杯とサラダとお皿12枚。ちょっと食べすぎか。普段会社で食べる弁当の2倍のカロリーだな。

家に帰ると当然、昼寝だ。天気良くなってきたので、飲まなければ自転車乗れそうだったのに。まっ、いいか。

三連休で400kmぐらいは消化したいなぁ。どうすっかなぁ。PBPスタートまで1ヶ月を切ったよ。

2015年7月 7日 (火)

体重の推移と次はSR600KN

4日(土)、5日(日)は朝、雨だったので、午前中、またスポーツセンターで筋トレとエアロバイク。先月に引き続き、今回の梅雨時3回目。
ジム機器やバーベル、ランニングマシン、エアロバイク等があって、エアロバイクは14台、一番人気が無いので8割方いつも空いています。私はエアロバイクを主体に使っているので人気が無いのは非常にありがたい。
土日は、傍らでエアロビクスをやっていまして、20~30名が飛び跳ねています。
ここ3回、エアロバイクをやりながら眺めているとどこもかしこも顔ぶれはほぼ同じです。一回300円なんですが、70歳以上は無料なので年配の人も結構います。私も70歳以上になっても利用し続けたいね。
それにしてもエアロバイクは本物の自転車より疲労する。60分こぎこぎしていると汗びっしょり、脚もぐったり。

◆  ◆  ◆

7月1日から体重を毎日量ってみた。量っている時間帯は、夕食後の風呂上りなので、夕食のボリュームにもろに影響する。

1日(水) 63.3kg 体脂肪15.3%(タニタの体重計)
2日(木) 63.0kg 体脂肪15.3%
3日(金) 62.9kg 体脂肪15.3%
4日(土) 63.6kg 体脂肪15.2%
5日(日) 64.2kg 体脂肪16.7%
6日(月) 63.6kg 体脂肪15.6%
7日(火) 63.8kg 体脂肪15.5%

昼食は平日、玉子屋の弁当で通し、土日は家で好きなだけ食べているので、土日で1.3kgアップ。また、今週も月曜から地道なカロリーの玉子屋弁当でダイエットして行きたい。

◆  ◆  ◆

7月17日(金)にSR600北関東をスタート予定。

1週間前までなら、スタート時間の変更可能との記載を見て、前回昨年度は0時スタートで結局DNFで失敗したので、他の時刻スタートもいろいろ検討してみた。通勤時間帯や仕事の合間なんかに頭の中でいろいろ検討してみたんですけどね。

0時スタートってのは、最初が夜で、ゴールするまで55時間、結果、夜が3回くる。体の負担を考えれば、出来れば夜は2回にしたいところ。それでもって、朝スタートをいろいろ検討してみたんですが、そうすると、渋峠の通行可能時間帯8時~17時に通れないんだな、これが。
仕方が無い、やはり、夜スタート。でも、一応、0時スタートだと100km地点辺りの唯一の尾瀬大橋のコンビニの開店時間6時前に到着してしまう恐れがあるため、(前回は6時15分到着)1時スタートに変更希望を出しておいた。

宇都宮には、電車で行くか、車で行くか。これも悩みどころだ。

より以前の記事一覧