2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

自転車

2017年12月 1日 (金)

ブルベ2017年度総括

10月で今年度のブルベが終了。少し遅くなったがまとめておこう。

BRM101たまがわ200㎞三浦(完走 10:40)

BRM108日本橋200㎞箱根駅伝(完走 11:31)

BRM122埼玉200㎞アタック筑波梅林(完走 10:18)

□BRM128東京300㎞(DNS)

BRM218埼玉300kmアタック那珂川(完走 15:08)

BRM318東京600kmとことん沖縄(完走 38:17)

BRM325日本橋400km小江戸巡り(完走 22:10)

Fleche日本橋2017 408-409 完走

□BRM415たまがわ400km(DNS)

BRM504近畿1000km倉敷発中国地方一周(完走 69:40)

BRM520日本橋300km東京都一周(完走 18:15)

BRM603東京400kmぐるっと富士(完走 22:43)

□BRM617千葉600km(DNS)

BRM708群馬600km西会津の山並みと日本海(完走 37:42)

LEL1400㎞(道に迷って時間切れ)

BRM819千葉200kmつくば(完走 12:25)

□BRM902群馬300km(DNS)

BRM1006東京1000㎞ええじゃないか伊勢(海)(完走 72:54)

□BRM1028東京600km(DNS)

<2017年度まとめ>

完走
200km 4本
300km 2本
400km 2本
600km 3本
1000km 2本
フレッシュ 379㎞ 1本

年間累計距離 6,379㎞ 14本

なんといってもLELを完走できなかったのが悔やまれる。
そして、SR600無し。
DNS 5本 今年は父が6月に亡くなり葬式。昨年は母が亡くなっており、不幸続き。
とにかく雨が多い年だった。

<ブルベに参加し始めてからのブルベ完走距離>

2007年 700km
2008年 900km
2009年 500km
2010年 1500km SR
2011年 0km
2012年 2900km SR
2013年 3700km SR
2014年 4100km SR
2015年 6063km SR
2016年 7000km SR、R5000、R10000申請
2017年 6379km SR

初めて前年を下回ってしまった。来年度も頑張ろう!











2017年11月度:自転車総括

今月は仕事、相続、裁判、その他いろいろやることあって自転車乗る距離が非常に少ない月でした。

03日(金) ランドヌ東京 交流会 (川崎市中原市民館)

05日(日) 葛西臨海公園→足立区農業公園 走行距離:73.5km



10日(金) 交通事故裁判の協議 (東京地裁)

11日(土) 利根運河→柏→流山→水元公園 走行距離:70.9km


Img_20171111_100808

18:00~ 稲垣さん偲ぶ会 (東京国際フォーラム)


12日(日) 越谷→岩槻→見沼用水 走行距離:59.5km



18日(土) 大月駅→笹子峠→石和健康ランド 走行距離:45.1km


Img_20171118_144917

24日(金) 弁護士との打ち合わせ

25日(土) ひふみ運用報告会(日本教育会館)

参加者に若い人が多かったのは意外だった。


26日(日) 関宿城→利根運河→柏→流山 走行距離:111.5km


Img_20171126_114908


ランニング 9.5km 舎人公園折り返し



29日(水) ランニング 12.1km 境川部屋折り返し



11月度自転車走行距離:360.5km

2017年度自転車走行距離累計:11,389.4km

11月度ランニング距離:21.6km


自転車乗るほどの時間がない夕方、久しぶりにランニングをやってみた。ほんとに久しぶりなので翌日、翌々日とハムストリングが筋肉痛。しかし2回目の29日はさほどの痛みもなくなりました。ランニングもできればもう少し継続して、フルマラソンに挑戦したいな。来年こそ。

2017年11月 3日 (金)

2017年10月度:自転車総括

雨の多い10月でした。自転車乗ったのはたったの3回だけ。
自転車の走行距離が伸びないので体重増加、お腹に余分な脂肪付いて出っ張り気味。

8月上旬のLELの後から相変わらず、右手の手根管症候群はまだ治らず、しびれている。右手指でボタンを付けたりする細かい作業がしずらいよ。


01日(日) 走行距離:70.7km  利根運河、柏、流山、水元



06日(金)~9日(月) 走行距離:1,015.8km  BRM1006東京1000㎞ええじゃないか伊勢(海)









28日(土) 走行距離:70.3km  利根運河、柏、流山、水元




10月度走行距離:1,156.8km
2017年走行距離類累計:11,028.9km

BRM1028東京600㎞安曇野は雨予報だったのでDNSにした。BRM1006東京1000㎞で雨は懲りた。

ブルベも今年度シーズン終了。今年度もSR申請。
200×4回、300×2回、400×2回、600×2回、1000×2回、フレッシュ×1回

LEL1400kmが完走できなかったのが悔やまれる。来年も頑張ろう!

2017年10月14日 (土)

BRM1006東京1000㎞ええじゃないか伊勢(海) ~これはもうサイクリングではなくサバイバル~

先週のBRM1000㎞レポートです。1000㎞走行して疲労困憊、仕事は出張続きで、体力を使った一週間となり書くのが遅くなりました。


今回のコースは時計回りの海コースと反時計回りの山コースを選択する方式。山コースの選択者が多かったようですが、私は2014年のBRM920東京1000㎞ええじゃないか伊勢夫婦岩の時に山を回って海へ行ったので、今回はこの逆コース、時計回りの海コースにしてみました。ちなみに昨年は雨の天候でDNSにしています。
6日金曜日の平日朝スタートなので、前泊を決め込んでいて石和健康ランドのホテルの部屋を押さえていました。行き方は当初は輪行のつもりでしたが、仕事は午後半休にして、いろいろ家事の用事を済ませて、結局夜に自宅を車で出ました。輪行は通勤ラッシュにぶつかる心配があったのと荷物を最小限にまとめるのが億劫になったのでね。

宿泊場所は、1泊目が300㎞地点の平針東洋健康センター、2泊目が700㎞地点の一宮駅最寄りのホテルを予定していましたので、朝早くスタートして700㎞地点にできれば8日の0時前には到着したい目論みでいました。

Rimg3831_2
Rimg3832

Start 石和健康ランド 6日6:00

前泊していた人の多くが6時スタートにしていたようで割と多い人数でした。
朝は雨もなく、気温もさほどの寒さもなくちょうどいい感じでスタートしました。
集団で少し走って甲府駅から離れると自分の後ろがすべていなくなりました。他の人は山コースでした。山コースの方が圧倒的に多いように思えました。

この辺りは今年のBRM603東京400㎞ぐるっと富士山 で走ったコースでした。富士川沿いを南下します。

通過チェック 7-11富士川松野店 77.8㎞ レシート:6日09:10

Img_20171006_091546

平均25kmhで順調に最初のチェックに到着。今日の装備は雨が予定されているので長距離に初めてマッドガードを装着。1000㎞をトラブル無く使用できるか少し心配でした。

Rimg3836
150㎞ぐらいの地点で昼食。定番のすき家のポークカレー、サラダセット。

PC1 7-11御前崎比木店 168.1㎞(Close 6日17:12) レシート:6日13:41

Rimg3837
ここまで順調に追い風基調で平均20kmh以上で進んでいました。この調子で300㎞地点の健康センターに到着が早すぎたらどうしようぐらいに楽観的。

しかし、このPC1あたりで小雨が降ってきて、皆、雨具を着こみ始めました。私もまずは上だけ雨具にして様子見、その後雨脚が強くなってきて雨具全装着。

暗くなってから、雨脚がますます強くなり、水滴でギラギラして前が見にくい。GPSも指で拭き拭きしてどうにか確認しながら進みました。時折曲がり箇所を間違えながら。こうなると急速に速度が落ちてきます。

仮眠場所 平針東洋健康センター 307㎞地点 6日22:00頃~7日1:30


昼間の予定では、20時頃到着しそうな勢いでしたが、いつの間にやら22時になっていました。大雨から逃げるように健康センターへ。駐輪場にはロードバイクが一台のみ。ブルベ参加者の利用は多くないようでした。

ここまでのルート。



300㎞の制限時間は20時間、6時スタートだから26時、午前2時か。遅くとも2時には再スタートしなけりゃならない。風呂にゆっくり浸かっているいる時間はないぞ。
仮眠室に入って1時間程度で目が覚めた。0時30分頃。もっと寝ていたい。しかし、また寝ると起きれなくなりそう。でもとにかく身体がだるい。外はきっと大雨。DNFにしたら楽だろうなぁ。山コースに行ったパパさんやしげさんはもっと厳しいだろうからDNFにしていないかなぁ。(とFBを見る。)そんな、はずはない。
いつものことだから、また走り出せば身体のだるさは治るはず。ストレッチして再スタートだ。

Rimg3840
7日1時半。幸い外に出ると雨が止んでいました。良かったぁ。
路面は濡れていても降っていなけりゃ気持ち良く走れるものだ、風呂入って1時間でも仮眠するとさっきのだるさは無くなって身体の調子が良くなってくるものだ。
というのは束の間の気分。またすごい勢いで雨が降り出してきたのでした。通過チェックまでがまんできずに最寄のコンビニに退散。
ここから名古屋駅に行けば楽に帰れる。こんな雨じゃ前が見えない。こうやって休んでいたら時間切れになってしまう。いろいろな考えが頭をぐるぐるして雨が小雨に変わらないけれど、とにかくコンビニを出て再スタート。

通過チェック 7-11名古屋大喜新町1丁目店 317.5㎞ レシート:7日02:16

Img_20171007_022224
夜中は意外にお腹が空くもので、カップ麺とおにぎり2つを食べたがコンビニおにぎりってこんなに美味しくなかったっけという印象だけが残った。

通過チェック ローソン上石津牧田店 375.6㎞ レシート:7日06:26

スープパスタとサンドイッチで朝食。

この後、米原駅を通過。この時、事前にコースを確認していなかったので、伊勢とは全く違う方向である琵琶湖付近に向かっていたことに気が付いたのでした。
以前一度だけ琵琶湖を走ったことがあり、その時分を思い出すのでした。

彦根城、こんなに綺麗に整備されていたところだったんだ。朝早くから観光客が大勢来ていました。大河ドラマ井伊直虎の影響もあるようです。

Img_20171007_084744

Img_20171007_085113
ブルベ中なのでお城の近くまで散歩はできませんでしたが、道からお城が見えました。機会があれば観光でまた来てみたいと思いました。

通過チェック 7-11野洲市役所前店 441.9㎞ レシート:7日10:57

Rimg3846
ここではコーヒーとドーナツとヨーグルトで一休み。
雨が止んで日が照り付けてきて気温が上がってきました。まだ雨がぶり返す危険もありながら、雨具を一旦脱ぎました。

雨止んで一難去ったと思ったら、GPSの行き先が突然EndPointに。なんじゃぁ、こりゃぁ。
LELの時の悪夢がまたやってきた感じでした。GPXデータがすべてetrexに読み込めていないようでお尻の方が切れてしまっているようです。しかし、ここは日本。仕方がないのでキューシートと迷ったときはスマホが使えるじゃないですか。
と、早くも曲がるところを間違えて迷路にはまり、再度戻り、探しながら走りました。


お昼ご飯は、B級で素早く出てきて地元のもので美味しいもの食べたいなぁと考えて走っていたら、ありました。コース上で一度か二度か見かけていた「近江ちゃんぽん」の看板がまたありました。チェーン店系かな。関東では見かけません。思わず飛び込み。

Img_20171007_121510
野菜たっぷりのちゃんぽんですが、特徴はしょうゆベースの割と和風な感じの汁、あっさり系。うまい。こういうの好き。いいもん食れて良かった。
後で調べるとこの辺しかこのお店がないし。バッチリでした。

この後、山コースのライダーと次々にすれ違いました。

通過チェック ファミマ伊賀上野あかもん店 489.1㎞ レシート:7日14:20

Rimg3849
ここのコンビニでは、オレンジジュースと補給食用にバタピー。雨も止んでやっと気持ち良い天候になってきました。
ここから急遽コース変更のおかげでGPXデータが別になっているので、またGPSが使えます。キューシートだけで走るのはほんとに心細い。
しかし、また、このGPSが途中でEndPointに。本来のコースに戻るところまでしかデータがない。旧伊勢街道からまたわからなくなり、先行して走っているライダーにお願いして付いて行かせてもらいながら帰り道のGPXを読み込ませると往路も復路も同じコースのところなので道がわかるようになり、やっと本来の状態に戻った。旧伊勢街道がかなり迷路のようにくねくねしているからね。

通過チェック ファミマめおと岩店 573.1㎞ レシート:7日18:45


Rimg3850
2014年の時はここが折り返しでしたが、今回はここはすでに半分以上、後半です。暗くなってしまったので夫婦岩には行かないで折り返しました。

Img_20171007_193150
伊勢付近は同じコースを折り返すので、往路で見かけて目を付けておいた博多ラーメン「麺屋やまと」に復路で入って夕食。2014年の時もあったような記憶だったので。

次のチェックポイントまで130㎞、そして宿泊場所。とりあえず、ここでホテルに電話を入れて、到着が24時過ぎ、25時、いや26時以降になるかもしれないことを連絡。

津市、鈴鹿市、四日市市、桑名市と海岸線沿いの防波堤道、国道の脇の市道をくねくねと、そして川原の自転車道と、車との接触は極力避けている道なのですがスピードはまったく出ません。この区間、平均17.5kmhで一宮到着。

通過チェック ミニストップ一宮西インター店 708.7㎞ レシート:8日03:28

ここのコンビニはさっさと終えてホテルへ。

仮眠場所 ホテル パフェ・ドゥ・シャーム 711.5㎞ 8日03:45~08:00

4時前にはどうにか到着。思っていたより遅くなった。

ここまでのルート。



次のPC2まで60㎞弱。遅くとも9時再スタートしたい。余裕をみたら8時スタート。
Rimg3852
ホテルはこじゃれたホテルで私のような者には場違いな感じ。ビール付き、朝食付きだったので、とにかくシャワーして缶ビール飲んで寝て、1時間半で目が覚めて二度寝は危険なので出発準備。結局、付いている朝食は時間がかかるかもしれないので止めておいて午前8時に再スタート。

やっときた、ピーカンの空。
Rimg3854

Rimg3856

今日は間違いなくサイクリング日和。身体は疲れているけどこの天気なら山オッケーって感じだ。
朝食は牛丼屋系の朝ごはんを食べたい思いで走り続けるが無い。場所柄、喫茶店モーニングやってます系が多いようで、その影響で外食系は少ないのか。でも、この状況で喫茶店モーニングは入れないし。
そうこうしているうちに山道になってきて、すきっ腹でPC2に到着。

PC2 7-11加茂白川店 768.9㎞(Close 8日12:47) レシート:8日10:42


Rimg3861
コンビニの牛丼で我慢。飯田までコンビニがないとキューシートに記載あったので空きっ腹を充分に満たすためきつねうどんも。

しかし、実際そんな恐れるほど補給がないわけではなく、自販機はちょくちょくあったし、途中に道の駅もあり休憩した。コンビニではない商店もあった。

最初の切越峠が20%級の坂が割と長く続くところが苦しかったものの天気が良かったことが幸いして大平峠、飯田峠、どうにか超えることができた。
Rimg3876

通過チェック 7-11飯田大門店 861.2㎞ レシート:8日19:29

ここのチェックポイント、道路向かい側が吉野家。こりゃラッキー。今度はラーメンではなく、牛丼の連続技だ。

Rimg3879

しかし、ここでまたGPSのデータが終わった。でも山道だからそれほど分岐する箇所もないでしょう。しかし、県道18号の曲がる箇所で迷いながら、夜になって眠気が急速に強くなって停まっては進み、停まっては進みしながらどうにか最初の火山峠。杖突峠も眠気と戦いながらどうにか超えて940㎞地点の7-11へ。
残り、早朝の国道20号をひたすら走って石和温泉へ。

Finish 石和健康ランド 1003.0㎞(Close 9日9:00) Finish時刻:8日6:54

ゴール。
ここまでのルート。





これで今年は2回目の1000㎞完走。LELの1400㎞完走を逃したのが残念です。
今回一番疲労したのが視力。右目と左目の見えるものが一致できなくなった。調べてみると両眼複視っていう症状。異常な睡眠不足、GPSや景色を昼夜問わず見続けている疲労からかな。歳のせいだろうな。
もちろん、睡眠とって休んだら治ったけどね。600㎞なら大丈夫だけど最近は1000㎞以上の場合はこの症状になってしまっている。

そして、LELの時から継続中の右手の指先のしびれ。もちろん今回で悪化。生活に支障はないけどね。

走行時間:72時間54分


2017年9月18日 (月)

ツール・ド・のと初参加と能登半島ツーリング

この3連休に1日有給休暇を加えて、能登に行ってきました。
自転車持って能登に行くのは2回目。(ちなみに本社が石川県なので仕事等では何度か行っているのですが。)
初めて行ったのは2013年5月2~4日、ブログはこちら。思えば、この時はまだ新幹線は開通していなかったんだな。

15日(金)

往路は、ANA 羽田空港16:40発→小松空港17:40着で。なんで航空便で行ったかって。
LELでロンドン行ったりしたのでANAのマイレージが貯まっていて無料で行けたからよ。
だから予約しやすい夕方便。自宅を午後出発して、羽田空港まで自転車で行くことも検討してみたけど、ググって調べてみると国内線ターミナルへ自転車で乗り込むのはどうも難しい様子。なので、乗り換えなしで直通で行ける最寄駅、浅草駅に向かってここから輪行。
ペラペラ輪行袋の航空便を心配はしていたが、今回は羽田の係りの人も慣れた様子でスムーズに進んだ。
Img_20170915_171525

Img_20170915_173044
小松便は日本の山が沢山見れました。

小松空港に着いてタクシーで金沢駅最寄りのビジネスホテルへ。
夕食は今回いっしょにツールドのとに参加する5名でウェルカム宴会。

Rimg3739

16日(土)

ここ数年ブルベばかり参加していて、こういう一般的なロングライドは久しぶり。122㎞の距離、標高も小さく、コースは優しい。まぁ、たまにはこういうのもいいかも。

朝、ホテルを出て10㎞程走ってスタート地点の内灘町の自転車競技場に到着。受付を済ませる。

エントリーの郵便物も不要な書類が沢山入っていたが、受付での配布物も何だか多いね。それに紙バッグで配布されてそんな大きいものは荷物になるので、捨てようと思ったがバッグにしっかり番号が貼ってあるので捨てるわけにもいかず、受付に返却した。

参加賞の使えない荷物になるボトルも不要だけど捨てるわけにもいかないのでリュックにどうにか押し込んだ。袋はビニールの袋でいいでしょ。参加賞の小さいボトルは使えないよね。29回目ということなのにこの辺の配慮がないなぁ。

Rimg3743

ブルベなんかよりはるかに多い参加者数。それでも昨年も参加した人に言わせると少なくなっているということらしい。

スタートはビギナーコース、3日間コース、1日コースの順で競技場を半周して一斉にスタート。

Rimg3749
Rimg3750
ということなので、最初の休憩ポイント22㎞までずっと渋滞です。時々後続車が来るのですが、このほとんどが関係者のサポート車とか遊撃車(これはなんでしょうね)、支援している自衛隊の車とか。朝なので一般の車より多かったので追い越しできないし。
こんなことを29回もやっているだろうか。なぜにウェーブスタートにしないのかなぁ。

Rimg3751
ということなので、最初の休憩ポイントのトイレも渋滞です。

Rimg3754
しばらく海岸線を走ったり、集落を越えたり。

Rimg3755
少し緩い坂を上ると、50㎞地点の2回目の休憩ポイント、志賀チェックポイント。ここで少し早めの昼食。能登ロイヤルホテルでバイキング形式。メニューは、カレー、サラダ、鶏唐揚げ、うどん。(写真撮るほどのものでもないので撮らなかった。)

Rimg3763
18㎞程走って、68㎞の休憩ポイント。お腹空いていないのにバナナも食べてしまって腹がパンパンに。

Rimg3765
Rimg3766
30㎞程海岸線を中心に走って。

Rimg3769
97㎞地点の門前チェックポイント。ここだけは水の補給が用意されていて良かった。

この後、本コースの唯一の峠、円山峠(標高約250m)を越えて、輪島市マリンタウン122.3㎞のゴール。
ブルベばかり参加している者にとっては、途中の交差点で曲がるところはすべて警備員が配置されていて、サポートの車、バイクも多く、かなり過剰な人員が投入されている印象。
これで参加費12,000円だもんね。この時期は他のサイクリングイベントも多いので、同じようなコースを継続していたら飽きられてしまうのではないかと心配してしまった。
輪島では民宿価格の新橋旅館に宿泊。建物は古いけど。

Img_20170916_180717
夕食内容は十分良かったし、私たちだけの単独の部屋が用意されていたし。

Img_20170917_064423
朝食もまずまず満足。

Img_20170917_072150
輪島箸のお土産付き。

17日(日)

いっしょに宿泊した仲間は、1名は金沢から奥様が迎えに来て、2名は能登空港から羽田空港へ。1名は穴水駅から輪行。
私は台風が来るので、朝の雨次第で近所の穴水駅から輪行か、富山駅まで走って新幹線で帰ることにしていた。
幸い予報より台風の速度が遅いようで天気は曇り。当初通り能登島を周回して、石動山を経由して富山駅へ。

Rimg3777
輪島から穴水駅までは山の中を南下する道。予想外に平坦で走りやすい道だった。

Rimg3780_2
穴水駅。ここからの一両の車両は永井豪の漫画が描かれていた。

Rimg3783
「ツインブリッジのと」の入口。天気も穏やか。風もほとんどないので橋の通行は問題なし。

Rimg3784 Rimg3785
道の駅のとじま。ガラス工芸館があるところ。

Rimg3787
能登島大橋から島とお別れ。この時から雨が降り出した。しばらくの間、小雨。

Rimg3791
和倉温泉駅前。

Rimg3793
ルートはGoogleで徒歩で引いたので、石動山へ向かう車も人も見かけない林道に突入。熊は会いたくないよ。
リスのような小動物1匹とウサギのような小動物2匹を見かけたが。

Rimg3795
こういう道を上っているといつの間にか結構高いところに来ていた。

Rimg3797
木が倒れてきたら避けられないよ。しかし、人にも車にも合わない。

Rimg3798
この辺りはかなり広いいい道だけど、林道らしい傾斜。

Rimg3799
石動山の近くの道に来た。この辺りなら民家とか何か史跡らしいものがあっても良さそうな。


Rimg3801
この辺りは見るからに豊かな森林の道だった。

Rimg3805_2
森林の間から見える景色がブルー。不思議な光景。

Rimg3806
人気がないんで下りはかなり慎重に下る。

Rimg3807
Rimg3808
あったー。史跡。この辺だけ、きれいなトイレがいくつもあって、駐車場もあった。しかし、ここに来る道が狭くて厳しすぎるな。軽自動車は坂が厳しいし、四駆では道が狭い。車で来るには少し勇気が必要な場所ではないだろうか。この辺でも、この時は、人も車もまったく無しだったけど。

Rimg3811
ルート上の道が通行止めじゃないかい。かなり長い間通行止めのようで草が生えてる。迂回路の道が狭いし20%級の急坂で凸凹コンクリート。ワイルドで面白い。


Rimg3813_2
と、迂回路の狭い道を終えてほっとしていたら、誰じゃい、こんな大きな看板を立てて。ちょっと恥ずかしいぜ。

石動山の林道を無事越えて、海沿いの道をしばらく走ると。

Rimg3816
2013年にも来た、氷見。

Rimg3821
以前と違った趣の駅舎になっているような感じだったが、やはり。

Img_0660
2013年当時の氷見駅。


Rimg3823
海岸線のサイクリングコースを走っていると、おしゃれなサーファーの集まる場所があったりして、雨が降ってきた。

Rimg3825
ちょっと降りが強いので休憩。雨宿りにあまりに相応しい駅名だったのでびっくり。「あまはらし」って読むんだ。さっきのサーファーがいた場所はあまはらし海岸だな。

Rimg3827
富山に近づくと遠くに立山連峰が見えた。

Rimg3828
かっこいい路面電車のところに来ると富山駅に来たなってわかる。

予め富山駅最寄で探しておいたお風呂場所、いなり鉱泉へ行き、お風呂に入って(420円+ボディシャンプー40円)、そして、19時頃の新幹線を17時30分頃に変更。

Rimg3829_2
Img_20170917_175253

中能登で午前中にコンビニでサンドイッチを食べてしまって、お昼ご飯を食べるタイミングを逸してしまったので、新幹線で富山湾弁当と一番搾り富山に乾杯でツーリング終了。

小雨がぱらつく程度で終えたツーリングだったが、自宅最寄り駅からは土砂降り。やっぱり最後は大雨男で終了。






2017年9月13日 (水)

製鉄合宿 2017 in 山梨

9月3日(土)、4日(日)は、勤務先の会社のメンバー主体の自転車クラブ、鉄人倶楽部での恒例の夏合宿。今年の場所は山梨県。
1日目のコースは、日川渓谷。2日目のコースは、大弛峠。

今回の参加者は日程が決まるのが遅かったこともあり少なめ。石川本社から5名、東京・神奈川からは3名の計8名だった。

昨年の軽井沢のときは自宅から自走。時間の目論見が甘く、集合時間に自分だけ大幅に遅れてしまって皆と走れなかった。今回の宿も自宅から自走できる近さではあったが、集合時間に遅れないよう自走は止めておいて、奥多摩駅まで輪行をしてみた。

自宅の最寄駅5時半頃の電車に乗り、新宿駅6:46発、奥多摩駅8:21着のホリデー快速おくたまに乗車。この電車の車両は、前4両が武蔵五日市行のホリデー快速あきがわ、後ろ6両がホリデー快速おくたま。新宿から一番朝早く行ける普通電車のようである。

6両の先頭車両に無事自転車を置くことができたが、座席はハイカーですでに満席。新宿駅からそこそこの混雑。東京ウォークというイベントの日でもあったようだ。

奥多摩駅では、東京組の他2名、キタさんとモリヤくんと待ち合わせ。キタさんは横浜線沿線なのでもっと早い電車で到着、モリヤくんは東京西部なので自走。
Rimg3707
ここから柳沢峠を越えて集合場所の宿泊場所へ。

Img_20170909_094852
途中、モリヤくん、後輪パンク。今回も、もしかして遅刻か、少し心配になったが素早く対処。

Rimg3709
二人とも奥多摩湖の先は来たことがないとのことだったので、道の駅たばやまにちょっとだけ寄り道。

Rimg3710
いつものキャンプ場のところで自販機休憩。「ドライブインふるさと」っていうお店。

Img_20170909_114540
ほぼ予定通り、12時少し前に到着。
ここから山梨県側を下って、大菩薩の湯の横を過ぎて少し下って左折して、宿泊する「大菩薩山麓旧家民宿水上荘」に到着。
石川組はすでに準備をほぼ終えていいタイミング。

21457467_1298238190285677_842881894

集合写真を撮って、1日目のコースを出発。

塩山駅方面へ下って、フルーツライン、R20、笹子トンネル手前の「道の駅甲斐大和」で昼食して日川渓谷を上った。
さっき上った柳沢峠と同じぐらいの強度かな。一番高いところが上日川峠。大菩薩峠の近くのロッジ長兵衛のところで他のメンバーを待っていると(この時は珍しく私が最後尾ではなかったのよ。)ポツポツと雨が。
まさかぁ、今日は天気予報は0%か10%でしょ。ちょっとだけでしょ。ポツポツポツがパラパラパラにかわり、ドバーって降ってきた。

Img_20170909_164128

雨雲レーダーで見るとピンポイントでここだけ赤い点。ちょっと遅れていたデンドウくんが上り坂で流されてしまっていないか心配していたが無事全身びしょねれになりながらも到着。ロッジ長兵衛さんの屋根が大きくて非常に助かりました。

止むまで待つと宿の夕食スケジュールに支障があるので小降りになったところで下りに出発。非常に長い下り。時に大雨。滝のような下り坂。ディスクブレーキで助かった。リムブレーキの皆はかなり苦戦。

1日目コースはこんな感じ。

製鉄合宿の宿泊場所は今回も質素な運動部合宿に適した民宿。社会人なんだからもっと贅沢な宿泊したいよなぁ、なんて思っていたら、この古民家民宿、すごい!
Rimg3730

囲炉裏で野菜、肉を焼きながらの夕食。地元の一升瓶の白ワインサービス。
40畳分ぐらいの広い2階は我々しか宿泊していないので使い放題。
自転車はシャッターでしまる車庫に入れてくれたし。
帰りには桃を人数分お土産で持たせてくれたり。(輪行組は残念ながら持って帰ることができなかった。)
人数がそろっての山梨合宿はここで決まりじゃな。


2日目は、大弛峠。

当初は宿スタートゴールの予定だったが、最後の上りが大変なので、車は運動公園に移動してそこからスタート。
クリスタルラインの焼山峠からの下りの経験が2回あるが、塩山から大弛峠までは上ったのは今回が初めて。
下から上ったのは4名だけだったので3名には完全に水をあけられてずっと一人旅。楽しく上れるようなゆっくりしてスピードで。9時近くのスタートだったので、私が峠に着いたのは13時近く。

Rimg3732
琴川ダムのところ。

Rimg3733
皆をお待たせしての到着でした。

21458051_1298239156952247_522807631
皆で集合写真。

Rimg3734
ハイカーの車でいっぱい。道の片側も車の駐車。夏でもここまで来れば涼しいから集まってくるわけだね。

この後、下界に下って、遅い昼食をとって、私だけ石川組とお別れして塩山駅へ行って輪行で帰宅。
帰りも途中で「ホリデー快速富士」に乗車したよ。
2日目のコースはこんな感じ。



2日間でいっぱい坂を上った。
山梨のこの辺りの道は面白いね。秋の紅葉の季節はもっと素晴らしいからまた来たいね。

2017年8月31日 (木)

2017年8月度:自転車総括

まだLELからの右手の痺れが残っている。すぐには治りそうもない。
だんだん涼しくなって走りやすくなっていくのに、気分が盛り上がらないよ。


01日(火) 走行距離:117.6km LEL 3日目 前半部の詳細はこちら

02日(水) 走行距離:354.1km LEL 4日目 後半部の詳細はこちら

03日(木) 走行距離:319.9km LEL 5日目

04日(金) 走行距離:180.7km LEL 6日目

05日(土) ロンドンお散歩
Rimg3673

15日(火) 川越お散歩
Img_20170815_132308

17日(木) 走行距離:70.9km 利根運河、柏、流山、水元
Img_20170817_105846

18日(金) Raphaで三船さんのLEL報告会
Img_20170818_192225

19日(土) 走行距離:258.8km BRM819千葉200㎞つくば

20日(日) LEL参加者の呑み会
Img_20170820_214538_2

23日(水) 午前、まだまだ続く裁判所、午後、映画 「ギフト 僕が君に残せるもの」 お奨め!
Img_20170823_145814

26日(土) 走行距離:63.1km 江戸川CR、葛西、荒川CR


27日(日) 走行距離:48.8km 清澄庭園、隅田川ポタリング



8月度走行距離累計: 1,413.9km
2017年度走行距離累計: 9,107.2km

2017年8月20日 (日)

BRM819千葉200つくば ~やっぱり自分は大雨男か~

7月28日~8月6日まで会社を休んでLEL。8月7日~10日の4日間だけ会社で仕事して、11日~20日の今日まで一斉夏季休暇。つまり8月はまだ4日間した会社行っていません。明日から仕事モードに戻れるか心配。

夏季休暇中に一回ぐらいブルベやっておこうと申し込んでいたBRM819千葉200行ってきました。


自宅6時出発して道の駅しょうなんまで自走約26㎞ちょっと。いつも走っているコース近く。

Rimg3687_3
手賀沼近くから少しぱらつきましたが、天気はほぼ曇り。今日は曇りのままでいける、いける、きっと。

スタート 道の駅しょうなん(手賀大橋下) 時刻:8:10

ウェーブスタート二番手。良く走っているコースなので、少し飛ばして走っていると8時スタートの集団に追いつきました。
集団を追い越して走っていると後ろに吉田さん。今日はAudax UKのLELジャージで二人お揃い。

Rimg3692

PC1 セブンイレブン つくば桜柴崎店(40.6㎞) 時刻:9:56

北よりの向かい風を無難に走って、PC1。

Rimg3693
天気も良くなってきて少しだけ日差しも出てきた。

しかし、
Rimg3694
筑波山が低い雲に隠れている。向かうべき不動峠も完全に雲の中。
不動峠に入ると霧雨。表筑波スカイラインも視界悪い。風返し峠から湯袋への下りはグラスの中に水滴がついて前が見えない。
雨が少し強く降ってきたが下りを気を付ければ、酷暑はないし寒くもないので雨もいいか。
小幡のセイコマートで小休止してから、東筑波ユートピア、きのこ山へ。霧のせいで狭くて暗い山道。とてもユートピアじゃない。道路は水没箇所注意。砂が流れている場所で足をつきたくないので一気に乗り越える。なんだか超ワイルド。

Rimg3695_2

足尾山、一本杉峠、加波山峠、過去2、3回は来ているはずだけど最近ご無沙汰だった。こんなにきつかったっけ。下りも路面が荒れていてスピード注意。グレーチングが砂や水が流れていて見にくい。

Rimg3696

一本杉峠のところで左折へ急に上るので一旦停止したら、そこに吉田さんがいて、グレーチングで落車したとのこと。肩を打って、ディレイラーが曲がってスポークにあたってしまっていた。とにかくディレイラーは手で引っ張るしかないよということでとりあえず動けそうだった。
筑波というお馴染みの場所とはいえ、この辺に最寄駅ないし、山の中。けっこう厳しいけど笠間方面まで出るしかない。

通過チェック ミニストップ岩瀬羽黒駅入口店(96.4㎞) 時刻:14:01

無情だったかな、と思いながら、吉田さんを置いて行って自分は先に進んで、通過チェック場所へ。スタッフがここで到着者をチェックしていた。

Rimg3698

まだ100kmに満たないのにこの天候だとここまでかなり走った感。参考通過時刻が14:34。時間の余裕がない。

桜川と笠間と茂木の境の山道がこれまた結構荒れている寂しい道。こんな道あったんだ。
フォトチェック(仏の山峠手前のバス停)(113.3㎞) 時刻:15:25

Rimg3701
山道から県道に出てきた。なんだかほっとする気分。
113㎞ですでに7時間半経過。ちょっと時間がヤバくなってきた。この後、道祖神峠もあるし。

さっきからゴロゴロと雷が鳴っていたと思ったら、仏の山峠を下って笠間駅あたりに来るとポツポツと大粒の雨。イギリスと違ってすぐに止みそうな雨じゃないな。

道祖神峠へ向かうと雷雨の真っただ中に入ってきて峠道の上り道は滝を上っているがごとし。時折、車が横を通過するとバケツで水をかけられるがごとし。今日は泥除けを初めて装着したブルベだったが、テストとしては最適な環境だ。

PC2 セイコーマート八郷小幡店(143.2㎞) 時刻:17:02

道祖神峠を下ると雷雨から離れたので雨は一旦止んだ。制限時刻は、17:42。あまりゆっくりもしていられない。
先の方の雲が稲光で不気味な中、最後の坂、不動峠、裏から。相変わらず、霧の中でしっぽり濡れます。
筑波山を離れると雨もなく、少し追い風気味。

PC3 セブンイレブン 研究学園駅西店(174.5㎞) 時刻:18:58


Rimg3704
残り30㎞。やっとフィニッシュが見えてきた。ここで女房からLINE。「こっちは雷で大雨だよ」
やっぱり、あの稲光は。天気予報みるとこの先、大雨か。

時間もないので雨に向かって走る。だんだん雨が強くなり、道路の端が水たまり。最後もこうきたか。

Finish 道の駅しょうなん(207.0㎞) 時刻:20:35

雨の中、フィニッシュ。
Img_20170819_203928

走行時間:12時間25分

Stravaの走行ログ




ここから自宅まで自走。ここも雨で辛い帰り道だった。

2017年8月14日 (月)

LEL(ロンドン・エジンバラ・ロンドン)1400㎞ ~迷走して1520㎞、時間切れ完走~ (後半、南行き)

Edinburgh(709km地点)(close 01/19:11)を18時半頃に再スタートしていよいよ後半。南へ帰る。

Rimg3585_2
街中を抜けてから牧場地帯へ。Cycle Route 1。

Rimg3588_2

Rimg3590
Rimg3592
いいカメラで停まって撮影すればもっといい写真が撮れるんだろうけど、時間もないしカメラの写りも今一なので、これで精一杯。
大きな丘を登って夕日が落ちる景色。今回のルートの中でも最高に良かった場所のひとつだ。

Innerleithen(753km) close 01/22:40 チェック 22:01

このコントロールは、写真もないので記憶がない。ただ、このコントロールをでたところでバーエンドミラーを落として失った。疲れて立ちごけしたときにミラーが緩んで、走っているとカタカタ言い出した。次のPCで締め直ししようと思いながらそれを忘れて再スタート。カチャって何か踏んだかなと思ったのだが気付かずミラーが失われていた。


8月2日(水)

Eskdalemuir(802km) close 02/02:39 チェック 02:11

Rimg3598_2
チェックの時間制限がギリギリだったが、寝ないで走り続けるのは危険な状態だったので、ここで床に横になって1時間熟睡。この頃には横になればすぐに熟睡できる状態になっていた。

時折雨がザっと降る天候の夜中、山道が多かったように思う。ほとんど前にライダーがいたのでその後ろについて走っていた。
どうにか明るくなるまで走り切ってBrampton到着。

Brampton(861km) close 02/07:27 チェック 06:39

時間的にライダーが少なくなっていたので、「シャワーも空いているよ」と古久保さんのアドバイスでシャワーですっきりした。幸いこの時間帯だとシャンプーも石鹸も豊富に置いてあった。ジャージも含めて着替えて気分一新。

Rimg3600

この街の劇坂を越えるとYad Mossの山越え。
   
Rimg3604
往路では真っ暗だったのでどういう地形の山なのかまったくわからなかったが、とても標高600mとは思えない雄大な景色。

20815105_1342039885851886_210588229

ここで神成さんと合流。一緒に話しながら走った。
途中から次のPCで時間切れになりそうなので、少し踏み込んで先を急いだ。時間ギリギリで間に合いそうな時間にPCに近づいたが、街中に入ってPCの場所であるSchoolに行く道がわからなくなり、ルートから外れてしまう。思えば往路の時も同じ間違いをして他のライダーに助けられたので道を覚えていなかった。他のライダーが来るのを待ちながら街中をさまよい、結局時間切れ。


Barnard Castle(944km) close 02/14:11 チェック 15:24

ついにここで時間切れ。
しかし、途中はすべて時間チェックで、最終的に時間内にゴールすれば完走認定されるという話があるので、この後もj継続的に走り続けることにした。
GPXデータはないが往路のArchiveを読み込んで復路がほぼ同じコースなのでルートを表示して走ることができた。やはり、GPSが使えると走りやすいことを実感した。

Rimg3605
雨が降ると泥が出てくる道もあって、ますますドロドロになっていく。


ここまでのStravaの走行ログ




Thirsk(1008km) close 02/19:23 チェック 20:28

Rimg3606
往路のGPXのArchiveデータでは、最後のSt IvesからLoughtonの間のルートが往路と復路が異なるので走れない。スタッフに言えばGPXデータが入手できるかもしれないので確認してみようという思いになった。
ここのPCで「どぅーゆーはぶ じーぴーえっくすでーた?」とスタッフに質問。他のスタッフを呼んでくれてGPXデータを入れてもらえた。
やったー、という嬉しさとともに、もっと早く対処すればこんなことにならなかったのにとの後悔も少し。
ここでは座ったままで1時間弱睡眠してしまって、再スタート。

ここからの夜間走行は厳しかった。ライトに映るものは道の模様だったり、ほとんど幻覚しか見えず。日本の峠を上っているような思いから頭が離れないし。

PocklingtonのPCまで残り10㎞程度のところの真っ暗な道で、午前3時頃、自転車が凸凹したアスファルトを走っていたとき、なんか凸凹するな、まさかこんな場所でパンクなんてやだよなぁ、まさか、あれまー、パンク。
それまで雨が降っていたので路面はウェット、タイヤはドロドロ、パンクは後輪。指の泥をぬぐって調べてもパンク原因の刺さりもの見つからず。エアーポンプは水を吸って空気が入らず焦る。とにかく真っ暗。ここで朝まで待つか。お腹の調子悪くトイレにも行きたくなった。究極の困難であったが、時間はかかったがどうにかチューブ入れかえ成功し空気も入って困難を切り抜けた。こういう経験が人を強くするんだな。

Pocklington(1075km) close 03/00:50 チェック 04:06

ここのPCでは到着したらチューブを購入してから床の隅っこに寝る場所を見つけたので、とにかく睡眠。熟睡2時間ぐらいだったろうか。足をつつかれて起こされたように感じた。きっと大きないびきをかいていたのかもしれない。こうなるとどうしていたってお構いなしだ。

起きた瞬間、身体の節々が痛くて、左右の目の視線が定まらない。もうダメだ。走れない。DNFだ。スマホを見ると他の人がDNF宣言しているし。

Rimg3609_2

DNFしてもここから電車か。朝食を食べてストレッチしたらやはりもう少し先へ走ろうという気になった。時間は大幅に超過したけど9時半スタートなのでまだ午後スタートの人が走っているだろうし、とりあえずもう少しロンドンに近づこう。
再スタートは8時頃だろうか。

Rimg3611
時間内完走が不可能になったので気楽に行こうか。

Rimg3613_2
Rimg3614
Rimg3621
劇坂は容赦なく続く。

Rimg3618_2

ハンバー橋まで来ると、なんか、ロンドンに近づいてきているような気がしてほっとする。まだまだ遠いんだけど。


Louth(1172㎞) close 03/08:43 チェック 15:10

人が少ないけど、ドロップバッグから電池交換と靴下交換。

Rimg3623_2

Rimg3624_3

Rimg3625_2
食べ物はまだ残っていた。野菜があったのでうれしい。

時間切れなの1時間程度寝ることにして、ここで1時間寝たいことを言ったら二階のソファーのある部屋に案内してくれた。そこで熟睡1時間。

Rimg3626
起きて再スタートするころには片づけを終えているところだった。運搬の車が来ていた。
ここで自分がラストだと言われたのだが、そこからイタリアのグループを追い越した。

Rimg3629

Rimg3633
まだ走っている人を見つけるとほっとした。

ここまでのStravaの走行ログ。




Spalding(1256km) close 03/15:32 チェック 22:50

Rimg3634 
ここのPCはまだ食べ物が充実していて良かった。

Rimg3635_2
スタッフの方々の打ち上げが始められていた。ビールが美味しそう。
一方でライダーも何人かいたのでほっとした。

時間が遅いのでベッドを確認したら案内してくれて離れの運動部の部屋みたいなところにまだベッドが20~30個程度あり、大勢寝ているではないですか。まだこんなに多くの人が走っていることに安堵した。

Rimg3638
ここの学校のトイレは広くて快適だったな。

午前2時過ぎに再スタートした。


St Ives(1317km) close 03/20:30 チェック 無し 6:30頃通過

Rimg3643
もちろんPCは閑散としており、それでも数人ライダーがいた。

Rimg3644
Rimg3645
Rimg3646_2
食事もまだどうにか残っていた。

Rimg3648_2

片付けが始まっていた。

Rimg3650
バス専用レーンの横のサイクリングロード。ここのレーンをバスが走っていた。

Rimg3651
他のライダーを見つけると自分だけではないことに安堵する。
ドイツの人達。野田さんの知り合いだと言っていた。(そのぐらいがどうにか分かった。)


Grate Easton(1388km) close 04/02:16 チェック  10:45

Rimg3653_2
Rimg3654
Rimg3655
ここのPCは片付けも終わっており、リンゴだけが箱に入っていたのでこれを頂いた。
私だけでなく、ドイツの人たちも同じ時に到着していたので助かった。


Loughton(1436km) close 04/06:10 チェック 15:21

制限時間を9時間も超過して無事フィニッシュ。(無事といえるのかどうだかわからないが。)
最後の最後まで激坂が続くコースだった。
フィニッシュに近いところで眠気で一度左側の歩道に落車。後ろに付いていた大型車の運転手が心配して降りてきて自転車を持ち上げてくれた。運転者のマナーが皆いいのには驚かされた。

Rimg3657_2
Rimg3659
時間外でも完走したらメダルがもらえたので嬉しい。

Rimg3660
ドロップバッグを背負ってさあ、帰ろう。このかばんだと何だか日本兵ってかんじだな。

Rimg3663
帰りはもちろんこのまま電車で。イギリスって自転車にやさしいいい国だなぁ。


最後のStrava走行ログ。

LEL(ロンドン・エジンバラ・ロンドン)1400㎞ ~迷走して1520㎞、時間切れ完走~ (前半、北行き)

7月30日(日)

スタート日の朝、GARMIN etrexの操作でSetup > Resetでログをリセットするつもりで操作をしたのだが同時にGPXデータもすべてクリアされてしまっていた。まあ、こういうときのためにキューシートもあるんだからと軽い気持ちでアパートメントを出発。

Img_20170730_084110_3

スタート地点に着く前に立川さん連日の後輪パンク。何か取り付いています。この時は、私には取り付かないよねと思っていたんですが。

Rimg3436
スタート地点には程よい時間に到着し、記念写真撮って。

Img_20170730_092550
私はM組、9:30スタート。15分毎の組でウェーブスタート。

コース概要

イングランドの首都ロンドンからエジンバラへ約700㎞、そして、エジンバラからロンドンへ700㎞。ドロップバッグはLOUTHとBRAMPTONに預けて250㎞~300㎞毎に睡眠を5~6時間程度とって行くという予定で線表を引いていた。

Lel2017routemapupdatedgraphic1024_3


Rimg3437
三輪車の人とスタート一緒。なかなか速い。立川さんは先頭集団といっしょに一気に消えて行き。
Rimg3441
私はマイペース。先は長い。

Rimg3452
青空と緑と丘のさわやかな景色。多くの景色がこういう感じ。気温も暑くもなく寒くもなくちょうどいい。

Rimg3453
街に入るところに必ず速度制限の表示がある。SLOWとかCarefullyとか、どこも手書きの看板も付いていた。
Rimg3461_2
最初のころは羊がみえただけでうれしくなったが、スコットランドの方はもっと羊がいた。

キューシートの73.5km地点で最初の大きな道間違い。「右折してすぐ左折」のところを左折せずに直進5㎞。誰も来ないので不自然に思い戻る。10㎞ロス。
St Ivesのコントロールの近くでまた道を間違えたが、後ろの人に声をかけられて間違いに気づく。この後も間違えると後ろの人に何度も助けられた。皆親切だ。

Rimg3465_2
道の両側に駐車するのが全く問題ではないようでどこの街でも両側駐車が見られた。真ん中を譲り合って片方向ずつ走っていたがそれでいいようだ。

Rimg3466
St Ivesの街中ではお祭りの最中でにぎやかだった。

Rimg3469
最初のコントロールに到着。


St Ives(100km) close 17:37 ェック 14:37
Rimg3470_2
初めての食事。パスタ、人参スープ、ミートパイとアップルパイ。どれも美味しい。まずいという評判だったが、そんなことはなかった。

Rimg3471_2
PBPと違って食事もトイレも全く並ぶということがなかった。こりゃいい、時間の無駄がない。  と、この時は余裕で思っていたのだが。

Rimg3474
次のコントロールは60㎞先。

Rimg3479
女性二人組、この後長い間同じスピードだった。かっこいい。

Rimg3481
途中から川沿いの道路。小貝川じゃないよ。イングランドだよ。

Rimg3484
川向うに羊。この場所まではまだ羊が珍しくイギリスらしいということで撮影。


Spalding(160km) close 22:34 チェック 17:53

Rimg3485
先のPCから60㎞区間でお腹が空かないので、水だけ補給して、再スタート。

Rimg3487_2
迷走ロスを取り返して1時間20㎞ペースに戻したいとこの時点では余裕があった。

Rimg3489
一車線通行の橋の手前の信号。田舎道にはめったに信号はないので、唯一の赤が長い時間の信号。


Louth(243km) close 31/5:19 チェック 22:26

Rimg3491
ドロップバッグのあるLouthに到着。予定では遅くとも24時までに着いて4時頃まで睡眠予定にしていたので余裕の23時前到着。一晩目は余裕があった。
シャワーはお湯が出なくなるかもしれないという前評判であったが、しっかりとお湯が問題ない量がでて汗を流すことができた。ただし、シャンプー石鹸の類は持参する必要があった。持参していなかったのが悔やまれた。
寝る場所は体育館のような広い部屋でエアーマットのベッド。ブランケット付いて寝心地は悪くなかった。言葉での説明が理解できない私には付き添ってベッドまで連れて行ってくれた。

Rimg3492
3時間程度睡眠し、3時頃に目が覚めてしまった。朝食を食べて4時前、暗いうちに再スタート。

ここまでのStravaの走行ログ(アパートメントからスタート地点前の25㎞含む)。
10㎞少し余分に走っている。拡大してみると間違ったところがわかる。



7月31日(月)


再スタートして10㎞程度走ったところの五差路で正規ルートの直進がやや右前方だったのを左前方に行ってしまった。まだ暗かったので路面表示や道標が見えなくて道幅が左の方が同じ道に思えたのだ。その後のキューシートのT字路らしきところもあってその先へも進み、誰も来ないのでおかしいなと気付いて戻った。10㎞弱ロス。
Rimg3494_2

Rimg3496
大きく道に迷うこと2回目。周辺のライダーにMは見かけなくなり、N、O、Pもみかけることなく、Q,R,S,T,Uとかになってだんだん午後スタート組が多くなっていく。ちょっと焦る。
Rimg3501
イングラインドの代表的な橋、ハンバー橋。世界でも有数の長い橋のひとつ。瀬戸内のしまなみ海道の橋ぐらいの大きさかな。

Rimg3507
坂道の向こうに丘が見える。こういう景色が多い。

Rimg3509
上り坂。初日に比べて二日目は、よりアップダウンが多くなっていたように思えた。

Rimg3510
新しい家が建築されていた。ほとんどがレンガ作りの家。フランスは石垣の家が多かったがイギリスはレンガなんだ。木の家はまったく見かけなかった。


Pocklington(340km) close 31/13:12 チェック 31/09:11
Rimg3511_2
ここの食事は充実していた。フィッシュのフライとライスにピリ辛のソースがけ。醤油も置いてあった。フライに醤油をかけていただくと美味しい。
Rimg3512

Rimg3513

Rimg3515

食べた後にローストビーフとトマトのサンドを見つけてしまったので、また追加で食す。半分をポケットに入れた。
腹いっぱいにして再スタート。

Rimg3517_2
狭い山道の坂を上ったり。

Rimg3522
激しいアップダウンと旧跡。

Rimg3524
Rimg3525_2
Rimg3526
後で調べると、ハワーディアンヒルズという名所のようだ。比べるのに無理があるが茨城のビーフラインのような坂。

Rimg3529
Raphaをカッコよく着こなしている人が多かった。さすが本場だ。


Thirsk(407km) close 31/18:34 チェック 31/14:12

Rimg3532_2

Rimg3533_2

Rimg3534_2
先のコントロールから67㎞しか走っていないけど、またパスタ食す。肉が食べたかったのだ。


Rimg3535_3

Rimg3536

Rimg3538_2
名所らしい橋。下が板張り。もちろん車も通過する。

Rimg3540_2
家と芝生が素敵。
直前の連絡があった迂回路のルートは、ちょうどそのときに藤本さんと出会ってくっついて走ったので間違えずに済んだ。


Barnard Castle(472km) close 31/23:50 チェック 31/19:04

Rimg3549
ここのSchoolの建物はカッコ良かった。

Rimg3546
中も素敵だ。

Rimg3547
食事場所も広々していて素晴らしい。

Rimg3548
ゆでたジャガイモが美味しい。

Rimg3545_2
コントロールでは、メカニックのサポートも充実していた。

次のコントールのBramptonmまで80㎞ちょっと。ここを再スタートしたのが19時30分頃。当初の線表より1時間程度遅れ気味。2日目はアップダウンがきつくなってきて20㎞hペースの維持は難しくなっていた。

Rimg3551
晴れているかと思っても、雨雲がどこからともなく現れて、ときどきザっと降る。降り方は大粒で田舎の坂道は滝のようになる。5分もしないうちに止んでまた晴れる。その繰り返し。結局、ウインドブレイカーではなく、ゴアテックスの雨具を上に着たまま走っていた。

この後、Yad Mossという600m程度の山越え。たかが標高600mではあるがアップダウンが続くせいか、かなり厳しく感じた。上り坂になったときは周囲は暗くなっていて明かりは皆無。日本のように明かりはないので先を走っているライダーの尾灯がはるか先にかすかに見えるだけ。写真を撮る余裕もなかった。


Alston(526㎞) コントロール無しベッドのみ 31/23:00頃

前のライダーに付いていってAlstonのPCに到着。ここはコントロールチェックがないところだった。BramptonはすでにNo Bedと言われて悩む。確かにBramptonはドロップバッグが一番多くて混雑しているのは間違いない。ここのベッドをみるとまだ数人が寝ているだけですっからかん。ということで、ここで少し寝ていくことに決めた。
2時間程度熟睡。目が覚めると何とベッドは満杯。ベッドがないところまで多くの人が寝ていた。

ここまでのStaravaの走行ログ




8月1日(火)

Brampton(555km) close 01/06:40 チェック 01/03:45

Rimg3553
Rimg3554
やはりライダーでいっぱいだった。

Rimg3555
とにかく、ここで朝食とらなきゃ。


Rimg3556
古久保さん、ボランティアで頑張ってました。ベッドの割り当て係、ここのPCは忙しそうだ。

ドロップバックからアンダーウェアと靴下、そして電池を交換。
睡眠は予定通りとれていないものの、当初の線表からあまり遅延しない程度の時間、1日5時過ぎ頃に再スタート。


この後最大の迷い道にはまる。
Brampton→Moffat間は、平地コースかhillyコースを選択する。平地コースへ曲がる箇所を直進したので自然にhiilyコースへ。ところがhillyコースへ曲がる箇所を見落として直進してしまった。6.6㎞走ってもT字路にならず間違っていることに気が付く。この時大雨。
来た道を戻り「Collies Mill」の表示あるところに行き着き、そこを曲がると6.6㎞には少し欠けるがT字路があったので、そこを右折。しかしその後の1.3㎞でB6537道の交差点に来ない。スマホで確認しようにも雨がまた降ってきた。(雨止んでスマホ見ても通信できない地域だった。)表示方向はほぼ合っているのにちょっと違う。

Rimg3558

Rimg3559
雨が降ったりやんだりの中、「道に迷ってるよー」立ちすくんで茫然。見えるのは羊と牛。一件の農家。GPXデータのないetrexを見ると交差するB6537がかなり違う方向。他のライダーも全く見えない。
次のPC Moffatの制限時刻が12:41、9時頃にコース復帰すればまだ間に合うかもしれない。とにかく来た道を戻ろう。

戻っていくと「Collies Mill」の表示が一つ隣にもあって入り口が間違っていたのがわかった。今から出直し。制限時間ぎりぎりになっていた。
しかしながら、このCycle Route 7という農道、牧場の丘の中を通る今回のコースの中でも極上の気持ちのいい道。(路面はかなり傷んでいるが。)

Rimg3562
牧場に風力発電所が案外似合う。
Rimg3563
時折、雨が降るが気持ちのいい農道、Cycle Route 7。

Rimg3564
羊にはお決まりのボーダーコリー。今回は3頭しか見かけなかった。どこも夜に羊を集めて小屋に入れたりはしていなかった。夜もそのまま羊たちは牧場で寝ていたね。

Rimg3565_2
ここで田中さんと会ってしばらく一緒に走った。これ以上道を間違えたら終わりになってしまうので、後ろに付かせてもらった。

道の間違えた様子がよくわかるGPXログ情報。右から三回徐々に修正し、一番左側の道が正規のルート。





Moffat(630km) close 01/12:41 チェック 01/12:09

Rimg3567

Rimg3568
時間制限ぎりぎりで到着。すでに睡眠時間が少ないのに、さらに睡眠時間を削って走らないと時間切れになってしまう。とはいえ、食事しないわけにはいかない。少し休んで13時過ぎ再スタート。

Rimg3569  
牧場の中の道を時折雨の中で通過したので自転車がどろどろ。

Rimg3570
Rimg3572_2
エジンバラまではややアップダウンのある広い道を直進。路面がかなり荒れていてスピードがでない、手への振動が激しい。
途中で午後スタート組の斉藤さんと出会う。

Rimg3574_2
3日目は雨の多い日だった。


Edinburgh(709km) close 01/19:11 チェック 01/17:46

Rimg3575
少しだけ貯時間を増やして折り返しのエジンバラ到着。

Rimg3576_2
パスタ、ジャガイモ、ケーキ。バナナやリンゴ、補給食。食べ物はどこも充実でおいしい。

Rimg3577
" intellgence plus charactor " that is the goal of true education
いい言葉が壁に掲示してあったんだ。

Rimg3578_2


前半部、BramptonからMoffat間で大きく道間違いをしてしまい、制限時間がぎりぎりに迫ってきた。
いよいよ3回目の夜を迎える。ここまでも睡眠時間が少ないのに、もう睡眠をとる余裕がまったくない状態。果たして乗り切れるのだろうか。
後半、南行き」へ続く。

より以前の記事一覧