2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

映画・テレビ

2011年1月29日 (土)

ソーシャル・ネットワーク

面白かった。
IT業界にはうれしい映画。

私が社会人になった1980年代にはソフトウェア技術者の人材不足が社会問題になり、何か一発新しいプログラムを作れば億万長者になる夢を皆持っていたけど。

今は、プログラマーやIT業界は、3K業界(キツイ、キビシイ、カエレナイ)といわれて久しい。

ちょっとオタクでひたすら頑張ってプログラミングするマーク。成功して億万長者。成功するには人との出会いも重要。
夢があるよ、IT業界にも。特にインターネット時代には、まだまだ何かあるよ。きっと。そんな思いをさせてくれた。若い世代にはぜひ見て欲しいと思った。
うちは女房と娘と一緒にみたけど、見ていた人は必ずしも若い人ばかりとは言えなかったのは残念。

日本ではmixiがあるので、FaceBookがどこまで流行るか、疑問ではある。
なのに、ダイヤモンドというビジネス雑誌がFaceBook特集を組んでいたね。今後はSNS業界はどうなっていくのかな。

話は変わって、今日は、サッカー日本代表のアジアカップ決勝。夜は盛り上がりますよー。

2010年10月21日 (木)

秋のテレビドラマ新作

普段あまりテレビは見ない方だと思っていたのに
ここ最近、テレビドラマの初回を三作も見てしまった。
女房が見ていたので脇でみてしまったわけだけど。

Q10(日本テレビ、土曜日)
よくありそうな転校生の女の子がロボットってストーリー。くだらないなぁと見ているうちに結構面白くなってしまって最後まで見てしまった。そして、気がついた。主人公のロボットはAKB48の女の子で最近仕事関連のポスターで見かけましたぞ。ほほぅ、こりゃ、人気出そうな感じやな。

流れ星(フジTV 月曜日)
竹之内豊、上戸彩も好きな方なんで、何となく見ていたら、結構面白いのでついつい最後まで見てしまった。しかし、その後、NHKのプロフェッショナルを見てしまった。どちらも生態移植がテーマだったので、プロフェッショナルは泣けた。それに比べてドラマがあまりに薄っぺらだった。だいたい、親戚が生態の提供を拒んで、主人公がいきなりちょっと知り合った女性に結婚しようなんてことを言わせる脚本がひどすぎ。竹之内豊と上戸彩にそんな演技させないで欲しいと後から思った次第。

フリーター、家を買う(フジTV、火曜日)
こりゃ、豪華キャストだ。浅野温子。久しぶり。ちょっとだけ見るつもりが結局最後まで見てしまった。我が家の5年後を見ているようで興味がそそられてしまった。二宮和也演じる主人公の気持ちもわからないではないし、父親の気持ちも良くわかる。脚本が良く出来てるなぁ。共感。次回以降がかなり楽しみ。(見るかどうかわからないけど。)